タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


【もっと楽しくベジフルライフ
in Thailand(実践編)】
野菜ソムリエが選んだ
「食卓に取り入れたいタイの食材 Part3」
ランチ付セミナー 2018年

こんにちは!サワディーカー!

年が明け、皆様の今年の抱負は何でしょう?

・自分へのインプット

・食卓を豊かに

・お料理のレパートリーを増やす。。。

などなど、そんな抱負を抱いた方もそうでない方もこんなセミナーはいかがでしょうか?


毎回大好評いただいております、野菜ソムリエによる人気のランチ付きセミナー

ついに待望の【もっと楽しくベジフルライフin Thailand(実践編)】

野菜ソムリエが選んだ「食卓に取り入れたいタイの食材 Part3」が開催されます。


今回、私たちが選んだ野菜・果物は。。。

わかるもの、わからないもの

見たことあるもの、ないもの

使ったことあるもの、ないもの

興味があるもの、ないもの

いかがでしょうか?

d0229095_16332682.jpg

<テーマの野菜・果物>
・空芯菜(パック・ブン・タイ)
・ビーツ(ビート・ルート)
・ハヤトウリ(ファクメオ)
・ナンキョウ(カー)
・ドラゴンフルーツ(ゲーオマンゴーン)


空芯菜・ビーツ・ハヤトウリ・ナンキョウ・ドラゴンフルーツの5つの食材を徹底解説。

実際にお弁当で食べていただいて美味しさや使い方を実感、レシピをゲットし、さらにお土産まで付くので自宅で簡単に復習もできちゃいます。
他にはない充実のセミナーです、お見逃しなく!


日時: 2018年2月21日(水) 午前10時~12時半
場所: パーソネルコンサルタントセミナールーム
(ギャラリー奥)
 (BTSアソーク駅直結のインターチェンジビルL階)
会費: 800バーツ(ランチ、お土産つき)
申し込み: 青澤まで TEL/SMS 081-836-6350 Mail: saladee.aosawa@gmail.com






にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-01-16 01:35 | イベント案内&報告 | Comments(0)

チェンマイのゆかりです。
うちの近くのスーパーマーケットの駐車場では、毎週木曜日から土曜日まで
定期市(タラート・ナット)が開催されます。
衣料品・化粧品・おもちゃ・おかず・果物・スイーツまで何でも揃います。
そんな中で私のお勧めは、「マーラー」。
「マーラー:麻辣」と聞くと麻婆豆腐など四川料理を思い浮かべますが、
これは、タイB級グルメ。串焼きです。
では、お気に入りのお店(・・・といっても屋台ですが)の様子を見ていきましょう。

d0229095_23290406.jpg



















見るからに、辛そうな看板。


d0229095_08215399.jpg

結構長い竹串に、豚肉・ソーセージ、かにカマ・イカなどのシーフード、野菜やきのこなどが
刺さっています。火の通りをよくするためか具は少なめ、でお値段も5バーツ10バーツとお手ごろ。

まず、お好きな串を選んでお店のお姉さん渡す。
すると、下味として油とオイスターソース+隠し味のたれを付けてくれて、炭火焼に。

d0229095_08220506.jpg


さて、マーラーがマーラーたる所以のソースです!

d0229095_08221673.jpg

このように刷毛で何度も叩き込むようにつけてくれて、希望に合わせて辛さの具合を
調整してくれます。ここが見所!


d0229095_08223455.jpg

唐辛子のヒリヒリするような辛さ「辣味」(タイ語ではペット)と
香辛料の舌が痺れるような辛さの「麻味」(タイ語ではチャー)が
やみつきになるおいしさ。

野菜もあってヘルシーですし、1串が少量なので、意外と女子に人気です!
ここのところ季節はずれの雨が降ったりと、夜は底冷えするチェンマイ。
仕事帰りに市場に寄り道するのを楽しみにしています!
皆さんも、マーラーを見つけたら、トライしてみてください!





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-01-15 10:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)

新しい年がスタートしました!
2018年最初の1ページは、わたくしベジフルビューティーセルフアドバイザーのRIEがお届けします。
今年は在タイ8年目に入りますが、引き続き安定した年数更新を予定しています。

さて、皆さんはどんな年末年始をお過ごしでしたでしょうか。我が家はここ4年、子供たちをスキーに連れていくため日本へ一時帰国しています。
楽しくも恐ろしいこの時期の一時帰国、クリスマスからお正月、旅行や友人との再会、2週間もない滞在中に目まぐるしい予定を詰め込み、それに伴い普段より一段と豪華になるこの時期の食事も漏れなく胃袋へ詰め込んでタイに戻ります。
在タイが長くなっても幸いにしてハマりはせずとも飽きることはないタイ料理、一時帰国の前後はタイ料理を食べたいなーと思う私ですが、一時帰国後のこんな疲れた胃でも食べられる優しいタイ料理をご紹介しますね。

私の大好きな「ゲーンリアン」

d0229095_19584333.jpg

鶏ガラで取ったスープにゴロゴロ入った色々なお野菜からの旨味と甘み、ガピという海老味噌の深みが合わさって、あ〜美味しいと身体に染み入るお味のスープです。

ガラスの器でサーブされていますが冷製ではありません。
が、熱くもありません。
スープは熱々で、とはならないタイ料理。もう慣れましたが。。。

こちらのお店のは子供も食べられるくらいのちょいピリ辛なのも丁度良いです。
具になる野菜はまあ何でも良いのでしょうけれど、大抵カボチャ、ヤングコーン、きのこ類は入っているようです。
カボチャを始めとするお野菜の甘味でほっこりした味がします。
味付けのポイントにもなるガピはタイ料理では欠かせない調味料で、塩漬けにした小エビをペースト状にしたものです。私はガピを豚ひき肉とネギ入りガーリック炒飯の味付けとして使うことが多いです。


こちらを頂いたお薦めのこのお店はお洒落な店内なうえ何を頼んでも美味しい、

「SUPANNIGA EATING ROOM(スパンニガー・イーティングルーム)」

d0229095_20021354.jpg

ここはタイ東部トラート県の家庭料理が頂けるタイ人にも人気なお店です。

住所 : 160/11 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor)
Between Thonglor Soi 6 & 8
電話 : 66 2 714 7508


ゲーンリアンはお家でも簡単に作れますよ。

d0229095_20003840.jpg

スープにカボチャと調味料を入れ、カボチャが柔らかくなったら他のお野菜を加えナンプラーで味を整えます。
パクチーの根、ニンニク、赤玉ねぎ、ガピ、乾燥エビを潰して調味料として加えると、すっかりタイ料理の味。
家では唐辛子を入れず、より優しい味にします。
タイ人はベビーコーンが好きなようですね。色々なお料理に使われていて、今となってはタイっぽいお野菜というイメージになりました。きのこはエリンギを使っています。タイではフクロダケがスープを始めお料理によく使われますが、手に入らなくても形を似せてカットでき触感が似ているエリンギでそれっぽく作れます。緑のキュウリのようなものは、タイズッキーニというヘチマですよ。普通のズッキーニでも良いですね。


レストランへ行っても日本人はスープのオーダー率が低い気がします。お料理に目がいってしまうのかな。
さらに見た目も内容も地味でフツー過ぎてスルーされがちなゲーンリアン、意外と食べたことなーいと言う方も多いですが、お友達にお勧めすると、みんな美味しい!と喜んでくれます。

タイ料理でスープと言うとトムヤムクンやグリーンカレー。
でも気分が乗らないと食べられないインパクトの強いお料理ではないでしょうか。
タイ料理が食べたいし何かスープを一品入れたいけれど、今日は濃さとか辛さとかそこまでガツンといけないとか、ココナッツベースに飽きたなんていう時にもスープを諦めず、是非ゲーンリアンを注文してみて下さい。
しつこいですが、本当に美味しいのでお勧めです!

在住経験のある食いしん坊なメンバー達のお勧めタイ料理、興味深いですね。
今後も乞うご期待ください!




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2018-01-08 01:00 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)