タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中年夫婦のおうちごはん

こんにちは♪

ジュニア 野菜ソムリエのchikobです。
我が家は、子なしの中年夫婦
尿酸値が高い主人と、優良企業並みに右肩上がりの体重にどうしたものかと悩む妻
野菜を多く摂ることは心掛けているのですが、なかなか思うようにはいかないものです。。。
そんな我が家のとある1週間を

我が家はおうち呑みが好きなので、ほとんど外食しません。。。
たまには素敵なお店に連れて行ってもらいたいものですが。

さて、私は、まずおかず計画を立てます。
フリーに書き込めるスケジュールノートに毎晩の献立を1週間考えます。
それを見て、冷蔵庫を確認して買い物メモを作成して買い物に出かけます。
これは、我が家のすぐ近くにスーパーが無いことから、まとめ買いするようになったからです。

毎日のおうちごはんで心掛けているのは、毎日サラダ(生野菜)を食べること。

①トンロー市場で新鮮なイトヨリがあったので、残り野菜とアクアパッツアに
 もちろんこの日の予定メニューは変更になりました。

d0229095_20381658.jpg

・イトヨリと残り野菜のアクアパッツア
・ガスパチョ
・白いんげんのサラダ

この日はお野菜いっぱいいただきました。

②主人には毎日お弁当を作るようになりました。
来タイ5年目にして突然!

おじさんのお弁当ですが、こんないたずらする日もあります(笑)

d0229095_20421516.jpg

上下さかさまにしないでねと、渡すときに一言添えて。
これは径10cmの3段弁当
一つはご飯 ちょうど一膳分入ります。
一つはおかず
一つはサラダ

お弁当にも必ずサラダを付けるようにしてます。
この日のおかずは、
ウィンナー、さつま芋の煮物、卵焼き、えのきとしめじのナムル

きのこのナムルや人参ラペはお弁当用に常備することが多いです。

③週末、主人とゴルフに出かけたので、夜はあっさり簡単なもので済ませた日。

・豚バラと白菜のミルフィーユ蒸し
・カボチャの煮物
・サラダ

④産後まもないお友達のために稲荷寿司をたくさん作った日

・おいなりさん
・鶏のつくねバーグ
・ひじきのサラダ

ひじきのサラダもたくさん作って、稲荷寿司と一緒にお届けしました。

⑤一時帰国前の片付けおかず
一時帰国を控え、冷凍庫・冷蔵庫の片付け開始

d0229095_20383844.jpg

・蒸し鶏のピリ辛ねぎソース
・いんげん胡麻和え
・ひじきのサラダ
・長芋とろろ
・広東菜とえのきの煮びたし

⑥おうち居酒屋の日

・焼き鳥 ねぎま
・ニラ玉
・高野豆腐の含め煮
・サラダ

⑦サラダの日

週に1日は、メインをサラダにする日を作っています。
お皿いっぱいの野菜を食べる日
サラダの日は楽できる分、パンを焼くようにしてます。

d0229095_20395814.jpg

・ベーコンエピ
・サラダ・・・レタス、ミニトマト、きゅうり、オクラ、スナップエンドウ、パプリカ、生ハム
・コンソメスープ

野菜たっぷりご飯は主人もウェルカムなので、楽しんでいただいてます。
今回生ハムですが、ポーチドエッグをのせたり、チーズをのせたりします。

おまけ

少し前になりますが、結婚記念日にこんなお弁当を作りました。

d0229095_20450904.jpg

なのに、主人の反応は特になし。。。???
聞いたらさかさまにしたため、気が付かなかったんだとか。
パプリカも向きが大事だったようです。気が付かずにドレッシングをかけて食べてしまったと。
そんなことがあったので、何かした日には上下を考えて食べるようにと言うようになりました(笑)

お弁当作りも半年になり、マンネリ化しつつも楽しんでます。
30分で朝のお味噌汁と同時進行で作るのも慣れました。

本帰国後は私の分と2つ作ることになるのかしら?
まだ、本帰国は決まってませんが。


そんなこんなの、ごくごく普通?のおうちごはんでした。
次の方の1週間はどんなごはんでしょうか?
お楽しみに。




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-10-24 08:00 | リレー記事「一週間の食事」 | Comments(0)
こんにちは。
2016年10月19日にランチ付きセミナが開催されました。

タイは、敬愛なるプミポン国王陛下が崩御され、国全体が悲しみに包まれています。
賑やかな音楽やイベント等が自粛されている中、このセミナーも開催しても良いものなのか?
役員の間で検討した結果、タイのことを皆様にお伝えする勉強会であるということで、プミポン国王のご冥福をお祈りしつつ、開催を決めました。
定員いっぱいの申し込みがあった今回でしたが、キャンセルされる方はありませんでした。

青澤代表から、私たちが日ごろ食べている野菜たちの向こうには、王様が自ら研究し、貧しい農村の人々が利益を得るところまで考えていたという、王様の功績があるのだというお話がありました。
また、日本の野菜も普通に手に入るバンコクですが、スーパーでなくても目の前にあるもの(タイ野菜)を食べるために、このようなセミナーで知っていただくのは、賢く、たくましく生活をするということにつながります。

さて、「タイの郷土料理と野菜たち」第2回 タイ南部

d0229095_23133439.jpg

タイ南部と言えばどの辺りをさすのでしょうか?
リゾートで有名なプーケット島、サムイ島なども南部です。
なんとなくイメージ「海」だと思いませんか?

d0229095_23114475.jpg


今回は、海の好きなkanaoが講師をつとめさせていただきました。
「今は悲しみの中のタイですが、タイを知ること伝えることでタイを思えたら」という思いでお話させていただきました。

d0229095_23183387.jpg

南部の地方区分を紹介した後は、タイ南部料理の特徴のお話と、タイ南部料理を食べることができるお店の紹介をしました。
年末年始やソンクラーン休暇で南部を訪れる方は、是非南部料理のお話を想い出しながら現地で食べてみてくださいね。

今回紹介した野菜は

・パームハート
・サトー
・白ウコン
・カシューナッツ


d0229095_23151515.jpg


・パームハート

なんだかラブリーな名前ですね。
ココヤシの新芽のことなんです。

どこかで見かけたことありますか?
見かけて筍?って思ったことありませんか?


d0229095_01073257.jpg

・サトー

青澤代表が手にしてる、ぐねぐねした大きな房の豆です。
中には綺麗な緑色の大きな豆が入っています。
なかなか強烈な香りの持ち主のこの豆・・・臭いけれど美味しいんです。


d0229095_23485769.jpg

・白ウコン

皆さんが良くいかれるスーパーで、普通に売ってます。
なかなか知らないと、視野に入ってこないですよね。
お弁当を食べて感じていただいたと思いますが、とっても爽やかで使いやすい野菜です。


・カシューナッツ

おつまみだけではありません。
カシューナッツ炒めくらいしか思いつきませんが、様々な使い方を紹介させていただきました。

これらのお野菜とナッツについての説明をそれぞれさせていただき、使い方やメンバーが試した感想なども盛り込んだお話は、目から鱗!!!
皆さま忙しく、しっかりとメモを取られてました。

d0229095_23493369.jpg


メンバーが考案した各素材のお料理の数々からチョイスしたお弁当です。

d0229095_01165130.jpg


お話を聞いて、なんとなくイメージできても実際にどんな味かは試さないとわからないですよね。
さっき聞いた食材をこんな風に使うという実践でより理解が深まったと思います。

お買い物に行って今日勉強したお野菜を見つけた時は、是非手に取って試してみてくださいね。

*おまけ*

今日は可愛いお客様も参加
とってもおりこうさんでした。
足の裏が。。。。。

d0229095_01271472.jpg

セミナーは子連れ参加をお断りしておりません。
状況に応じて対応していただけるなら、一緒にご参加できます。


こんな素敵なランチ付きセミナー第3回は11月16日(水)「タイ東北部」です。

参加予約受け付けてますので、是非ご参加ください。
既に残席あとわずかです。
興味のある方はお早めに。

第3回 11/16(水) タイ東北部
第4回  1/18(水) タイ北部
第5回  2/15(水) 近隣諸国

時間: 10:30~12:30
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム(ギャラリー奥)
会費: 500バーツ

お申込み/お問い合わせは青澤まで。
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL: saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( )を外して@だけでお送りください。


セミナー時には、サラディーで販売してます大人気のお茶をご購入いただけます。
サラディーまで行かなくても購入できるチャンスですので是非どうぞ!

d0229095_11381476.jpg


私たちは一緒に勉強し活動する仲間も大募集しております。
食いしん坊の集まりとも言われる、野菜ソムリエコミュニティ バンコクに仲間入りしませんか?
興味持たれましたら、いつでもお声かけくださいね、


chikob




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-10-20 01:28 | イベント案内&報告 | Comments(0)

我が家の一週間の食卓

こんにちは。ジュニア野菜ソムリエのYMです。
本帰国して早1年半。青じそを日々食べれて、魚も美味しくて(^-^)......
食生活での大きな変化といえば、赴任したこの地で、子供達は給食の赤だしを気に入ってしまいました。両親ともに好きだった麦味噌、米味噌から、我が家は豆味噌、八丁味噌、赤だし文化に移行しつつあります。

そんな我が家の食卓一週間チラリとご紹介。

土曜日:朝食
悪魔のトースト、コーンスープ
↑娘が友達の家にお泊りして朝食に出てきたトーストが美味しかったと。チーズ&砂糖をたっぷりとのせて作るトースト。

日曜日:昼食
幼稚園の運動会でのお弁当。ミニトマトは本当に色んな種類が増えましたね。オレンジ、黄色、マスカットみたいなの。どれも甘くて美味しいんです‼︎
あと、写し忘れましたがぶどう寒天ゼリーも。
この日は、朝も夜もこのおかず(^_^;)
d0229095_19353494.jpg

月曜日:夕食
ハマチの照り焼き&シメジとピーマン煮、切干し大根、ワカメの酢の物、味噌汁
酢の物は「幼稚園と同んなじのがいい」とのリクエストにより。
幼稚園の給食は、園で手作り。美味しいんです‼︎
子供たちは年長になると煮干の下処理をお手伝いします。娘に、頭とハラワタの取り方をレクチャーしてもらいました。
d0229095_19543755.jpg

火曜日:夕食
ドライカレー、サラダ、キュウリ&キャベツの塩昆布和え、切干し大根、豆腐
子供達は、小さいのが良いというのでうずらの卵をon
急いでいる時はこんなメニューが多いかも。
d0229095_19545728.jpg


水曜日:朝食
ご飯、簡単スープ、納豆
塩昆布、とろろ昆布、鰹節に熱湯を注ぎ、お好みで醤油を少々。汁物の即席です。

木曜日:昼食
旬の自然農法野菜と無添加調味料を使った60種類の料理を提供するビュッフェレストランにて
長女が生まれた時からのママ友たちと。長い付き合いです。
写真のあと2回ほど取りにいき、デザートも頂きました。おいしい♪
d0229095_19360769.jpg

金曜日:夕食
ハンバーグ、レンコン、もやし炒め、長芋、枝豆、ルッコラなど、味噌汁
こちら娘のご飯。ハンバーグにエノキをいっぱい入れて。長芋をフライパンで焼いただけの簡単メニューが只今、長女のお気に入り☆
d0229095_19551491.jpg
いかがでしたでしょうか?
では、次の食卓をお楽しみに〜。


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-10-17 07:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
こんにちは。
幽霊部員の(いち早く帰国組となった)namiです。笑
テーマ『我が家の一週間』を日本から♫

毎日の食事づくりって大変ですよね~
家族が多いと朝昼晩、お弁当やおやつに夜食まで!
献立を考えるだけで目が回りそうです(汗)

夫婦2人の我が家は楽なんですが・・・
新婚でタイについて行った頃、いつも夫は仕事。
朝食は5時半にささっと、昼は外食、夜は独りごはん、
食事づくりの「やる気」が下がりっ放しでした⇊

でも一念発起。
あるきっかけで、毎日のご飯作りが楽しくなり、
「やる気」を今も継続できています。

それは、レコーディング・ダイエットならぬ
”レコーディング・ごはん”!(食事を記録する)

きっかけは、友達の食卓写真(SNS備忘録)で、
忙しくても旦那様との食事を蔑ろにしない姿勢に憧れ、
まずは毎食写真に残すことからマネしたら、撮るだけでも大変!!

これまでいかにバタバタと食事を済ませていたのか…
麺類や丼モノの多さ、食材の偏りなどの気づきもあり、
彩り、バランス、盛り付け、食事への意識がぐんと上がり、
気付けばもうすぐ9年。
ほぼ毎日写真を残しています。

d0229095_23284847.jpg

●レコーディングで変わったこと
 ・食べた物が一目瞭然。買い物、献立を考える時間が短くなった。
 ・マンネリ化や偏らない工夫、旬や天候に合った食材選びを楽しめる余裕ができた。
 ・夫婦一緒に食事することを心掛けて、食を通じた会話が増えた。
 ←コレ一番の成果!

  「普通の食事を、毎日飽きないように、楽しくいただく」
  をモットーに、これからも続けたいと思います。

★一週間の食事切り抜き(9月末)
土曜日
<ブランチ:外食(とんかつ)>
<夜:食べ過ぎて納豆豆腐、晩酌のみ、夫はカップ麺(反省)>

日曜日
<朝:鉄板ナポリタン、生ハムサラダ、コーンスープ、果物>
d0229095_23303339.jpg

<昼:茹で南瓜、サラダ>
<夜:ざるそうめん、なめ茸冷奴、煮物、ヨーグルト、晩酌>

月曜日
<朝:さんまの塩焼き、芋茎の酢の物、高野豆腐煮、なめ茸きゅうり和え、とろろご飯、味噌汁>
d0229095_2331342.jpg

<昼:パスタドリア、朝残った惣菜、シュークリーム>
<夜:豆腐サラダ、ヨーグルト>

火曜日
<朝:ベーグルサンド 、サラダ、目玉焼き、南瓜スープ、果物>
<昼:朝遅かったのでデザートのみ>
<夜:冷凍の炊き込みご飯、海苔、南瓜塩煮、枝豆、ヨーグルト、チーズ>

水曜日
<朝:2種おにぎり、枝豆とはんぺんの卵焼き、干し大根皮の煮物、茄子ときゅうりの辛子漬け、ずいきの酢の物、高野豆腐煮、レタスの浅漬け、南瓜の煮物、芋煮汁、果物>
<昼:とろろ昆布おにぎり、浅漬け、カフェでお茶>
<夜:芋煮の残りとお揚げでカレーうどん、朝残った卵焼き、辛子漬け、ラズベリー酢>
d0229095_23314279.jpg


木曜日
<朝:チキンマスタード焼き、人参とさつまいも塩煮、水菜、ツルムラサキ酢味噌和え、高野豆腐、南瓜の煮物、ミニ椎茸とレタスのスープ、枝豆ごはん、果物>
d0229095_23323062.jpg

<昼:枝豆ごはんのおにぎり、さつまいも、ブロッコリーサラダ、ドーナツ>
<夜:冷凍の栗ごはん、ブロッコリーサラダ、ヨーグルト、チーズ、カボス水>

金曜日
<朝:鰹の生姜煮、こんにゃく煮、南瓜の煮物、茄子の味噌田楽、干し大根皮の煮物、ブロッコリーの胡麻和え、きゅうりの辛子漬け、なめこと豆腐とオクラの味噌汁、混ぜご飯(こんにゃく、椎茸、人参、さつまいも)、果物>
d0229095_23335183.jpg

<昼:朝の混ぜご飯おにぎり、朝の残った総菜、レタス浅漬け、蒸しブロッコリー、梨>
<夜:サバパテとブロッコリーのオイルパスタ、ヨーグルト、ナッツ、晩酌>


帰宅が遅い夫が晩ごはんを食べるのは、週の半分程度ですが、
早起きして朝ごはんをゆっくり、コミュニケーションの時間にしています。

さて、次のメンバーの食卓はどんな感じでしょう♪
お楽しみに~



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-10-10 09:00 | リレー記事「一週間の食事」 | Comments(0)

本帰国前の一週間の記録

こんにちは。
ジュニア野菜ソムリエのKuです。
先日バンコクから本帰国となり、まだ生活が落ち着いておりませんが、
テーマの我が家の一週間、バンコク滞在終盤の記録として書かせていただきます。

帰国10日前の月曜日 昼
お友達と、牛がたくさんいるお寺へ繰り出し、タンブン、タンブン。
ランチにはずっと気になっていたローカルホテルでタイ料理をいただきました。バタフライピーで色付けされたカオスアイと赤米、白の三層が綺麗でした。ほかにもタムルンとヤングコーンのゲーン、揚げキノコとスパイシーソース、カジョンとサノーのディップ添えなど、味はもちろん見た目も工夫を凝らした品々は思い出のランチとなりました。

月曜日 夜
メニュー: あさりごはん、シイタケとネギのお味噌汁、お豆腐、黒豆、サツマイモのレモン(マナオ)煮、ルッコラとトマトにホームデーンドレッシング
d0229095_10562814.jpg

お寺さんへタンブンした夜なので・・・お野菜と豆中心の質素なものでまとめました。
夫は送別会つづきだったので、少しは胃を休められたかなあ。

火曜日 夜
Mさんの粋な計らいで、近所の鶏料理店へ食事にいきました。
コラーゲンたっぷりの鶏鍋と焼き鳥、サラダなどなどとっても美味しくて、話もはずみ、バンコク最後の貴重な時間となりました。

水曜日 昼
アソークにて野菜ソムリエバンコクの新セミナーが開催されました。
内容をご覧になりたい方はこちら→
セミナーのお弁当はセミナーのテーマに沿ってメンバーが考案した充実の内容です。とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

水曜日 夜
メニュー:あさりごはん(再び)、パッコムと油揚げ、お豆腐のお味噌汁
ナスの焼きびたしショウガ醤油、ダイコンと鶏肉の煮物、トマトとホームデーンのパセリサラダ、黒豆
d0229095_10581416.jpg

あさりの炊き込みごはんは、主菜がぼんやりしていてもしっかりとお腹にたまり、簡単にできるのでよく作ります。ナスは皮ごとトースターで焼くと中のジューシーな実がたまらなく美味しいです。

木曜日 夜
メニュー:レバニラもやし炒め、黄ニラとニンジンのヤム、紫芋のレモン(マナオ)煮、
ごはん、タムルンともやしの味噌汁
d0229095_10593080.jpg

引越し準備の疲れか体がフラフラするので、鉄分を補おうとレバニラをしました。
バンコクではお安く手に入る黄ニラをさっとゆがいて和え、ニラダブル定食です。
夫には日本に帰ったら簡単に食べられないよ~と話しながら高級食材、黄ニラを食べ納めました。

金曜日 夜
メニュー:ベーコンのカルボナーラ、緑パプリカとエリンギの炒め物、
薄切りダイコンのタマリンドペースト和え
d0229095_111015.jpg


夫が送別会で不在だったので、ひとりディナーです。
テレビでやっていたカルボナーラの美味しい作り方のコツをみて作りました。
確か、火を止めたあとに卵をいれると舌触りのよいカルボナーラになるようで成功かな。
ダイコンは、桜ダイコンをイメージして作りましたが、千枚切くらい薄くしたほうがマッチしたように思います。包丁さばきはあまり得意でないのでこれから精進します。

土曜日 夜
あこがれのCホテルに一泊滞在しました。タイディナーを楽しみにしていたのですが、
引越しのことで頭がいっぱいで予約するのをすっかり忘れ、当日予約ができないというアクシデント。ディナーは約3年前に訪れたぶりのレストラン、セブンスプーンへ。ファランで混みあって、味も少し変わっていましたが、記念になりました。

帰国4日前 日曜日 夜
メニュー:飽きもせずレバニラ、ルッコラとバナナとポメロのサラダ、マンゲーオとオクラのだし風、ミニトマト、ごはん、タムルンと油揚げのお味噌汁
d0229095_112224.jpg

とうとう帰国まで4日という食卓です。
ルッコラの苦み、バナナの甘味、ポメロの甘酸っぱさのハーモニーが大好きなサラダとともに食卓に並んだのはまたしてもレバニラ・・!引越し前の体力づくりにはなったかしら。マンゲーオとオクラのねばねばであっさりと山形のだし風。これも野菜ソムリエバンコクのセミナーにて学んだ一品です。ロイヤルプロジェクトのミニトマトももう食べられなくなるのかあ。しみじみとした帰国前の夕食となりました。

帰国3日前からは、もう外食つづきとなり、日本に戻ったここ数日も住まいが落ち着いていないのでバンコクにいたほど充分な野菜と果物が摂れていない状態です。
初めての土地で気は張っているのでなんとか生活できています。

先日よりタイ・台湾で先行上映されている映画、“築地ワンダーランド”を観ました。
築地にかかわる多くのプロフェッショナル達の、築地の地、おさかなへの情熱や尊敬の念が伝わってきて、おさかなの聖地と言われるのに納得しました。映像美あふれる作品でした。その中で日本の食育についてのシーンがあり、ある調査で日本の子供たちの30%に味覚知識の異常があり、酸味・塩味・甘味・苦みを判別できていないとのこと。
ちょっと衝撃だったのと同時に、自分の普段の食生活を省みるいい機会にもなりました。

食事は直接からだに入るものなので、自分の五感を信じて、食べたい!おいしそう!と思えるものを選んで、なるべく加工食品に頼らず、手作りを心がけていきたいなあと思います。毎日の食卓がいい方向へ変わるといいな。コツコツとがんばりま~す。


では次の方の食卓をお楽しみに!



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-10-03 11:09 | リレー記事「一週間の食事」 | Comments(0)

🍇食卓を遊んでみる🍇

こんにちは。静岡県に住みます島本です。
昨日は、富士山には初雪化粧が確認されました。

私は、2012年にバンコクでベジフルビューティセルフアドバイザーと
ジュニア野菜ソムリエの資格を取得しました。
バンコクに渡ってすぐに、フリー情報誌でセミナーがあるのを知って参加し、
終わるころには『私も勉強してみよう!』と思ったのを記憶しています。
タイの野菜を知りたいという気持ちと、
何よりセミナーで黒いエプロンを着てお話しされる先輩ソムリエ方の
生き生きした姿を見ての感動で突き動かされていました。

5年間は居るだろうと思って、
タイ野菜の勉強もタイ料理の勉強もゆっくりペースでしたが
あら、びっくり! 1年半で本帰国となってしまいました。

短期間ながら、コミュニティ活動で知ったことは多く大変役に立ちました。

帰国後は静岡県の二つの野菜ソムリエコミュニティに属して
野菜や果物の良さを広げるべく、仲間と活動しています。

また、幸運にも、パパイヤ農家さん、南国フルーツを栽培している農家さん
パクチー農家さん、メロン農家さんたちともお知り合いになることができました。
情報をいろいろ頂いています。

食に関する知識を得る面白さにはまり、帰国して2つの資格を取得し
今、さらに3つを勉強中です。


『一週間の食事』というお題ですが
我が家は、子供たちは成人して家を離れていますし、
主人は、多い時はひと月に国内外の出張が5.6回あったりしますので
ほぼ”おひとりさま”の食事となります。

そんなわたしのモットーは

◎ 一人でもちゃんとする。(あくまでも私の基準のちゃんとなので甘めです)

◎ 食卓を遊ぶ。(季節や料理によって替えます)

◎ ○○風、○○もどきも気にしない。(アレンジは脳を鍛えると思ってます)

◎ whole foodを心がける。(皮ごと食べたり、出汁にしたり)

◎ なるべく地元の農産物を使って。(県内の農家さんを応援しています)

◎ 野菜やハーブを育てる。(庭の片隅とプランター)


主人の居る時の食卓を撮りましたので、日が数週間にわたっています。
ご了承ください。

d0229095_17292869.jpg

頂いた雲丹醤油で卵かけごはんが食べたいと言われた日
二人用鍋で野菜鍋
自家製ピクルスとフルーツ
庭で獲れた大葉の佃煮
浜松産のすだち
きわめてシンプルです。
玄米です。

d0229095_17280454.jpg
スープカレーが食べたいと言われた日
玄米です。主人は夜はお米をほとんど食べません。バケットも残しました。
パッションフルーツは知人が栽培したものです。
トマトは育てました。

d0229095_17302570.jpg
珍しくタイ料理にしてみました。
カオマンガイ・ヤムウンセン・空芯菜炒め
Soi39のアクトで買ったマンゴーパウダーでプリンを('ω')

d0229095_17282362.jpg
メインはイタリア人から習ったベジローフ
アレンジで玄米・レンズ豆・ズッキーニ・パルミジャーノをたっぷり入れてオーブンで焼きました。
庭で獲れたバナナピーマン

d0229095_17285269.jpg
次の日のおひとりdinnerです。(クロスも替えています)
残ったベジローフにスープを加えて煮ています。
スープは頂いたトマトでスープ(なめこ汁のように見えますね(;´・ω・)
サラダにはかぼっコリーを使っています。
ドレッシングは市販のパパイヤドレッシング(珍しいので買ってみました)

d0229095_17290990.jpg
和食な気分と言われた日
野菜のせいろ蒸しと翡翠餃子
栗農家さんからいただいた栗を渋皮煮に
地元の釜揚げしらす

ランチョンマットは地元の遠州紬(自分で縫います)

番外編を紹介させてください。

d0229095_18485441.jpg
乾燥桜エビを入れたパクチー醤油に卵の黄身を漬けて3日後
もち麦としらすとパクチーのお浸しを刻んだものを混ぜたものの上にのせて
海苔で巻きました。
わたし的には絶品ですが、もちろん主人は手も付けず・・
『せっかくの桜エビがパクチーで・・・』と。

d0229095_18493074.jpg
この夏はゴーヤを毎日のようにご近所からいただき、チャンプルーに飽きて
ペーストにして生地に混ぜ
足で踏んでうどんを作りました。
これは、主人にも好評。


d0229095_21590682.jpg
昨年の写真なのですが
家で、パッションフルーツや四角豆を育てて収穫しました。
今年はマクア・プロを育てました。


ほぼ24時間、食に関することばかり考えている私の
モチベーションの源は、
家族や友人をいかにして驚かせるか、喜んでもらうかということにあるようです。
いいボケ防止にもなっているようです。

娘は大学時代はずっと自炊と弁当持参でした。
今年は、喜ばしいことに、弁当男子も誕生しました。
大学生の息子は毎朝、弁当を作っているらしいです。
子供たちへ、さらに周りの人に、さらに次世代へ
食の大切さが伝わっていけばいいなと思って
キッチンに立つ日々です。

あ、そうです。
飽きやすい私にしては珍しく続いていることがあります。
個人ブログを始めて10年になるのですが
食事や手作りお菓子やパンなどの写真をずっと撮っています。
昔の写真を見ると、少しはましになったかな~と思ったり、まだまだと反省したり。
10年の食生活がよくわかります。
時々、食卓を撮ってみる。これは、みなさんにもおススメです('ω')





長い間、お読みいただきありがとうございました。



次の方にバトンタッチします。
どんなお野菜が登場するでしょうか? 







にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-09-26 08:00 | リレー記事「一週間の食事」 | Comments(0)

こんにちは♪
雨季真っ只中のバンコクです。
特にここ数日は、朝からも雨が降って変なお天気ですが、気持ちまでジメッとさせずに過ごしたいです。

さて、新たな連続セミナーがスタートしました!!
昨年の「健康と野菜」シリーズに続き、今年はどんなテーマで行こうかとメンバーで話し合い、いつも何気に食べているタイ料理、そしてその材料となっている野菜ってどこで主に作られているのだろう?
郷土料理と野菜とをリンクさせると面白いのでは?と話が膨らみました。

「タイの郷土料理と野菜たち」

各地方の紹介とお料理、野菜について紹介させていただきます。

初回は、青澤代表による「タイ中部」

d0229095_11333293.jpg



私たちが生活をしているバンコク始め、身近な場所です。

d0229095_11340466.jpg

タイ料理の歴史や特徴のお話から始まり、今回紹介する野菜・果物の詳しい説明とお料理の紹介
メンバーも「ふーん、なるほど」と言った話が盛りだくさんです。

今回紹介した野菜は

・サノー
・ソムオー
・パッコム
・とうもろこし
・ベビーコーン(ヤングコーン)

どれもみなさんが利用しているスーパーで手に入るものです。
とは言え、サノーって何?

こんな黄色いお花見たことありませんか?

d0229095_11360923.jpg

スーパーで陳列していても、無意識に視界に入れてないかもしれませんね。
このお花、もちろん食用です。
知らないとなかなか手に取ることが出来ないですが、このセミナーきっかけに「買ってみよう!」と思っていただけたと思います。

パッコムも良く見かける葉っぱですが、知らないとどうやって使っていいのかわからず、挑戦するきっかけが必要ではないでしょうか?

緑色、赤、ミックスとあって、用途に応じて色を使い分けると楽しいです。

d0229095_11353987.jpg

女性は好きな方が多いソムオー。
メンバーのHMがカービングが得意で今回のセミナーのために用意してくれました。

そのまま食べることが多いかと思いますが、意外にもお料理にも使えます。
セミナーで紹介したお料理はおもてなしにもピッタリです。

丸ごと買っても、剥くのは少々不器用でも簡単(笑)
実演を見ていただき、理解していただけたかと思います。

d0229095_11370930.jpg

コーン、ベビーコーンは、使いやすい野菜ですが、今回のセミナーでさらにお料理の幅が広がったのではないでしょうか?

d0229095_11363885.jpg


毎回のことながら、皆様真剣に聞いていただき、メモをたくさんとっていただく姿に気持ち引き締まります。

そして、お楽しみのお弁当
彩鮮やかで、見た目ワクワクするお料理は、メンバー考案レシピのものです。
ここに、冷製コーンスープが付きました。

d0229095_12200616.jpg


こんな素敵なセミナー第2回は10月19日(水)「タイ南部」です。
皆さんが良く行く、プーケット島も南部に入ります。

参加予約受け付けてますので、是非ご参加ください。

第2回 10/19(水) タイ南部
第3回 11/16(水) タイ東北部
第4回  1/18(水) タイ北部
第5回  2/15(水) 近隣諸国

時間: 10:30~12:30
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム(ギャラリー奥)
会費: 500バーツ

お申込み/お問い合わせは青澤まで。
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL: saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( )を外して@だけでお送りください。


セミナー時には、サラディーで販売してます大人気のお茶をご購入いただけます。
サラディーまで行かなくても購入できるチャンスですので是非どうぞ!

d0229095_11381476.jpg

ご参加ありがとうございました。

d0229095_11374185.jpg

私たちは一緒に勉強し活動する仲間も大募集しております。
食いしん坊の集まりとも言われる、野菜ソムリエコミュニティ バンコクに仲間入りしませんか?
興味持たれましたら、いつでもお声かけくださいね、


chikob

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2016-09-23 12:33 | イベント案内&報告 | Comments(0)
お久しぶりの青澤です。
世の中は夏休みモードのようですが、みなさまいかがお過ごしですか~?
コミュニティBangkokも8月は活動をお休みします。
そんな休み前の最後の活動、そして休み後からスタートする連続セミナーのための大事な勉強会がありました。

今年の連続テーマは、「タイの郷土料理と野菜たち」と題して、各地方の料理を紹介したり、その地方でよく利用される野菜について詳しく解説し、タイ料理以外のレシピもご紹介します。
お弁当付きだから話を聞くだけでなく、実際に食べて感じることができるとっても素敵なセミナーです。
スケジュールは下記のとおり、参加予約受け付けます!

第1回 9/21(水)  タイ中央部
第2回 10/19(水) タイ南部
第3回 11/16(水) タイ東北部
第4回 1/18(水) タイ北部
第5回 2/15(水) 近隣諸国

時間: 10:30~12:30
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム(ギャラリー奥)
会費: 500バーツ

お申込み/お問い合わせは青澤まで。
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL: saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( )を外して@だけでお送りください。


勉強会では、知恵を出し合い、協力しあいながらいろんな料理を作ったんですよ~。
これ何? 食べてみたい! という方は、セミナーにお申し込みください!! (↑)
d0229095_16045645.jpg

滅多に手にしない珍しい野菜や身近だけどよく知らずにいた野菜など、新しい料理法を試してああでもない、こうでもない。
ワイワイとクラブ活動のように楽しい料理研究勉強会でした。
でもやっぱ終わってからの試食が一番ね~(*^_^*)

楽しそ~、参加してみたいという方! お仲間大募集中です。
日本野菜ソムリエ協会、日本アスリートフードマイスター協会の有資格の方は大歓迎!
まだ資格はないけれど・・・という方、資格取得をめざしてみませんか?
受講料支払い次第、メンバーとして活動にご参加いただけます。

*****

日本で人気の資格をバンコクで取得! 
DVDでの自宅学習と1日(約2時間)の講義付の特別講座です。
個別に無料説明会を開催しますのでお問い合わせください。

● ジュニア.野菜ソムリエ  10:00~12:30
野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむためのコースです。
野菜・果物の楽しさを個人として実感し日々の生活に役立てることを目指します。

39期 講習 9月7日(水) 修了試験 10月9日(日)
40期 講習 10月15日(土) 修了試験 11月20日(日)
41期 講習 11月19日(土) 修了試験 12月18日(日)
42期 講習 1月14日(土) 修了試験 2月19日(日)

● アスリートフードマイスター3級
アスリートご本人やサポートする家族向け。アスリートに必要な食事とは何かを学びます。

4期 講習 9月17日(土) 10:30~12:00  修了試験 10月9日(日)

● ベジフルビューティー・ベーシック 10:00~12:30
毎日の食生活に野菜・果物を効果的に摂り入れ、「楽しみながらキレイになる」をめざします。

11期 講習 10月8日(土) 修了試験 11月20日(日)

お申込み/お問い合わせは青澤まで。
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL: saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( )を外して@だけでお送りください。


クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
# by vfcbangkok | 2016-09-21 00:00 | 勉強会 | Comments(0)