タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タイのソウルフード

こんにちは 。野菜ソムリエのATです。

私事ですが、この度タイから日本へ本帰国することになりました。
2012年4月からタイに駐在して早5年8ヶ月、もうすっかり古株です。

んな私の「好きなタイ料理」といえば青パパイヤのサラダ「ソムタム」です。
他のタイ料理と比べると食べる頻度が桁違いで、いわゆる私のソウルフードです。
夫の出張時など多い時は週に3回食べていたこともあります。
考えてみると、初めて食べたタイ料理は夫が屋台で買ってきたソムタムとガイヤーン(タイ風焼き鳥)だった気がします。そこで、「タイ人の普通」の辛さの洗礼を受けました。口から火が出るとはこういうことだと思ったのを覚えています。
そんな私が今ではお店のおばちゃんに「辛くして」と言うようになったのですから、成長したものです。
体には、あまりよくなさそうですが。。。タイでは大抵どの店も料理を持ち帰り可能ですから、一品として気軽に買いに行けるのもリピーターになり易い理由の一つですね。

ソムタム (タイ語 ส้มตำ) はラオスタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダです。もともとラオスとイーサーン料理であるタムマークフン (ຕໍາໝາກຫຸ່ງ) が、変化を遂げながら南下し、タイ全域で広く食べられるようになったと言われています。現在では代表的なタイ料理のひとつとされています。

ソム (ส้ม) は、タイ語で、「酸っぱい」を意味します。
タム (ตำ) には「搗(つ)く」という意味があります。(ウィキペディアより)

ソムタムに使われる青パパイヤには、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素、糖質分解酵素が含まれ、消化・鎮痛・整腸・消炎作用があります。まさに解毒の王様です。タイ人はダイエットの時に良くソムタムを食べるといいます。他にもビタミンC、食物繊維、マグネシウム、カリウム、カルシウム、葉酸など、女性が喜ぶ美容と健康の為の栄養素が豊富です。

これが私の好きな「ソムタムタイ」です

d0229095_01392955.jpeg


・材料(目安)・
パパイヤ千切り2カップ
人参千切り1/2カップ
ながささげ1/2カップ
トマト1/2カップ
干しえび1/3カップ
ピーナッツ大さじ2
パームシュガー大さじ2
ライム汁大さじ6
にんにく1片
ナンプラー小さじ1/2
タマリンド大さじ1

d0229095_02173843.jpeg

上記材料をこのクロックという器に入れ手、木の棒で叩いて、味をなじませて完成。
クロックは洗わずずっと使うため、そのお店の味が染み込んでいるそうです。
ソムタムの味は唐辛子辛くて、ナンプラーのしょっぱくて、パームシュガー甘くて、ライム酸っぱい。。。味覚は盛り沢山です。タイ料理のサラダは大体このような味がします。

d0229095_02335098.jpeg


これは、トウモロコシを青パパイヤの代わりに使った「ソムタムカオポート」
ソムタムタイより甘みが強いです。これはこれで美味。
カイケムという塩漬けゆで卵が入っています。
やはりタイ料理ですから甘みと塩っぱさは混在していますね。

他にも、揚げたものや肉や蟹などを和えたものなど、ソムタムには意外と幅広いメニューが存在します。

今回購入した店は自宅から徒歩3分のローカルのタイ料理屋です。味もよく量も多くて常連になってます。何も言わなくても、好みの辛さに調整してくれます。
これが、日本では食べれないと思うと残念です。

前述しましたが、ソムタムはタイの東北地方のイーサーン料理です。まだ食べたことのない方、ぜひイーサーン料理のお店をのぞいてみて下さい。そして好みの味を見つけて下さいね。もし辛いものが苦手な方はトウガラシを半分、もしくは入れないでと注文して下さい。
「辛くしないで」は作る人の辛くない基準にされるので、大抵辛いものが出てきますよ。
日本に帰国したら、クロックを木の棒で叩く「ポクポク」という音が恋しくて仕方なくなりそうです。

では次のタイ料理をお楽しみに。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-11-20 13:49 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)