タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:リレー記事「好きな野菜と果物」( 47 )

サワディーピーマイ カー  野菜ソムリエのMHです。
X'mas も新年も暑いタイだとなんだか実感が湧きませんね。 さてそんな新年のおせち料理の煮しめにも利用できる野菜を紹介します。
それはココヤシの新芽「ヨートマプラオ」です。見た目も触感も味も筍に似ています
わたしは、このシャキシャキ感が好きで、我が家の食卓に良く登場する食材です。
筍ごはんにしても言わなければわからないくらい筍と変わらないですよ。良く作るのはシュウマイです。ヨートマプラオだけでも良いのですが、レンコンとシイタケも少し大き目の角切りにしてお肉とまぜて作ります。大き目にカットすることで食べた時の食感がとても良くなります。煮物は勿論のですが、あとはお吸い物、炒め物、天ぷら、軽く茹でてからサラダなど応用自在です。
下記写真はココヤシの新芽とセロリのオイスターソース炒めです。
バンコクのスーパーでお手軽に手に入りますので、是非みなさんもお試しくださいね。 



d0229095_21005425.jpg












にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2019-01-07 08:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
皆様こんにちは!タイは雨季終盤。過ごしやすくなっているでしょうか?
バンコクを離れ8ケ月。今は、よかとこ福岡博多在住たい! 笑
6年ぶりに日本の四季の移り変わりと新天地福岡を新鮮に楽しんでいるhalu*です。

11月も最終週。何かと忙しい師走を目前にし日ごと冷たくなる空気に
一枚、一枚と着用する衣服が増えモコモコ。
薄着で過ごしていたバンコク生活が懐かしく恋しい今日この頃です。

さて、“最近ハマっている野菜料理”ですが、
私は赤芽大吉=里芋のお料理です。

日本では秋になると各地で芋煮会が開催されニュースになりますね。
また、これからお正月を迎えるにあたって子孫繁栄を願うおせちの一品として
里芋の白煮など食卓の出番も増えてくる里芋。
出回りは周年ではありますが、秋冬が最盛期とあって今は種類も豊富。
私が住む福岡の地場野菜にはセレベスという品種を多く目にします。
白芽、赤芽とあるのですが、↓画像のように芋の一部が赤い赤芽と
呼ばれている(九州では赤芽大吉とも言います)里芋を買う機会が多いです。
*赤芽大吉はぬめりが少なめでホクホク。

タイにおいては、フジスーパーなどで小ぶりでぬめりの強い品種=石川早生に近いモノが売られていますね。冷凍里芋も重宝したのを思い出します。
また里芋の代わりにタロイモ(プアック)を代用するということを
野菜ソムリエ バンコク時代に学ばせても頂きました。
里芋はタロイモの一種であり、お料理の活用法はほぼ同じですので、
バンコクにおきましては、入手しやすいタロイモでの里芋代用が
美味しく、お財布に優しいかと思います。



d0229095_15183170.jpg
里芋はいも類の中では最もカロリーが低く食物繊維が豊富。
ねばり成分である食物繊維にはガラクタン、ムチンが含まれ、胃や腸の粘膜を保護し、血糖値の上昇を抑える働きがあります。またナトリウムの排出を助けるカリウムも多く、むくみ解消、高血圧を防ぐ効果が期待できますよ。



とっても簡単!めんつゆで炊き込みご飯!!
“里芋と牛肉キノコご飯”
d0229095_15192824.jpg
里芋はねばりがあり甘過ぎず上品なお味。
お肉やキノコのうま味とめんつゆのお出汁がまろやかにお芋さんとマッチしますよ!
献立に困った時は簡単炊き込みご飯で栄養満点!
炊飯器に入れる前の里芋の下処理は皮をむき塩をふりかけて軽くもみ、流水で塩分と粘りを洗い流し灰汁を取ります。お肉は豚や鶏肉でも美味しいです。キノコもお好みで入れて下さい!!
めんつゆの希釈倍率はメーカーで違いますので、それぞれのメーカーHPなどを参考にめんつゆ量、水加減を調整してみて下さい。(または、和風顆粒だしでもOK!)

バンコク、日本も炊き込みご飯が美味しい季節ですよ~~!!


また次週もお楽しみに♪
よろしければ下記バナーをポチっとお願いします。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-11-26 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

コーンごはん

d0229095_04284303.jpeg

雪も降りだしたマイナス1度のシカゴから参加します。野菜ソムリエkanaoです。


私の最近はまっている野菜料理はコーンごはんです。


コーンを削いで、芯も一緒に酒と塩で炊いただけ!芯から出汁が出るようです。


昆布も一緒に炊いてみたら、それはそれで美味しいのですが、入れないでも充分出汁が出ていて、芯すごい!と思いました。


シカゴに来て一年になり、タイから来た者としては久しぶりの四季を感じ(と言っても長い冬と短い春夏秋)、野菜の旬を感じます。いつもあると思ってた夏野菜がなくなる瞬間。すごくさみしくなります。


シカゴのあるイリノイ州はコーンの名産地。


アメリカ中西部のコーンベルト地帯に入ります。


夏はコーン畑をよく見ました。スーパーには101ドルなんてところも。


ファーマーズマーケットにはミライコーンが売ってるよ!コーンごはんにするとおいしいよ!とお友達から教わったのでした。


この夏以降、何度も子どもからリクエストのでる定番ごはんとなりました。


何より簡単!


旬が終わり、皮が剥かれてパックされたコーンはまだあるので、また旬を待つまでたまに作れるかな。


タイは一年中あったのになぁと思います。

d0229095_04305535.jpeg

番外編


アメリカ人に聞いたコーンの美味しい食べ方はグリルしたコーンにサワークリームをたっぷり塗って、チリパウダーをかけて食べるというもの。チリはかけないけど次女のお気に入りになりました。

みんなのはまってる料理気になりますねー!

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-11-12 04:23 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

私の好きな一皿


野菜ソムリエのyokkoです
日本に帰国してからも、度々食べたくなる私の好きなタイ料理
それは「ラープ ムー」です

d0229095_07021027.jpeg
バンコクでは、レストラン、フードコート、屋台など様々なところで目にするイサーン料理なので、皆さんも一度は召し上がったことがあるのではないでしょうか。

ラープ ムーの最大の美味しさは、ミント&マナオ&紫玉ねぎ.キャベツ。そのハーブと柑橘と野菜が織り成すハーブサラダのハーモニーです。

ミントは「サラネー」と呼ばれる、スペアミント。
メンソール系の爽やかさの中に、甘みもある種類。日本のお店にもありますが、タイのスペアミントの方が、若採りに近いのか風味が柔らかく、千切って和えたりそのまま食べたりふんだんに頂けます。

d0229095_07022289.jpeg

お肉を粗挽きに叩き、香ばしさが出るように焼き付けて、少しずつ出来た塊を食べた時には、一部は香ばしく一部はフレッシュマナオの果汁か溢れ出し、爽やかに双方の味を立体的に楽しめます。

ナムプラ、少量のきび砂糖、赤唐辛子、ニンニクなどホットなスパイシーさは、添えのキャベツの甘みが一気に緩和。キャベツがこんなにも甘くて、歯ごたえに爽快感があったのだと、再確認と感動すら覚えます。

「ラープ ムー」もまた、他のタイ料理と同じく作り手の思いによって、風味が様々なもの。私好みはミント&マナオがたっぷり派。そして和える煎りもち米に、コブミカンの葉とレモングラスの葉がこれまたたっぷり入ったフレッシュなハーモニーのものですが、皆さまはいかがでしょうか。


さてさて
お次はどんなタイ料理でしょう〜
お楽しみに!


by vfcbangkok | 2018-08-06 07:51 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

夏だ!ガパオだ!!

こんにちは!
野菜ソムリエのnonです。
d0229095_01242546.jpeg
日本は紫陽花が咲く時期になりました。
雨が降ると苔も青さを増すことから、
「こけ日和」という言葉もあるのだそう。
風情がある言葉だなとしみじみ。

さて、日本に帰国して4年が経ちました。

前世でタイが故郷だったのではないかと
おもうほどタイに愛着があった私が
日本に帰り
恋しくなったタイ料理は、
なんといってもコレ!
d0229095_01301444.jpeg

🇹🇭ガパオ ムー(豚肉のガパオ炒め)

ガパオ(ホーリーバジル)
ムー(豚肉)
トウガラシ🌶
インゲンなどを
ニンニクやナンプラーで香り良く
炒めた一品。
お好みで目玉焼きをのせていただきます❤️

夏だ!カレーだ!
の、テンションで。

夏だ!ガパオだ!!

最近は、すっかりcafé飯としておなじみですね〜。
バックナンバーと被りましたが、私も1票❤️
ガパオについて詳しく知りたい方は、
そちらも是非のぞいてみてくださいね!

今後スッキリと、晴れ晴れした日は
「ガパオ日和」と呼んでいこうと思います!

お次は、どんなタイ料理かしら??

お楽しみに〜〜!


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-06-04 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

焼きナスのサラダ

こんにちは。野菜ソムリエのHです。
バンコク駐在は2回目になります。

1度目の赴任が終わり、日本で恋しくなったタイ料理の一品、もう一度食べたい店の味、迷ってしまう程たくさんありますが、
私はヤムマクアヤーオ(焼きナスのサラダ)の味が忘れらませんでした。

ヤム「和える」
マクアヤーオ「長ナス」

初めて食べたときタイ料理と言って連想する、辛い、酸っぱい、甘いより先に

香ばしい!!

と感じたのを今でも覚えています。
ビールのお供に♪

d0229095_13150845.jpg




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-05-21 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(3)

絶品 黄ニラの炒め物

野菜ソムリエのyukkoです。タイに来て足掛け3年が過ぎましたが、3月で大好きなタイを離れることになりました。4月からはオーストラリアのメルボルンでの生活が始まります。

そんな私が好きなタイ料理は「黄ニラと揚げ卵豆腐の炒め物」です。好きなタイ料理と言いながら、お店の人にタイ語の料理名を聞いても忘れてしまったし、タイ料理の中でもタイ中華に分類されるとは思うのですが、とにかくタイに来てこれは美味しい!と思った一品なのです。

d0229095_06074318.jpg


日本にいる時から私は黄ニラが大好物だったのですが、スーパーではなかなか見かけませんでしたし、あっても高級食材で普通のニラの3倍ぐらいのお値段だったのでなかなか食卓に取り入れることはできませんでした。しかし、タイの市場では普通のニラと同じぐらいの価格で黄ニラ手に入れることができることを発見し、その時の喜びは忘れられません。

この黄ニラは普通のニラよりも柔らかく、甘みがあります。さっと炒めないとシャキシャキ感が失われてしまうのですが、このお店の黄ニラ炒めは火の通り具合がちょうど良く仕上がっています。また、あの柔らかくフルフルの卵豆腐に粉をはたいて揚げたものと少量のひき肉と一緒に炒めてあり、味の絡み具合が最高なのです。

このお料理が食べられるお店はジャルンクルン通りの裏路地にあるポークルートゥンという屋台食堂です。この食堂は実は常に十数種類の蒸したスープが置いてあることで有名なのですが、オーダーできる炒め物もすべて絶品です。タイを離れる前に少なくともあと一度は行かなくては!!と思っています。

d0229095_06075600.jpg
さて次はどのような魅力的なお料理が紹介されるのでしょうか。どうぞお楽しみに。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2018-03-12 22:04 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
こんにちは^^
ベジフルビューティーセルフアドバイザーのYamaです。

来年には在タイ歴が20年になるぐらいタイ歴が長いので、好きなタイ料理を一つだけを選ぶというのは非常に困りますが、基本的にタイ料理は外で食べるものだと思っているので手料理ではなく、ここ1年ぐらいリピート食べしに行っているタイ料理をご紹介したいと思います☆


それは Thonglor Soi4にあるPhuket Townというお店の「ロティ&マッサマン」です!

マッサマン。
2011年に「世界で最も美味な料理ランキング50」で栄えある1位に選出されたこともあるタイ料理なのですが、日本人にも食べやすいカレーなのでお好きな方も多いのではないでしょうか?
タイ南部を訪れたアラブ人の貿易商人が起源だとされる説やアユタヤ王朝を16世紀に訪れたペルシャの使者や貿易商の影響を受け、タイ中部で生まれたとされる説など諸説あるようです(ウィキペディア参照)


こちらのお店は南タイ料理のレストランなので南タイ料理には欠かせないサトー豆やミアンという南タイの野菜を使ったお料理も美味しいのですが、こちらで初めてマッサマンを食べた時の衝撃が未だ忘れられず、珍しく何度も食べに通っています。

一緒に出てくるロティのパリパリとした食感が美味しいのとマッサマンの中に生のピーナッツが入っていて、そのピーナッツの食感が何とも言えません。辛さも控えめで南タイ料理の辛さが苦手、という方でも食べやすいかと思います。

d0229095_19364050.jpg
実は先週も食べに行きました^^*


まだ未体験の方、是非是非BKKにいらっしゃる間に食べてみて下さいね!




by vfcbangkok | 2018-02-12 07:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
こんにちは。野菜ソムリエのyukkoです。
今回は私のお気に入り野菜「生胡椒の実」を紹介したいと思います。

d0229095_19184973.jpeg

こちらのちょっとやんちゃな海ぶどうのようなものが生胡椒の実です。
プリプリしていて弾けそうな元気な見た目も魅力的です。
胡椒が野菜?と思われるかもしれませんがタイでは胡椒の実がタラートの八百屋さん
又はスーパーの野菜コーナーに必ず置いてあります。

d0229095_19151423.jpeg

タイ語ではプリックタイオーンと呼ばれ、タイ料理には欠かせない食材です。

私がこの生胡椒に初めて出会ったのは、タイ料理レストランでパッチャータレー
というお料理を食べた時でした。ハーブと唐辛子とシーフードの炒め物で、
生胡椒が房のままどっさり入っていました。
生胡椒の実を噛むとプチっとはじけて爽やかな胡椒の香りが一気に
口の中に広がります。そしてその後に山椒にも似た痺れるような辛味が
舌にピリピリと伝わってきます。涙の出るような唐辛子の辛さとは違う爽やかな
辛味なので、癖になって思わず次から次へと食べてしまいました。

このパッチャータレーは時々無性に食べたくなるので、そんな時は家で
自分で作っています。家では唐辛子を入れないで作るので子供も大好きな一品です。

d0229095_19212194.jpeg

このピリピリとした 胡椒の辛味の成分はピペリンと呼ばれ、
防虫作用、抗菌作用、防腐作用があるとして、古く中世ヨーロッパ時代から
珍重されてきました。また、ピペリンには血行促進作用があるため
冷え性の改善や消化器官の働きの改善に効果があるとされています。
また、血行促進作用があるということは代謝を向上させる効果もあり、
ダイエットにも効果が期待できるそうです。
特に女性には嬉しい効能ばかりですね。


ここで胡椒の種類について豆知識を。
この緑色の生胡椒は未熟な胡椒の実を摘んだものです。
これをゆっくりと天日で乾燥させるとプラックペッパーになります。
未熟な胡椒の実をフリーズドライや機械で早く乾かすと緑色の
グリーンペッパーになります。
完熟の赤い胡椒の実を皮をむいてから乾燥させるとホワイトペッパーになります。

胡椒の種類の違いは品種の違いではなく、摘果時期(未熟、完熟)と
乾燥の手法によって分かれるのですね。
ちなみにお料理やお菓子の飾り付けによく使われるピンクペッパーは、
コショウボクという胡椒とは全く別の植物の木の実を乾燥させたものです。


生胡椒の実はタイ料理にはもちろん、和食にも洋食にも活用できます。
なんといってもパスタとの相性は抜群!
オリーブオイル系でもクリーム系でも活躍します。
こちらは先日作ったベーコンとキャベツのパスタです。
ベーコンをツナにかえても胡椒の実がバッチリ味をまとめてくれます。

d0229095_19233453.jpeg

こちらは和食。椎茸と胡椒の和風炒め煮です。
ご飯のお供にあとを引きます。

d0229095_19570189.jpeg


私の大好きな生胡椒の実ですが一つ難点があります。
残念ながら日持ちがしないのです。
1週間も置いておくと実が黒くなって香りが落ちてしまいます。
そこで使い切れなかった胡椒の実は塩漬けにしています。
こうすると2ヶ月は日持ちがするので大変便利です。
日本でも塩漬けにした商品が発売されていているそうで近年人気があるのだとか。

d0229095_19201696.jpeg

そして保存テクニックもう一つは佃煮です。
山椒の佃煮のような味でおにぎりにもぴったりです。
山椒が手に入りにくいタイでは懐かしい味でほっこりします。

d0229095_19245772.jpeg

皆さんもぜひこの機会に生胡椒の爽やかな香りと辛味をぜひ味わってみてください。
ハマってしまうこと間違いなしですよ!



by vfcbangkok | 2017-08-28 08:19 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

我が家の一週間の食卓 

10月にアスリートフードマイスター3級を取得したKusakaです。

我が家の1週間の食卓の様子です。

タイは乾季に入り爽やかな季節となりました。

タイのカオヤイで農業をされている生産者の方から摘みたての新鮮なお野菜を
毎週配達していただいています。
生産者の方がひとつひとつお野菜を説明してくれて、レシピや調理方法を教えてくれて毎週楽しみにしています。

1日目 鮭の味噌漬けしたもの、ニンジンサラダ、三つ葉の卵とじ、大根の葉の炊き込みごはん、すまし汁
タイで三つ葉をいただけるのは嬉しいです。香りを楽しみながらお料理をしています。 

 
d0229095_20523553.jpg

2日目 きしめん、かぶの炒め物、豚肉の炒め物、卵焼き、
三つ葉を添えたり、プチトマトの赤や、卵焼きの色で彩りがきれいに感じました。
配達いただいているレモングラスで自家製ハーブティーを作り保存しています。食後に爽やかです。

d0229095_20563633.jpg

3日目 しらすのパスタ、ほうれん草の炒め物、三つ葉のおひたし、お味噌汁、
しらすはカルシウム不足や美肌効果に効果があるとのことでパスタやおひたしに添えて。
野菜ソムリエセミナーで取り扱いしたミントを自家製レモングラスティーに入れてみました。
食後のひとときにリラックスできました。

d0229095_20511803.jpg

4日目は家の近くの炉端焼きやさんで外食しました。
いろいろな種類が少しずつ楽しめる焼き魚の盛り合わせ、
本日のおすすめメニューの自家製豆腐、薬味をかけていただきました。
デザートはカオヤイ産の芋ようかんです。
近所に和食屋さんがあるのは嬉しいです。

d0229095_20500308.jpg

5日目 デパートのフードコートにて、
タイ北部のチェンマイの名物のカオソーイ、ココナッツにストローをさして飲むココナッツジュース、
南国ならではのメニューです。
ココナッツミルク入りのカレースープが食欲をそそります。
外の緑の景色も楽しめるお気に入りの場所です。

d0229095_20484447.jpg

生産者の方の顔が見える食材で安心してお料理できています。
新鮮なお野菜は歯ごたえもよく自然の味わいのような気がしています。

バンコク野菜ソムリエの活動をこれからも楽しみながら、タイのお野菜をもっと学んでいきたいと思います。

次回からは、新シリーズがはじまりますのでお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


by vfcbangkok | 2016-12-20 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)