タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タイのお母さんの味

サワディーカー!
野菜ソムリエのchikobです。

タイに来るまで、アジアには全く興味がなく、タイ料理も食べたことなかった私ですが、6年も住んでいると日本食と同じくらい身近で大好きになりました。
カレーやヤム、ガパオなど好きなものは色々ありますが、一つ選ぶなら。。。

「ワンさんのラープムー」

ワンさんとは、我が家で働いてくれてるアヤさん(メイドさん)です。
初めて食べたのは、ワンさんの前職場であるお友達のおうち。
子供でも食べられるようにと、とっても優しい味でした。
縁あって、去年から我が家で働いてくれてるワンさんにお料理を頼むのはたまにですが、私の一時帰国で不在の時や、食べたいときにお願いしています。

*ラープムー*Wikipediaより
ラープは肉類を使ったラオス、タイのサラダの一種。
鶏、牛、豚、アヒル、七面鳥が一般的だが、魚が使われることもある。
魚醤とライムで味付けられる。
生、あるいは加熱した挽肉をトウガラシ、ミントや野菜類と混ぜ合わせる。
荒く挽いた炒り米も重要である。

この最後に書いてある、「荒く挽いた入り米」とは、タイのもち米を炒って挽いたもの。
「カオクーア」

d0229095_23030523.jpeg

これがとっても香ばしくて味だけでなく、風味や食感も好きです。

先日、お友達とランチした時のラープムー
お店はSoi49のマダムショーン
ピリ辛で美味しかったです。

d0229095_23012783.jpeg

先日の一時帰国の時、カオクーアやマナオなどを持ち帰り、実家で作ってみました。

d0229095_23022723.jpeg


ミントは日本のスーパーで調達しましたが、お高くてびっくり!
飾り用として、小さなパックに入っているものしかなく、本帰国したら、ミントは育てようと心に誓った瞬間でした(笑)
このラープにはミントがどっさり入りますからね。

ただ、暑い国の料理は暑い場所で食べる方が美味しいな。。。と寒い日本で思った次第です。

一時帰国から戻り、久しぶりにワンさんのラープが食べたくなり、お願いしました。

d0229095_23005078.jpeg


ん?あれ?あれれ???
激しく辛い!!!
ワンさんの優しい味はどこへ???

いつもと様子が違います。
お買い物のレシートを確認してみたら・・・どうやら今回は「ラープムーの素」みたいなのを使ったようです。
少し残念な気持ちになりながら、やっぱりあの優しい味の「ワンさんのラープ」が食べたいと思ったのでした。

こんな出来事があっても、タイらしいなぁ~と笑ってしまいました。

今度、もう一度お願いしてみます。

余談ですが、自宅でタイ料理を食べるとき、タイ米を炊きますが、最近はRice Berryを混ぜて炊きます。
Rice Berryとは、ジャスミンライスと黒ジャスミンライスを配合させた種類で、
2003年ごろに農業共同組合省の指導の下、栄養価の高いお米の開発を目的にドクターが発案、タイで栽培が始まり、研究に研究を重ねてできたブランド米です。厳しい審査基準を有しており、無農薬、有機栽培というバックグラウンドという観点からも安心、安全なお米です。

色がきれいで美味しいというだけでなく、ポリフェノールを多く含むこと始め、栄養豊富なところも注目に値します。
日本では黒米や赤米などとっても高いですが、タイでは手ごろなお値段で入手できるので、タイにいる間にしっかり食べておこうと思います。

d0229095_23015412.jpeg
お次はどんなタイ料理が紹介されるのか楽しみですね♪




[PR]
by vfcbangkok | 2017-11-27 08:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)