人気ブログランキング |

タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

皆様こんにちは!タイは雨季終盤。過ごしやすくなっているでしょうか?
バンコクを離れ8ケ月。今は、よかとこ福岡博多在住たい! 笑
6年ぶりに日本の四季の移り変わりと新天地福岡を新鮮に楽しんでいるhalu*です。

11月も最終週。何かと忙しい師走を目前にし日ごと冷たくなる空気に
一枚、一枚と着用する衣服が増えモコモコ。
薄着で過ごしていたバンコク生活が懐かしく恋しい今日この頃です。

さて、“最近ハマっている野菜料理”ですが、
私は赤芽大吉=里芋のお料理です。

日本では秋になると各地で芋煮会が開催されニュースになりますね。
また、これからお正月を迎えるにあたって子孫繁栄を願うおせちの一品として
里芋の白煮など食卓の出番も増えてくる里芋。
出回りは周年ではありますが、秋冬が最盛期とあって今は種類も豊富。
私が住む福岡の地場野菜にはセレベスという品種を多く目にします。
白芽、赤芽とあるのですが、↓画像のように芋の一部が赤い赤芽と
呼ばれている(九州では赤芽大吉とも言います)里芋を買う機会が多いです。
*赤芽大吉はぬめりが少なめでホクホク。

タイにおいては、フジスーパーなどで小ぶりでぬめりの強い品種=石川早生に近いモノが売られていますね。冷凍里芋も重宝したのを思い出します。
また里芋の代わりにタロイモ(プアック)を代用するということを
野菜ソムリエ バンコク時代に学ばせても頂きました。
里芋はタロイモの一種であり、お料理の活用法はほぼ同じですので、
バンコクにおきましては、入手しやすいタロイモでの里芋代用が
美味しく、お財布に優しいかと思います。



d0229095_15183170.jpg
里芋はいも類の中では最もカロリーが低く食物繊維が豊富。
ねばり成分である食物繊維にはガラクタン、ムチンが含まれ、胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇を抑える働きがあります。またナトリウムの排出を助けるカリウムも多く、むくみ解消、高血圧を防ぐ効果が期待できますよ。



とっても簡単!めんつゆで炊き込みご飯!!
“里芋と牛肉キノコご飯”
d0229095_15192824.jpg
里芋はねばりがあり甘過ぎず上品なお味。
お肉やキノコのうま味とめんつゆのお出汁がまろやかにお芋さんとマッチしますよ!
献立に困った時は簡単炊き込みご飯で栄養満点!
炊飯器に入れる前の里芋の下処理は皮をむき塩をふりかけて軽くもみ、流水で塩分と粘りを洗い流し灰汁を取ります。お肉は豚や鶏肉でも美味しいです。キノコもお好みで入れて下さい!!
めんつゆの希釈倍率はメーカーで違いますので、それぞれのメーカーHPなどを参考にめんつゆ量、水加減を調整してみて下さい。(または、和風顆粒だしでもOK!)

バンコク、日本も炊き込みご飯が美味しい季節ですよ~~!!


また次週もお楽しみに♪
よろしければ下記バナーをポチっとお願いします。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-11-26 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

やっぱり空芯菜

ご訪問ありがとうございます。
ジュニア野菜ソムリエ在タイ7年目のYKです。
最近私がハマっている野菜料理は空芯菜炒めです。

d0229095_00501143.jpg
なぜ今空芯菜にハマっているかというと、2歳半の娘が好きでよく食べるからです。
うちの子は普段、ブロッコリーや人参など野菜を茹でただけのものが好きで、
子供が好きそうな味付けにしたり、コロッケにしたり、手間をかければかけるほど食べないのです。。。
(そのような経験をお持ちのお母様多くないですか?時間をかければかけるほど食べてくれない。)

しかし、ある日旦那の夕食に空芯菜の炒め物を作ったら、娘がラーメンを食べるかのように、
お箸で、ズルズルボリボリ食べだしたのです。
タイ料理は子供は苦手だと勝手に決めつけていたのですが、ビックリ!!
その日からうちで頻繁に作るメニューになりました。

d0229095_11590128.jpg
空芯菜は、βカロテンが豊富で、鉄分、カロテン、ビタミンC、カリウムも多い野菜です!!
(参考文献:南国(タイ)の野菜たち)
しかも、タイでは1束30バーツほどで売られていて、家計にも優しい!!
更に、作り方は、このタイの味噌と呼ばれるタオチオとにんにくで炒めるだけで、超簡単!!
d0229095_11592702.jpg
簡単に作れて、栄養もしっかり取れて、家計にも優しい!
あと1品おかずを増やしたい時、時間がない時にもぜひオススメのメニューです。




by vfcbangkok | 2018-11-19 07:00 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)

コーンごはん

d0229095_04284303.jpeg

雪も降りだしたマイナス1度のシカゴから参加します。野菜ソムリエkanaoです。


私の最近はまっている野菜料理はコーンごはんです。


コーンを削いで、芯も一緒に酒と塩で炊いただけ!芯から出汁が出るようです。


昆布も一緒に炊いてみたら、それはそれで美味しいのですが、入れないでも充分出汁が出ていて、芯すごい!と思いました。


シカゴに来て一年になり、タイから来た者としては久しぶりの四季を感じ(と言っても長い冬と短い春夏秋)、野菜の旬を感じます。いつもあると思ってた夏野菜がなくなる瞬間。すごくさみしくなります。


シカゴのあるイリノイ州はコーンの名産地。


アメリカ中西部のコーンベルト地帯に入ります。


夏はコーン畑をよく見ました。スーパーには101ドルなんてところも。


ファーマーズマーケットにはミライコーンが売ってるよ!コーンごはんにするとおいしいよ!とお友達から教わったのでした。


この夏以降、何度も子どもからリクエストのでる定番ごはんとなりました。


何より簡単!


旬が終わり、皮が剥かれてパックされたコーンはまだあるので、また旬を待つまでたまに作れるかな。


タイは一年中あったのになぁと思います。

d0229095_04305535.jpeg

番外編


アメリカ人に聞いたコーンの美味しい食べ方はグリルしたコーンにサワークリームをたっぷり塗って、チリパウダーをかけて食べるというもの。チリはかけないけど次女のお気に入りになりました。

みんなのはまってる料理気になりますねー!

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-11-12 04:23 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
2回目の登場の野菜ソムリエ、mihowです。ただ今、日本に一時帰国中。ちょうど季節が秋に移り変わるところで、美味しい日本の食材&我が家のキッチンで二十歳の娘に料理を教えたり、私なりのコツを伝授しています。
ちょうど下宿中の息子の帰省中で、小腹が減った~というので、袋パンを出すと、”なんで実家に帰って袋パン食わなあかんねん?!”と。
あーはいはい、ってパンを焼いたり、ピザ作ったり。そして冷蔵庫を開けては、常備菜の充実に涙を流しておりました←やっと食に感謝ができる人間になりました。
こうして考えると、やはり道具もキッチンも充実していないサービスアパートメントの自宅@バンコクでは、ちゃんと時間をかけて料理していないことに気づいちゃって、大反省です。。。

さて、最近ハマっている野菜料理ということですが、もうすでに20年ハマっている?ものをご紹介致します。
タイトルにあるように、最近でもないし、野菜の仲間でもないし。でも、きっと許して頂けると信じて!!
それは、寒天。商品名でもあり、会社名でもある、、、
かんてんぱぱ  です!https://www.kantenpp.co.jp/

そもそもは、21年前、息子が生まれた時の話。友人の赤ちゃんのお通じが悪く、かんてんゼリーを食べさせているという話から始まり、通販で購入でき、ちょうど離乳食にも良く、そして自然食品だということで始めたのです。
そういえばFAXで注文書を送っていました。時代を感じますなぁ。
最初は子供のおやつのゼリーやプリンが中心でしたが、その後商品も増え、さんざん試した挙句、一周周って辿り着いたのが、今回ご紹介する、シンプルかつプレーンな寒天(糸寒天、粉寒天)です。

デパ地下のデリサラダが大好きで、見かけにもキラキラ素敵で、カサが増え、ドレッシングも抱え込み、時間がたってもサラダの水分が出ない、これが糸寒天なのか!と気づき使い始めました。
その後、NY駐在時に、劇的にBBQとポットラック(持ち寄りパーティー)が増え、水分が出にくいサラダ料理、冷めても肉汁が逃げないバンバーグ(タネに粉寒天を入れる)など、時間が経ってからお客様が食べるパーティー料理で本当に助けられました。
野菜料理ではないですが、やはり、古今東西、老若男女、デザートのプリン&ゼリー系が大人気。でも夏場だとゼラチンは溶けるし、牛由来のゼラチンはインド系のお友達が宗教上の理由で食べられなかったので、常温で固まってくれる寒天はうってつけの食材でした。
d0229095_22113293.jpg
d0229095_22111801.jpg


作ったサラダにカサコソ混ぜる~♬作ったスープにカサコソ投入~♪
およそ、料理とは言えない。でもこの手軽さ、シンプルさにしては、お腹のなかでの食物繊維の働きは凄いものです。

もう10年前になりますが、NYから一時帰国していた時に、従弟家族と信州旅行をしていました。その時に、”かんてんぱぱガーデン”という看板を見つけ!!どうしても行きたい!と10キロも戻って訪れたことがあります。
工場見学、レストラン、そして美しいガーデンがあり無料で楽しめます。こちらもお薦めです!

食べ物と思い出はリンクするものです。食について考えることは、自分の人生の振り返りにもなりますよ。
もうハーシップ(←タイ語)となり、人生に於ける食事の回数も、もしかしたらカウントダウンできるようになってきたかも知れない(汗)と思うと、不味い機内食を一回にカウントするのが悲しくなってきました。

今後の野菜ソムリエメンバーのお料理紹介を参考に、人生お食事カウントを彩りたいと思います!






by vfcbangkok | 2018-11-05 00:01 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)