タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タイのお母さんの味

サワディーカー!
野菜ソムリエのchikobです。

タイに来るまで、アジアには全く興味がなく、タイ料理も食べたことなかった私ですが、6年も住んでいると日本食と同じくらい身近で大好きになりました。
カレーやヤム、ガパオなど好きなものは色々ありますが、一つ選ぶなら。。。

「ワンさんのラープムー」

ワンさんとは、我が家で働いてくれてるアヤさん(メイドさん)です。
初めて食べたのは、ワンさんの前職場であるお友達のおうち。
子供でも食べられるようにと、とっても優しい味でした。
縁あって、去年から我が家で働いてくれてるワンさんにお料理を頼むのはたまにですが、私の一時帰国で不在の時や、食べたいときにお願いしています。

*ラープムー*Wikipediaより
ラープは肉類を使ったラオス、タイのサラダの一種。
鶏、牛、豚、アヒル、七面鳥が一般的だが、魚が使われることもある。
魚醤とライムで味付けられる。
生、あるいは加熱した挽肉をトウガラシ、ミントや野菜類と混ぜ合わせる。
荒く挽いた炒り米も重要である。

この最後に書いてある、「荒く挽いた入り米」とは、タイのもち米を炒って挽いたもの。
「カオクーア」

d0229095_23030523.jpeg

これがとっても香ばしくて味だけでなく、風味や食感も好きです。

先日、お友達とランチした時のラープムー
お店はSoi49のマダムショーン
ピリ辛で美味しかったです。

d0229095_23012783.jpeg

先日の一時帰国の時、カオクーアやマナオなどを持ち帰り、実家で作ってみました。

d0229095_23022723.jpeg


ミントは日本のスーパーで調達しましたが、お高くてびっくり!
飾り用として、小さなパックに入っているものしかなく、本帰国したら、ミントは育てようと心に誓った瞬間でした(笑)
このラープにはミントがどっさり入りますからね。

ただ、暑い国の料理は暑い場所で食べる方が美味しいな。。。と寒い日本で思った次第です。

一時帰国から戻り、久しぶりにワンさんのラープが食べたくなり、お願いしました。

d0229095_23005078.jpeg


ん?あれ?あれれ???
激しく辛い!!!
ワンさんの優しい味はどこへ???

いつもと様子が違います。
お買い物のレシートを確認してみたら・・・どうやら今回は「ラープムーの素」みたいなのを使ったようです。
少し残念な気持ちになりながら、やっぱりあの優しい味の「ワンさんのラープ」が食べたいと思ったのでした。

こんな出来事があっても、タイらしいなぁ~と笑ってしまいました。

今度、もう一度お願いしてみます。

余談ですが、自宅でタイ料理を食べるとき、タイ米を炊きますが、最近はRice Berryを混ぜて炊きます。
Rice Berryとは、ジャスミンライスと黒ジャスミンライスを配合させた種類で、
2003年ごろに農業共同組合省の指導の下、栄養価の高いお米の開発を目的にドクターが発案、タイで栽培が始まり、研究に研究を重ねてできたブランド米です。厳しい審査基準を有しており、無農薬、有機栽培というバックグラウンドという観点からも安心、安全なお米です。

色がきれいで美味しいというだけでなく、ポリフェノールを多く含むこと始め、栄養豊富なところも注目に値します。
日本では黒米や赤米などとっても高いですが、タイでは手ごろなお値段で入手できるので、タイにいる間にしっかり食べておこうと思います。

d0229095_23015412.jpeg
お次はどんなタイ料理が紹介されるのか楽しみですね♪




[PR]
# by vfcbangkok | 2017-11-27 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

タイのソウルフード

こんにちは 。野菜ソムリエのATです。

私事ですが、この度タイから日本へ本帰国することになりました。
2012年4月からタイに駐在して早5年8ヶ月、もうすっかり古株です。

んな私の「好きなタイ料理」といえば青パパイヤのサラダ「ソムタム」です。
他のタイ料理と比べると食べる頻度が桁違いで、いわゆる私のソウルフードです。
夫の出張時など多い時は週に3回食べていたこともあります。
考えてみると、初めて食べたタイ料理は夫が屋台で買ってきたソムタムとガイヤーン(タイ風焼き鳥)だった気がします。そこで、「タイ人の普通」の辛さの洗礼を受けました。口から火が出るとはこういうことだと思ったのを覚えています。
そんな私が今ではお店のおばちゃんに「辛くして」と言うようになったのですから、成長したものです。
体には、あまりよくなさそうですが。。。タイでは大抵どの店も料理を持ち帰り可能ですから、一品として気軽に買いに行けるのもリピーターになり易い理由の一つですね。

ソムタム (タイ語 ส้มตำ) はラオスタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダです。もともとラオスとイーサーン料理であるタムマークフン (ຕໍາໝາກຫຸ່ງ) が、変化を遂げながら南下し、タイ全域で広く食べられるようになったと言われています。現在では代表的なタイ料理のひとつとされています。

ソム (ส้ม) は、タイ語で、「酸っぱい」を意味します。
タム (ตำ) には「搗(つ)く」という意味があります。(ウィキペディアより)

ソムタムに使われる青パパイヤには、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素、糖質分解酵素が含まれ、消化・鎮痛・整腸・消炎作用があります。まさに解毒の王様です。タイ人はダイエットの時に良くソムタムを食べるといいます。他にもビタミンC、食物繊維、マグネシウム、カリウム、カルシウム、葉酸など、女性が喜ぶ美容と健康の為の栄養素が豊富です。

これが私の好きな「ソムタムタイ」です

d0229095_01392955.jpeg


・材料(目安)・
パパイヤ千切り2カップ
人参千切り1/2カップ
ながささげ1/2カップ
トマト1/2カップ
干しえび1/3カップ
ピーナッツ大さじ2
パームシュガー大さじ2
ライム汁大さじ6
にんにく1片
ナンプラー小さじ1/2
タマリンド大さじ1

d0229095_02173843.jpeg

上記材料をこのクロックという器に入れ手、木の棒で叩いて、味をなじませて完成。
クロックは洗わずずっと使うため、そのお店の味が染み込んでいるそうです。
ソムタムの味は唐辛子辛くて、ナンプラーのしょっぱくて、パームシュガー甘くて、ライム酸っぱい。。。味覚は盛り沢山です。タイ料理のサラダは大体このような味がします。

d0229095_02335098.jpeg


これは、トウモロコシを青パパイヤの代わりに使った「ソムタムカオポート」
ソムタムタイより甘みが強いです。これはこれで美味。
カイケムという塩漬けゆで卵が入っています。
やはりタイ料理ですから甘みと塩っぱさは混在していますね。

他にも、揚げたものや肉や蟹などを和えたものなど、ソムタムには意外と幅広いメニューが存在します。

今回購入した店は自宅から徒歩3分のローカルのタイ料理屋です。味もよく量も多くて常連になってます。何も言わなくても、好みの辛さに調整してくれます。
これが、日本では食べれないと思うと残念です。

前述しましたが、ソムタムはタイの東北地方のイーサーン料理です。まだ食べたことのない方、ぜひイーサーン料理のお店をのぞいてみて下さい。そして好みの味を見つけて下さいね。もし辛いものが苦手な方はトウガラシを半分、もしくは入れないでと注文して下さい。
「辛くしないで」は作る人の辛くない基準にされるので、大抵辛いものが出てきますよ。
日本に帰国したら、クロックを木の棒で叩く「ポクポク」という音が恋しくて仕方なくなりそうです。

では次のタイ料理をお楽しみに。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-11-20 13:49 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

スパイシーな一品

 こんにちは。野菜ソムリエプロのYUMです。
バンコクは乾季に入り、快適な今日この頃です。
さて、好きなタイ料理を一つ上げるとしたら、クイティアオ・パッ・キーマオでしょうか?

 キー マオ(kee Mao)というのは、タイ語で「酔っ払い」の意味で→酔っ払いも
お酒が覚めちゃうくらいに辛いと言われています。
簡単に言えば、辛い焼きそばです。
(日本では、タイ風激辛焼きそばと紹介されてることもあります…)
キーマオは、タイのハーブ&スパイスをミックスした料理の名前ということで、
焼きそば以外にも使われてます。
d0229095_20573717.jpg
 
 材料は、店によって多少違いますが、センヤイ・玉ねぎ・カイラン菜・トマト・
ニンニク・ヤングコーン・エビ・イカ・貝・(又は、豚・鶏)・ホーリーバジル
味付けは、オイスターソース・ナンプラー、唐辛子、生唐辛子などです。

 ホーリーバジル・唐辛子・ニンニクの組み合わせといえば、ひき肉のバジル炒めを
連想しますが、ガパオ炒めの麺バージョン?に近い感じもします。
 野性的な風味のホーリーバジル、ニンニク、唐辛子がガツンと味覚を刺激します。
生こしょうが入っていたら、フレッシュな香りとさわやかな辛さも口の中に広がります。
食後は、じわっと汗が出てきて、これぞタイの味という感じがします。
センヤイのもちもちした食感も好みです。

 そんなわけで、何回となく…注文しているのだと思います。
今回、頂いた店は、こちら↓ パンも売ってますが、タイ料理メニューがずらり
d0229095_20574571.jpg
 麺は、クイティアオ センヤイだけでなく中華めんやスパゲティーもあります。
スパゲティー・キーマオは、タイの定番のようです。
麺は、イタリアンのパスタより柔らかめですが、これがタイスタイルなのでしょう。
こちらの写真は、スパゲティー・キーマオです。
こちらには、バイ・バックルー、スイートバジルも入れています。
d0229095_20564238.jpg
 生のハーブの効いたこの料理、タイに居る今だから味わえる貴重な一品の気がします。
 辛い料理が好きな方にお勧めです~

 次は、どんなタイ料理が出てくるでしょうか?お楽しみに~169.png


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-11-13 13:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
ちょっとご無沙汰しました、代表の青澤です。
今日から新しいテーマでリレー記事がスタートです。
テーマはズバリ、タイ料理! 
タイに暮らしている方でも意外にタイ料理を知らなかったりしませんか?
いつも同じ料理ばかり注文しちゃったり・・・。
そんな方のために、あるいは常に美味しいものを探している方のために、食いしん坊な私たちが自分の好きなタイ料理、おすすめのタイ料理を紹介していきます。
タイトルとしては「好きなタイ料理・この1品!」です。

では、トップバッターの私の!…と張り切ってみたのですが、いざ1品となると・・・悩ましいですね~。
タイ料理が大好きな私は、あれもこれも紹介したくなっちゃいます。
考えてみるとその時々のマイブームがあったりして、夢中になって食べたものとかもあって、ずいぶん好きなタイ料理も変化している気がします。
その中で、やっぱりずーっとこれは飽きずに好きという料理、それはスキー(สุกี้)です。
タイスキのスキーですが、決してダジャレとかウケ狙いじゃないですから!

タイスキといって誰もが思い出すのは、鍋ですよね。
日本のスキヤキが由来とも言われていますが、タイ風しゃぶしゃぶなんて紹介されたりもしますね。

d0229095_02192561.jpg

野菜もたっぷり食べられてヘルシー、何よりタレの味がハマっちゃいますね。
でもこれをランチで食べようと思ったら、自分で料理するには準備も大変、外で食べるにはコストも大変、そもそもお腹もいっぱいになり過ぎちゃって、たまにならいいけど、気軽に食べる感じではないですよね。
それをお手軽にしたのがこちらお1人様用、屋台や食堂で食べられます。 

d0229095_02044919.jpg

当初、鍋のタイスキとこの春雨スープみたいなのが同じものだというのが理解できずにおりました。
実際のところ、スキー専門店があったりして、なんか鍋が進化している感じ?
具は、肉系、シーフード系と選べたり、店によって特徴があったりします。
麺は春雨と決まっているようです。
汁なしバージョンもありますが(スキーヘーン)、私はやっぱり汁あり(スキーナーム)ばかり食べてます。
スープにも味がついていますが、タレが別についてくるので、具をチビチビつけながら食べたりします。
スキーナームはやさしいお味で、特に二日酔いの時は、体にしみわたって生き返る感じ、これを食べると午後は元気に仕事ができちゃいます。

d0229095_02121979.jpg

市販のタイスキのタレを使えば、誰でも簡単に作れますよ~。
お好きな具とタレを混ぜるだけですもん、ラーメンより簡単かも…場合によってはスープの素をちょっと。
ここでおススメのタレを紹介できればよかったのですが、そんなにこだわりもなく、よく見るメーカーのを使っています。

昔、川の向こう、チャルンクルン通りで働いていた時によく通ったお店。

d0229095_02354776.jpg

かなり前なので値段は変わっているかもしれませんが、1杯50バーツもあればお腹いっぱい食べられます。

ただ、ちょっと不思議なのですが、注文すると、どこの店でも1人分1鍋で作るんですよね。
2人で同じものを注文してもまとめて作らないので、混んでいる店では待たされることがあります。
この店は人気店で昼時は席を探すのが大変で、コンロがいくつもあるのですが、やはりちょっと待つことがあります。
お腹が空いて思わずご飯も一緒に頼んじゃったり…。

d0229095_02221051.jpg

鍋のタイスキはみなさん食べたことがあるでしょうが、この一品料理は食べたことありました?
きれいなお店には置いてなかったりしますが、フードコートなどにもあるでしょうから、食べたことがない方はトライしてみてください。
鍋とはまた違った魅力を味わえますよ!

ではでは、これからのメンバーの連載をお楽しみに!



クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
# by vfcbangkok | 2017-11-06 02:50 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

タイ野菜活用法!!

今回は、11/1に開催された野菜セミナーの報告です。

テーマは、知らなきゃ損! タイ野菜活用法!!
    ~ 毎日の食卓やお弁当にもっと野菜・果物を! ~
      まずは野菜を知る! 野菜を楽しむ!! 


講師は、コミュニティ代表の青澤さんです。
会場には、40人を超える方々にお集まりいただきました。
会場後方にはお子様用ブースも用意され、小さいお子様連れも安心して受講できました。

d0229095_10551454.jpg

お話は、タイの野菜の安心安全の話、お弁当を楽しむ、タイの野菜を楽しむ 3本立て!!
ぎっしり詰まった充実の内容で、配布された資料も10ページにおよぶ、豪華版!

「 参加者のご家庭は教職関係者が多いので、今回聞いた内容が各御家庭で話題になり、
それが学校で子供たちに伝えられ、生徒児童からさらにその御家庭に伝わる・・・
そんな風にここにいる出席者以上の方々に伝わるようなお話になれば良いですね。」

と、青澤さんが語られ始まった90分間、楽しくて充実したセミナーでした。

タイの野菜の安全性、農薬への不安など、日ごろ気になる情報を農家の方からの参考意見を
取り入れつつ、選び方や対応策を説明しました。

お弁当を楽しむ!では、毎日の献立・お弁当の組み立て方について、アドバイス。
お弁当作りをゲーム感覚で行う気持ちとその簡単な攻略法も!
青澤さんの日ごろ行っているやり方や、お弁当ノートを作ってみるなどの提案、
栄養バランスやバリエーションの考え方など
すぐに実行できることばかりで、とても参考になりました。♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

d0229095_10544849.jpg

タイの野菜を知り、楽しんでいただくために、各テーブルに
ハトヤウリ、パッコム(アマランサス)の赤種と緑種、ハスの茎、ガパオ を
用意し、実際に手に取ってご覧いただきました。
ハーブをもっと気軽に楽しめるようにと、バタフライピーとガパオをペットボトルに入れて使う実演も♪

d0229095_10542254.jpg

試食も 6種類ご用意。
左側上下は蓮の茎の梅酒煮と麺つゆ煮、
ハヤトウリ三種類(千切りサラダ、レンチン、薄切り生)
茹でパッコムにマナ
オをかけて。

どれも皆さんから、「美味しいー!簡単ー!」との声が上がっていました。
☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

皆さんとても熱心に聴講されていて、本当にあっという間の90分でした。
最後の質疑応答でも、皆さんの関心の高さが感じられました。

これを機会に、タイ野菜・果物にワクワクした気持ちで出会い、
積極的に食卓に取り入れられると良いですね♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-11-03 10:21 | イベント案内&報告 | Comments(0)
【もっと楽しくベジフルライフ in Thailand(実践編)】
野菜ソムリエが選んだ
「食卓に取り入れたいタイの食材 Part2」
ランチ付セミナー 2017

毎年大好評のランチ付きセミナーが、今年はお土産付きという形で開催しています。
part1に続きpart2もたくさんのご参加ありがとうございました。

d0229095_11495909.jpg

今回皆様にご紹介しました野菜・果物・ハーブは、(写真になぜかパパイヤが写ってません。失礼しました)

・カイラン(パック・カナー)
・青パパイヤ(マラコー)
・タロイモ(プアック)
・ミント(バイ・サラネー)
・グアバ(ファラン)


d0229095_11565303.jpg


青澤代表のごあいさつでスタートしました。
ベジフルビューティーのYamaより、・カナー・パパイヤ・タロイモ を続けてご紹介

d0229095_12070551.jpg

カナーは前回ご紹介しました広東菜と同じく、スーパーの葉菜売り場に並んでいますが、なかなか手を出しにくい葉っぱではないでしょうか?

d0229095_12061695.jpg

ケールだと苦そうで、どうお料理していいのかわからない。。。
いえいえ、Yamaがケールの魅力と美味しい食べ方をお伝えしました。

続いてパパイヤ
どどーんと大きなパパイヤ
おうちでソムタム作らないし・・・買ってしまうと使い切れるのか不安になる食材かもしれません。

でも、とっても優秀野菜のパパイヤです。
今日のセミナーで、「これなら使える!」って思っていただけたと思います。

使い切る自信が無くても大丈夫
「干しパパイヤ」はSaladeeで販売しています。

d0229095_13345755.jpg


d0229095_12063832.jpg

タロイモは、タイではお料理で食べたことなくても、デザートで食べたことのある方はおられたかも?
こちらも大きくて手を出しにくいお野菜かもしれませんが、その魅力とレシピで身近に感じていただけましたか?

アレルギーフリーのタロイモはお子様にもぴったりのおやつです。

d0229095_13250842.jpg


続いて、グァバとの出会いは残念だったという野菜ソムリエのhalu*がじっくりグァバと向き合い、その魅力はもちろん、残念な子(グァバ)に出会ってしまっても、一気に魅力的にする救済方法をお伝えしました。

d0229095_12073131.jpg

試食していただき皆さんびっくり!!
ね、ビタミン豊富なグァバを好きになりそうな気配。

d0229095_12144230.jpg

飾りに使うことはあっても、なかなかどっさり使うことのないミント
タイ料理にどっさり使っているのだから。。。
そうです。どっさり色々使えるんです。
意外にもご家庭のお料理に取り込むことが簡単なんですよね。

d0229095_12145934.jpg

ベジフルビューティーのRIEがミントティーの入れ方、アレンジの仕方、おもてなしのテクニックをお伝えしました。
是非お試しください。

d0229095_12141595.jpg
いつもにも増して「へぇ~」という反応が多かったような今回のセミナー
いつもと同じく、皆様たくさん資料に書きこまれ、質問も多く出ました。
それだけ興味を持っていただけたのかと、嬉しく思います。

色んな情報を見て、聞いて、触って・・・
ワクワクしながらのお弁当タイム♫

d0229095_12151463.jpg


お話以上に、実際に食べていただいて食卓に取り入れるヒントがたくさん盛り込まれた彩鮮やかなお弁当。
ずらっと並んだお弁当は圧巻でした。


d0229095_13321496.jpg


今回ご紹介しましたお野菜・果物・ハーブはお土産でお持ち帰りいただきました。
早速試していただけたでしょうか?

スタッフもセミナーの日の夕食はそれぞれ紹介されたレシピのおかずを作りました。

ご参加ありがとうございました。

*お知らせ*

今後の予定です。
今年は、新たにpart3を開催します。
今回参加された方も、今回を逃した方も是非part3にご参加ください!
日程が決定しましたら、改めてご案内いたします。

食卓にとりいれたいタイの食材 Part.3(予定)

日時 2018年2月21日(火)(予定)

紹介野菜・果物・ハーブ

空心菜
ハヤトウリ
ビーツ
ドラゴンフルーツ
カー



*私たちは一緒に勉強し活動する仲間も大募集しております。
食いしん坊の集まりと言われる、野菜ソムリエコミュニティ バンコクの仲間入りしませんか?

興味もたれましたら、いつでもお声かけ下さいね。
今回も身近なタイ野菜の講義とそのお野菜のレシピを紹介、野菜のことをもっと知って、新たなレシピをゲットしてみませんか?

野菜のことを知った上で料理すると、きっと何かが変わるはず! 是非新たな発見をつかみに来てください。


お申込み/お問い合わせは 青澤まで
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL : saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( ) を外して@だけで送りください。



chikob




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-10-21 13:42 | イベント案内&報告 | Comments(0)
こんにちは。
バンコクで大好評のセミナーが10月17日にシラチャで開催されました。

野菜ソムリエが選んだ
食卓に取り入れたいタイの食材 Part1
ランチ付きセミナー♪

JUMP@labo cafe & kitchenさんのご協力のもと
とても素敵な会場で開催する運びとなりました。

d0229095_06554279.jpg



今回のテーマ野菜は


カントンナ・クズイモ・ヒョウタン・レモングラス・パイナップル

d0229095_06552311.jpg

馴染みのあるフルーツからちょっとマニアックな野菜まで。


講師はコミュニティ代表の青澤とシラチャ在住の野菜ソムリエATが担当しました。

d0229095_06523587.jpg


d0229095_06553499.jpg

皆さんとても熱心に聞いてくださり講師・コミュニティメンバー一同感激でした。


d0229095_07214871.jpg


レモングラスティーの紹介

d0229095_06560630.jpg


コミュニティメンバーのchikobが皆さんの前でレモングラスティーの作り方を実演。

d0229095_06561745.jpg


マンゲーオの試食
マンゲーオを会場でカットし試食して頂きました。

d0229095_06563546.jpg


d0229095_06572995.jpg

お子様連れの参加者の方も多くたくさんのちびっこ達も来てくれました。
マンゲーオを手に美味しそうに食べてくれた可愛い女の子♪
こんな風に生でフルーツ感覚で食べられるなんて嬉しいですよね。


ちょっとマニアックなタイ野菜も一気に身近なものに感じられたのではないでしょうか。


その他にも
パイナップルの葉っぱ取りにチャレンジして頂き、
手でくるっと回して見事に取れた時にはわぁ~っと拍手喝采が!
ヒョウタンを実際に包丁でカットして頂き「やわらかい!」と感想を頂いたり。

実際に見て、触れて、匂って、味わって、と
五感で野菜たちを楽しんで頂けたと思います。



そして講義の後はお楽しみのビュッフェランチ♪

ご紹介した野菜をふんだんに使ったお料理がずら~っと並べられました!

d0229095_06574386.jpg


d0229095_06574954.jpg


d0229095_06580763.jpg


説明を聞いたばかりのお野菜たち、こんなに美味しくお料理できるんです!

お渡しした資料にレシピが掲載されているお料理もたくさんでしたね。



d0229095_09483669.jpg


d0229095_07010158.jpg


ぜひおうちでもチャレンジしてみてください!


d0229095_07012023.jpg


d0229095_07013190.jpg


サラダやデザートも盛り沢山でどれも本当に美味しかったです。
お野菜たっぷり!と罪悪感なくちょっと食べ過ぎてしまいました。

JUNP@laboさんありがとうございました。


そして参加してくださったシラチャ―の皆様、本当にありがとうございました!

d0229095_07020631.jpg


これからもタイ野菜を取り入れた食卓を楽しんでくださいね♪
パート2セミナーも開催予定?!その際はまたご参加くださいませ。

野菜ソムリエ資格・野菜ソムリエコミュニティに興味を持たれましたら、

ぜひ声をおかけください。お待ちしております!


JUN



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-10-18 10:30 | イベント案内&報告 | Comments(0)
今回は、10/3に開催された泰日協会学校シラチャ校PTA文化部主催の野菜セミナーの報告です。

テーマは、毎日の食卓・お弁当に!
      ~子供と楽しむタイの野菜・果物~
 
講師は、コミュニティー代表の青澤さんです。
会場には、80人を超える方々にお集まりいただきました。
d0229095_17415854.jpg

内容は、「タイ野菜の安全性」「タイの野菜・果物をいっぱい使おう」「お弁当を楽しむ!」です。

「タイ野菜の安全性」については、皆さん関心あるところと思います。
農薬・有機栽培、無農薬・減農薬栽培についての紹介
また、野菜・果物の安全な食べ方として、洗い方の紹介、
食の情報の向き合い方(ものごとの良い面、悪い面の両方見る目を持つ…)等の説明がありました。

「タイの野菜・果物をいっぱい使おう!」では
 空芯菜・アマランサス・ハヤトウリの蔓、ハヤトウリ、パパイヤ
 蓮(蓮の茎)・タロイモ・四角豆・ヤシの新芽・ホーリーバジル
 キンサイ・ホームデーン・フクロタケ
これらの特徴や、野菜の食べ方の紹介がありました。

ここで試食タイム
野菜ソムリエメンバーがセッティングしました。
d0229095_17490463.jpg

試食の野菜は…
    ハヤトウリ(生・ゆでたもの)、四角豆、デップに味噌マヨネーズ
    パパイヤのきんぴら
    タイ野菜もこんな風に手軽に頂けます。
    ハヤトウリが初めてという方も…
d0229095_17424070.jpg

「お弁当を楽しむ!」では
お弁当の献立の立て方、バランス、一つの材料で何通りできるか?etc
お弁当ノートの提案がありました。

最後に、皆さまのアンケートをもとに質疑応答

盛りだくさんの内容で1時間半、熱心に聴いて頂きました。
これを機会に、タイの野菜・果物に興味を持って食卓に取り入れて頂きたいですね。

シラチャ―のみなさん、これからセミナーを増やしていきたいと思っていますので、またよろしくお願いします!
(10月17日(火)のセミナーは、おかげさまで満員御礼となりました。)


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-10-04 21:19 | イベント案内&報告 | Comments(0)