タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」( 21 )

こんにちは、Jr野菜ソムリエ、チェンマイ在住Green daysのあつこです。
この記事を書いている今日は3月20日。市場に青梅も出始め朝こそ涼しさが残っていますが日中の暑さは本格化して来ました。さて今回のテーマは「好きなタイ料理」と聞き、迷わず浮かんだ私のお気に入りをご紹介します。それは暑い季節にぴったりな「ミヤン・プラトゥー」です。

d0229095_16415633.jpg

レタスにバジル・ミント・パクチーなどの香味野菜と焼いてほぐしたたプラトゥー、そしてカノムジーンを乗せ、ナムチムを少々垂らして頂くこの料理、お隣に居た友人とは”野菜ワシワシ”と命名し、暑くて食欲が沸かない時、前日食べ過ぎて軽いランチにしたいときなど、今日は野菜ワシワシやろう!どちらからともなく提案し、店のメニューには無いのだけど何度食べたか数知れず。その友人も日本に本帰国してしまい、しばらく食べていなかったけれど今回のテーマを見てこれしか無いでしょうと久しぶりに用意しました。

d0229095_16580106.jpg

香りの強い野菜が好きな私にぴったりなこの料理。欲張って沢山乗せると大口開けてもほおばれないサイズになるので具はほどほどに。そしてスタッフがマイペッと言って作ってくれたナムチムはやはり激辛なので小さじ半分くらいにしないと。お客さんと2人小一時間でどんぶり6杯分くらいの野菜を平らげました。ボリュームはあるけど野菜なので沢山食べてもヘルシーなのがありがたいです。

d0229095_17024687.jpg

この料理を食べるときはスタッフの分も材料を買って本当に大量の野菜を消費するのだけれど、スタッフ用のナムチムは辛さ20倍、画像見てるだけで鼻水したたり落ちそう。。

d0229095_17154854.jpg

プラトゥーを鰺の干物で、香味野菜はセロリや大葉などに変えれば日本でも再現可能ですね。味噌漬け豚の焼いたのや茹でたエビも生春巻き風でも合うし、クリームチーズや生ハムなど具材の種類を増やせばパーティー料理にも良いですね。いつかやってみたいです。
では次の方どうぞ!


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-23 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

こんにちは。

タイでの生活もこの4月で6年目に突入した

野菜ソムリエのJunです。


バンコクは只今ソンクラン直前の夏真っ盛り。

店先には花柄シャツや水鉄砲がいっぱい並び

すでにお正月気分です。


暑くて食欲もなくなりがちですが、

そんな食欲減退気味な時にもさっぱりと頂けるのが

今回ご紹介する私の好きなタイ料理

『カオヤム』です。

カオ=米、ヤム=会える、すなわちお米を和えるお料理。

d0229095_11221604.jpg

数種類の野菜やハーブやフルーツとご飯を混ぜて食べる

ライスサラダといった感じの南タイ料理です。


ごはんのまわりにはもやし、インゲン、四角豆などの野菜、

レモングラスやこぶみかんの葉といったハーブ、

そして青いマンゴーやポメロなどのフルーツがたっぷり!


全ての食材が細かく切られ美しく盛り付けられた一皿は

色鮮やかで混ぜずに眺めていたいほどですが

ここにカオヤムには欠かせない甘みあるタレをかけて

すべてを混ぜてライムを絞っていただきます。

d0229095_11230463.jpg

南タイ名物の魚ベースのナムブードゥという

発酵調味料を使ったこのタレがコクがあって

とても味わい深い!


野菜やハーブやフルーツがシャキシャキと混ざり合い

酸味と辛味がこの甘口濃厚タレと口の中で調和する

ハーモニーが好きです♪


南タイ料理はとにかく辛い料理が多いのが有名ですが

カオヤムは自分で唐辛子やタレの量を調節しながら

お好みの味で楽しめます!


写真は南タイ料理店が多いトンローの『カオ・ジャオ』

というお店の一品です。


私がいつも行くランチタイムは

お昼休みのタイ人のお客さんでとても賑わっています。

辛〜い南部料理とこのカオヤムをサラダ感覚で食べている人も多くこのお店の人気料理のようです。


野菜やハーブたっぷりでヘルシーなカオヤム。

食欲減退気味な時や脂っこいタイ料理が苦手な方も

ぜひ食べてみて下さいね♪


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-09 06:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

パットシーイウ


こんにちは。野菜ソムリエのkanaoです。
昨夏タイ駐在を終え、今はアメリカシカゴに駐在しております。
常夏から極寒への変化はめまぐるしいものでしたが、バンコクでの教訓はかけがえのないものとなりました。
初めての駐在との違いはスーパーの買い物、料理がスムーズでした。いろんな食材、いろんな調味料に触れられた経験は、どこに行っても怖いものなしです!

さて、私の好きなタイ料理は、
パットシーイウ
です。ライスヌードルの醤油炒めです。
初めて食べたのは、バンコクには3店舗あるらしい
KALPAPRUEK
私はシーロム店に行きました。一軒家のカフェのようで、ケーキやお菓子も並ぶお店です。週末は家族連れでもにぎわっています。

d0229095_04433264.jpg

太いライスヌードルをカイラン、肉、卵とタイの3種の醤油(黒醤油、白醤油、シーソニングソース)、オイスターソース、砂糖、胡椒を混ぜた調味料でさっと炒めた、焼きそば?焼きうどん?のようなお料理。
フードコートでもよく食べていました。私はこれにタイのテーブルにある辛いお酢や胡椒を掛けて食べるのが好きです。
辛くないのでこどもたちも好んで食べます。
カイランの魅力はもっと楽しくベジフルライフ!のセミナーでもお伝えしてます通り。
βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄といった栄養性の高いお野菜です。

カイランはケールの種類、ケールはたくさん売っているし、アジア食材はそろうので、シカゴでも作ってみました。



d0229095_05302478.jpg


うん、こんなかんじ!だけどなんかちがう。乾麺だからか、黒醤油は手に入らなかったからか、
不完全燃焼で、近くで評判のタイ料理屋さんへ行ってみました。
ありました!パットシーイウ!
d0229095_05400766.jpg



















あ!ケールじゃない!ブロッコリー!でも生センヤイだー!とモチモチ食感に満足しました。そしてブロッコリーにしたのは、こりこりの食感かもと気付きました。
タイのカイランは茎がおいしいことを思い出しました。
カイランはタイに来たての頃は好きではなかったのに、いつのまにか好きになった野菜の一つ。
そして生センヤイがスーパーにお安く売っていたことも貴重だったな~とタイの思い出に浸りました…

さて次回はどんなタイ料理でしょう♪


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-02 06:39 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
こんにちは。日本帰国組のnamiです。
コミュニティ創立メンバーの多くは本帰国や他の国へ。
創立から9年が経ちメンバーが変わっても、こうしてblog参加のみではありますが、繋がりがもてるアットホームなコミュニティです(^^)♪

好きなタイ料理!一品に絞れません~涙
自分で作ったことがなく、いつか再び北タイへ習いに行きたい「サイウア」にしました。
(以前北タイ料理を教わった先生に「習いに行くねっ」て約束して5年が過ぎましたが…)

「サイウア」は、ハーブや野菜と豚肉(脂も119.png)を腸詰したハーブソーセージです。
”生ウコン”や”コブミカンの葉”がたっぷり入った物が好きです♪
チェンマイでは、くるくる巻いたカタチで売られています。
この変てこなカタチを目にされたことがあるのでは?

d0229095_21572290.jpg

日本でも冷凍品が買えます。
アジアン食材店のはくるくるしてませんでしたが買ってみました。
d0229095_22234966.jpg

d0229095_22240193.jpg

まずまずの美味しさではありますが、やはりチェンマイで食べた物よりも香りが落ちますし、自分で好みのハーブをたっぷり入れて作り立てを食べたい欲望が高くなります。
またタイに行きたくなりましたー106.png

さて来週のタイ料理はどんな料理でしょう?
楽しみですね。

[PR]
by vfcbangkok | 2018-03-26 09:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

はじめまして。野菜ソムリエのK.Yです。タイに来てもうすぐ2年になります。
タイに来て色々なタイ料理を食べる様になりましたが、私は東北タイ料理が好きです。
東北タイ料理中でも一番好きなのは『ナムトック』です。

焼いたお肉にたっぷりのパクチーファラン、ミントなどのハーブと唐辛子やナンプラー、マナオ、そして東北タイ料理によく使われるもち米と米を炒って潰したカオクアを和えてつくるスパイシーサラダです。

お店でみかけるナムトックは豚肉で作られる物をよく目にしますが、鶏肉や牛肉イカなどでも美味しく作れます。
私の中で一押しは牛ステーキを焼いてスライスして作るナムトックが好きです。かなりボリュームがありますが、肉の旨味とハーブの爽やかさがマッチしてとても美味しいです。ご飯とも合うので夕食の一品にしたり、お酒も進むのでおつまみに作ったり自宅でも手軽に楽しめるタイ料理です。是非試してみてください。
d0229095_23264729.jpeg

さて、次はどんなタイ料理が紹介されるのでしょうか。どうぞお楽しみに。


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-03-19 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

やっぱりソムタム!!

こんにちは 。野菜ソムリエのYHです。
バンコクからカンボジアのプノンペンに移住して早三年。いよいよ今月末に日本へ本帰国することになりました。
東南アジアに6年間もいると、すっかりカラダは南国仕様になり、苦手だった辛い料理屋やパクチーを好んで欲するまでに。。日本に馴染めるか心配です。

そんな私の「好きなタイ料理」はソムタムです。青パパイヤのサラダです。ソムタムの甘辛酸っぱいあのドレッシングにはまり、好きになりました。普通のソムタムだけでなく、青パパイヤを揚げたソムタムトートも大好きです!

d0229095_02111000.jpeg
写真手前:ソムタムトート
写真奥:ソムタムタイ

青パパイヤには、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素、糖質分解酵素が含まれ、消化、鎮痛、整腸、消炎作用があります。生食だと歯応えもありますし、まさにダイエット向き!今の私に最適です!!笑

カンボジア料理にも「ボックロホン」と言う、青パパイヤ、インゲン、ミニトマト、ピーナツ、干し海老、カントロップ、タイバジルが入ったサラダがあります。ソムタムに似てはいるのですが味付けが違うので、カンボジアにお越しの際は是非食べてみてください。

日本では青パパイヤが手に入りにくいと思うので、東南アジアにいるうちにたくさん食べ貯めておきたいです。
では次のタイ料理をお楽しみに~。

[PR]
by vfcbangkok | 2018-03-05 07:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
タイ駐在前、タイ料理なんてほっとんど食べたことがなかったのに、その後こんなにハマるとは当時の私には全く考えられなかったYNです。

日本で食べるとやたら甘ったるいパッタイや、美味しさと辛さがどうも中途半端なヤムウンセンのどこに魅力があるのかさっぱりわからないままタイへ。

「タイに来たら先ず何が食べたいかガイドブックを見て選んでおいてね」と1年ほど先にタイに駐在していた旦那から言われていたけど、ガイドブックのタイ料理のページって、どの料理もオレンジや赤が目に痛くて全て同じにしか見えない…。

もうどれでもいいや、と思っていた私の目に先ず飛び込んできたのが「カオマンガイ(茹で鶏のせご飯)」。
(この色なら私でも食べられそう、鶏肉ご飯ならハズレはないだろう)と、ただそれだけの理由で。

子どもたちの通学が軌道に乗り旦那がお休みになった休日、2人で念願のカオマンガイを食べに、カオマンガイといえばベタな有名店、通称「ピンクのカオマンガイ(ラーン ガイトーン プラトゥーナム)」へ。

ド満席な店内のどこに座ればいいのか、座ったものの一体どうやって注文したら良いのか、自分の目の前の、前の客の食器はいつ片付けてくれるのか、片付けてくれたもののとても衛生的とは言えないこの出てきた食器は口に入れて本当に大丈夫なのか、オーダーしたもののちゃんとタイ語が通じたのか…そんなことはどうでもいいと思える感動がその後の一皿には盛られていました。

一人前にしては、日本人にはかなり量の少ないそのプレートに、鶏のダシとニンニクが効いたご飯と、これ以上ふっくらも潰してもダメな蒸し鶏と、生姜と唐辛子の絶妙な味付けのタレ(私は毎回飲み干します(^^;;)、そして小さな冬瓜と申し訳程度に混ざったパクチーの一部入りスープがセットで40B弱(150円ほど)だったか。

日本にこのピンクのカオマンガイの支店があるそうなのですが、残念ながらまだ行ったことがありません。
日本で800円以上するのは、渋谷という土地柄と材料費、人件費を考えれば仕方ないことでしょう。
でも、バンコクでお安く食べられたカオマンガイに800円以上も出すのって…作り方知っているなら材料費800円で作ればいいじゃない…と毎回つい考えてしまい足が遠のいています(いずれ食べ比べに行ってみたいとは思っているけど)。

というわけで、先日久しぶりに自宅でカオマンガイを作ってみました。
ポイントを押さえれば、自宅でもかなり美味しいカオマンガイができます。

・蒸し鶏は、沸騰した湯でグラグラ煮ないこと(静かに20分熱湯で茹で、スープに入れたまま
少し放置)。

・タレはタオチオ(タイの味噌醤油がなければ日本の八丁味噌や仙台みそなんかを使って作っても)と酢、生姜、唐辛子、ニンニクを入れて。
(ごま油、みじん切りした生姜、塩バージョンのタレも子どもたち用に準備)

・日本米で作る場合、少し茹で鶏のスープを減らして固めに炊く。炊く前にニンニクで米を炒める。

ちなみに、タイのカオマンガイにパクチーはほとんど入りません。
日本では追いパクするのが普通みたいですが、タイで追いパクってあんまり聞いたことがありません。
どんな料理にもパクチー=タイみたいな図式が日本ではまかり通っているみたいですが、本場タイではそんなにパクチーだらけではないのが事実だと思います。

我が家ではこの日パクチーがなかったので、タイ料理には邪道な三つ葉を彩りに飾り、栄養を考えて小松菜を茹でて添えました。

茹で鶏のダシにカブとシメジ、マイタケ、小口切りにした細ねぎを追加してスープに。

d0229095_12290062.jpeg


家族には鶏のダシが効いたこのご飯は相変わらずウケ、懐かしさもありキレイに完食でした。

カオマンガイはタレによっては辛味が少なく老若男女問わず人気の高い料理だと思いますが、タイでは屋台によってタレや鶏肉の扱いで美味しさにかなり違いがあります。
タイでピンクの扉を開けた後は、フードコートや屋台、ローカルな店など色々な場所で食べ比べてみるのも面白いと思います。

そして日本の自宅でもマネし易い料理だとも思います。
今は、「カオマンガイ」と検索するだけで沢山のレシピがアップされているので、我が家の味、我が家のタレで是非楽しんで頂きたいと思います。

…と、野菜ソムリエなのにこんなに肉押ししていいのかなぁと心配になりつつ、気持ちだけは野菜押しの気休めに文字だけ緑にして、私のレポートを終了させていただきますm(__)m


[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-26 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

ヤムトゥア


こんにちは、野菜ソムリエのYumiです。
バンコク駐在の終わり頃に野菜ソムリエコミュニティに参加したくて資格を取得し
数回活動に参加した後ホーチミンへスライドし、現在ホーチミン駐在約1年半になります!

好きなタイ料理はいろいろありますが、バンコクのレストランでもよく注文し
タイ料理教室で習った料理の中でたまに家でも作るのが
『ヤムトゥアプー』(四角豆のサラダ)です!

d0229095_19270171.jpg
 ヤム(和える)・トゥアプー(四角豆)<四角豆サラダ>

四角豆は日本ではなかなか手に入りづらいですが、バンコクでもホーチミンでも
市場やスーパーで売っていて買いやすい野菜です。
ビタミンが多いので南国で強い日差しにさらされている肌によさそうです。
日本で四角豆が手に入らないときは、代わりにインゲン豆を使うと似た食感になります。

d0229095_19264807.jpg
 ヤム(和える)・トゥア(豆)インゲン <インゲンマメのサラダ>

 『ヤムトゥアインゲン』 日本で作ったらとても好評でした♪


[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-19 10:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
連日の寒さが身にしみる東京から、こんにちは。

野菜ソムリエの佐藤加奈です。

バンコクから帰国後、東京で、アロマとハーブのスクール「HERBAL Labo」の運営をしています。

「タイから帰国後はタイ料理とは全然ご無沙汰だわ~~」という方も周りには多いのですが、私の場合は、自分でタイ料理を作ったり、東京のおいしいタイ料理レストランを探したり、なんだかんだで、毎月のようにタイ料理を食べています。食べ歩き仲間は随時募集しております(笑)

さて、おすすめのタイ料理一品ですが、何を紹介するか、散々迷い。王道のタイ料理。私はどれも大好きで、一皿に選べず、迷った末に紹介するのは、こちら↓

「ヤム・アボカド」

d0229095_17235130.jpg


























都内に何店舗か展開している「クルン・サイアム」というレストランの一皿。家が近いと言うこともあり、吉祥寺店にたまに食べに行きます。

「ヤム」とは、「和える」という意味なので、「ヤム・アボカド」はアボカドの和え物のサラダです。

1/4くらいの大きめにカットしてある、ゴロンっと転がるアボカドのダイナミックな盛り付け。

つぶしながら食べるパフォーマンス性。

ヤムのタレがアボカドのクリーミーさにとても合って、おススメの一品。

家でも試して作って、以来、大好物です。

タイ料理のガツンと辛いのが苦手な方にも楽しめるかと思います。

ぜひ、試してみてください♪

[PR]
by vfcbangkok | 2018-02-05 07:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)
初めまして、新人野菜ソムリエのmihowです。
商社マンと結婚したため、海外で暮らす生活が続いております。アメリカNYの2回の駐在を経て、3回目はここBangkokへ。
まさかのアジア、まさかのBangkok。気がつけば、息子と娘は大学生@日本になり、夫婦2人の生活が始まりました。
さぁて、タイ料理習うか?いや、今更カレーじゃないっしょ。健康になるため(=痩せる)に野菜を食べよう!。。。。
ところが、スーパーで。???この野菜は何?フルーツ?どうやって食べるの????味も見かけも謎の料理ばかり出来上がります。
泣きが入りかけた時、こちらの先生の健幸野菜料理教室に出会い、未知の野菜とフルーツの世界にあっという間に取り込まれ、
ここBangkokで野菜ソムリエの試験を受け、資格取得。この間なんと、60日。
人間、勢いって大事ですね。。。

タイ料理を習わないのは、決してタイ料理が口に合わないわけではありません。むしろ、大好きです。
だって、習わなくても、そこ、ここに美味しくて、安くて、カジュアルから高級まで、素晴らしいタイレストランがあるのですよ。
餅は餅屋。タイ料理はタイ料理屋に任せたほうが良い、との結論です。

しかし、ここタイレストランでも、野菜フルーツ同様、壁にぶち当たります。。。
この料理は何?なんて名前?どんな味?どうやって食べるの????
これを解決するには、もう世界共通。人が美味しそうに食べてるものを指さし、コーアンニー。
コレ、下さい!戦法です。たま~に軽く踏み外しますが(主に辛さ)、ほぼほぼOKカー。
そのわけは、やはり日本人の中で評判の良いレストランをチョイスするからです。

我が家のレジデンスのエントランスを出たところにある駐妻界有名タイレストラン。
名前は、ロー・ルア。
住所:411 soi Thonglor ,Sukhmvit55,Wattana Bangkok Tel :02-185-1482 日曜日定休
d0229095_20411558.jpg
d0229095_20430834.jpg
ここのメニューに、カオ・パット・ヌア・ケム(塩漬け牛肉入りのチャーハン) があります。
タイの料理は、材料、方法で料理名とするので、訳すると、ごはん、炒める、牛肉、しょっぱい。
なんのひねりもございません。
d0229095_20434045.jpg
しかし、これが絶品。しかも、99バーツですよ!!
実は、ここ以外に、このメニューを見つけられていません。塩漬け魚のチャーハンはよくあるのですがね。
少しだけ甘みがありますが、牛肉ステーキを焼いた後のガーリックライスにも似ています。
具材がシンプル。実は、この青菜が特定できてないのですが。
ネットでいろいろ検索したのですが(所詮ネットだけですが)、この料理の作り方、塩漬け牛肉などは結局分からずで。
タイのどこの地方の料理かも分かりません。分からないままこの料理、この一品にして良いものか悩んだ結果・・・

作り方などわからなくても良いのです!美味しければ。

ただ一点、致命的なことが。。。Bangkok駐在終われば、はい、それまでよ~♪
再現できないということは、もう、ここを離れたら食べられないことに。
どなたか、この料理の作り方、バックグラウンドを知りませんか~?
きっと、このリレーブログを続けて下さる、清く正しく美しいお野菜料理戦士たちのブログの中にヒントが隠されているに違いありません!
再現性が弱いのは、私のゴルフスウィングにも如実に表れております。私の人間の根幹に関わる問題かも。
おぉ、こんなダメウーマンソムリエをお許しくださいーーーーいや!月に代わって、お仕置きよ~!! つづく。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-01-29 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)