タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」( 29 )

緑のソース

こんにちは。野菜ソムリエのYMです。
日本に戻って早3年が過ぎました。
好きなタイ料理。
う〜ん悩みますが、これ食べたいな、と思うこちらを。

d0229095_21502507.jpg

Sukhumvit soi24からラマ4世通りを少し行ったところにある「ソーントン・ポーチャイナ」そこでの写真。
こちらでいただいたトートマンクン。
けどピントはソース、タレにあっているような…。そうでなんです。このソース美味しいですね。一つ選ぶなら緑の!名前は忘れてしまいましたが(早っ)。
料理ということなのでトートマンクンにしつつ、本命は緑のソース。
日本でも普通にシラチャーソースが売っているので、こちらの緑のもたぶん売っているのだとは思いますが、まだ私は見つけてなくて。
ちょっとした調味料、ソース、タレが本場のものだとやっぱり違いますよね、美味しさが。

では、次の方へバトンタッチ。お楽しみに。


[PR]
by vfcbangkok | 2018-07-16 06:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
こんにちは!
野菜ソムリエのMHです。
日本はそろそろ梅雨も明けるころ・・・今、私が住んでいるカンボジアはタイと同じく雨季真っ只中です。

一年を通して暑い場所に住んでいると、ピリッと辛いものとシュワシュワっとしたビールがすすみがち(笑)
そして、私の好きなタイ料理は  『グリーンカレー』 です。

タイ料理とのはじめての出会いも、主人がはじめて作ってくれたお料理も「グリーンカレー」でした。
はじめての味って、こころにも記憶にも深く刻まれるものなんですね・・・


おうちで作るときはペーストを使って作りますが、このペーストの材料 なにが入っているか知っていますか??


d0229095_16510785.jpg

唐辛子、ニンニク、カー(ナンキョウ)、レモングラス、バイマックル(こぶみかんの葉)、赤小玉ねぎ、パクチー、ガピ(エビ味噌)など・・・たくさんの材料を細かくつぶして作ります。
辛みだけでなく、味に深みがあるのはいろいろな香辛料やハーブが入っているからなんですね。
タイ料理の奥の深さを感じます☆



d0229095_17132994.jpg

「グリーンカレー」はごはんだけでなく、おそうめんにも合うんですよ!
食べてみたことのない方は是非試してみてください。
初めての経験はきっと心ががワクワクするはずです(^O^)

来週の好きなタイ料理はなんでしょう?
お楽しみに♪







[PR]
by vfcbangkok | 2018-07-09 06:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
日本からこんにちは。野菜ソムリエのシマモトです。

バンコクは雨季で突然の豪雨もあり
日本はジトジトな梅雨ですが
関東甲信越は梅雨明けしました。
東海・中国・北陸と
今週には梅雨明け宣言が出るのではないでしょうか?


※この記事を書いたのは7月1日。

日本では、7月6日現在

西日本や関西地方で歴史的大雨・大洪水が🌀

みなさまのお住まいの地域に大きな被害がありませんことを・・・





暑い夏になると
アジアンエスニックフードブームが続いている
日本でもタイ料理が爆発的に食べられるようになります。

『一番好きなタイ料理は何ですか?』と聞かれて
私が即答するのは ソムタムです。

タイ料理をほとんど食べたことのない私が、
タイに行って不安を抱えながら
初めて食べたのがソムタム

美味しい! 心配していた食も
これならいけるかも177.pngと思いました。(単純です)

6月21日から27日までバンコクに行ってました✈
(友人からは、お帰り~と言ってもらえるのはうれしいです♡)

『何を食べたい?』と聞かれたら、即答! ソムタム

1週間の間、ソムタムを食べて食べて食べまくりました。

このブログを日本で読んでくださっている方に・・・
ソムタムはもともとラオスやタイ東北部で食べられた
青パパイヤを使った料理で、
だんだん南下して
タイ全域で広く食べられるようになったものです。


タイ料理の4大要素 甘・辛・酸っぱい・しょっぱい が
うまく調和されていると言われています。

(嗜好はそれぞれですが)
日本人の口には合うのではないかと思います。
私のように、最初に食べるとタイ料理にはまるかも~です('ω')

初日にソイ34のタリンプリンで

d0229095_17001433.jpg
2日目は、会社のタイ人スタッフと待ち合わせで
『何が食べたいですか?』ソムタム!
で予約してくれたお店は、ソイ42の 
その名もズバリ! 『バーンソムタム』で

d0229095_17003393.jpg
タムカウポード=トウモロコシのソムタムもおいしい~

最後の最後は、
スワンナプーム空港でかなり時間があったので
d0229095_17091069.jpg
最初から最後までソムタムを食べ続けた旅でした。
お店に依って味や盛り方は異なりますが
ずーと『あ~しあわせ~ 幸せ~』を
連発していました102.png

ソムタムのおおざっぱな変遷ですが
青パパイヤ

キャロット
(シリントン王妃が大学生の時デモンストレーションしたのが始まり・・と言われています)
(ご興味があったらこの点についてはお調べくださいね)

フルーツソムタム

トウモロコシ

他にもいけるんじゃない?と
どんどん増えたとか。

タイでの青パパイヤの消費量は
年間数十万トン

青パパイヤは多くの効能を持ち

成人病予防・がん予防・免疫力を高める
脂肪燃焼を促進・美白・更年期障害緩和
ダイエット・デング熱にも有効?

医者いらずの万能選手ですね。

そして、日本に帰って来てすぐ行ってたところ
d0229095_17144574.jpg
いつも、青パパイヤを直買いさせてもらってる、
おじいちゃんのハウス

これで日本でもソムタムを食べることができます('ω')
もう少しの辛抱です。

余談ですがおじいちゃん、
『もうすぐドラゴンフルーツもできるよ』と。
d0229095_17171447.jpg
まるでタイ旅行ビギナー目線の記事になってしまいましたが
『ソムタム食べたい! ソムタム作りたい!』と
思う方が一人でもいてくださると嬉しいです♪

ではでは、次週はどんなタイ料理が登場でしょうか?
お楽しみに。










[PR]
by vfcbangkok | 2018-07-02 02:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

バンコクからこんにちは101.png
野菜ソムリエのHKです。


先日、夕方に雨が降り止んだ後に外出したらとてもジメジメ感じる日がありました。

何となく気になったので湿度を調べてみたら...
なんと100


雨季にはこんなにも湿度が高くなるものなんだと、タイ在住6年目にあらためて実感いたしました。
湿度が高いこの時期は食中毒にも気を付けなければいけませんね。



さて、そんなタイからお届けします。

私の好きなタイ料理、この一品!は、タイの北部料理「ナムプリックヌム」です。



d0229095_01593535.jpg



タイ北部のチェンマイではカントークという食事のスタイルがあります。


竹でできたお膳に小鉢が並べてあり、床に座っていただくおもてなしの食事スタイルですが、その中の小鉢の一つにも並べてあます。

野菜や肉、カレー等と一緒に並べてあった、辛さが引き立つナムプリックヌム。
チェンマイへ遊びに行った際に初めて出会ったこの料理。

一口食べた瞬間から虜になりました!辛くて旨い!ビールに合う!!


「ナムプリックヌム」とは、プリックヌムという唐辛子(プリックとは、タイ語で唐辛子のこと)を焼いて、皮を剥いて、クロックと呼ばれる石臼でペースト状になるまで叩きながらナンプラー等で味付けをします。

ホムデン(タイタマネギ)や長ナスを入れることもあります。


プリックヌムは、唐辛子の中でも甘みがある種類ですが、この料理は唐辛子をクロックで種ごと叩き潰していくのでもちろん辛みも出てきます。


自分で作る際には種をどれだけ入れるかで辛さの調節もできます!


とは言いつつも、ここはタイ。

安くて美味しい!と、ついつい買いに行ってしまいます111.png





d0229095_02002786.jpg




我が家のブームだった頃、月2~3回は週末の食卓に並んでいました。

ケープムー(豚の皮揚げ)やサイウア(チェンマイソーセージ)、そしてたくさんの野菜と共に。

野菜もたくさん食べられるので、主人もお気に入りの一品です。


タイ料理屋でも食べられますし、スーパー等でも購入できますが、私のお気に入りは、オートーコー市場。


唐辛子の収穫時期によっては辛さが違う(?)とのことですが、旨味を感じる辛さがとても私の好みです




d0229095_02072321.jpg


*ナムプリックヌム+納豆の組み合わせもおススメ!


辛みが抑えられるので食べやすくなりますよ。

是非お試し下さい。




それでは、次回もお楽しみに~♪









にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-06-25 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
こんにちは。野菜ソムリエのKuです。

新緑の大樹の下でリラックスしてタイの事を思い出してます。この記事がアップされる頃は梅雨本番ですね。

d0229095_10205352.jpeg


さて、好きなタイ料理。聞いてすぐ思い浮かんだのはトムヤムクン ナムサイです。写真が見つからずごめんなさい(^^;;


タイに来て初めて足を運んだレストランで、タイと言えばトムヤムクン!と注文し、出てきたのはクリアなスープのトムヤムクン。真っ赤なスープを想像していた私は面食らってしまったのでした。

けれど、出てきたそれは澄みきったスープであるのに絶妙な辛味と酸味のバランス。辛いは辛いけれど後を引く美味しさでびっくり。タクライ(レモングラス)やカー(ナンキョウ)、バイマックルー(コブミカンの葉)がスーと鼻に抜ける爽やかなスープ。

トムヤムクンには2種類あり、このクリアなスープがナムサイ、もう一方はココナッツミルクが入ったナムコンだそうです。私はナムサイへ1票〜。

お店によっても全然味が違いますので、色々食べ比べてみるのも楽しいですね。

ちなみに私のお気に入りだった店は、やはり最初に食べたレストランのトムヤムクン ナムサイです。

当時、Thong Lo soi5 を少し入った所にある黄色い看板が目印でした。店内にあるクリムトの絵が印象的な南タイ料理専門店。まだあるといいなぁ。


次回のタイ料理もどうぞお楽しみに( ◠‿◠ )


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-06-18 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)


こんにちは。6月になりました。雨季のバンコクよりお届けします。
アスリートフードマイスター3級のkusakaです。


私の好きなタイ料理♪この1品!
「春雨炒め」タイ語でパットウンセンผัดวุ้นเส้น」 です。 


春雨炒めには緑のかわいらしいつぼみ。。


d0229095_15483184.jpg



花を表すドークと一緒に、一般的にはドーク・カジョンดอกขจรと呼ばれている、
食用花のつぼみが入っています。

ほんのりと苦みがあり、卵とあいます。淡い黄緑色もきれいですね。




d0229095_15493413.jpg



日本では、夜来香(イエライシャン)、英語では(Cowslip creeper)と呼ばれているようです。

炒めたり茹でたりと加熱して食べることが多く、オムレツにしたり、スープの具、ヤムにされますが、
生でナムプリックにして食べることもあるそうです。






今回、こちらの春雨炒めをいただいたお店はこちらです。
場所は、BTSシーロムライン、チョンノンシー駅から歩いて数分のところにあります。




こちらがお店の入り口の場所になります。ちょうどトゥクトゥクが通りました。



d0229095_15483506.jpg




こちらの道を入り、歩いて数分で到着です。 
お店の名前は「The Local Canteen」小さな入り口のお店です。





d0229095_15485297.jpg




d0229095_15485037.jpg


メニューを他にも。。と悩んでいたところ、タブレットで写真付きメニューをもってきてくれました。


外がとても暑かった日でした。。デザートもいただきました♪
マンゴーとココナッツアイスです。



d0229095_16525801.jpg


こちらのかわいいお皿をお店で売っていました。
かわいらしくほっとできるお店でした。

ホームページ:http://www.thelocalcanteen.com/





今まで知らなかったタイ料理、タイの野菜と出会い、少しずつ覚えてきています。


Healthy! Happy!101.png

野菜の力を信じて。。1日1日を大切に。。
過ごして行きたいと思います。


次はどのようなお料理でしょうか。お楽しみに。


Kusaka
















にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-06-11 17:41 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

こんにちは。Rieです。
バンコクから帰国し早2年半を過ぎ、この春は札幌に転居しました。
こちらはまだ気温10℃前後の日々も多く、早く暖かくなってと祈る日々ですが、
今、バンコクは一番暑いときですよね。
この時期はたくさんのフルーツが出回りますが、今回ご紹介するのは、今が旬のマンゴーを使った一品です。

かなりメジャーなので、ご存じの方も多いと思いますが、

カオニャオ・マムアン 

d0229095_11191995.jpg
                                写真が見つからず、フリー画像をお借りしました



●カオニャオ=もち米
●マムアン=マンゴー

の名前のとおり、
餅米にカットしたマンゴーを添えて(乗せて)ココナツミルクをかけたスイーツです。


屋台でもフードコートでもレストランでもカフェでもどこでも食べることができます。
デザートと思いきや、もち米ですので空腹も満たされます。

甘いマンゴーに甘じょっぱいもち米の組み合わせ。
これにココナツミルクをかけるとなじむ感じ。
最初、美味しいの?と思いましたが、おはぎのような感覚で違和感なく頂きました。

私も息子もカオニャオが大好きで(当時1歳の息子のおやつに良くカオニャオをあげていました)
日本ではおそらく生で食べたことが無かったマンゴーを気軽に食べられることもあって、
良く食べていた記憶があります。

おやつといえばフルーツを食べていたなぁと懐かしく思い出しました♪

では、次のタイ料理をお楽しみに。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-05-14 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
野菜ソムリエのYです。
日本人も大好きなあの一品…
に、欠かせないこのバジル。

d0229095_16062668.jpg

ホーリーバジル。タイ語で「ガパオ」と言います。
(立派に料理名にもなっていますが、ガパオはハーブの名称なんです。)
花が咲いていない方が新鮮なので、購入時は要確認。
お弁当になって置いてあるスーパーもあり、
ハーブの方を探す時は「バイガパオ(ガパオの葉)」で通じます。

『インドでは「ホーリーバジルがあれば家に病が入りこまない」と言われ、
痛み、熱、吐き気、心臓や血液の病気、糖尿病、関節炎、喘息、マラリアなど
まさに拝みたくなるような薬効が伝えられています。』
青澤代表の著書『南国(タイ)の野菜たち』より


ガパオと言えば、目玉焼きの乗ったこれですよね。

オシャレなお店で食べたり…
時には旅行中の屋台で…
フードコートで迷ったら…

d0229095_16054104.jpg

すごくハズレたことはないのですが、
やっぱり食べなれたお店の味が大好きです。
・唐辛子の辛さが苦手な方は「マイペッ(辛くない)」
・半熟の目玉焼きが苦手な方は
「カイダーオ(目玉焼き)マイスッ(生じゃない)」で注文します。
ジューシーな豚ひき肉バージョンがメジャーですが、
鶏肉(ガパオ ガイ)や、エビ(ガパオ クン)などもあります。

家で作るときはもっぱらこちら。 
『ガパオトーフー』
健幸料理教室 で習ったメニューです。
ポロポロの豆腐の食感、レシピも簡単、炒めながら香るガパオ♪
特に主人は外食が多いため、
家では出来るだけ豆類でたんぱく質を摂って欲しいと思っています。

d0229095_16052661.jpg


好きなタイ料理はたくさんあれど、
夫婦で真っ先に恋しくなるタイ料理はこれかなぁと思います。


次のタイ料理をお楽しみに♪





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-05-07 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
こんにちは、Jr野菜ソムリエ、チェンマイ在住Green daysのあつこです。
この記事を書いている今日は3月20日。市場に青梅も出始め朝こそ涼しさが残っていますが日中の暑さは本格化して来ました。さて今回のテーマは「好きなタイ料理」と聞き、迷わず浮かんだ私のお気に入りをご紹介します。それは暑い季節にぴったりな「ミヤン・プラトゥー」です。

d0229095_16415633.jpg

レタスにバジル・ミント・パクチーなどの香味野菜と焼いてほぐしたたプラトゥー、そしてカノムジーンを乗せ、ナムチムを少々垂らして頂くこの料理、お隣に居た友人とは”野菜ワシワシ”と命名し、暑くて食欲が沸かない時、前日食べ過ぎて軽いランチにしたいときなど、今日は野菜ワシワシやろう!どちらからともなく提案し、店のメニューには無いのだけど何度食べたか数知れず。その友人も日本に本帰国してしまい、しばらく食べていなかったけれど今回のテーマを見てこれしか無いでしょうと久しぶりに用意しました。

d0229095_16580106.jpg

香りの強い野菜が好きな私にぴったりなこの料理。欲張って沢山乗せると大口開けてもほおばれないサイズになるので具はほどほどに。そしてスタッフがマイペッと言って作ってくれたナムチムはやはり激辛なので小さじ半分くらいにしないと。お客さんと2人小一時間でどんぶり6杯分くらいの野菜を平らげました。ボリュームはあるけど野菜なので沢山食べてもヘルシーなのがありがたいです。

d0229095_17024687.jpg

この料理を食べるときはスタッフの分も材料を買って本当に大量の野菜を消費するのだけれど、スタッフ用のナムチムは辛さ20倍、画像見てるだけで鼻水したたり落ちそう。。

d0229095_17154854.jpg

プラトゥーを鰺の干物で、香味野菜はセロリや大葉などに変えれば日本でも再現可能ですね。味噌漬け豚の焼いたのや茹でたエビも生春巻き風でも合うし、クリームチーズや生ハムなど具材の種類を増やせばパーティー料理にも良いですね。いつかやってみたいです。
では次の方どうぞ!


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-23 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

こんにちは。

タイでの生活もこの4月で6年目に突入した

野菜ソムリエのJunです。


バンコクは只今ソンクラン直前の夏真っ盛り。

店先には花柄シャツや水鉄砲がいっぱい並び

すでにお正月気分です。


暑くて食欲もなくなりがちですが、

そんな食欲減退気味な時にもさっぱりと頂けるのが

今回ご紹介する私の好きなタイ料理

『カオヤム』です。

カオ=米、ヤム=会える、すなわちお米を和えるお料理。

d0229095_11221604.jpg

数種類の野菜やハーブやフルーツとご飯を混ぜて食べる

ライスサラダといった感じの南タイ料理です。


ごはんのまわりにはもやし、インゲン、四角豆などの野菜、

レモングラスやこぶみかんの葉といったハーブ、

そして青いマンゴーやポメロなどのフルーツがたっぷり!


全ての食材が細かく切られ美しく盛り付けられた一皿は

色鮮やかで混ぜずに眺めていたいほどですが

ここにカオヤムには欠かせない甘みあるタレをかけて

すべてを混ぜてライムを絞っていただきます。

d0229095_11230463.jpg

南タイ名物の魚ベースのナムブードゥという

発酵調味料を使ったこのタレがコクがあって

とても味わい深い!


野菜やハーブやフルーツがシャキシャキと混ざり合い

酸味と辛味がこの甘口濃厚タレと口の中で調和する

ハーモニーが好きです♪


南タイ料理はとにかく辛い料理が多いのが有名ですが

カオヤムは自分で唐辛子やタレの量を調節しながら

お好みの味で楽しめます!


写真は南タイ料理店が多いトンローの『カオ・ジャオ』

というお店の一品です。


私がいつも行くランチタイムは

お昼休みのタイ人のお客さんでとても賑わっています。

辛〜い南部料理とこのカオヤムをサラダ感覚で食べている人も多くこのお店の人気料理のようです。


野菜やハーブたっぷりでヘルシーなカオヤム。

食欲減退気味な時や脂っこいタイ料理が苦手な方も

ぜひ食べてみて下さいね♪


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-09 06:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)