タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タイ駐在前、タイ料理なんてほっとんど食べたことがなかったのに、その後こんなにハマるとは当時の私には全く考えられなかったYNです。

日本で食べるとやたら甘ったるいパッタイや、美味しさと辛さがどうも中途半端なヤムウンセンのどこに魅力があるのかさっぱりわからないままタイへ。

「タイに来たら先ず何が食べたいかガイドブックを見て選んでおいてね」と1年ほど先にタイに駐在していた旦那から言われていたけど、ガイドブックのタイ料理のページって、どの料理もオレンジや赤が目に痛くて全て同じにしか見えない…。

もうどれでもいいや、と思っていた私の目に先ず飛び込んできたのが「カオマンガイ(茹で鶏のせご飯)」。
(この色なら私でも食べられそう、鶏肉ご飯ならハズレはないだろう)と、ただそれだけの理由で。

子どもたちの通学が軌道に乗り旦那がお休みになった休日、2人で念願のカオマンガイを食べに、カオマンガイといえばベタな有名店、通称「ピンクのカオマンガイ(ラーン ガイトーン プラトゥーナム)」へ。

ド満席な店内のどこに座ればいいのか、座ったものの一体どうやって注文したら良いのか、自分の目の前の、前の客の食器はいつ片付けてくれるのか、片付けてくれたもののとても衛生的とは言えないこの出てきた食器は口に入れて本当に大丈夫なのか、オーダーしたもののちゃんとタイ語が通じたのか…そんなことはどうでもいいと思える感動がその後の一皿には盛られていました。

一人前にしては、日本人にはかなり量の少ないそのプレートに、鶏のダシとニンニクが効いたご飯と、これ以上ふっくらも潰してもダメな蒸し鶏と、生姜と唐辛子の絶妙な味付けのタレ(私は毎回飲み干します(^^;;)、そして小さな冬瓜と申し訳程度に混ざったパクチーの一部入りスープがセットで40B弱(150円ほど)だったか。

日本にこのピンクのカオマンガイの支店があるそうなのですが、残念ながらまだ行ったことがありません。
日本で800円以上するのは、渋谷という土地柄と材料費、人件費を考えれば仕方ないことでしょう。
でも、バンコクでお安く食べられたカオマンガイに800円以上も出すのって…作り方知っているなら材料費800円で作ればいいじゃない…と毎回つい考えてしまい足が遠のいています(いずれ食べ比べに行ってみたいとは思っているけど)。

というわけで、先日久しぶりに自宅でカオマンガイを作ってみました。
ポイントを押さえれば、自宅でもかなり美味しいカオマンガイができます。

・蒸し鶏は、沸騰した湯でグラグラ煮ないこと(静かに20分熱湯で茹で、スープに入れたまま
少し放置)。

・タレはタオチオ(タイの味噌醤油がなければ日本の八丁味噌や仙台みそなんかを使って作っても)と酢、生姜、唐辛子、ニンニクを入れて。
(ごま油、みじん切りした生姜、塩バージョンのタレも子どもたち用に準備)

・日本米で作る場合、少し茹で鶏のスープを減らして固めに炊く。炊く前にニンニクで米を炒める。

ちなみに、タイのカオマンガイにパクチーはほとんど入りません。
日本では追いパクするのが普通みたいですが、タイで追いパクってあんまり聞いたことがありません。
どんな料理にもパクチー=タイみたいな図式が日本ではまかり通っているみたいですが、本場タイではそんなにパクチーだらけではないのが事実だと思います。

我が家ではこの日パクチーがなかったので、タイ料理には邪道な三つ葉を彩りに飾り、栄養を考えて小松菜を茹でて添えました。

茹で鶏のダシにカブとシメジ、マイタケ、小口切りにした細ねぎを追加してスープに。

d0229095_12290062.jpeg


家族には鶏のダシが効いたこのご飯は相変わらずウケ、懐かしさもありキレイに完食でした。

カオマンガイはタレによっては辛味が少なく老若男女問わず人気の高い料理だと思いますが、タイでは屋台によってタレや鶏肉の扱いで美味しさにかなり違いがあります。
タイでピンクの扉を開けた後は、フードコートや屋台、ローカルな店など色々な場所で食べ比べてみるのも面白いと思います。

そして日本の自宅でもマネし易い料理だとも思います。
今は、「カオマンガイ」と検索するだけで沢山のレシピがアップされているので、我が家の味、我が家のタレで是非楽しんで頂きたいと思います。

…と、野菜ソムリエなのにこんなに肉押ししていいのかなぁと心配になりつつ、気持ちだけは野菜押しの気休めに文字だけ緑にして、私のレポートを終了させていただきますm(__)m


[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-26 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
野菜ソムリエが選んだ】

もっと楽しくベジフルライフ in Thailand(実践編)】
「食卓に取り入れたいタイの食材 Part3」
 
 
野菜ソムリエコミュニティ バンコクのメンバーが野菜を選び、考慮したレシピをご紹介し、
お弁当付き、お土産つきのお得なセミナーが、開催されました。
  

今回のテーマのお野菜・果物はこちらです。
   
  ビーツ(ビート・ルート)
  ナンキョウ(カー)
  空芯菜(パック・ブン・タイ)
  ハヤトウリ(ファクメオ)
  ドラゴンフルーツ(ゲーオマンゴーン


d0229095_17594098.jpg

   

はじめに青澤代表よりご挨拶です。
青澤代表の元気な声で会場が活気を増してきました。いよいよスタートです。




d0229095_11110488.jpg


 

今回の講師のベジフルビューティのRです。
日頃から、いかに健康で年を重ねていけるかを考えた食生活を心がけています。




d0229095_17595481.jpg


  
はじめに「ビーツ」のご紹介です。ロシア料理のボルシチに使われることでも有名ですね。
切ってみると中はとても色鮮やかな赤紫色ですね。
ビタミンC、葉酸、カリウム、鉄分をはじめ、豊富な栄養素を含んでいます。
  



d0229095_18000716.jpg


 
ビーツは生食でも可ですが、加熱すると甘みがアップします。
アルミホイルでグリルをして蒸し焼きに、トースターで焼いても十分美味しくできます。蒸した後に、
相性の良いチーズを添えてサラダにしても良いですね。



    
次の講師は、タイ大好き、お料理大好きのYです。
香り豊かな香辛料の「カー」のご紹介をさせていただきました。



d0229095_18001579.jpg



日本では「ナンキョウ」、「タイショウガ」とも呼ばれています。
タイ料理では、トムヤムクンやトムカーガイにも入っていますね。
  
        

      
d0229095_19314413.jpg

 
取り扱いには、新鮮なものは非常に固いので、よく切れる包丁が必要になること。
香りずけにすりつぶしたり、すりおろしたりして使うことなど、すぐに活用できそうです。


皆さまに、カーとマナオの蜂蜜漬けしたものと、フレッシュなカーをすりおろして入れたホットティー
試飲していただきました。身体を温める効果があり冷え性対策にも良いです。お味はいかがでしたか。





次は、万能緑黄色野菜「クウシンサイ」のご紹介です。 
タイでは最も多く食べられている緑野菜ではないでしょうか。 

今日は、空芯菜カッターを用意して実演を致しました。細く麺のように簡単にきれいにできました。
皆さまから歓声があがりました。ペペロンチーノにしたり、焼きそば感覚でいろいろな味で楽しめますね。
  
 

d0229095_18001104.jpg



次に「ハヤトウリ」のご紹介です。

ハヤトウリには、酵素がたくさん含まれています。酵素により、お肌の弱い方は、2、3日痒くなる場合があるそうですので、
気になる場合は、手に油を塗ったり、手袋をしたり、流水の下で皮を剥くと良いです。
 

もうひとつの方法として、皮を剥かずに縦半分に切り、その二つで断面をこすり合わせると出てくる酵素の泡を洗い流して
皮を剥いてみたところ、痒みもなく平気です。
この泡はタンパク質分解酵素ですので、体への害はありませんのでご安心くださいね。


タンパク質分解酵素の働きによって、お肉を柔らかくする働きがあるとともに解毒作用もあります。
 


実演をしながらの説明を、皆様、頷きながら、メモを取られたり熱心に聞かれていました。
 
  
             
d0229095_17595057.jpg
       

 生でカットしたものを味噌マヨネーズを付けて試食いただきました。
 シャキシャキとした歯ごたえを感じていただけましたか。 


 
d0229095_11233192.jpg


 最後に「ドラゴンフルーツ」です。タイでは身近に感じますね。
 美味しいドラゴンフルーツの見分け方、保存方法などをお話しさせていただきました。
 
 中身が白いもの、赤いもの、2種類のドラゴンフルーツをディスプレイ致しました。
 レッドにはポリフェノールが含まれ、強い抗酸化作用でがん抑制効果もあります。
 
 皮やつぼみも食べられます。今日のお弁当には、ナスと皮の甘味噌炒めが入っています。
 早速、お料理してみたくなりますね。 
           
 
   
d0229095_09060552.jpg


d0229095_11192266.jpg






  野菜ソムリエーメンバーがレシピを考案したお弁当です。彩り豊かです。
  楽しみのお弁当の時間です。
  空芯菜団子もご用意しました。嬉しいですね。  
 

d0229095_17593371.jpg
 
d0229095_18000349.jpg





  今回ご紹介しましたお野菜・果物・ハーブのお土産付きです。
  早速試していただけましたか。


d0229095_18164759.jpg




d0229095_17594547.jpg

    
  セミナーの会場では、サラディーで販売の商品も購入できるチャンスです。



  参加された皆様より、「お弁当美味しかったです」「早速、家で試してみます」などの、お声をいただき
  メンバー一同、大変嬉しく思っております。
 
  Part1.Part2に引き続き、今回のPart3も多くの皆さまにご参加いただきました。
  ありがとうございました。

  
  


  *お知らせ*

  次回のセミナーに関しまして、日程が決定次第、改めてブログにてご案内させていただきます。
  楽しみにしていてくださいね。
 


d0229095_18002695.jpg




 *私たちは一緒に勉強し活動する仲間も大募集しております。
  食いしん坊の集まりと言われる、野菜ソムリエコミュニティ バンコクの仲間入りしませんか?

  興味もたれましたら、いつでもお声かけ下さいね。
  今回も身近なタイ野菜の講義とそのお野菜のレシピを紹介、野菜のことをもっと知って、新たなレシピをゲットしてみませんか?

  野菜のことを知った上で料理すると、きっと何かが変わるはず! 是非新たな発見をつかみに来てください。


  お申込み/お問い合わせは 青澤まで
  TEL/SMS 081-836-6350
  MAIL : saladee.aosawa(@)gmail.com
  (@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( ) を外して@だけで送りください。



  Kusaka



  

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


 
        
 


[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-22 23:27 | イベント案内&報告 | Comments(0)

ヤムトゥア


こんにちは、野菜ソムリエのYumiです。
バンコク駐在の終わり頃に野菜ソムリエコミュニティに参加したくて資格を取得し
数回活動に参加した後ホーチミンへスライドし、現在ホーチミン駐在約1年半になります!

好きなタイ料理はいろいろありますが、バンコクのレストランでもよく注文し
タイ料理教室で習った料理の中でたまに家でも作るのが
『ヤムトゥアプー』(四角豆のサラダ)です!

d0229095_19270171.jpg
 ヤム(和える)・トゥアプー(四角豆)<四角豆サラダ>

四角豆は日本ではなかなか手に入りづらいですが、バンコクでもホーチミンでも
市場やスーパーで売っていて買いやすい野菜です。
ビタミンが多いので南国で強い日差しにさらされている肌によさそうです。
日本で四角豆が手に入らないときは、代わりにインゲン豆を使うと似た食感になります。

d0229095_19264807.jpg
 ヤム(和える)・トゥア(豆)インゲン <インゲンマメのサラダ>

 『ヤムトゥアインゲン』 日本で作ったらとても好評でした♪


[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-19 10:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
こんにちは^^
ベジフルビューティーセルフアドバイザーのYamaです。

来年には在タイ歴が20年になるぐらいタイ歴が長いので、好きなタイ料理を一つだけを選ぶというのは非常に困りますが、基本的にタイ料理は外で食べるものだと思っているので手料理ではなく、ここ1年ぐらいリピート食べしに行っているタイ料理をご紹介したいと思います☆


それは Thonglor Soi4にあるPhuket Townというお店の「ロティ&マッサマン」です!

マッサマン。
2011年に「世界で最も美味な料理ランキング50」で栄えある1位に選出されたこともあるタイ料理なのですが、日本人にも食べやすいカレーなのでお好きな方も多いのではないでしょうか?
タイ南部を訪れたアラブ人の貿易商人が起源だとされる説やアユタヤ王朝を16世紀に訪れたペルシャの使者や貿易商の影響を受け、タイ中部で生まれたとされる説など諸説あるようです(ウィキペディア参照)


こちらのお店は南タイ料理のレストランなので南タイ料理には欠かせないサトー豆やミアンという南タイの野菜を使ったお料理も美味しいのですが、こちらで初めてマッサマンを食べた時の衝撃が未だ忘れられず、珍しく何度も食べに通っています。

一緒に出てくるロティのパリパリとした食感が美味しいのとマッサマンの中に生のピーナッツが入っていて、そのピーナッツの食感が何とも言えません。辛さも控えめで南タイ料理の辛さが苦手、という方でも食べやすいかと思います。

d0229095_19364050.jpg
実は先週も食べに行きました^^*


まだ未体験の方、是非是非BKKにいらっしゃる間に食べてみて下さいね!




[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-12 07:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
連日の寒さが身にしみる東京から、こんにちは。

野菜ソムリエの佐藤加奈です。

バンコクから帰国後、東京で、アロマとハーブのスクール「HERBAL Labo」の運営をしています。

「タイから帰国後はタイ料理とは全然ご無沙汰だわ~~」という方も周りには多いのですが、私の場合は、自分でタイ料理を作ったり、東京のおいしいタイ料理レストランを探したり、なんだかんだで、毎月のようにタイ料理を食べています。食べ歩き仲間は随時募集しております(笑)

さて、おすすめのタイ料理一品ですが、何を紹介するか、散々迷い。王道のタイ料理。私はどれも大好きで、一皿に選べず、迷った末に紹介するのは、こちら↓

「ヤム・アボカド」

d0229095_17235130.jpg


























都内に何店舗か展開している「クルン・サイアム」というレストランの一皿。家が近いと言うこともあり、吉祥寺店にたまに食べに行きます。

「ヤム」とは、「和える」という意味なので、「ヤム・アボカド」はアボカドの和え物のサラダです。

1/4くらいの大きめにカットしてある、ゴロンっと転がるアボカドのダイナミックな盛り付け。

つぶしながら食べるパフォーマンス性。

ヤムのタレがアボカドのクリーミーさにとても合って、おススメの一品。

家でも試して作って、以来、大好物です。

タイ料理のガツンと辛いのが苦手な方にも楽しめるかと思います。

ぜひ、試してみてください♪

[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-05 07:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
サワッディーカー、代表の青澤です!
2018年が明けたと思ったら、あっという間に2月にはいっちゃいましたね。
2月は初めて開催するセミナーがあるので、ただいま準備に大忙しです。

セミナー詳細は、コチラから↓


さて、2018年の最初の活動で、遠足に行ってきましたので遅くなりましたがその報告です。(長いです、すみません)
タイは今、乾季で涼しい日が続いています。
乾季は、遠足のベストシーズン! 
タイの乾季は、滅多に雨が降ることはないので、お天気を気にせずいろんな計画をたてられます。
なので、ずっとみんなで行きたがってたオーガニックファームツアーを企画しました。
行先は、バンコクから1時間ほどのナコンパトムにあるサンプラーンリゾート

と、ところが~!! 😨
よりによってなんで~!? と朝起きて悲鳴をあげるほどの大雨 ⚡☔
仮に現地で晴れたとしても、どう考えても農園ツアーは不可能な状態・・・ぐちゃぐちゃでしょうから。
でも車も手配してたし、先方も予約してるし、行先はリゾートホテルなので何とかなるかと出発。
高速に乗って車を走らせても真っ暗な状態で笑うしかありません。
さて、現地に着いたらやはり止みそうもない大雨で、相談したら、別のプログラムはどうかとすすめられました。
タイのカルチャーを知る体験ツアー、、、なんか、なんちゃってな感じのお遊びツアー、もうみんなタイに長いし、楽しめるのかしら~と思いつつ、他にすることもないので参加。

これが意外に面白くて、かなり楽しんじゃいました!
タイの小学校6年生も社会科見学で来ていました。
みんな礼儀正しくてかわい~!

<ハーバルパビリオン>
d0229095_19460295.jpg
d0229095_19460386.jpg
たくさんのハーブ、食べられるものやそうでないもの、いい香りがするもの、前にみんなで試したものなど、野菜ソムリエたちは即興味深々。

<タイの剣術>
d0229095_19460476.jpg
<ムエタイ>
d0229095_19460221.jpg

<タイシルク>
d0229095_19460247.jpg
<日傘の絵付け>
d0229095_19545184.jpg
<タイの伝統編み物>
d0229095_19545167.jpg

簡単に作れてうれしかったのですが、メンバーの中には、持ち帰ったら、猫がとっても気に入ってよかった! という人も。

<タイの陶器>
d0229095_19545286.jpg
象さん作りに挑戦。
これもみんなハマって黙々と作業、でも時間が限られているので、みんなちょっと心残りがあるまま完成!

<タイ料理>
d0229095_19545224.jpg
ココナッツミルクのもとになる、ココナッツの実を削る作業。
昔はこうして手作業だったんですよね~、でもそんなに大変なものではないので、家にあったらいつも新鮮なココナッツミルクが使えていいかも!? 
どこかに売ってますかねぇ???
d0229095_19551926.jpg
d0229095_19552055.jpg
バナナとココナッツのお菓子を試食させてもらいました。
アツアツでおいし~😋


<花輪作り>
d0229095_19552212.jpg
d0229095_19552243.jpg
蘭やジャスミンなどなど、これだけの花びらを使えるなんて、よく考えたらとっても贅沢なことですね!

d0229095_19552143.jpg
敷地のところどころに果樹が植えてあります。
これはマンゴー、ウルシ科なのでアレルギーのある方は要注意。

<果物と野菜の彫刻>
d0229095_19552282.jpg
カービングは見るだけでしたけど、メンバーは勉強会ですでに体験済、習ったことのあるメンバーもいるので、見学だけで十分でした。

<脱穀>
d0229095_19554391.jpg
d0229095_19554332.jpg
昔はこうしてロクロを回して脱穀してたんですね~。
季節があえば、田植えの体験もできるようです。

<ミニ農園>
本来の目的地の農園には行けませんでしたが、小さな農園があったのでいろいろ見ることができました。

d0229095_19554642.jpg
マメ科の花を食べる白胡蝶(ドーク・ケー)
d0229095_19554989.jpg
ジャックフルーツの赤ちゃん
d0229095_19554848.jpg
トムヤムやトムカーガイなどスープでおなじみのナンキョウ(カー)
d0229095_19554594.jpg
パパイヤの花

動物もいるんです。
d0229095_19561896.jpg
水牛さん
d0229095_19561884.jpg
象さん
餌もあげられて、しばらくみんなで象さんに遊んでもらいました。


<ランチブッフェ>
d0229095_19561347.jpg
バナナの花房は、そのまま食べると苦いのですが、パッタイに混ぜると美味しいんですよね~、不思議。
d0229095_19561501.jpg
最後は、みんなで満腹になってしあわせな気分で帰りました~!

帰る頃にはすっかり雨も止んでましたが、雨降ってなんとか・・・じゃないですけど、思わず楽しい体験ができたので、これはこれでいい遠足になりました。
このツアー、タイ在住の方にもおすすめですよ~。

こんな楽しい活動をしている野菜ソムリエコミュニティBangkokの仲間になりませんか~?



===ここから宣伝!===

野菜ソムリエバンコク地域校

日本で人気の資格をバンコクで取得! 

DVDでの自宅学習と1(2時間)の講義付の特別講座です。個別に無料説明会を開催しますのでお問い合わせください。

● .野菜ソムリエ

野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむためのコースです。野菜・果物の楽しさを個人として実感し日々の生活に役立てることを目指します。講習・試験とも10:0012:15 受講料148,000円 

52期 講習 33()  試験 331日(土)

53期 講習 427日(金) 試験 526日(土)

54期 講習 530日(水) 試験 623日(土)

● アスリートフードマイスター3

アスリートご本人やサポートする家族向け。アスリートに必要な食事とは何かを学びます。講習・試験とも10:0011:45 受講料68,000円 

14期 講習 35日(木)  試験 331日(土)

15期 講習 62日(土)  試験623日(土)

● ベジフルビューティー・ベーシック (全通信講座のみ)

毎日の食生活に野菜・果物を効果的に摂り入れ、「楽しみながらキレイになる」をめざします。受講料119,900円。全通信講座のみ 修了試験 623日(土)10:0011:45

申込み・問い合わせ: Mail saladee.aosawa@gmail.com 電話 081-836-6350 (青澤) 

場所: SALADee (Silom Plaza内 BTSチョンノンシー駅徒歩3分) 




クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-02 14:14 | 遠足 | Comments(0)