タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

こんな活動もしました

年明け早々、去年の話題になって申し訳ないのですが、コミュニティとしてではないのですが「こんな活動もしました」という備忘録です。



10月に在タイ日本人会別館で行われた「すくすく会スタッフ懇親会」(すくすく会とは日本人ママ&プレママのための育児支援サークルのような会です)でタイ野菜のお話を少しさせて頂きました。


すくすく会のボランティアスタッフを卒業したばかりだったのですが、スタッフだけの懇親会があるのでそこで簡単でいいので「お薦めのタイ野菜」についてお話して頂けませんか?と懇親会の幹事から依頼を受け、気心が知れた元仲間達が多い集まりでしたので、快諾致しました。



ご紹介させていただいた私の「お薦めタイ野菜」は4つ。


ーパッコム(タイほうれん草)
ーファクメーオ(ハヤトウリ)
ープアック(タロイモ)
ーヘットフームー(黒きくらげ)


すくすく会の集まりでしたので、離乳食にも使え、妊婦さんにも食べてもらいたいお野菜を取り上げました。


栄養素や選び方、どこで買えるか、我が家で食べている食べ方などをご紹介しました。

当日は全て実物を持参したので、手に取ってみて頂き、時間の関係や前に出てお話をさせてもらうタイミングで生後2ヶ月の長女が泣いてしまい、結局抱っこ紐に入れ抱っこしてのお話だったので、質問がある方は後ほど席まで来て頂き、答えられる範囲で質問にも答えさせてもらうことが出来ました。


タイ歴が長い方でも意外にタイ野菜をほとんど使わない、という方が多く(私もビューティーの資格を取るまではそうでした)コレを機に買ってみようかな、というお言葉も聞けて嬉しかったです♬



それにしても人前でお話をするというのは何と緊張することでしょうか。
見知った顔がほとんど中、慣れた場所でのお話だったにも関わらず、マイクを持ってすぐ過呼吸になったのか思うほど、まともに息が吸えなくなり(咳き込み息を吐き出し、元に戻りました)自分の肝っ玉の小ささに恥ずかしくなりました。

慣れって大事ですね〜。
いつかはお話する機会があるであろうコミュニティのセミナーに向けて、人前でお話することに少しでも慣れねばならぬ、と実感できたいい機会になりました♬







にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2013-01-15 05:36 | メンバーのひとりごと | Comments(0)

2013年、初勉強会



年が明け、今年最初のお勉強会@SALADee

SALADeeとは健幸料理を広める活動もしている我らがコミュニティ代表、青さんのお店でございます。




お勉強会の内容は2月下旬に予定されているセミナーについてのもろもろ。
各自、役割を分担し、せっせと進めております!

d0229095_045737.jpg


随分、内容がまとまり、段取りについても詰めて話ができました。
今はまだ詳しく書けませんが、次回の勉強会後にセミナーの申し込み方法などをこちらのブログでも告知させて頂きますのでしばらくお待ち下さいませ。



そしてこの日はお楽しみも・・・


はい。お勉強会の後はSALADeeのお得で美味しいランチでございました。

ランチセットは3種類。

この日、私はこちらのセットを頂きました。

d0229095_07291.jpg


ワンプレートになっているので食べやすく、副菜はお野菜尽くしの健幸メニュー☆
スープは卵とトマトのスープです。


他のセットを見ると、「あ、そっちも美味しそう〜」と目がウロウロしちゃいますね。



この日、勉強会に出るのが最後だったメンバーも(寂)
帰国者が続くと寂しいですが、今月また試験もありますので、新たなメンバーが入るのを楽しみにするメンバー一同です♬








にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2013-01-13 00:17 | 勉強会 | Comments(0)

Jim Thompson Farm

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


タイにもやっと乾季が訪れたようで、在住も長くなってくると涼しさを超えて寒さを感じるこの頃ですが
この乾季の時期にしか味わえない場所があると聞き、ずっと行きたいと思っていたこちらへ、
「今年こそは!」と、念願かなって行って参りました!
d0222641_946885.jpg

カオヤイよりさらに先、 Pak Thong Chai にあるJim Thompson Farmでございます♪
この日も多くの方で賑わっておりましたが、ほとんどがタイの方でございました!

我が家は日帰りでバンコクから行ったのですが、行きは片道4時間ほどかかって長かった~(~_~;)
カオヤイから1時間ぐらいのようなので、こちらに1泊するのもよいかもしれません。


タイのお土産などでも有名なJim Thomson、私もテーブルクロスなどに布を購入するマニアですが(笑)
こちらのJim Thompson Farmは、1988年に桑や養蚕農園として作られ、
一般には2001年から毎年乾季のこの時期に1か月ほど、一般にも公開されることになりました。
色とりどりの美しい自然と、タイの東北地方「イサーン」の伝統的な文化に触れることが出来る農場なのです。
d0222641_9512876.jpg

Farmの中はとにかく広いので、このバスにところどころ乗って移動します。
敷地内は大きくわけて5つのエリアに分けられ、それぞれのテーマに合わせて展開されています。


まずは、Stop 1のFireld of sun Hamp and Organic Vegetable Gardenからスタート!
こちらはこのバスに乗る前に、入口から歩いて行くことになります。
d0222641_9595038.jpg

オーガニックのキャベツ。他にもレタスや冬瓜などのお野菜も見られます。
d0222641_1051394.jpg

「パパイヤってこんな風になってるんだ~」と子供たちも大喜び。他にはバナナの花も見ることが出来ました。
d0222641_108354.jpg

こんなお花畑もあったのですが、これがSum Hempなのかがイマイチ分からなくって残念~
こちらの説明は全てタイ語Onlyで、英語は最初に説明書きを一枚もらうだけなのです。


お次はStop2、Field of Sunflowers and Pumpkin Yard
まず目に飛びこんできたのは、こんな美しい風景!遠くに山も見えて、気分は上々!!!
d0222641_10101416.jpg

一面に広がるコスモス畑に、家族一同、大感動!
d0222641_10112563.jpg

日本の秋を思い出させるコスモス、タイで見たのは初めて。
どこの家族ももちろん、記念撮影をバシバシと撮っている風景に出合います(*^_^*)

そして、この時期にサラブリー、ロッブリーなどで咲きこぼれるのがこちら。
d0222641_10153388.jpg

こちらも一面のひまわり畑。この時期はカオヤイのチョクチャイファームなどでもこの風景が見られるんです。
d0222641_10192742.jpg

日本の夏を思い出せます・・・・って、コスモスとひまわりが一度に見られるのって、
日本人的には何だかとっても不思議な感覚ではありますが(*^_^*)
雄大な北海道を思い出しておりましたが、ここでも大記念撮影大会が展開されております(笑)

そしてJim Thomoson Farmには、沢山のカボチャが作られているのです。
d0222641_1021938.jpg

このひょうたん型のかぼちゃはバターナッツ。
甘みがとても強く、色味もキレイなオレンジなので、スープなどにしても美味しくいただけるのです。
d0222641_10213969.jpg

こんなマッシュルームのようなかぼちゃも!
d0222641_10215067.jpg

こんな真っ白なカボチャは初めてみたので、ビックリ!まだまだいろんな種類のカボチャに出会えます♪

ちなみにこちらのカボチャたち、これはネットでつるしてあって、オブジェとして飾られているので
実際のカボチャがこのようにしてなっている訳ではありませんので、あしからず・・・。


お次はStop3 Isan Village!子供たちが一番喜んだのがこちらのエリアです。
タイの東北地方、イサーンの昔の伝統的な風景や、コラート・スタイルの家々が並びます。
d0222641_10231651.jpg

イサーン地方ではお米が作られることから、こんなのどかな田園風景が広がります。
こちらのお米はオーガニックで作られているのです。
d0222641_1024666.jpg

こんな近くで稲をみたのは、子供たちは初めてかもしれません。
TVの「鉄腕Dash」を見ているせいか、「カルガモ」が水田にいないか探している子供たち(笑)
d0222641_10251765.jpg

日本人もお米の国の人だからでしょうか、のどかな風景に癒されるような気がします。
d0222641_10273462.jpg

タイの子供たちも大はしゃぎで、こちらで走りまわる姿を見かけました。
d0222641_10315867.jpg

ここでは脱穀を体験できるようなコーナーがあって、子供たちはここが一番のお気に入りのようでした!
d0222641_1035396.jpg

このようにお米が落ちる仕組みになっていて、こちらでお米を購入することもできるんです。
d0222641_10341868.jpg

脱穀したお米を担いだり、もみ殻を稲からとったり、初めての体験に子供たちもワクワク♪

そして、大人はこんなものでワクワクしています♪
d0222641_22272893.jpg

全く「昔取った杵柄・・・」はどこかに行ってしまったようですが(^_^;)
タイにも日本と同じように「竹馬」があったことに、何だか嬉しくなっちゃいました!

もちろん、嬉しいのは人間だけではありません!
d0222641_22283939.jpg

我が家のワンコも花やお米など、いろんな匂いをかげてそれは大喜び!
こちらに訪れる前に確認しましたが、こちらは小さいワンちゃんはOKなようで他にも小型犬を見かけました♪


お次には、子供たちは見るのは初めて!ビックリするやら、気持ち悪いやら(^_^;)で、大騒ぎ!!!
d0222641_22264373.jpg

Jim Thompsonと言えばやはりタイシルク、絹と言えばやはり「蚕」ですから(^_-)
子供たちは初めて見る大量の蚕の山に「うっわ~、すご~い!」と大興奮!

私は小学生の時、クラスで蚕を飼ってライフサイクルの勉強をしたのですが、主人はしていないとのこと。
こうしてみると「やっぱり、ちょっと気持ち悪いかも。。。」と思うのですが、毎日餌をあげたり巣の掃除をしたり
蚕が成長して行くのを楽しみに、自分たちで飼うと妙にかわいかったのを覚えています。
d0222641_20341258.jpg

この繭玉を煮て絹糸を作っていくのだったと思うのですが、繭玉は黄色と白とがありました。
d0222641_20564252.jpg

繭玉から取り出したさなぎ。これには「うえ~っ」となりましたが、子供は怖いもの見たさで何度もチラ見(笑)
d0222641_20521531.jpg

染色した絹糸から布を織って行く過程までを見ることが出来て、子供たちも食い入るように見つめます。
d0222641_20492854.jpg

そしてこちらでは、綿花からコットンの糸を作るまでも実演されていて、大人もとても楽しめます。


さて話は変わりますが、こういう場所に来て一番心配なのは、「食事」と「トイレ」問題なのではと思いますが、
トイレはこのIsan Villageの中にもあって、問題なく(トイレットペーパーもあって)キレイでありました。

そして、「食事」の方でしたが、こちらにはこのようなレストランも。
d0222641_19501057.jpg

「Baan Isan Restaurant」と言う、タイ料理レストランです。
d0222641_19563266.jpg

メニューはタイ料理のみですが、おかず系だけでなくワンプレートメニューもございます。
d0222641_20542616.jpg

店内は広いのですが何しろお客様が多いので、かなりの時間を待つことは否めない感じです。
d0222641_1953531.jpg

写真はガパオでしたが、他にもパッタイなどのメニューもありました。
子どもにはタイのオムレツや、カオパッドなど、そして飲み物はコーヒー、Tea類などももありましたが、
タイ料理はちょっと・・・と言う方は、やはり何かを持参された方がいいかもしれません。

また、このレストラン以外には、同じIsan Villageの中に、野外でピクニックのようにいただく場所と
Jim Thompson Farmのエントランスの外にに、フードコートのようなものも用意されておりました。

他に、このIsan Villageには、Art on Farmと言うプロジェクトもあって、東北地方の湖のお寺なども。
d0222641_21324267.jpg

やはりなぜだか日本を思い出させる懐かしい風景に、心がほっこりしたりして。
d0222641_2140206.jpg

Jim Thompsonらしい遊び心がふんだんに、お寺の中にも施されています。
d0222641_22574729.jpg

本尊の前に奉られている獅子?麒麟?のようなオブジェも、Jim Thompsonの布から作られてステキ。


そしてStop 4 はJim Thompson Village。
ここはJim Thomsonの絹産業の歴史と、現代における絹織物やプリントの様子などが紹介されています。
d0222641_22372097.jpg

このように来場者が参加できるアクティビティなども用意されております。
これは布にプリントを施すところですが、昔懐かしい「プリントごっこ」に見えるのは私だけでしょうか?(笑)


最後のStop 5 Flower Garden and Jim Thompson Marketでは、
こちらの農園で作られた野菜、果物、花、そしてJim Thompsonの製品を購入することが出来ます。
d0222641_22404833.jpg

色鮮やかな、様々な形のかぼちゃたち。どうしてここまで「かぼちゃ」なのかは分かりませんでしたが・・・。
d0222641_22415329.jpg

バンコクでは見かけることのなかった可憐な花たち。買って帰ろうかとても迷ってしまったほどでした。


年に一度、この時期一か月だけ公開されると言うJim Thompson Farm
タイ在住中に訪れることができて、いい記念にもなってよかったと思いますが、
バンコクからはかなり時間がかかるので、小さいお子さん連れだと車中はちょっと飽きるかもしれません。
カオヤイからは1時間程度かと思いますが、そちらと一緒に楽しまれるのもいいのかな~とも思います。

今年のJim Thompson Farm Tour 2012は、HPによると2013年1月13日(日)までの様ですが
若干、延長する年もあるようですし、やはりお電話でお確かめになってから行かれた方が良いと思います。
いろんな体験も出来て楽しかったJim Thompson Farm、今週末は今年最後のチャンス!
ご家族で美味しい空気を吸いに行かれてはいかがですか?



「Jim Thompson Farm」
Tambol Takob, Amphur Pak Thong Chai,
Nakhon Ratchasima, (Korat) Province
Bangkok Office
Tel: 02-762-2566 and 085-660-7336
Pak Thong Chai Farm
Tel: 044-373-116
(Monday to Saturday,08.00 am – 05.00 pm)
(Thai language only)
The Jim Thompson Farm is open daily
from Saturday 15 December 2012
through Sunday 13 January 2013
from 9.00 am until 5.00 pm
Mapはこちらから♪ → 

文責:Mでした~♪
[PR]
# by vfcbangkok | 2013-01-07 23:20 | Comments(0)

送別会@Basil


またまた送別会です。。。
年明けに帰られるのは同じベジフルビューティー仲間として活動をしたM子さん。
おうちもご近所で勉強会以外でも道ですれ違ったりすること数回。
しばらくはおうちの前を通るたびに「お元気かしら?」と思い出しそうです。


海外コミュニティーの寂しいところはメンバーの異動や日本への本帰国があるところ。
私を含めて数名、永住組もおりますが半数以上はご主人の駐在にともないタイで生活されている方がほとんど。
一期一会。
出会いは海を越えて、どんどん繋がっていくことを祈って・・・




今回の送別会はAsokeにあるSheraton Grande Sukhumvit Hotel内のタイレストラン「Basil」で行われました。



レストランの入り口を入るとすぐにオープンキッチンがあります。
その前には食材がたくさん!
d0229095_1383586.jpg

タイらしいお野菜ばかりですね。
ベジメンバーはこういうものに反応する人が多いのが特徴です(笑)



送別会が続く中、新メンバーもどんどん入っているので、この日の参加者は10名以上。
ながーーーーい素敵なテーブルに順に着席です。
子連れのメンバーもおりますし(我が家のやんちゃ盛りの怪獣君達とは違って静かなお子さんとまだ小さな赤ちゃんだけなのですが)お話好きのメンバーばかりですので、他のお客様に迷惑がかからないよう個室を押さえて頂きました。

d0229095_262661.jpg




こちらのレストラン、ランチセットは3種類あるのですが、半数以上がイエローカレーのセットを注文しました。



前菜はランチセット共通のエビの揚げワンタンです
d0229095_1421215.jpg





ソムタム(青いパパイヤのサラダ)がでてきて
d0229095_1455770.jpg

(スパイシーなソムタムでしたが、非常に好みの辛さでございました)



メインプレートはこちら
d0229095_1464722.jpg

かなりもりだくさんです!



場所柄、外国人が多いのであまり癖もなく、少し味付けが濃いような気がしましたが、どれも美味しかったです。
ご飯は赤米、ジャスミンライス、バイトゥーイで色づけされた緑米の3色。

タイはハーブで色づけされたお米が普通にスーパーで手に入ります。
アンチャン(Butterfly pea)で色づけされた紫米やターメリックで色づけされた黄色米なども!
私が知るタイ人は黒米、赤米、玄米などを好んで食べる健康志向の人が多いです。


ちなみにデザートはフルーツの盛り合わせでございました。





食べながらもセミナーの話をしたり、お料理の感想を話し合ったり、話題は尽きません。


M子ちゃんとは来月のお勉強会でも会えますので、実感がまだありませんが、日本に帰られてもヘルシーにベジフルライフを楽しんで下さいませ〜♬




クリックするとお店のサイトにジャンプできます。
Basil @ Sheraton Grande Sukhumvit





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2012-12-26 02:09 | レストラン | Comments(0)

12月12日の勉強会

相変わらず投稿頻度が低くて大変申し訳ありません。






2012年度最後のお勉強会は来年2月に予定されているセミナーに向けての話し合いでした。

話し合い、と申しましても、タイトルなどは決定しておりますので、どのような感じで発表するか?や発表内容などを相談しました。

前回の基本のタイ野菜のセミナーの時から構想されていたフルーツ版ともいうべき内容で予定しております。
詳細は決まり次第、追ってご報告させて頂きますのでしばらくお待ち下さいませ。




さてさて、みなさまはタイフルーツの中では何が一番お好きですか?


このお勉強会の時に一部のメンバーと意見が一致したのですが、例えばソムオー(ザボンのような大きな柑橘果物です)!!!
食べやすくて日本人にもウケが良いタイフルーツですが、私は来タイ当初は「ピンク派」だったのが、しばらくして「黄色派」に変わりました☆

食べやすく、ジューシーなものが多いピンクは初心者にもぴったり♬
慣れてきた頃に黄色の美味さを実感します♥


このように同じ果物でも種類によって旨味が違いますので、その違いを感じながら頂いてもらえればもっと楽しいタイフルーツライフを送れること間違いなしです!!!








にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2012-12-26 01:26 | 勉強会 | Comments(0)

パックワーンバーン

先日、久しぶりにヴィラスーパーで見掛けたパックワーンバーン(アマメシバ)というタイ野菜。
手っ取り早くおひたしにしてみました。

d0229095_10335872.jpg




歯ごたえがしっかりしていて、ちょっと山菜のような苦みがあります。


こちらのお野菜、特に葉の部分に栄養があって、モロヘイヤやほうれん草の倍以上ものカルシウムが含まれているそうです。
他にも鉄分、ビタミンA、B1、ナイアシン、ビタミンCも豊富!
タイでは母乳の出がよくなる、とも言われています。
授乳期にはカルシウムや鉄分が母乳から赤ちゃんにいってしまうので、普段以上に摂取しなければいけない栄養素が豊富ですし、たくさん摂りたいですね。


おひたしより味付けがもっとハッキリする調理の方が向いてる気がするので、次に見掛けたらナムルにしてみたいと思います。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2012-12-07 10:44 | 野菜、果物 | Comments(0)

NA AROON

こんにちは。
ブログ担当Kです。
長らく更新が滞っていてすみません。
出産で活動をしばらくお休みしていました。
これからは勉強会に参加したり、ベジフル活動も子連れでバリバリしちゃいますのでブログの更新もがんばりまーす♪




昨日のお勉強会はバンコク都心にあるベジタリアンレストラン「NA AROON」でのランチを兼ねたミーティングでした。
このようにただ机やホワイトボードに向かうお勉強会以外に美味しい野菜料理を食べ歩いたり、市場で野菜や果物を手に取ってみたり、果物の食べ比べをしてみたり、という活動もしています。




在タイ年数が10年を越えた私も知らなかった超隠れ家的なこちらのレストランはSukhumvit soi 1の奥まったところに建つ「ARIYASOM VILLA」というホテルの中にあります。

d0229095_1043770.jpg


都会のオアシス的な緑が多く、一軒家の趣きのある建物です。
d0229095_10451786.jpg


d0229095_10454619.jpg


張り切り過ぎて30分も早く到着してしまったのですが、こちらでゆっくりとメンバーの到着を待ちました。

d0229095_10493477.jpg


すぐ傍に高速道路が走ってるとは思えないほどゆっくりとした時間が流れていました。


スタッフの対応もなかなか良かったです☆


お楽しみのレストラン、お料理の方はさすがベジメンバーがチョイスするメニューは野菜、果物尽くしですよ〜(笑)

少しご紹介したいと思います!

d0229095_1051829.jpg


こちらの写真手前の黄色いものが乗ってるお皿、これは青パパイヤを麺状にカットしてパッタイというタイの麺に見立ててあります。
前回のセミナーでも青パパイヤをご紹介したのですが、栄養価がほんとに高いので、こちらのメニューはお薦めです♥
味もパッタイそのものでした。


そしてこちらはキノコのヤム(酸っぱ辛いサラダ)
d0229095_1053419.jpg


野菜以外のものも紹介しますね。
こちらはソフトシェルクラブの黒こしょう炒め。
d0229095_10544964.jpg


上に乗ってる白い木の枝のような、揚げごぼうのように見えるものは・・・

*グラチャーイ
 Boesenbergia PandurataR.Holtt ショウガ科
 チャイニーズキー/大葉(オオバ)ガジュツ(日)Chinese Key/Fingerroot(英)
 アオチュンジィァン/タイグゥォシャジィァン(中)
・小さい塊から人の指のような細長い根が出ている。
 薄い皮の下は鮮やかな黄色で、穏やかな香りと微かな苦味
・若芽は、ナムプリックと生食もされる。肉や魚の臭い消しや薬膳スープに利用
・効能:整腸作用、駆風作用、ポリフェノールを多く含む
    エッセンシャル・オイルの主要成分としても利用


このお店を予約してくれた野菜ソムリエのMちゃんがしらべてくれました。どうもありがとう〜。

ちょっと変わったフルーツのカレーも。

d0229095_1172547.jpg

スプーンの上に乗っかってるお肉のように見えるものはベジタリアンチキンというもので肉を使わず、お肉のようなもの作っています。
これがかなりお肉でした。
これなら肉好きな人でも「えーー野菜ばっかり?」と文句を言わずに食べられるかも。



これらのおかずと一緒に食べるお米も身体に良い黒米やアンチャンで色をつけた紫米をチョイス。
d0229095_116552.jpg


d0229095_1153732.jpg




どれもこれも美味しくて、他のメニューも食べたい物がたくさんありました。


タイ料理以外にもクリームソースのラビオリやサンドイッチ、キッズミールもありますよ!



デザートも人数が多いので色々頼んでシェアしました。
ケーキに
d0229095_1110123.jpg

タイスイーツ
d0229095_1194483.jpg


そしてお誕生日だったメンバーが居たのでこんな演出も☆
d0229095_1111092.jpg



楽しい時間はあっと言う間に過ぎます。
食後は次回のセミナーに向けてのお話をちょこっと。
今日はミーティングというよりも野菜料理を食べよう〜が濃くなってしまいました^^;

たまにはいいですよね、こんなお勉強会も♪




美味しくてヘルシーなお食事、みなさんもいかがですか?






にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
# by vfcbangkok | 2012-10-25 11:20 | レストラン | Comments(0)

Royal Project 43

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


昨日は野菜ソムリエコミュニティバンコクの、夏休み明けの最初の活動日。
すでに、次のセミナーへとメンバー一同、始動しております!


さて、今日の勉強会のあとは、もっと自分たちの「引き出し」を増やすためにと
さらなる勉強も兼ねて、昨日から開催されている、気になるイベントへGO!
d0222641_20393795.jpg

Central Worldで行われている Royal Project 43でございます。
こちらはバンコクにあるCentral Worldが、ロイヤル・プロジェクト財団と共同して行うイベント。
お昼過ぎでしたが、多くのタイ人の方で一杯でした~~


ロイヤルプロジェクトは、日本人の駐妻の間では「王様プロジェクト」と呼ばれることも多いようですが
野菜をはじめとする食料品、衣料など様々なものを、大手スーパーなどで購入される方も多いと思います。
クオリティを重視した製品をタイより産出すること、そして、貧しい人達を助ける事を目的に
農業や食品加工分野に新技術を取り入れることで、国を発展させようとタイ王室、王様自らが主導され
バンコクのチットラダー宮殿の一画には、プロジェクトのモデル農場やミニプラントがあるそうです。

このロイヤルプロジェクトは、1969年に現プミポン国王がタイ北部を旅行した際に、
違法なアヘン製造につながるケシ栽培をしているのを見て、国民が農業によって自立した
よりよい暮らしができるようにと、援助を開始したのが始まりだそうで
今ではロイヤルプロジェクトはプミポン国王だけでなく、王妃や王子、王女がそれぞれプロジェクトを施行して
食品だけでなくシルク製品、民芸品などの普及によって貧しい人々の自立の手助けをしているそうです。

プミポン国王はタイ全土を自ら視察して回り、その土地にあった農作物を選ぶことから始め、
その栽培方法の指導から、それを利用した製造加工方法など、市場に出回るまでをトータルに指導して
農民の方が利益を得え生活を支えられるよう、様々な側面から指導を行ってきたそうなのです。

タイでは映画の最初のコマーシャルの間に、タイ国王の歌が流れて、全員起立をします。
子供たちも学校で習ったその歌が大好きでよく口ずさんでいて、こんな場面でも一緒に唄うのですが
私などはこの「国王の歌」と共に、プミポン国王が国民の方と接している画面が流れると、
その映像から感じ取られる、国王の国民に対する愛情の深さに、思わず込みあげてくるものがあるのですが
( 歳をとると、涙もろくなってくるのでございます(^_^;) )
こんなところにも「国民を思い、そして国民から愛される国王」の姿が浮かびあがってきますよね。


ロイヤルプロジェクトの商品と言うと、チャトチャックにも近いオートーコー市場が思い浮かぶのですが、
邦人が訪れるFujiスーパー、Gourmet Market、Villa Market、Tops、Big Cなどでも販売されているので
このマークを見かけたことがある方も多いと思います。
d0222641_213864.jpg

こちらのパッケージが、ロイヤルプロジェクト ブランドです。
高品質の安心できる食品と、商業の発展を目指してつくられた王室主導のタイオリジナルブランドです。
d0222641_2143551.jpg

最近ではこういうパッケージに入れて売られていることもありますね。
タイ野菜だけでなく、トマト、ナス、パプリカ、キュウリ、トウモロコシなど、日本と同じ種類のようなお野菜が
新鮮でお安く手に入るので、私もよく買う野菜の一つになっていますが、こちらでも販売しております。
d0222641_21474773.jpg

かぼちゃも日本カボチャ、バターナッツ、金糸瓜など、いろんな種類が登場!
オレンジのかぼちゃは「赤皮甘栗かぼちゃ」という、ルーツは西洋系のかぼちゃだそう。
お姉さんが手渡ししているバターナッツは甘みがあって濃厚なので、パンプキンンスープにしても好評です♪

これだけ多くの種類のかぼちゃを、バンコクで一度に見ることが出来るのは、なかなかないかも知れません。
品種によっても若干違うと思いますが、かぼちゃに豊富に含まれるカロテンは肌や粘膜、目を丈夫にして
免疫力を高めてくれるので、冬至の時には風邪をひかないよう、冬場を乗り切るための重要なビタミン源。
ビタミンEは血行を促進し体を温めるので、冷え性の改善に効果もあるとされています。
カリウム・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・鉄なども含む、優秀野菜なのです。


そして、こちらのイベントでは「こんなロイヤルプロジェクト商品、見たことなかった・・・」と言うものも発見。
フレンチやイタリアンを作る際にも使いたい西洋野菜などは、輸入ものもあるのですがとてもお高いので
安心で価格も割とお安い、ロイヤルプロジェクトのものがあるととても嬉しい❤
d0222641_21524157.jpg

西洋野菜のコールラビ。トイツ語で「キャベツのかぶ」を意味するそうです。
大きな茎の部分には、キャベツの芯の部分に似た甘みがあって、硬い皮を剥いて生食にするほかに
スープにしたり、他の野菜と煮込んだり、マッシュポテトのようにゆでてつぶして食べるそうですよ。
d0222641_2154278.jpg

見た目はちょっと「ふき」に似ていますが、イギリスの絵本でもよく登場する「ルバーブ」
西洋では甘く煮て、お菓子のフィリングやジャムなどにして、つけて食べるのもよくみかけますよね♪
酸味はかなり強いようなのですが、生食もできるようで、薄く切ってサラダに加えてもよいようです。
このお菓子のイメージが強い「ルバーブ」ですが、漢方薬の大黄の一種で整腸作用があるようですよ!
d0222641_1050437.jpg

ビーツは日本は馴染みがが薄いのですが、欧米諸国や西アジア、北アフリカでは日常的に食べられます。
アクが強く土臭いので苦手な方も多いようですが、ロシア料理の「ボルシチ」などはとても美味!
皮つきで自らふたをして、しっかり茹でたり、ホイルに包んでオーブンで焼いてもよいそう。
ポタージュスープやポテトサラダに入れても、キレイなピンクに染まるので、ちょっとかわいらしい一品に❤

そして、こんな嬉しい果物も発見!
d0222641_10562116.jpg

小ぶりですが、イチジクです!タイで生のイチジクがいただけるのは嬉しい❤
購入したお友達によると、日本の甘さにはまだ敵わないものの、昨年より甘みが増していると言うことです。
「いちご」なんかも、この4年でだいぶ美味しくなってきたと思います。タイの農家さんも頑張っていますよね!

イチジクは不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物だそうです。
血液をきれいにし、美容にも効果を発揮し、胃腸病にも効能があると言われています。
また、フィシンなどの多くの酵素と、血中コレステロール値を下げるといわれる水溶性食物繊維、
便通にもよく、大腸がんの予防作用があるといわれる不溶性食物繊維の両方が含まれているので
腸のはたらきを活発にするため、便秘改善、整腸作用と消化促進作用を期待できます。

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、イチジクに田楽の味噌を乗せて一緒にいただいたり、
ゴマ和えやゴマソースを添えていただいても美味しいですよ♪
d0222641_11154196.jpg

柿もロイヤルプロジェクトで発見しました!
バンコクでいただく柿、中国からの輸入も多いようですが、ちょっと渋いことも多いのでこちらに期待したい♪
柿と蕪のスライスをちょっと塩もみして、マヨネーズに醤油、わさびを混ぜたものと和えると美味しいんです!
蕪もロイヤルプロジェクトの商品として売られていますが、だいぶ大振りのものを見かけるように。

柿の渋みのもとはタンニンで水溶性のため、渋柿などはそのまま食べるとやはり苦味を強く感じることも。
タンニンにはアルコール分解作用があるので、二日酔いの朝は柿を食べるとよいそうですし
そのほか、ビタミンCやβ-カロテン、食物繊維も豊富なので、女性にも嬉しい果物ですよね。
d0222641_1145114.jpg

私も大好きなパッションフルーツ。この甘さと酸味がなんともいえないトロピカルフルーツです。
「酸味が強くて・・・」と言う方、この写真のようにツルツルのまま食べてはいませんか?
実はパッションフルーツは「シワシワになってから」が食べごろなんです。
ぜひ、常温で追熟させてみて下さい。酸味が抜けて美味しいパッションフルーツになりますよ♪

豊富なβ-カロテンが含まれるので、老化防止、視力保持、、そしてカリウムも多く含まれているので、
高血圧予防や心筋梗塞予防にも期待できそうですし、血管を広げて血液の流れをよくするナイアシンも。
また妊活中の方にも嬉しい、胎児のDNAを形成する働きを促進する葉酸も。
葉酸は妊娠する前から摂取することが大切なので、サプリからだけでなく、果物からも摂りたいですよね!


そして、我が家でもよく登場するのがこちらの野菜たち。
d0222641_8523541.jpg

日本では結構なお値段のディル。欧米では家庭で栽培されることも多いそうです。
タイでは「パクチーラオ」と呼ばれ、生で食べたりスープにいれたりするそうですが、
我が家ではスモークサーモンや、魚のソテーと合わせたり、じゃがいもとも相性がよいのでポテトサラダにも。
茎の部分は他のお野菜とくたくたに煮込んで、ミキサーでポタージュなどにしても香りがよくて美味しい♪
d0222641_21563941.jpg

ちょっと苦みを感じるので、苦手なお子さんも多いかもしれませんが「ルッコラ」です。
トマトとの相性もよく、パスタにフレッシュなトマトと一緒に和えたり、ピザの上に乗せて登場させることも。

栄養的にはカロテンやビタミンCなどのビタミン類や、カルシウムなどのミネラル類が多く含まれていて
ビタミンCやカルシウムなど、ほうれん草より高いそうなので、もっと積極的にとりたいなあと思います。
他にもパッコム、カナなどの、いつものタイ野菜ももちろん登場してますよ♪



お野菜だけでなく、他にもいろんなロイヤルプロジェクト商品が販売されています。
d0222641_21585743.jpg

お豆もキドニービーンズ、大豆、黒豆、ささげなども沢山あって、豆好きなので沢山買い込んでしまいました!
たくさんの量がお安く買えたささげ、季節はもうすぐ秋ですから、子供たちと一緒に「おはぎ」を作ろうかな~♪
d0222641_9234653.jpg

玄米なども販売されておりますが、真空パックになっているので暑いバンコクでも保存に安心ですね♪
d0222641_9244686.jpg

アロマセラピーで使われる「精油」 なんと一本80B(約300円)なり!
こちらの精油の品質は、バンコクの日本人に知られていた日本人の先生もオススメだったとのことです。


一時帰国などのお土産にもよさそうな商品も。
d0222641_927823.jpg

このドイ・カムのコーヒーは有名ですよね!カフェなどでもよく使われているコーヒー豆です。
d0222641_9284899.jpg

お茶もその場で試飲できました。
日本でも人気だと言う「アマチャヅル茶」 苦みがあるのですが、飲んだあとに甘みが口の中に広がります。
古くから日本を含むアジア各地で自生しているそうですが、「高麗人参」よりも多種類のサポニンが含まれて
高い鎮静作用があるために、ストレス解消・緩和に効果的だそうです。

また、ストレス性の疾患(胃潰瘍など)や、ガン、動脈硬化にも作用があるようですし、
コーヒーや紅茶などと違ってカフェインを含まないので、妊婦さんも安心していただけますね。


そして、「頑張ってるな~ ロイヤルプロジェクト!」と思った、新しいこんな商品も!
d0222641_9472446.jpg

ビーツ、にんじん、ほうれん草を練りこんだパスタや、セミドライドトマトなども販売中♪
こんな商品、今まで見たことないかも・・・と、メンバーたちもビックリ!
d0222641_9492662.jpg

冷蔵保存のグリークヨーグルトや、フェタチーズなども。
この後、学校で懇談会がなかったら、ぜひ購入して帰りたかったな~
d0222641_9515240.jpg

オリーブオイルに漬けたフェタチーズなども。ワインのおつまみや、ちょっとしたおもてなしにも役立ちそう!

野菜などの食品は、セントラルワールドの1Fのホールのイベント会場に多くおかれてありましたが、
他にも花や植木などいろんな商品が。ローズマリーやミントなどの苗も買いたかったなぁ・・・。
2Fにはドイ・カムで名高いマカデミアナッツや、文房具、バッグなど、いろんなロイヤルプロジェクト商品が。
今日はあまり時間がなくてゆっくり見られなかったのですが、他の売り場も沢山の方で賑わっていました。


ちなみに、ロイヤルプロジェクト製品は無農薬やオーガニックではありません。
無農薬ではリスクが大きく、利益が農民に還元できないために勧められないからだということからですが、
動物の排泄物やたい肥などをできるだけ利用した循環型農業は推奨されています。

また、ロイヤルプロジェクトの製品はすべてにおいて品質表示を徹底させることがルールとなっていて、
製造日、賞味期限、保存方法、内容量などが正確に記載されているのも安心の一つ。
それ故、安全で高品質なものとして国民からも支持され、製品を買うことでプロジェクトに参加しているという
消費者の満足感も購入される理由となっています。

国民の生活の向上を支援し、この活動で得られた売上は生産者に還元される上に、
プロジェクトを支える研究資金に充てられると言うので、私も積極的に応援して購入していきたいと思います。
d0222641_9582419.jpg

そんな思いから、こんなに購入しちゃいました~(^^)/
まだ使ったことのないお野菜も手に入れて、実際に試してみるいいチャンス♪
品質の保証された製品を上手に使って、我が家の中でも「タイの恵み」を還元してきたいと思います!


私のつたないタイ語が間違っていなければ、9月3日(月)までイベントは開催されるとのことですが、
まだまだ続く「Royal Project 43」 ぜひ、足をお運び下さい~♪


「Royal Project 43@ Central World」
8月28日(火)~9月3日(月)
ZoneC のCentral Courtあたり
d0222641_1042348.jpg

Central World へのMAPはこちらから♪
d0222641_10435256.jpg

最寄駅のBTS Siam & Chitlom駅からCentral Worldへは、スカイウォークでつながっております。

                                   *文責:マダムMでした~
[PR]
# by vfcbangkok | 2012-08-30 22:03 | 野菜、果物 | Comments(0)