タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コーンごはん

d0229095_04284303.jpeg

雪も降りだしたマイナス1度のシカゴから参加します。野菜ソムリエkanaoです。


私の最近はまっている野菜料理はコーンごはんです。


コーンを削いで、芯も一緒に酒と塩で炊いただけ!芯から出汁が出るようです。


昆布も一緒に炊いてみたら、それはそれで美味しいのですが、入れないでも充分出汁が出ていて、芯すごい!と思いました。


シカゴに来て一年になり、タイから来た者としては久しぶりの四季を感じ(と言っても長い冬と短い春夏秋)、野菜の旬を感じます。いつもあると思ってた夏野菜がなくなる瞬間。すごくさみしくなります。


シカゴのあるイリノイ州はコーンの名産地。


アメリカ中西部のコーンベルト地帯に入ります。


夏はコーン畑をよく見ました。スーパーには101ドルなんてところも。


ファーマーズマーケットにはミライコーンが売ってるよ!コーンごはんにするとおいしいよ!とお友達から教わったのでした。


この夏以降、何度も子どもからリクエストのでる定番ごはんとなりました。


何より簡単!


旬が終わり、皮が剥かれてパックされたコーンはまだあるので、また旬を待つまでたまに作れるかな。


タイは一年中あったのになぁと思います。

d0229095_04305535.jpeg

番外編


アメリカ人に聞いたコーンの美味しい食べ方はグリルしたコーンにサワークリームをたっぷり塗って、チリパウダーをかけて食べるというもの。チリはかけないけど次女のお気に入りになりました。

みんなのはまってる料理気になりますねー!

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2018-11-12 04:23 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
2回目の登場の野菜ソムリエ、mihowです。ただ今、日本に一時帰国中。ちょうど季節が秋に移り変わるところで、美味しい日本の食材&我が家のキッチンで二十歳の娘に料理を教えたり、私なりのコツを伝授しています。
ちょうど下宿中の息子の帰省中で、小腹が減った~というので、袋パンを出すと、”なんで実家に帰って袋パン食わなあかんねん?!”と。
あーはいはい、ってパンを焼いたり、ピザ作ったり。そして冷蔵庫を開けては、常備菜の充実に涙を流しておりました←やっと食に感謝ができる人間になりました。
こうして考えると、やはり道具もキッチンも充実していないサービスアパートメントの自宅@バンコクでは、ちゃんと時間をかけて料理していないことに気づいちゃって、大反省です。。。

さて、最近ハマっている野菜料理ということですが、もうすでに20年ハマっている?ものをご紹介致します。
タイトルにあるように、最近でもないし、野菜の仲間でもないし。でも、きっと許して頂けると信じて!!
それは、寒天。商品名でもあり、会社名でもある、、、
かんてんぱぱ  です!https://www.kantenpp.co.jp/

そもそもは、21年前、息子が生まれた時の話。友人の赤ちゃんのお通じが悪く、かんてんゼリーを食べさせているという話から始まり、通販で購入でき、ちょうど離乳食にも良く、そして自然食品だということで始めたのです。
そういえばFAXで注文書を送っていました。時代を感じますなぁ。
最初は子供のおやつのゼリーやプリンが中心でしたが、その後商品も増え、さんざん試した挙句、一周周って辿り着いたのが、今回ご紹介する、シンプルかつプレーンな寒天(糸寒天、粉寒天)です。

デパ地下のデリサラダが大好きで、見かけにもキラキラ素敵で、カサが増え、ドレッシングも抱え込み、時間がたってもサラダの水分が出ない、これが糸寒天なのか!と気づき使い始めました。
その後、NY駐在時に、劇的にBBQとポットラック(持ち寄りパーティー)が増え、水分が出にくいサラダ料理、冷めても肉汁が逃げないバンバーグ(タネに粉寒天を入れる)など、時間が経ってからお客様が食べるパーティー料理で本当に助けられました。
野菜料理ではないですが、やはり、古今東西、老若男女、デザートのプリン&ゼリー系が大人気。でも夏場だとゼラチンは溶けるし、牛由来のゼラチンはインド系のお友達が宗教上の理由で食べられなかったので、常温で固まってくれる寒天はうってつけの食材でした。
d0229095_22113293.jpg
d0229095_22111801.jpg


作ったサラダにカサコソ混ぜる~♬作ったスープにカサコソ投入~♪
およそ、料理とは言えない。でもこの手軽さ、シンプルさにしては、お腹のなかでの食物繊維の働きは凄いものです。

もう10年前になりますが、NYから一時帰国していた時に、従弟家族と信州旅行をしていました。その時に、”かんてんぱぱガーデン”という看板を見つけ!!どうしても行きたい!と10キロも戻って訪れたことがあります。
工場見学、レストラン、そして美しいガーデンがあり無料で楽しめます。こちらもお薦めです!

食べ物と思い出はリンクするものです。食について考えることは、自分の人生の振り返りにもなりますよ。
もうハーシップ(←タイ語)となり、人生に於ける食事の回数も、もしかしたらカウントダウンできるようになってきたかも知れない(汗)と思うと、不味い機内食を一回にカウントするのが悲しくなってきました。

今後の野菜ソムリエメンバーのお料理紹介を参考に、人生お食事カウントを彩りたいと思います!






[PR]
# by vfcbangkok | 2018-11-05 00:01 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)
こんにちは、チェンマイ在住Jr野菜ソムリエのあつこです。
さて最近私ががっつりハマっているのは”キャベツ鍋”です。
週に2回は水炊きを食べている我が家、CMでキャベツの千切り鍋をポン酢で食べるのを見て真似てみたらばこれがさっぱりとして箸が進む進む!
今まではキャベツをひとつ買ってしまうと味噌汁、お好み焼き、焼きそば、スープとキャベツが無くなるまでちょっとしたプレッシャーを感じていたのが、鍋にすると中くらいのキャベツを2人で一気に食べてしまいます。

ポイントはスライサーでごく薄い千切りにする事です。
手切りで細く切ったのでは味も食感も全く違うのです。
大根も千切りとイチョウ切りではお味噌汁の味が変わりますよね。
使い慣れた野菜の切り方を変えれば、又新たな味に出会える事を実感した次第です。
このスライスキャベツを卵焼きでくるんだトンペイ焼きもオススメ、低カロリーでダイエットにぴったりですね。

スライサーでひと玉切るのがちょっとだけ手間ですね。

d0229095_13312454.jpg


具材はキャベツ、エノキ、豆腐、春雨、練り物、薄切り豚肉、エビ、イカなどなど。
ポン酢醤油と豆腐の漬物・腐乳を味のアクセントに添えるのがマイブームです。

d0229095_13305800.jpg



さて私事ですがこの度約10年間運営してきましたGreen days cafe & Guest House を10月1日付けで新オーナーさんにバトンタッチしました。
新しいオーナーはの秋元徹さんはかつて日本にて20余年ベーカリーを営まれており、着任早々うちの小さなパン工房で試作を重ねられてます。
日本で話題の生食パンを始めて食べて感激!
これから美味しいパンを使ったメニューが続々登場しますのでチェンマイへお越しの際にはGreen daysにどうぞお立ち寄り下さいませ。


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-29 00:01 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)
昨年に続き今年も受験生を抱え、ストレスを抱えると台所でひたすら野菜を千切りしたくなる野菜ソムリエのYNです。

最近ハマっている野菜料理。
我が家は「ピーマンの肉詰め」です。

夏前に近所のJAで100円で買ってきたピーマンの苗が、今も(10月15日現在)元気に実を付けて頑張ってくれています、
既に横浜は結構肌寒いというのに。

d0229095_17350676.jpeg

毎日たっぷりの水をやり、少しでも陽に当ててやりたいから、風があまり強くない日にはベランダから一段高いベランダの花台にプランターを上げてやり、大きくなーれ、大きくなーれ、と声掛けしてきた結果でしょうか。
愛情を注ぐとちゃんと応えてくれようとする姿が愛おしいピーマン。
しかし子育ても同じとはなかなかいかないのが現状…と話がそれてしまいまして。
今日は写真に写っているピーマン2つを収穫しましたが、まだまだ予備軍が沢山続いているので、100円で買った割に既に完全に元は取れています。

我が家のピーマンの肉詰めは、豚ひき肉に自家製おからパウダーと卵、片栗粉、レンコンとタケノコとネギ、しいたけのみじん切り、生姜のすりおろしを入れます。

d0229095_17355685.jpeg

先日、TVでおからパウダーがダイエットに最適と大きく言ってくれてしまったので、それまで普通にスーパーで買えていたのが、翌日から完全に姿を消し未だに店頭で見かけることができなくなってしまったおからパウダー。
我が家はおからを買ってきて低音のオーブンで10分焼いてはかき混ぜてを繰り返し1時間ほどかけながら自家製おからパウダーを作り活用しています。
普通のおからより長持ちするのでおススメです。

また話がそれました。
主役はピーマンでした。
我が家のピーマンの肉だねは、確信犯的に多めに作り、レンコンのはさみ揚げにも使い回しします。
お弁当のおかずにもすぐに活用できるので、常に冷凍庫にスタンばってます。
レンコンで肉をはさむのではなく、レンコンの上に肉だねを乗せて焼くので分厚くならず食べやすいと思います。
まさしく、今日の息子のお弁当はレンコンバーグでした。

そうそう、主役はレンコンではなくベランダで私に癒しをくれるピーマン。
まだまだ成長が楽しみなピーマン。
今も10個以上の可愛い予備軍が頑張っている我が家のピーマン。

ピーマンの肉詰めは何がいいかと言うと、ピーマンの良いところを余す所なく食べることができるところです。
ピーマンの栄養で一番最初に思い浮かぶのが各種ビタミン。
この「ビタミン」というと、熱を加えると壊れるイメージがあるかと思うのですが、ピーマンの中にはそれを守る役割のビタミンPもあるので、ビタミンを効果的に摂取することができます。
その上、そのビタミンを効果的に摂取するのに最適なのが豚肉らしいのです。
また、ピーマンの白いワタやタネにも豊富な栄養があり、むくみ防止のカリウムや血液サラサラ効果な栄養、疲労回復効果のある栄養も含まれてるいるので、私は積極的にワタやタネは取らず、一見汚ならしい状態に敢えて半分は残して肉詰めを作ります。
そのワタやタネがピーマンと肉だねを上手く密着してくれて、焼き上がりが剥がれにくくなるという相乗効果もあります。
ワタやタネは苦味があると言われますが、我が家の子どもたちから苦味を指摘されたことは一度もありません。

d0229095_17362251.jpeg

夏野菜代表のピーマン、最近は「無限ピーマン」というレシピが巷で話題になっていますね。
苦くて子どもに嫌われがちなピーマンをより食べやすくするために、世のお母さんたちは切り方を変えてみたり無限ピーマンを作ったりして何とか栄養豊富なピーマンを我が子に食べさせようと必死なようですが、ピーマンがたくさん手に入ると我が家はやっぱり、ピーマンの肉詰め!
ピーマンの肉詰めは、その家庭によって具材を変えたり、味付け(柚子胡椒、味噌、豆腐などを加えたり)を変えてみたりしやすいメニューなので、それぞれの家庭の味があると思います。
肉だねにたっぷり野菜を仕込んで野菜不足を解消することもできますし、天候不順であってもあまり影響受けずにいつでもピーマンは安くて栄養満点!

さ、そろそろあなたもピーマンの肉詰めが食べたくなったかしら?^ ^



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-22 10:00 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)

野菜ソムリエが選んだ】

もっと楽しくベジフルライフ in Thailand(実践編)】
「食卓にとりいれたいタイの食材 Part2」
 
 


野菜ソムリエコミュニティ バンコクのメンバーが野菜を選び、考慮したレシピをご紹介し、
お弁当付き、お土産つきのお得なセミナーが、開催されました。





d0229095_14432788.jpg

可愛いらしいウェルカムボードで皆さまをお迎えします。
  


今回のテーマのお野菜・果物はこちらです。
  
カイラン(カナー)
青パパイヤ(マラコー・ディップ)
タロイモ(プアック)
グアバ(ファラン)
ミント(バイ・サラネー)



d0229095_08210565.jpg


実際に手にとっていただけるようにディスプレイ致しました。



はじめに、青澤代表よりご挨拶です。
いつも元気な青澤代表の声で会場の活気が増してきました。いよいよスタートです。



d0229095_14432230.jpg



はじめに、青汁の原料でもあるスーパー野菜、カイラン(タイ語でカナー)のご紹介です。

本日の講師は、お料理大好き。タイ野菜を和食にもアレンジして、毎日タイの野菜を楽しんでいる
Yがお伝え致します。




d0229095_08331779.jpg



タイ料理屋さんで、炒め物や麺に添えてあったり。。よく使われてとても人気があります。
本日はこちらの4種類をご用意致しました。




d0229095_08363826.jpg


茎が青々とみずみずしく変色していないもの、茎がまっすぐ伸びたものを選ぶと良いなど。。
お得な情報満載です!



カナーは葉・太い茎を、別々にすると扱いやすいこと。
茎の太さ、固さが気になる場合は、包丁やピーラーなどで、皮を剥くと良いです。



d0229095_08332441.jpg


βカロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄が豊富です。
シュウ酸カルシウムの含有量が少ないことから、カルシウムの吸収力も抜群です。
10月から4月にかけてとても美味しくなるようです。ちょうど今の時期ですね。。
食卓に取り入れていきたいですね。




次にミラクル酵素の宝庫、青パパイヤのご紹介です。
食べ歩きが大好き、タイが大好きのHがお伝え致します。




d0229095_09060233.jpg



タイでは未熟の青パパイヤを野菜として食することが多いです。

タイ料理屋さんでは「ソムタム」というサラダが有名です。
パパイヤの甘み、唐辛子の辛み、マナオの酸味、ナンプラーの塩味もあり、干しエビやピーナッツなどで合えて、
美味しいですよね。イサーン料理屋さんではよく注文をしています。




皆さまにソムタムピーラーで実践していただきました。

メンバーがお配りする準備をしています。


d0229095_09061558.jpg



このように出来上がりました。ちょっとした力の入れ具合などで、太さが変化したり。。
試されていかがでしたか。




d0229095_09070744.jpg



青パパイヤを切る際に出る白い汁は、パパインというたんぱく質酵素です。白い汁が出たら水にさらすと良いです。
お肌の弱い方は気を付けてくださいね。



お肉を柔らかくする酵素の働きがあり、お肉と良く合います。
本日のお弁当には、お肉と煮込んだ肉じゃが風の「肉パパ」をご用意しております。






次はタロイモ(プアック)のご紹介です。
古くから、アジアオセアニア熱帯地域から温帯にかけて広く栽培され、主食とされてきました。

こちらです。






タイではデザートとしてよく食べられています。

主成分はデンプンですが、水分が7割~8割です。ローカロリーで食物繊維も豊富。
カリウムも含まれていて、高血圧やむくみ、コレストロールを抑制する働きもあります。



皆さまに、タロイモチップスをご用意致しました。






南国生まれで、寒さと乾燥に弱いタロイモ。保存方法もご説明致しました。
保存方法がわかると、大きな丸ごとのタロイモも安心して購入できますね。



次は、グアバのご紹介です。原産地は熱帯アメリカです。
日本では大正時代に伝わり、沖縄県、鹿児島県など暖かい地域で栽培されています。

皮は黄緑色の優しい色をしています。

今回は、スーパーやタラートで6種類のグアバに出会うことができました。




d0229095_10154399.jpg


柔らかく甘いものを選ぶ見分け方は難しいようです。。タイの方いわく。。「運」。。のようです。
一般的には色が薄く、柔らかく、香りの強いものが甘いと言われています。



皆さまには、未熟のもの、追熟したもの、果肉が赤いものを食べ比べていただきました。







レモンの2倍~4倍のビタミンCが含まれているグアバ。
体内でコラーゲン合成を促すことから、しみ・しわ・そばかすの生成を抑制できるようです。
強い抗酸化作用もあり、風邪予防、ストレス対策にも良いとされています。

お料理では、サラダ、浅漬け、デザートとしても楽しめます。
生絞りジュースも売られていますね。

タイの強い紫外線からも美肌をキープできそうです。積極的に取っていきたいですね。




最後にご紹介するのは、「ミント」です。

古代ギリシャではテーブルにミントの束を置いたり、床に敷いたりして爽やかな香りを楽しんだと言われています。
歴史を感じます。。

タイ料理ではイサーン料理のラーブ、サラダにも使われています。

本日は、ベジフルビューティーのRによるミントティーの実演を致しました。







ミントの清涼感、爽やかな香りが広がります。
色鮮やかなミントティー。リフレッシュにいかがですか。









色々な知識を得た後はお楽しみのお弁当の時間です。
メンバーが心を込めて、準備させていただきました。





d0229095_11591275.jpg



参加された皆様の笑顔で美味しいが伝わります。「おいしい~」と言うお声も聞こえてきました。
メンバーにもとても嬉しい瞬間です。




本日お勉強したお野菜を、皆様にお土産でお持ち帰りいただきます。
ヤマモリタイランドさま、ご協賛ありがとうございます。






参加された皆様より。。「参加して良かったと思えるセミナーでした」「早速、自宅で試してみます」と
多くのお声をいただきました。

笑顔で帰宅される様子を拝見し、メンバー一同大変嬉しく思っています。

参加いただきました皆様ありがとうございました。



次回はいつ開催ですか。。とのお声もいただきました。
来年2月にPart3の開催を予定しています!

次回のテーマはこちらです。
ビーツ
ナンキョウ(カー)
空心菜(パックブン)
ハヤトウリ(ファクメオ)
ドラゴンフルーツ(ゲオモンコン)



日時:  2019年2月27日(水) 午前10時~12時半
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム(ギャラリー奥)
   (BTSアソーク駅直結のインターチェンジビルL階)
会費: 800バーツ(ランチ、お土産つき)
申し込み: 青澤まで TEL/SMS 081-836-6350 
     Mail: saladee.aosawa(at)gmail.com (at)=@



会場にいらして、お野菜に触れてみませんか。

セミナーでは、葉茎菜、果菜、根菜・芋類、果物、ハーブ類より、
野菜ソムリエが選び、考慮したレシピをご紹介しています。ぜひご活用ください。

はじめて、タイの野菜と果物に触れる方はもちろん、もっとタイの野菜、果物を知りたい方も、まずは
手に取っていただけたら、嬉しいです。

これからも、私たちは、野菜の魅力をお伝えしていきます。


一緒に活動する仲間も大募集です。
ご興味もたれましたら、お気軽にご連絡くださいね。





Kusaka










にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-20 18:10 | イベント案内&報告 | Comments(0)

簡単ジャーマンかぼちゃ

ベジフルビューティーSAのYamaです!

我が家はただいま家族みんなが大忙しの時期に突入し、体調を崩せないので日々の献立作りもいつも以上に気を遣っています。

そんな我が家でヘビーローテションになってる野菜がかぼちゃです🎃
時期的にハロウィンの季節なので、野菜売り場でかぼちゃが気になる方も多いのではないでしょうか?

少し前まで子供達はかぼちゃを全く食べなかったので、ポテトサラダに混ぜたり、残ったカレーに千切りのかぼちゃを和えてから春巻きにしたり…
要はかぼちゃの姿も味も隠して調理していたのですが、どうやらかぼちゃの煮物のホクホク、ベチャとした食感が嫌だったようで、ある時お弁当のおかずの彩りにジャーマンポテトならぬジャーマンかぼちゃを入れてみたところ子供達にも好評でそれ以来、夕飯の食卓にもスタメン登場するようになりました!

d0229095_09335947.jpeg

1番簡単なジャーマンかぼちゃ はかぼちゃを一口大で薄切りにして、薄切りにしたソーセージと炒めるだけ。味付けは塩コショウやハーブソルトで。
その日の気分で玉ねぎやキャベツも一緒に炒めたり、ソーセージじゃなくてハムにしたり、カレー粉で味を付けたり、バターで炒めたりしています。

かぼちゃはとても栄養価が高い野菜です☆
皮膚や粘膜の健康を維持し、免疫力を高めるβカロテンや利尿作用があるカリウム、免疫機能を高めるビタミンC、抗酸化効果が高く、血行を促進し冷え性を緩和するビタミンE、三大栄養素の代謝に必要なビタミンB群、他にも鉄分やカルシウムも含まれるので成長期の子供達だけでなく、大人も頻繁に摂取したい野菜ですね♬

ホクホクの食感が苦手なお子さんや男性も多いかと思いますが、ささっとオリーブオイルで炒めたり、バターで焼いて食感を変えると食べやすいかもしれません^_^
実際、栄養的にも加熱に強く、カロテンやビタミンEは脂溶性のビタミンなので油調理が向いています。

年末を控えて皆さんも忙しい時期になるかと思います。
元気に残りの2ヶ月、過ごせますように!





[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-15 06:00 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)


【もっと楽しくベジフルライフ in Thailand (実践編)】

野菜ソムリエが選んだ

食卓にとりいれたいタイの食材 Part 2」

お弁当付セミナー 2018年



d0229095_20192068.jpg


皆さまこんにちわ。サワディーカー。
雨季も終盤に入りましたね。いかがお過ごしでしょうか。

毎回大好評のセミナー、野菜ソムリエコミュニティ Bangkok主催のお弁当付き、お土産付きのセミナーのご案内です。


身近なタイ野菜の講義とレシピをご紹介、野菜のことをもっと知り、
新たなレシピをゲットしてみませんか。



昨年のセミナーの様子はこちら⇒





d0229095_19574327.jpg



<テーマの野菜・果物>

カイラン(カナー)
青パパイヤ(マラコー・ディップ)
タロイモ(プアック)
グアバ(ファラン)
ミント(サラネー)



<セミナー詳細>

日時: 2018年10月18日(木) 10:00~12:30 
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム(ギャラリー奥)
   (BTSアソーク駅直結のインターチェンジビルL階)
会費: 800バーツ(ランチ、お土産つき)
申し込み: 青澤まで TEL/SMS 081-836-6350 
     Mail: saladee.aosawa(at)gmail.com (at)=@


セミナー開催は1週間後の10月18日(木)です。お早目にお申込みくださいませ。




彩り豊かなお弁当とお土産付き!
テーマのお野菜、果物についてしっかり学ぶことができる、他にはない充実のセミナーです。

来タイ間もない方はもちろん、タイ野菜を使いこないと悩んでいる方もぜひご参加ください。


皆さまのお越しを、コミュニティメンバー一同、心よりお待ち致しております。


Kusaka









[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-11 11:02 | イベント案内&報告 | Comments(0)
こんにちは。野菜ソムリエのJunです。
少しずつ乾季に近づいているのを感じる今日この頃です。
日本は食欲の秋ですね。この時期はやっぱり日本の秋の味覚が恋しいなぁ。

ちょっと前のことですが
夏休みが終わろうとしていた8月のある日
Fスーパーでお買い物をしてた時のこと

”ママ~この間日本で食べたアレ、あの柔らかい野菜のお料理
美味しかったからまた作って~”
”あ~冬瓜のアレね!でもタイには冬瓜がないから無理よ~”

と聞こえて来たのは、一時帰国からバンコクに戻ったばかりらしき
お買い物中のお母さんとお嬢さんの会話。

”ちょっと待って!タイにもありますよ!すぐそこに売ってますー!!”
心の叫びは聞こえるはずもなく。。。
見ず知らずのお母さまに話しかけることもできず。。。
野菜ソムリエとしてはとても残念な気持ちを引きずっていました。

ということで最近ちょうどうちでハマってる冬瓜のお料理をご紹介します。

☆冬瓜入りグリーンカレー☆
d0229095_13012038.jpg

タイ人の先生に教えて頂いたタイ料理です。
タイのカレーではいちばん辛いグリーンカレーですがこれはちょっとマイルド。
たっぷりの冬瓜をタイ料理で食べられるこの料理が好きで我が家で良く作るメニューです。

冬瓜って冬の野菜かと思いきや夏が旬の野菜。
夏の一時帰国中にも日本の冬瓜で作ってお友達に振る舞いましたが好評でした。

日本にいる時ははあまり作らなかった冬瓜料理だけど
タイでは年中手に入るので頻繁に食卓に上がるようになりました。
残念な感じのタイの大根の代用で煮物やサラダにも使っています。

d0229095_13104066.jpg

グリーンカレーで半分使って残り半分で作ったスープなど。
色々な食べ方ができて丸ごと使いきるのも簡単です。

身体を冷ます働きがあり
塩分を排出してくれるカリウムやビタミンCが豊富。
利尿作用がありむくみを取る作用もあって暑い国にはもってこいの食材ですね。

d0229095_13014553.jpg


上の写真左が冬瓜、右は青パパイヤ。
このふたつはスーパーで並んで売られていることが多いです。
冬瓜料理の上手なお母さん!ぜひタイでも娘さんと楽しんで下さいね♪


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2018-10-08 06:00 | リレー記事「最近ハマっている野菜料理」 | Comments(0)