タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

辛くないタイローカルフード


サワディーカー!



クリスマスが近づいてきましたね。
バンコク都内はクリスマスディスプレイで華やかに彩られ、クリスマスキャロルが流れております♪
南国で6度目のクリスマス。。。
久しぶりに雪景色のイヴを過ごしてみたいな~と思ったりもする今日この頃です。
今回は野菜ソムリエ halu*がお届けいたしますね!



さぁ、私の好きなタイ料理 この一品は、「ラートナー」です。
全くクリスマスの雰囲気なく、飾り気のないローカルフード。(...でスミマセン)
私の中のタイ料理イメージは、安くて、美味しくて、気軽に食べられるもの。
フードコートや大衆食堂などで食せる、庶民的なお料理だったりします。
ささっと気軽に食べられる。それもタイ料理の魅力だったりしますよね。

d0229095_01072864.jpg


この「ラートナー」を知ったきっかけは、タイ語教室でした。
胃腸が弱くて辛い物が苦手な私なのですが、
はて体がタイ料理を受け入れるであろうか...と不安だった頃を思い出します。
住み始めた当初、タイ語教室の先生に「辛くなくて、美味しいタイ料理を教えて下さい」
と質問したところ、辛くなくて美味しいものもタイ料理には沢山あるわよ~
と教えてもらったお料理の中の一品でした。
ちょっと背伸びしたレストランでは、このラートナーはメニューになかったりします(笑)
それだけカジュアルに食べられるローカルフードということですね。

d0229095_01071445.jpg



さて、このラートナーは、クイッティアオ(米麺)に片栗粉でとろみをつけたあんかけソースがかかっているお料理です。
麺はお好みでチョイス。クイッティアオの平太麺、中太麺、細麺の炒め麺、または中太麺、バミー麺の揚げ麺から選びます。
必ず入っているお野菜はカナー(和名:芥藍/英名:Chinese Kale)、時に彩りでニンジンが入っていることもあります。
お肉はムー(豚肉)か、ガイ(鶏肉)、またはタレー(シーフード)のお好きなものを選びますよ。
とろとろあんは、シイイウカオ(タイ淡口醤油)、シイイウダム(タイ濃口醤油)、ナンマンホイ(オイスターソース)、お店によってはタオジョウ(タイ豆味噌)のうま味と塩分をベースにお砂糖で甘味を加えたものになります。
辛味は胡椒のみ、にんにくの香りが食欲をそそります。



タイ料理は中国やカンボジア、マレーシア、ラオス、ミャンマーなどの周辺諸国料理の影響を受けていますが、「ラートナー」は、中華料理の麺料理、炒め物の流れをくんだものとなります。
中華系からタイに定着したお料理は、にんにくとオイスターソースをベースにしたものが多く、辛味が少ないのが特徴です。
よってタイ人は↓こちらのクルアンプルーン(調味料セット)で自分流の味にカスタマイズしている人が殆どですね。

d0229095_01083068.jpg



<クルアンプルーン(定番4点 調味料セット)>
*ナムターン(砂糖)
*ナンプラー(魚醤)
*プリックポン(粉唐辛子)
*プリックナムソム(刻み唐辛子のお酢漬け)


タイ人は真っ赤になるほどプリックポンをかけ、さらにナムターンも山盛りに!
日本人的感覚だと、カラダに悪いし、味を変えすぎるのはお店の方に失礼かな...
なんて考えてしまいますけど、ここはタイ。マイペンライの国であります。
ご自由に~ 美味しく食べてね~ の気軽さがこの国の良さでもありますね。
辛さが苦手な私でしたが、今ではプリックナムソムをカスタマイズ。
コンタイ(タイ人)化しております(笑)



d0229095_01074173.jpg



d0229095_01075633.jpg


d0229095_01081765.jpg


d0229095_01065958.jpg



halu*おすすめのラートナー専門店

Raat Naa Heng Yot Phak

BTSサパーンタクシン駅から徒歩2分

MAP:https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1oySeg-XD54_kTscTh_9sfvJgV_8&ll=13.719176300000016%2C100.51546370000005&z=17

*私が好きなラートナーはクィッテアオ センヤイ カイジアオ(卵焼き入り)50B

**********

フードコートのラートナー巡りも好きな私。
とろとろあんのお味にお店の個性がでます。
お気に入りメニューを様々なお店で食べるのも楽しいですね♪



来週のタイ料理もお楽しみに♪



ご訪問ありがとうございました!!




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-12-18 00:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)