タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 14 )

こんにちは!
1歳7ヶ月の娘の育児に追われる、MYです。
本帰国した日本での子育てはアヤさんが
いるわけはなく。。。大変ですが毎日楽しんでいます♪
なかなかタイ料理を作る余裕はありませんが、
作るときはこのお料理が多いです。

私がご紹介するタイ料理は
クンオップウンセン、
日本語でいうとエビの春雨蒸しになります。
クンはエビ、ウンセンは春雨、オップは蒸す、
という意味になります。

タイに住む前から大好きでタイ料理屋さんに行くと
必ず頼む一品でした。
特にタイで食べる春雨は緑豆からできており、
弾力が日本のものよりもあり、
おススメです。

緑豆は利尿作用や解熱効果があり、
中国では漢方に使われるほど薬効の高いお豆です。
むくみや口内炎に良いそうですよ。

d0229095_06574431.jpeg

海老味噌と海老のエキス、豚油、オイスターソース、ナンプラー、パクチーの根と生姜、花胡椒などの旨味をぎゅっと吸った春雨は、そのままでも、ご飯にのせても、
バゲットにのせてもうっとりする味わいです。

日本に帰国してからも何度も食卓に出しています。
写真はお肉の食べれないお友達の為に
豚脂の代わりにオリーブオイルをたっぷり入れて
作った時のものです。
サッパリこっくり、好評でした!!
ご家庭でも是非!

[PR]
by vfcbangkok | 2018-05-29 06:41 | Comments(0)
お久しぶりです。近藤かおりです。
メニューデザイン研究所THAILANDでお仕事致しております。
野菜ソムリエとして野菜を楽しんでおります。
私はバンコクに来てもうすぐ6年になりますが、大好きな野菜料理があります。

Fried Morning glory

パッブンファイデーンとタイ語は聞こえているのですが、あっているのか今だ不明・・・(汗)
タイにいて食べたことが無い方は聞いたことない、それくらい定番の野菜料理ですね。
私は初めて食べた時から、これは美味しい!!と感動し、
職業柄いろんなものを食べる機会も多いのですが、
今でもタイ料理に行けば、絶対に注文します。
しかも、こればっかり食べてしまうんです(笑)
ただし、ちょっと残念な時があって、油まみれの調理法のお店も多くて、
下記の写真の様なスープが多めで、あまり油がないのが好きなんですよね。
健康志向と言うよりも味として濃すぎると言うか、
それとスープが多めでもやたらと塩っ辛いときもあって、
やはりタイ料理は味付けが濃いなと、思うことが良くあります。

d0229095_15070048.jpg


そこで、一度自分で作ってみようと思い、大好きなオリーブオイルに塩コショウでさっと炒めたら、
とても美味しかったです。
タイで出会ったこの野菜、大好きです。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-04-30 07:00 | Comments(0)
こんにちは060.gif060.gif
野菜ソムリエのRyoです001.gif
3月に入り、バンコクも1年で1番暑い季節になりました058.gif
そして、年度末…何かとバタバタと忙しい時期でもありますが、皆様、体調は崩されたりはしてはいませんか❓
バンコクの暑さに負けてはいませんか❓
さて、こんな時期に是非、オススメしたい野菜(果物)はズバリレモングラスです🌟
d0229095_02495553.jpg


レモングラスといえば、『野菜』というよりは『ハーブ』というイメージが強いかと思います❗️
最もポピュラーなものですとレモングラスティーなどのハーブティーなどですよね🌟
しかし、ここタイでは、レモングラスはタイ料理には欠かす事の出来ない重要な食材とされています❗️
中でも、『トムヤムクン』は代表的なタイ料理かと思います❗️『トムヤムクン』に入っているレモングラスは硬いため、あまり食べることはないと思いますが、実は、このレモングラスは生でも食べられます🌟
私が1番好きなレモングラスのメニューは、生で沢山食べられることができる、『レモングラスのサラダ』、タイ語では『ヤム タクライ クン』といいます060.gif060.gif
d0229095_02495550.jpg

↑下の根っこの部分を切り落とし、1枚目の硬い葉の部分は剥がします。あとは刻んで、エビや豚の挽き肉、ナッツを入れ、調味料と一緒に和えます。

d0229095_02495664.jpg

↑1枚目の剥がした葉の部分。
花束のようですね053.gif

d0229095_02495659.jpg

↑出来上がり060.gifお好みでミントを添えて。

初めて食べた時の、レモングラスの香りが口いっぱいに広がる感動、そして、独自の歯応えは今でも忘れられません005.gif
それから、誰もがクセになる味、『レモングラスティー』🌟
ハーブティーの中でもダントツに飲み易いかもしれません🌟
d0229095_02495766.jpg

↑自家製レモングラスティー。ミントを添えて060.gif

このレモングラス、香りはもちろんのこと、驚きの効能があることをご存知ですか❓
私が知る限りレモングラスは、
・殺菌作用、抗菌作用がある
風邪やインフルエンザの予防にも良いとされています。
また、ビタミンCを豊富に含むので、免疫力強化にも繋がりますね001.gif
・解熱作用、鎮痛作用がある
体調を崩すと発熱する場合もありますよね。同時に関節痛を伴うことも。
・消化を助ける
消化不良や、胸やけ、女性を悩ませる便秘や下痢にも効果的なんです。お食事前やお食事中のレモングラスティーがオススメです。
・気になるカラダのニオイに効果あり‼️
レモングラスには、強い消臭効果があります。
これからの暑い季節、汗をかく量も次第に増えてくることでしょう。
是非、積極的にレモングラスを摂取し、効果を実感してみたいものです060.gif

次回の『オススメ野菜(果物)』も乞うご期待072.gif

[PR]
by vfcbangkok | 2017-03-06 01:15 | Comments(0)
こんにちは!

このシリーズまだあるのー?というくらい間延びしてしまい、申し訳ありません。
もう、野菜によってはシーズンも終わってしまってるかもしれませんが。。。

メンバーが購入したお野菜色々
d0229095_10572865.jpg
d0229095_10574790.jpg

d0229095_10580532.jpg
d0229095_10584391.jpg

この中に共通するもの・・・マンゲーオ!
1.2枚目の右端、3枚目はまんなか、4枚目は左はしにある茶色い面白い形をしたもの。

土にまみれてた感たっぷりで、じゃがいもと同じ感じで使うの?って思うかもしれませんが、生で食べられるんです。
シャキシャキと梨に良く似た食感

メンバーはこんな風に調理しました。

*初めて調理しました(Sono)
出し風に、オクラをプラス
d0229095_10593290.jpg


*半分は鰹節と白ゴマ、だし醤油で和え(右)残りはすりおろして磯辺焼き風に(YN)
d0229095_10594812.jpg

*マンゲーオとオクラとブワップグーのダシ風サラダ(セミナーと同じレシピ)
〜きゅうりのかわりにヘビヘチマ(YM)左のお皿
d0229095_11310075.jpg

*写真右下のお皿 マンゲーオ、キュウリ、オクラのだし風、
 写真左のお皿マンゲーオ、レンコン、ひじきのきんぴら、
 写真奥、四角豆ともやしのナムル (kanao)
d0229095_11353670.jpg

*細く切って、茹でて刻んだオクラと梅肉で和えました(chikob)
d0229095_11030483.jpg

カットして、サラダに加えてOKです。
見かけて購入したら一度生で食べて見てくださいね!そこからお料理のアレンジが浮かぶと思います。


続いてちょっと珍しいお芋 
マンルアット(紫山芋) 
3枚目のマンゲーオの下にある紫色の芋です。

YMが色々作りました。
*マンルアット+なめたけ 
紫の長芋風なマンルアットとえのきと生しいたけを醤油・みりん・酢・お酒で煮ました。
d0229095_11174806.jpg

*マンルアットをすりおろし、キャベツ・ネギ・鰹節・小麦粉・水でお好み風に
d0229095_11163860.jpg

*マンルアットと生のオクラ・鶏ミンチ・塩麹でナゲット風に
d0229095_11171614.jpg

グアバ(ファラン)を買ったkanaoはクリームチーズとはちみつでディップを作りました。
とろとろのヨーグルトみたいになり、チアシードを入れたらまとまりました。
d0229095_11180752.jpg

きゅうりを購入したYNは餃子のタネが余ったのを詰めて「ゲンチュー テンクワ」にアレンジ
d0229095_11261020.jpg
d0229095_11261996.jpg


新鮮なミントをたくさん買ったYM
青マンゴーとミント・レンズマメを使ってマカロニサラダに
マンゴーは酸っぱいのより甘めの方が美味しいようです。

d0229095_11281164.jpg


四角豆とお花を買ったSono
王道のヤムトアプー
d0229095_11335132.jpg

上記買ったものの写真の一枚目真ん中にあるパームハート
食感は筍、炒めていただきました(RW)
d0229095_11373418.jpg

バナナの葉っぱを買ったnonはちまきを作りました。
オリエンタルな感じに
d0229095_11420728.jpg
d0229095_11415685.jpg

YNが買ったアスパラは味付け塩だけで美味しかったようです。
野菜の力って凄いなぁ~
d0229095_11442286.jpg

最後は、マンゲーオ始め色々な野菜からのお料理の紹介でした。
これをヒントに、毎日のご飯づくりにタイ野菜を使ったメニューの参考になれば嬉しいです。


chikob



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2014-12-25 12:00 | Comments(0)
こにちは!
12月に入って、日中は暑いもののやっと乾季らしくなってきました。
今年も残すところあと20日。
でも、バンコクにいるとなかなか「師走」って感じになれないには私だけでしょうか?

さて、先日からの続きタラート・クロントゥイで買ったお野菜を使って、第2弾

「グラチアップ(ローゼル)」

d0229095_18455675.jpgハイビスカスティーに利用されるので、飲まれた方は多いのではないでしょうか?
肥厚した萼と苞が赤く熟したものがこれ。
酸味があって、生食も出来ます。
ジャム始め、お酒・ゼリー・ハーブティー清涼飲料に利用されます。

とっても新鮮だったので、多くのメンバーが購入しました。





赤い肥厚した萼と苞だけを使うのに、下処理が必要です。
これが、虫との戦い(*_*)
色んな虫が出てきました。。。。が、美味しくいただくため、綺麗に洗って準備
 
d0229095_18462413.jpg




d0229095_18534438.jpg早速ジャムにして、ホームベーカリーで焼いた焼き立てパンに塗り、チアシード入りヨーグルトにも添えていただきました(MA)








d0229095_19074166.jpgジャムを作った時に残った水分にチアシードを混ぜて、寒天で固めたデザート(青)
おしゃれですね。
クリスマスパーティーのデザートにも良さそう。







d0229095_19061862.jpg素早くジャムを作り、その後シフォンを焼いてみましたが、思ったほど赤い色が出ない仕上がりに(YH)

生クリームとグラチアップジャムを添えると可愛いデザートですよね。








ドドーンと写真が大きくなりますが、パティシエールのnonが作ったジャムはとってもなめらか。
デーツを使って甘みをプラス

d0229095_19054451.jpg





















ソースも作り、丁度次女ちゃんのお誕生日と言うこともあって、ケーキに
グラチアップがチューリップにも見えて可愛いです。(non)
d0229095_19055803.jpg





























私(chikob)もジャムを作りました。
初心者でも簡単にできました。
毎朝ヨーグルトに入れていただいてますが、炭酸水で割って飲んでもさわやかです。
クエン酸が含まれているので、疲労回復にもなります。

d0229095_00104724.jpg



















新鮮なグラチアップを見つけたら、とりあえずジャムを作ってください。
酸味があってシャキシャキした食感はサラダにも良いそうです。
お試しくださいね。
















今回も写真の大きさバラバラで失礼しました。



by chikob





  
                にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-12-11 00:00 | Comments(0)
こんにちは!

先週メンバーで行ったタラート・クロントゥイで購入したお野菜を使って、色々お料理を作ってみました。
まずは、参加者のほとんどが購入した「パック・パン」
ツルムラサキのお花です。

d0229095_19482873.jpg

これを見かけてもなかなか手が出にくいですが、美味しいんです!


d0229095_09373081.jpg

30秒ほどさっとゆでてマナオナンプラーで和えました(YN)
タイならではのヤムです。










d0229095_09384766.jpg茹で過ぎるとこのように少し黒くなってしまいます。
茹でるときは30秒くらいが良いようです。
茹でたパック・パンを、ポン酢+ごま油+ラー油を少しで和えました。(chikob)







d0229095_09393283.jpgパック・パンとマンゲーオで山形の出汁風
細かく切ったパックパンと少量の水と白出汁で煮て、マンゲーオの細切りを最後の方に投入し、少し火を入れました。

食べる前に醤油で少し味を足しました。昆布とかいれてもよかったなー。(my)

旦那様が一気食いしちゃったそうです( ´艸`)ムププ







d0229095_08465436.jpg
さっとゆでて、普通におひたし(RW)










d0229095_08494411.jpgお友達の作ったベトナムスープに投入!

これが合うんです!!!
子供達にも大ウケでした。(ym)







d0229095_09395060.jpgサッと茹でて、柚子ポン和え(MA)










d0229095_09375579.jpgお稲荷さんにのっけたら、おもてなしにも良さそうな感じに。(YH)











d0229095_09390547.jpg天ぷらにしてみました。
しかし、これは失敗(>_<)
茎の水分が全部飛んでしまって筋っぽくなり、パック・パンの独特の食感が楽しめないので、オススメしません。(chikob)








生でも食べられるパック・パン
加熱し過ぎは要注意ですね。

なかなか手が出にくくても、是非是非買ってみてください!
「サッと茹でる+お好みの調味料で和える」は間違いなく美味しいですから!
上記写真以外でも、鰹節醤油であっさり和風で食べたメンバーも。(HN)

次は別のお野菜紹介します。
お楽しみに~!

*写真の大きさがまちまちで失礼しました*








               にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-12-04 00:00 | Comments(0)
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


昨日は、野菜ソムリエの勉強会でセミナーについての話し合いが進みました。
さらにもっと「ご来場いただくお客様にも楽しんでもらえる内容を!」と
毎日、Face Book上でも意見が飛び交っており、メンバー一同励んでおります。


おかげさまをもちまして、『野菜ソムリエが選んだタイで食べたいオススメ果物ベスト6』は
2月21日(木)、22日(金)ともに定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。
メンバー一同、こんなに早く定員に達するとは思わず、本当にありがたく思っております。


また、只今、キャンセル待ちを受け付けておりますので、
ご希望の方は下記のメールアドレスにご連絡いただければと思います。


~ 野菜ソムリエコミュニティ バンコク主催
 セミナー『野菜ソムリエが選んだタイで食べたいオススメ果物ベスト6』~

 ● 開催日時 2月21日(木)、22日(金) 10:00~12:00

 ● 場所:パーソネルコンサルタントセミナールーム ML階 ギャラリー
   (BTSアソーク直結のインターチェンジ21ビル内)

 ● 参加料:400B

 ● 受付方法:メールにて下記の内容をご記入の上、ご連絡下さい
   メールアドレス:vfcbangkok@livedoor.com
    *氏名     フルネーム 漢字・ふりがな付きでお願いします。
    *参加人数  お友達などと一緒の場合、お友達の氏名・連絡先もお願いします。
    *連絡先    携帯の連絡先をお願いします
    *希望日    2月21日、22日のうちの希望日をお知らせください。


ご連絡いただいた方にはお席が確保された段階で、こちらからご連絡をさせていただきます。
残念ながらお席が確保できなかった場合、ご連絡はございませんのでご了承下さいませ。

d0222641_9401621.jpg

普段、何げなく口にしている果物も、実はタイにはいろんな種類があって、味や好みも違います。
そして「そんなすごい効能、あったんだ~!」と、ビックリすることも。
新しいコミニュティーのメンバーからも、「えっ、それってそんな食べ方するんですか?」と
在タイが長~いメンバーからの、目からウロコの生情報も満載のセミナーです(#^.^#)

当日は、受付を円滑に行うため、つり銭等がないようにお持ちいただければ幸いです。
また、会場が冷えることもあるようですので、羽織るものをお持ちになることをお勧め致します。

セミナーまで、あと一か月!さらにメンバーも一丸となり、よりよいセミナーをと励みますので、
皆様、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
[PR]
by vfcbangkok | 2013-01-24 09:51 | Comments(0)

Jim Thompson Farm

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


タイにもやっと乾季が訪れたようで、在住も長くなってくると涼しさを超えて寒さを感じるこの頃ですが
この乾季の時期にしか味わえない場所があると聞き、ずっと行きたいと思っていたこちらへ、
「今年こそは!」と、念願かなって行って参りました!
d0222641_946885.jpg

カオヤイよりさらに先、 Pak Thong Chai にあるJim Thompson Farmでございます♪
この日も多くの方で賑わっておりましたが、ほとんどがタイの方でございました!

我が家は日帰りでバンコクから行ったのですが、行きは片道4時間ほどかかって長かった~(~_~;)
カオヤイから1時間ぐらいのようなので、こちらに1泊するのもよいかもしれません。


タイのお土産などでも有名なJim Thomson、私もテーブルクロスなどに布を購入するマニアですが(笑)
こちらのJim Thompson Farmは、1988年に桑や養蚕農園として作られ、
一般には2001年から毎年乾季のこの時期に1か月ほど、一般にも公開されることになりました。
色とりどりの美しい自然と、タイの東北地方「イサーン」の伝統的な文化に触れることが出来る農場なのです。
d0222641_9512876.jpg

Farmの中はとにかく広いので、このバスにところどころ乗って移動します。
敷地内は大きくわけて5つのエリアに分けられ、それぞれのテーマに合わせて展開されています。


まずは、Stop 1のFireld of sun Hamp and Organic Vegetable Gardenからスタート!
こちらはこのバスに乗る前に、入口から歩いて行くことになります。
d0222641_9595038.jpg

オーガニックのキャベツ。他にもレタスや冬瓜などのお野菜も見られます。
d0222641_1051394.jpg

「パパイヤってこんな風になってるんだ~」と子供たちも大喜び。他にはバナナの花も見ることが出来ました。
d0222641_108354.jpg

こんなお花畑もあったのですが、これがSum Hempなのかがイマイチ分からなくって残念~
こちらの説明は全てタイ語Onlyで、英語は最初に説明書きを一枚もらうだけなのです。


お次はStop2、Field of Sunflowers and Pumpkin Yard
まず目に飛びこんできたのは、こんな美しい風景!遠くに山も見えて、気分は上々!!!
d0222641_10101416.jpg

一面に広がるコスモス畑に、家族一同、大感動!
d0222641_10112563.jpg

日本の秋を思い出させるコスモス、タイで見たのは初めて。
どこの家族ももちろん、記念撮影をバシバシと撮っている風景に出合います(*^_^*)

そして、この時期にサラブリー、ロッブリーなどで咲きこぼれるのがこちら。
d0222641_10153388.jpg

こちらも一面のひまわり畑。この時期はカオヤイのチョクチャイファームなどでもこの風景が見られるんです。
d0222641_10192742.jpg

日本の夏を思い出せます・・・・って、コスモスとひまわりが一度に見られるのって、
日本人的には何だかとっても不思議な感覚ではありますが(*^_^*)
雄大な北海道を思い出しておりましたが、ここでも大記念撮影大会が展開されております(笑)

そしてJim Thomoson Farmには、沢山のカボチャが作られているのです。
d0222641_1021938.jpg

このひょうたん型のかぼちゃはバターナッツ。
甘みがとても強く、色味もキレイなオレンジなので、スープなどにしても美味しくいただけるのです。
d0222641_10213969.jpg

こんなマッシュルームのようなかぼちゃも!
d0222641_10215067.jpg

こんな真っ白なカボチャは初めてみたので、ビックリ!まだまだいろんな種類のカボチャに出会えます♪

ちなみにこちらのカボチャたち、これはネットでつるしてあって、オブジェとして飾られているので
実際のカボチャがこのようにしてなっている訳ではありませんので、あしからず・・・。


お次はStop3 Isan Village!子供たちが一番喜んだのがこちらのエリアです。
タイの東北地方、イサーンの昔の伝統的な風景や、コラート・スタイルの家々が並びます。
d0222641_10231651.jpg

イサーン地方ではお米が作られることから、こんなのどかな田園風景が広がります。
こちらのお米はオーガニックで作られているのです。
d0222641_1024666.jpg

こんな近くで稲をみたのは、子供たちは初めてかもしれません。
TVの「鉄腕Dash」を見ているせいか、「カルガモ」が水田にいないか探している子供たち(笑)
d0222641_10251765.jpg

日本人もお米の国の人だからでしょうか、のどかな風景に癒されるような気がします。
d0222641_10273462.jpg

タイの子供たちも大はしゃぎで、こちらで走りまわる姿を見かけました。
d0222641_10315867.jpg

ここでは脱穀を体験できるようなコーナーがあって、子供たちはここが一番のお気に入りのようでした!
d0222641_1035396.jpg

このようにお米が落ちる仕組みになっていて、こちらでお米を購入することもできるんです。
d0222641_10341868.jpg

脱穀したお米を担いだり、もみ殻を稲からとったり、初めての体験に子供たちもワクワク♪

そして、大人はこんなものでワクワクしています♪
d0222641_22272893.jpg

全く「昔取った杵柄・・・」はどこかに行ってしまったようですが(^_^;)
タイにも日本と同じように「竹馬」があったことに、何だか嬉しくなっちゃいました!

もちろん、嬉しいのは人間だけではありません!
d0222641_22283939.jpg

我が家のワンコも花やお米など、いろんな匂いをかげてそれは大喜び!
こちらに訪れる前に確認しましたが、こちらは小さいワンちゃんはOKなようで他にも小型犬を見かけました♪


お次には、子供たちは見るのは初めて!ビックリするやら、気持ち悪いやら(^_^;)で、大騒ぎ!!!
d0222641_22264373.jpg

Jim Thompsonと言えばやはりタイシルク、絹と言えばやはり「蚕」ですから(^_-)
子供たちは初めて見る大量の蚕の山に「うっわ~、すご~い!」と大興奮!

私は小学生の時、クラスで蚕を飼ってライフサイクルの勉強をしたのですが、主人はしていないとのこと。
こうしてみると「やっぱり、ちょっと気持ち悪いかも。。。」と思うのですが、毎日餌をあげたり巣の掃除をしたり
蚕が成長して行くのを楽しみに、自分たちで飼うと妙にかわいかったのを覚えています。
d0222641_20341258.jpg

この繭玉を煮て絹糸を作っていくのだったと思うのですが、繭玉は黄色と白とがありました。
d0222641_20564252.jpg

繭玉から取り出したさなぎ。これには「うえ~っ」となりましたが、子供は怖いもの見たさで何度もチラ見(笑)
d0222641_20521531.jpg

染色した絹糸から布を織って行く過程までを見ることが出来て、子供たちも食い入るように見つめます。
d0222641_20492854.jpg

そしてこちらでは、綿花からコットンの糸を作るまでも実演されていて、大人もとても楽しめます。


さて話は変わりますが、こういう場所に来て一番心配なのは、「食事」と「トイレ」問題なのではと思いますが、
トイレはこのIsan Villageの中にもあって、問題なく(トイレットペーパーもあって)キレイでありました。

そして、「食事」の方でしたが、こちらにはこのようなレストランも。
d0222641_19501057.jpg

「Baan Isan Restaurant」と言う、タイ料理レストランです。
d0222641_19563266.jpg

メニューはタイ料理のみですが、おかず系だけでなくワンプレートメニューもございます。
d0222641_20542616.jpg

店内は広いのですが何しろお客様が多いので、かなりの時間を待つことは否めない感じです。
d0222641_1953531.jpg

写真はガパオでしたが、他にもパッタイなどのメニューもありました。
子どもにはタイのオムレツや、カオパッドなど、そして飲み物はコーヒー、Tea類などももありましたが、
タイ料理はちょっと・・・と言う方は、やはり何かを持参された方がいいかもしれません。

また、このレストラン以外には、同じIsan Villageの中に、野外でピクニックのようにいただく場所と
Jim Thompson Farmのエントランスの外にに、フードコートのようなものも用意されておりました。

他に、このIsan Villageには、Art on Farmと言うプロジェクトもあって、東北地方の湖のお寺なども。
d0222641_21324267.jpg

やはりなぜだか日本を思い出させる懐かしい風景に、心がほっこりしたりして。
d0222641_2140206.jpg

Jim Thompsonらしい遊び心がふんだんに、お寺の中にも施されています。
d0222641_22574729.jpg

本尊の前に奉られている獅子?麒麟?のようなオブジェも、Jim Thompsonの布から作られてステキ。


そしてStop 4 はJim Thompson Village。
ここはJim Thomsonの絹産業の歴史と、現代における絹織物やプリントの様子などが紹介されています。
d0222641_22372097.jpg

このように来場者が参加できるアクティビティなども用意されております。
これは布にプリントを施すところですが、昔懐かしい「プリントごっこ」に見えるのは私だけでしょうか?(笑)


最後のStop 5 Flower Garden and Jim Thompson Marketでは、
こちらの農園で作られた野菜、果物、花、そしてJim Thompsonの製品を購入することが出来ます。
d0222641_22404833.jpg

色鮮やかな、様々な形のかぼちゃたち。どうしてここまで「かぼちゃ」なのかは分かりませんでしたが・・・。
d0222641_22415329.jpg

バンコクでは見かけることのなかった可憐な花たち。買って帰ろうかとても迷ってしまったほどでした。


年に一度、この時期一か月だけ公開されると言うJim Thompson Farm
タイ在住中に訪れることができて、いい記念にもなってよかったと思いますが、
バンコクからはかなり時間がかかるので、小さいお子さん連れだと車中はちょっと飽きるかもしれません。
カオヤイからは1時間程度かと思いますが、そちらと一緒に楽しまれるのもいいのかな~とも思います。

今年のJim Thompson Farm Tour 2012は、HPによると2013年1月13日(日)までの様ですが
若干、延長する年もあるようですし、やはりお電話でお確かめになってから行かれた方が良いと思います。
いろんな体験も出来て楽しかったJim Thompson Farm、今週末は今年最後のチャンス!
ご家族で美味しい空気を吸いに行かれてはいかがですか?



「Jim Thompson Farm」
Tambol Takob, Amphur Pak Thong Chai,
Nakhon Ratchasima, (Korat) Province
Bangkok Office
Tel: 02-762-2566 and 085-660-7336
Pak Thong Chai Farm
Tel: 044-373-116
(Monday to Saturday,08.00 am – 05.00 pm)
(Thai language only)
The Jim Thompson Farm is open daily
from Saturday 15 December 2012
through Sunday 13 January 2013
from 9.00 am until 5.00 pm
Mapはこちらから♪ → 

文責:Mでした~♪
[PR]
by vfcbangkok | 2013-01-07 23:20 | Comments(0)

タイのパイナップル

前回のお話の続きです。



レシピ模索中のベジフルビューティーメンバー。


使う果物を何にするか?だけではなく、どの種類にするか?ということにもこだわりました!



こちらバンコクのスーパーなどで手に入るカットパイナップル2種☆
d0229095_1120019.jpg

(画像が悪くてすみません)


右がシラチャーパイナップル、左がプーケットパイナップルです。


レストランのランチセットなどでよく見掛けるのはシラチャーパイナップルでしょうか。



その時の熟し方などで味は酸味、甘みはかなり変わるとは思いますが、ミキサーでジュースにするのに適しているのはどちらかと言えば、プーケットパイナップルかな?と発見!!


シラチャーパイナップルの方はさっぱりした甘み、でも繊維質が多い
プーケットパイナップルの方は濃厚な甘み、繊維質が少なめ


味や歯触りはそれぞれ好みがあると思うのですが、タイ在住の方はこの機会に食べ比べをされてみるのも楽しいかもしれません♪



パイナップルの主な効能:消化促進、疲労回復、高血圧予防、動脈硬化予防など。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2012-05-11 11:30 | Comments(0)

2012年度活動START☆

気づけば新年明けていましたね。
ブログの更新が滞っており、大変申し訳ありません。
今年は頑張って更新致しますので、温かく見守って下さいませ。



昨年は10月のタイの洪水で一時避難を余儀なくされたメンバーも多く、10月以降年末までメンバーの大半がBKKに居なかったため、その間は活動ができなかったのですが、今年は気持ちを新たに活動に力を入れよう〜という気分でございます。





先日、2012年最初の勉強会がいつもの場所でありました。
新役員の決定や一年間の活動予定を組みました。


今年は過去のデーターをまとめる作業をしつつ、セミナーに向けての準備や室内の勉強会以外にも農園やフルーツ園見学など屋外での活動をもっと充実させる、という方向で意見が一致しました。


大まかな決定ではありますが、今年のセミナーは初心に戻って、タイ野菜についての豆知識や調理法などを知って頂けるようなセミナーを開催したいと思っております。


在タイされて間もない方はもちろん、在タイが長い方も普段使い慣れているお野菜に目がいきがちでちょっと見た目の変わったものや調理したことがないお野菜は自分で買ってみようと思うかたが少ないようなので(私もレストランでは食べるのに家ではほとんど使わないお野菜が結構あります)それをみなさんと一緒にお勉強できればいいな〜と思います。


あんな見た目のお野菜が意外に和食にも合うんだよ!!とか使い勝手が悪そうなこんなお野菜も冷凍保存できるから使い易いよ〜なんていう野菜ソムリエの意見が聞けるかと・・・☆

聞きたいですよね〜??


私も知りたいです♥


乞うご期待!!







にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2012-01-20 14:14 | Comments(1)