タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

食べつくす。


こんにちは。
ジュニア野菜ソムリエのHNです。

好きな野菜。。。

おそらく、、、今までブログに登場したメンバーの多くがそうだったと思いますが、私も、リレー開始当初から、(私の好きな野菜ってなんだろ?!・・・)と、薄っすらと頭を悩ませてきました。
たいていの野菜は好きだし、それぞれの美味しさがあるので、一番を決めるのが難しくて。

そんなある日、ふと思い出したのが、、、
実家の母が、一時帰国のたびに、夕飯の食卓に出してくれる一品。

「トウガンとツナと・・・」煮込み?!
料理名はないと思います。

トウガンを、ニンジンやキヌサヤなど、色の綺麗な野菜を細切りにしたものと煮込み、ツナから出る出汁と、醤油で味付けしたもの。
そして、それを食卓に並べるたびに、「あんたがトウガン好きだからねえ・・・」と母に言われていたような。。。

そうでした。
そういえば、私は昔からトウガンが好きでした。
ツナに限らず、何か味の出る食材と煮込むと、
あっさりとしていながら、でも味わいのあるトウガン。
とろりとした食感も魅力でした。

このトウガン、
バンコクで、私が、初めて参加した野菜ソムリエコミュニティのセミナーでも、
タイ野菜のお薦めとして、取り上げておりました。
在タイ間もなかった私は、バンコクでも、日本と同じようにトウガンが買え、しかもお安いと知り、なんだかとっても嬉しくなったのを覚えています。

こちらが、タイで買えるトウガン。
日本のトウガンは濃い緑色ですが、タイでは薄い黄緑色。
トンロータラートで18バーツでした。
d0229095_01510691.jpg

日本では、大きすぎてカット売りしか買えないのに、
タイでは小ぶりのものも多く出ていて、丸ごと買えるのも魅力です。

夏野菜なのに、丸のままなら、環境がよければ、冬まで保存できるぐらい貯蔵性がいいということから、「冬瓜」と名づけられたそうです。
頻繁には買い物に行けない(行かない?)場所に住んでいる我が家には、なおさら、もってこいなお野菜!

ところが・・・残念なことに、
ウチの夫も子供たちも、このトウガンの煮物が苦手なようで。。。
私には魅力的に感じるトウガンのあっさりヤワっとした食感がダメだと。。。
過去に、干しエビ、挽き肉、バラ肉、、、
などなどと煮合わせてみても、いまいち反応が悪かったので。。。

我が家では、こんな風に食べています。

梅マヨ和え

d0229095_01555116.jpg

薄切りにしたトウガンを、サッと下茹でして、梅とマヨネーズと、すりゴマ&いりゴマで。

ホントはポン酢で和えるつもりだったのに、なぜかマヨで和えてしまった。。。
まあ、なんでもイケます。

トウガンの生食感が残る程度にしか茹でてないので、
歯ざわりがサクサクしてます。(←家族の好み。)

中華風和え
d0229095_01535426.jpg
ゴマ油+醤油+酢で。

下茹でせずに、塩もみした?してない?忘れてしまった。。。
そのあたりは、いつもテキトーです。。。
ウチでは、たいてい固めの歯ざわりが好まれるので、生が多いのかも。

生といえば、前回の「晩御飯ブログ」でkanaoちゃんが、
「トウガンとハムの春雨サラダ」を作ってましたね。
あれ、美味しそうだったんだよね~
試してみようと思って忘れてました。。。今度やってみよう!

炒め物
d0229095_02000028.jpg
トウガンとニンジンとレンコンとタイセロリと、前日の残り物の肉団子を炒めて、甘酢ケチャップ味で味付け。
写真、見た目が美しくなくてスミマセン。。。
でも、お子ちゃま向けの味付けで、息子、おかわりして、すべて平らげましたよ♪

味噌汁
d0229095_02063857.jpg

久々に、トウガンを味噌汁にサラっと入れてみたら、、、
子供たち、「ダイコンみたいでおいしー!」だって。
美味しいならよかったよかった。
(へえ~じゃあ煮物もイケるんじゃないの?!)と思った母。。。
本格煮物でリベンジしよう!。。。そのうちね。

ところで、、、、
トウガンって、、、
捨てる部分が多い気がしませんか?
d0229095_13303711.jpg
皮が厚いからこその、貯蔵性のよさだから、
翡翠煮など色を生かす煮物にしない限り、皮は厚めに剥きます。
真ん中の種とワタはスプーンなどでかき出す。
というのが、一般的なトウガンの処理ではないでしょうか。

以前、捨てる部分が多いことが、無性にもったいなく思えて、
トウガン食べつくしを試したことがありました。
そのことを思い出して、、、再チャレンジ!

トウガンのワタの酢の物
d0229095_02103331.jpg
ワタ部分を酢の物にするのは、実際に沖縄料理として存在するそうです。
また、漢方では、身体を冷やし、熱を冷ます効果があることから、夏バテ改善に、
また、高血圧、糖尿病予防も食べ物として、トウガンの種を用いるのだそう。

感想は、、、まあまあ。かな。
食感は悪くないです。
でも、時に、アクのようなエグミのような、苦味を感じることがあります。
酢の物だと苦味もあまり感じないけど、
シチューに入れてみたら、後味に苦味を感じるシチューになっちゃいました。。。失敗。
でも、お鍋に入れてみたら、なんだかホロっとした食感が美味しかったです。

そして、皮。
トウガンには、体内の塩分を排出するカリウムが多めで、利尿作用により、むくみを改善する効果がありますが、皮にもっとも高い利尿効果があるそう。

野菜の皮といえば、とりあえず思いつくのは、、、

きんぴら
d0229095_02055414.jpg
ニンジンと炒めると、色合いもキレイで、お弁当にも使えました。
皮の歯応えが、気になる人には気になるのかも。
我が家では、父子共に、特に気にしてないようでしたが(笑)

こちらは、漬物
d0229095_03100028.jpg
マナオと醤油とかつお節で和えて、一晩おきました。
ツマミにいいかも。

古くは、
「痩せたい人は、トウガンを食べ続け、逆に太りたい人は食べるな」とも言われていたトウガン。
低カロリーで、新陳代謝を促す成分や、糖の吸収の抑制や抗がん作用のある成分も含まれています。
食物繊維により、便秘解消にも効果があり、ダイエット食品として効果あり!
また、ビタミンCも含まれるため、風邪予防、美肌効果も!

そんな、いろいろ使えるトウガン。
皆様にも是非いろいろな調理で楽しんでいただきたいです!

次に、好きな果物です。

日本では、
1位がマンゴー、2位が白桃。だった気がします。
・・・こうして並べてみると、私は、ねっとりした果物が好みなんですねぇ。

タイに住むようになり、
マンゴーは、身近になりすぎて逆に飛びつくことがなくなり、
白桃は、見かけないがために疎遠になり。。。

そんな中、昨年初めて手を出したのが、見た目がビワにそっくりな果物。
あまりの美味しさに感動した子供たちが、
めったに書かない絵日記を残していました(笑)
文章と絵の拙さには、目をつぶっていただいて、、、
d0229095_12500538.jpg
日付が、3月18日となってますね。
2月の今は、まだタラートでもスーパーでもなかなかお目にかかれません。
「ブログ用に写真が欲しいのに、売ってない・・・」と呟いていたら、
コミュメンバーの一人が、見つけてきてくれましたー!

実物はこちら。
d0229095_02115266.jpg
日本語でアカタネノキ。タイ語でマプラーン
ビワに似てますが、小さなマンゴーにも見えますよね。
売り場の表示は、マリアンプラムとなっていますが、プラムマンゴーとも呼ばれます。
そして、食べてみても、マンゴー味。
でも、マンゴーよりもさっぱりしていて、甘酸っぱく、我が家の母子の舌にはストライク!

熟したものは、手で簡単に皮がむけ、中は鮮やかなオレンジ色をしています。
真ん中に赤い大きな種があります。
とってもジューシーで、さっぱり爽やかな甘さといった感じ。

しかし、この写真のものは、びっくりするほどお値段が高額!
去年、ウチで買ったときはもっと安かった気がするな~と思い、
タイ人に聞いてみたところ、
「外国人向けのスーパーだから高いんだと思う。(マプラーンは)そんなに高くない」
とのことでした。
去年フジでも、ほどほどのお値段で買えたような気がしますが、、、
正直、記憶が定かではないです。。。

見た目が同じでも、
タイでは、甘いものをマプラーン、
酸っぱいものをマヨンチットと呼ぶそうです。
甘い方が我が家のお薦めです。

旬は、3月~4月ということで、
これからが、シーズン到来!
今年も食べるのが楽しみだ!!

では、次週もお楽しみに♪




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-16 12:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)