タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんにちは。野菜ソムリエのYumiです。
去年バンコクで野菜ソムリエの資格を取得し約2ヶ月間コミュニティの活動に参加させて
いただいた後、ベトナム ホーチミンに移り住んで1年ちょっとになります。

バンコクの前はモスクワに駐在していたこともあり、私のイチオシ野菜で最初に思いついたのは
やっぱりボルシチの主材料 "ビーツ" でした。タイでもベトナムでも市場やスーパーで簡単に
手に入ります。日本でも人気上昇中ですよね。
でも今日はどこでも買えてよく使われる 『人参』をイチオシさせてください。

タイでは野菜カービングを習っていて人参を彫ったこともありますが
ベトナム料理でも人参の花を作ったり、ギザギザの包丁で切ったりして
盛り付けもタイ料理とちょっと似ていて、カラフルで綺麗です。

最近はよくベトナム料理を習いに行くのですが、先生の盛り付けが美しい!
人参はいつもあっという間に可愛いお花に変身☆

d0229095_23174194.jpg

ブンチャー・ハノイ(ベトナム北部料理)
 人参のお花が咲いているような盛り付けがキレイ

d0229095_2318236.jpg

ブンチャーゾー(ブン(米麺)と揚げ春巻き)
 人参と大根の甘酢漬けと合わせて食べると美味しい

d0229095_23181168.jpg

豚肉のヌクマム煮
 茹で野菜につけていただきます
 和食の煮物を作る時のように人参を飾り切りしていてカワイイ

人参はカロテンが豊富で「緑黄色野菜の王様」と言われるほど。
家庭の常備野菜で、料理のほか菓子やジュースの材料にもなり万能な野菜です。
人参に多く含まれるβカロテンは
 体内でビタミンAに変わる
 体内の活性酸素を抑える抗酸化作用を発揮
 皮膚や粘膜を丈夫に保つ などの効用があり
またビタミンB1、C、カリウム、カルシウム、鉄分などもバランスよく含まれています。

カロテンは油とともに摂取すると吸収が高まるといわれています。
我が家では柑橘類と和えたキャロットラペやきんぴらなどをよく作ります。

d0229095_23202727.jpg

キャロットラペ
 タイでもベトナムでも買いやすいソムオー(ザボン)入りがお気に入り

d0229095_23203146.jpg


人参のきんぴら
 ごぼうが入手できないときは人参だけのきんぴらを作ります

いつも使っている人参ですが、こういう機会に栄養素や効能を調べたりするのは楽しいです。
メンバーのブログはいろいろな情報が面白く、毎週楽しみにしています。

さて、来週のイチオシは? 楽しみですね♪




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-31 10:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)
バンコクで活動している野菜ソムリエコミュニティの特徴の一つとして、ほとんどのメンバーが駐在という状況から、出会いと別れが頻繁に繰り返されています。

このたび、主力メンバーの1人、kanaoがバンコクを離れることになりました。
送別会第1段(?)として、7月後半の勉強会は彼女の希望で「ヤワラーのタラートに行く」ということになりました。

散策に選んだ場所は、ヤワラー通りから細い路地を入ったところにある「タラート ガオ」
待ち合わせは、みんなが良く知る「和盛豊(フアセンホン)」フカヒレが食べれるお店ですね。
ここから少し北(一方通行の方向)に向かって行くと、細い路地があります。
そこが、タラート ガオ


d0229095_00141499.jpg

今にもザーっと降り出しそうな空を見ながらの散策でしたが、パラっと降ったものの傘要らずでした。
そして、今の時期に珍しく、涼しかったのと人が少な目だったのでゆっくり見ることが出来ました。

あちこちで売ってる甘栗ですが、生栗も売ってましたよ。
「渋皮煮にする?栗ご飯にする?」なんて言いながらワクワク


この通りは、乾物を中心に豆類、スパイス、魚、肉、お菓子・・・色々売ってます。
謎のものも多いですね(笑)

d0229095_00240215.jpg

下の写真左上はにんにくです。
下はツバメの巣

d0229095_00263600.jpg


乾燥ナマコを戻したものとか、ダックの丸焼き
各お店にぶら下がってるのは、ガポー・プラー(魚の浮き袋)を揚げて乾燥させたものだそうです。

d0229095_00283932.jpg

干しエビは細かくサイズ分けして売ってます。
銀杏見ると茶碗蒸し食べたくなるのは私だけでしょうか?
お漬物も売ってて、ザーサイは好みのサイズのもの1個から売ってくれますよ。

d0229095_00303582.jpg


「杏仁茶」ってご存知でしょうか?
これを固めると杏仁豆腐が作れます。
さっぱりした甘さで美味しいです。
粉末も売ってました。
この通りから少し入ったところに、魚屋さんがありました。
とっても新鮮な鯵や太刀魚、マナガツオや海老、赤ハタなどなど

d0229095_00321600.jpg

下の写真左上は、一瞬ごぼうに見えましたがそうではなく、長芋?それだったら皮を剥いたら無くなってしまうね~って言いながらお店の人に聞いてもらったのですが、お芋ではないようで。。。謎です。

筍をぺったんこの状態で乾燥させたものも売ってました。
下の写真の真ん中、○で囲んでるものは何でしょう?
髪の毛みたいでちょっとキモチワルイですね。
食べても髪の毛が増えるわけではないそうです。
仏事に使うとか?

タイらしく、天秤のかごにいっぱい商品を入れて担ぐおばあさん。
写真を撮ろうと携帯を出している間に、凄い勢いで歩いて行ってしまいました。
お元気なおばあちゃんでした。
いつ行ってもエネルギッシュなヤワラーですね。

d0229095_00380576.jpg

このメンバーで行くと、いつもの何倍もの時間をかけての探検になります。
珍しいものや、お安いもの、新しい発見があって楽しかったです。

この散策の後は、ランチに行きました。
その様子は、改めて報告いたします。

*おまけ*

豆?にダイブしてるトカゲかな?チンチョ(ヤモリ)かな?
ちょっとおまぬけな感じで笑ってしまいました( *´艸`)

d0229095_00414161.jpg

chikob






にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-27 01:08 | 勉強会 | Comments(0)

夏野菜:ツルムラサキ

こんにちは。野菜ソムリエのYです。
イチオシ野菜と言えば、親子揃って大好きなツルムラサキ‼︎
今が旬の夏野菜です。
d0229095_16555125.jpg
バンコク育ちの子ども達はいつでもツルムラサキがあると思って
冬でも春でもリクエストしてきました。
タイにいた頃は、オーガニック野菜を取り扱っている「サスティナ」で購入していましたし、タラートでもちょこちょこ見かけました。
d0229095_16434408.jpg
我が家では、調理方法とにかく簡単、茹でるだけです。
粘りが出るように、細かく刻み、醤油とすりごまをかけていただきます。

ツルムラサキは栄養価が高く、ビタミンA,ビタミンC,カルシウム、鉄などのビタミンやミネラルを非常に多く含みます。茎が紫のものと緑のものがありますが、タイでは主に緑のをみかけました。
私はやや厚みのある葉、そして茎ともに大好きです。
オクラやモロヘイヤのような粘りがあります。
d0229095_16433143.jpg
あまりにも好き過ぎて、プランター栽培を始めました。
(スーパーですぐに手に入らないことが多いというのも理由の一つですが。)
種をまく事からはじめ、やっとここまで大きくなりました。
早く収穫できる日が来るのを家族揃って楽しみにしています。
d0229095_16515196.jpg
さて次の方はどんなお野菜かな。
お楽しみに!



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-24 06:30 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

オススメは、ハヤトウリ

こんにちは♪
野菜ソムリエのchikobです。

日本では、各地で水害が続いてますね。
被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

今年のバンコクの雨季はしっかり雨が降る感じです。
降ってくれないと困る雨ですが、世界的にほどほどでお願いしたいですね。

さて、「私のイチオシ野菜」ということで、好きなタイ野菜は色々ありますが、野菜ソムリエにならなかったら絶対に手を出さなかったであろうお野菜を紹介したいと思います。

この緑のごつごつしたお野菜です。


d0229095_22220680.jpg

「ハヤトウリ」と言います。
タイ語では、「ファクメオ」と言います。

ファクは、ウリという意味
メオは、山岳民族のメオ族を意味するそうです。

タイに来るまで知らなかったお野菜ですが、実は日本にはちょうど100年前の1917年にアメリカ帰りの人により鹿児島に伝わったことから、「薩摩隼人」にちなんで「ハヤトウリ」と名づけられました。

縦に切るとこんな感じで、種の部分も柔らかいです。
必ずしも取り除く必要はなく、加熱調理の場合は一緒に食べても大丈夫です。

d0229095_22224064.jpg

カリウム、ビタミンCが多いこのハヤトウリ、生活習慣病が気になる我が家にもってこいのお野菜です。
また、タイでは、子供が熱を出した時に食べさせると良いと言われています。

ただ、このハヤトウリ、問題が二つあります。
一つ目は、皮をむくときピーラーで簡単にむけますが、この溝の部分がちょっとイラっとします。
溝に沿って包丁を入れると良いのですが。。。
二つ目は、切り口から出てくる白い液体は、タンパク質分解酵素なので皮膚を荒らしてしまうことがあります。
皮膚の弱い方は、取り扱い時に手袋をした方が良いです。

我が家での食べ方です。

「ハヤトウリとパクチーのナムル」

ハヤトウリのを千切りして、ザクザク切ったパクチーをごま油・美味しい塩・胡麻で和えます。
ささみやひじきを一緒に混ぜることも。
後一品、なにか野菜のおかずが欲しい時にササッとできる一品です。
お弁当にも入れれます。

d0229095_22283582.jpg


昨年の初冬に一時帰国した際に、野菜料理のお店に連れて行ってもらったとき、なんとこのハヤトウリが登場したんです!!
1人興奮して、お店の方に伺ったら、オーナーご自身が栽培されているとのこと。
たくさん収穫でき、長期間保存がきくためその時期でもお料理に出て来たようです。

本帰国したメンバーの情報によると、日本でもスーパーでは見かけないけれど、JAでタイと変わらないお値段100円くらいで売られていることにもびっくりしました。

ハヤトウリは、一つの苗から100個以上の果実がなるので、「千成瓜(せんなりうり)」とも呼ばれるそうです。
そこでいただいたお料理の中に、ハヤトウリの天ぷら・漬物・アヒージョが出てきました。
そのアヒージョがとっても美味しかったので、バンコクに戻ってからは何度も作ってます。

「ハヤトウリのアヒージョ」

ハヤトウリを切って、お鍋にひたひたのオリーブオイルと唐辛子、潰したにんにく、アンチョビか美味しいお塩を入れてグツグツするだけ。
加熱すると甘みが増してとっても美味しいです。



d0229095_22292256.jpg



先日お友達と我が家で女子会をしたのですが、そんな時もスキレットに材料入れてグツグツするだけなので簡単なのに、なんだかおしゃれな感じになって、喜んでもらえました。
バゲットを浸けながらいただきました。
ワインに良く合いますよ。


d0229095_22300906.jpg


他に、ぬか漬けをしていたころは、お漬物にしてました。
薄くスライスして、きゅうり、しらすと一緒に酢の物にしても美味しいです。
手軽に使えて簡単に使い切り出来るので便利です。

このハヤトウリですが、本年度は大変好評なセミナーの
「野菜ソムリエが選んだ食卓に取り入れたいタイの食材」シリーズの
パート3をします。(今まではパート2まで)

そのセミナーの「果菜」として紹介させていただく予定です。
2018年2月20日ごろ予定しておりますので、興味のある方はこのBlogの告知、もしくはフリーペーパをチェックしてくださいね。

では、お次の方へ。。。
次は、どんなイチオシ野菜が出てくるか楽しみです♪

chikob



[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-17 08:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)
こんにちは。

今週の勉強会は、SALADee にて。
メンバーからの発表はお酢のお話。
とっても体に良いお酢と相性の良い野菜や果物を探す楽しみが出来ました♪

d0229095_10092859.jpg

され、今回の勉強会はバンコクで食べることが出来る南国フルーツ食べまくりの会!
街で見かけて気になってたフルーツや、一度食べて苦手になったものなどなど。
集めてもらったフルーツは、どどーんと19種類!

皆さま、全て食べたことありますか?
私は、気になりつつ食べたことのなかった「グラトーン」を初めて食べました。

まずは、左上から時計回りに・・・
1.ロンコン
2.リンチー(ライチ)
3.ラムヤイ(ロンガン)
4.プッサー(ナツメ)


d0229095_00183628.jpg


左上から時計回りに
5.グラトーン(サントール)
6.ノイナー(シュガーアップル・釈迦頭)
7.マコーク(タイオリーブ)
8.チョンプー(ローズアップル・レンブ)
9.マフアン(スターフルーツ)


d0229095_00192922.jpg


グラトーン(サントール)をカットしてみると。。。
想像とはかけ離れた中身!!!

d0229095_10103552.jpg

この内側のふわふわの部分をいただきます。
丁度SALADeeからの帰り道、屋台の果物屋さんで購入している人がいて、思わず剥く様子をじーーーーっと眺めてました。
包丁でくるくるを皮を剥き、種の部分も含めてくし形にカットしてビニール袋へ・・・でした。

ノイナーは、手で割る感じです。

d0229095_10110246.jpg


グラトーンの種が実から離れずちょっとイラっとするのに対し、こちらはするっと取れますが大きめの種を飲み込んでしまいそうで逆に怖い感じでした。
どちらも種にお気を付けくださいね。

d0229095_10113135.jpg

やっぱりカットすると可愛いスターフルーツ。
これも、美味しくないものと思っていたのが、甘い種類もあるそうで、このままでも美味しくいただきました。



左上から時計回りに
10.マムアン(マンゴー)
11.ソムチェン(チェンマイミカン)
12.ソムナムプン
13.カヌン(ジャックフルーツ)
14.テンモー(すいか)
15.マラコー(パパイヤ)
d0229095_00201478.jpg

16.サラ(サラクヤシ)
誰も写真を撮ってなかったという・・・
大きく撮った写真に少し写ってたものをトリミングしましたが、外の皮を剥いてあるのでわかりにくいですが。。。

d0229095_22202741.jpg

私は臭くて苦手なのですが、メンバーの中には「苦手だったけど、これ美味しい」と克服した人も。
一度食べて好きな味だと、これは美味しい。好きとなりますが、最初に食べたのが美味しくないとずっとその印象が残りますよね。
でも、改めて食べて美味しかったら好きになるかも。


それぞれカットしたフルーツたちはこんな感じです。
切るまで想像できなかったものもありますね。

お部屋が一気に甘酸っぱいフルーツの香りに包まれました。
中には、クンクンすると臭いものもありましたが。。。

d0229095_00212012.jpg
以前食べて、苦手だなっと思っていたものがとっても美味しかったり、初めて食べるものが想像と違ってたりとても楽しかったです。
メンバーの中でも好みがわかれ、「これはちょっと・・・」と「美味しい」が入り混じってて、人の好みって面白い!って思いました。
なので、自分が好きでも人に勧めるときは、それぞれの特徴をお伝えした方が良いのでしょうね。


そして、そのまま食べるだけではなく、「フルーツゼリー」のアガーの適量を探るべく実験をしたり。。。

d0229095_00380547.jpg


d0229095_10120018.jpg

いっぱいフルーツの試食をした後は、SALADee提供のフルーツランチをいただきました。

こちらは、なんと!!!
スイカのステーキです。
食べたことありますか?
スイカはキンキンに冷やして食べるもの・・・という概念を覆す一品
焼いても不思議な感じで美味しいんです。
びっくりしました。
是非お試しくださいね。フライパンやグリルで焼くだけだそうです。

d0229095_00373861.jpg

さらに、パーティー・イベントにぴったりのスイカ素麺
みんなの注目集めること間違いなしですね。
あっさりと美味しくいただけます。

d0229095_00395375.jpg


見た目にも爽やかな、フルーツウォーターには、ドラゴンフルーツ・リンゴ・キウィ・ミント・アンチャンが入っていました。


d0229095_00383486.jpg

これは、においが・・・なジャックフルーツ寿司!!!
ジャックフルーツの上にビーツ入りの酢飯を載せていただきます。
口元でにおうのを少し我慢して食べたら、美味しい~!
ちょっとやみついてしまう感じでした。


d0229095_00391825.jpg

スターフルーツとチョンプーにはチーズを載せて、ピザにもスターフルーツとチーズを載せて焼いてます。
相性バッチリです。

d0229095_22203777.jpg

お豆腐にはパパイヤ味噌+キヌア

お味噌をトッピングする際、何で延ばしますか?
お酒やみりんが多いかと思いますが、パパイヤやマンゴーで延ばすとほんのり甘みが増し、塩味が薄まりとっても良い感じで美味しくなります。
是非お試しくださいね。


d0229095_00402869.jpg


見た目もカラフルで楽しいフルーツの会
とっても贅沢で楽しい・美味しい会でした。
コップンカー♡

chikob


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-13 00:17 | 勉強会 | Comments(0)

バンコクは雨季に入り雨の日も多くなってきました。

さて今回はセミナーのご報告です。

7月6日に野菜ソムリエが選んだ食卓にとりいれたいタイの食材 part.1 
というテーマの豪華なお弁当付セミナーを開催しました。
今回はセミナーで説明したお野菜のスペシャルなお土産もご用意しました。

d0229095_10423766.jpg


今年のpart.1で登場したお野菜・果物は5種類です。
テーマのお野菜は、

d0229095_11170920.jpg

カントンナ(パック・クワントン)
クズイモ(マンゲーオ)
ヒョウタン(ナムダオ)
レモングラス(タクライ)
パイナップル(サパロット)

青澤代表とメンバー二人が講師となりお話しさせていただきました。
はじめに、青澤代表より挨拶です。


d0229095_10422312.jpg


日本では九州の豪雨で大変な状況になっているニュースがありました。自然の大変さを感じています。
私達はどんな食材でどのように食べれるのか知恵を持つこと。
タラートに行って買い物ができるようにタイの食材を知ることの大切さのお話しがありました。


はじめにご紹介するのはカルシウムが豊富な青菜の代表格のカントンナです。
小松菜に似た感じですね。
スーパーの中に並んでいる青菜の中には必ずカントンナがあります。
タイではバーミー、クイッティアオなどの麺類、炒めものにも入っています。みなさまも馴染みがあるのではないでしょうか。

d0229095_10393305.jpg



カントンナには菜の花に似た黄色い花が咲きます。花の部分も苦みも少なく食べられます。
ちらし寿司の飾りなどにするとタイにいながら、日本の春の演出をすることができますね。


カントンナのスムージーの実演をしてみなさまに試飲していただきました。
水分、カントンナ、リンゴとパイナップルが入っているスムージーです。マナオ汁を入れるとスッキリといただけます。


d0229095_12260353.jpg



d0229095_12294179.jpg



緑黄色野菜の中でも栄養価が高いカントンナを使ったスムージー。 便秘解消、お腹スッキリにも効果ありです。自宅で試してみたくなりますね。


続いて、クズイモ(マンゲーオ)のご紹介です。
写真の茶色のコロっとしたものがクズイモです。ご覧になったことありますか。
日本語では、葉や花などが葛にそっくりなことからクズイモ(葛芋)名付けられました。


d0229095_10410468.jpg


タイでは果物感覚で食べられて、屋台で売られています。
今回は試食をご用意しました。
みなさま、食感を楽しまれていました。味噌マヨのディップも好評でした。
マンゲーオは薄くスライスしてきんぴらにしたり、オリーブオイルをひたひたにして弱火でじっくり火を通したアヒージョでも美味しくいただけます。にんにくはしっかりがポイントです。いろいろ試してみたくなりますね。


d0229095_10412655.jpg



続いては、ヒョウタン(ナムタオ)です。
タイではカービングにもよく利用されてます。
今回は3種類の大きさのヒョウタンを用意しディスプレイしました。



d0229095_10405352.jpg



ヒョウタンは世界最古の栽培植物の一つと言われています。
日本でも縄文時代の土器からヒョウタンの種が出てきたとのことです。昔から容器として使われていることがわかりました。歴史を感じますね。ヒョウタンはほとんどクセもなく、スープや炒め物、サラダなど幅広く利用できます。


d0229095_10424987.jpg



続いては、レモンに似た甘く爽やかな香りのハーブ、レモングラスのご紹介です、
スパなどでレモングラスティーが出たり、精油が利用されているのを見かけます。
今回はレモングラスティーの実演をさせていただきました。会場に爽やかな香りが広がります。


d0229095_10413717.jpg



タイではトムヤムスープには欠かせません。
生食できますが、かたい外側を剥くか、細かく切って使います。タイ料理屋さんでも細かく切られたレモングラスのサラダがありますね。


d0229095_10415923.jpg


煮だして香りを出すには、根元を軽く叩いてそのまま、あるいは細かく切ります。
疲労回復やストレス解消、消化促進効果もあります。タイでは虫よけスプレーの原料にもなっています。


最後に南国果物の代表格、パイナップル(サパロット)です。


d0229095_13173478.jpg



タイはパイナップルの生産が世界トップクラスです。
タイでは20種類以上のパイナップルが生産されており、その大半が缶詰として輸出されています。
タイに居るうちは、いつでも簡単に手に入るフレッシュパイナップルを食べるチャンスですね。


d0229095_13173191.jpg



パイナップルには、たんぱく質分解酵素があり、肉を柔らかくする効果があります。
本日のお弁当の中にもBBQ パイナップルリブもご用意しております。楽しみですね。
食前や食後に生食すると消化促進効果もあります。


野菜ソムリエならではの実体験や説明、アイディアレシピなどご説明させていただきました。
参加されていた方は熱心にお聞きいただき、質問も多くあり活気のあるセミナーとなりました。



d0229095_13260009.jpg



d0229095_10411585.jpg



いよいよお楽しみのお弁当です。メンバーが、ひとつひとつ心を込めて準備しました。
彩りよく、見た目にも美味しいお弁当ですね。 冷たいレモングラスティーもご用意しました。


d0229095_10391948.jpg

この「野菜ソムリエコミュニティ バンコク」のBlogにて、今回のお野菜をメンバーが紹介している記事もあります。
レシピの紹介等もありますので、併せてご覧くださいね。

カントンナ→
マンゲーオ→ ☆☆  ☆☆☆
ヒョウタン→ ☆☆
レモングラス→ ☆☆ ☆☆☆
パイナップル→ ☆☆



今回説明させていただいた、野菜をお土産としてお渡ししました。
みなさま、お試しされましたか。いかがでしたでしたか。


d0229095_10381589.jpg



参加された方より、「レシピもあり、すぐに実践できて良いね!」と喜ばれて帰られていた
ご様子や、「今晩のおかずに早速作ってみます。」とのお言葉をいただき、野菜ソムリエメンバー
一同、大変嬉しく思っています。ご参加いただきありがとうございました。



d0229095_10421253.jpg

*お知らせ*

今後の予定です。
今回参加された方も、今回を逃した方も是非part2、part3にご参加ください!
日程が決定しましたら、改めてご案内いたします。

食卓にとりいれたいタイの食材 Part.2(予定)

日時 2017年10月ごろ
紹介野菜・果物・ハーブ

カナー
青パパイヤ
タロイモ
グアバ
ミント

食卓にとりいれたいタイの食材 Part.3(予定)

日時 2018年2月ごろ
紹介野菜・果物・ハーブ

空心菜
ハヤトウリ
ビーツ
ドラゴンフルーツ
カー



私たちは一緒に勉強し活動する仲間も大募集しております。
食いしん坊の集まりと言われる、野菜ソムリエコミュニティ バンコクの仲間入りしませんか?

興味もたれましたら、いつでもお声かけ下さいね。
今回も身近なタイ野菜の講義とそのお野菜のレシピを紹介、野菜のことをもっと知って、新たなレシピをゲットしてみませんか?

野菜のことを知った上で料理すると、きっと何かが変わるはず! 是非新たな発見をつかみに来てください。


お申込み/お問い合わせは 青澤まで
TEL/SMS 081-836-6350
MAIL : saladee.aosawa(@)gmail.com
(@)の( )は、迷惑メール対策ですので、( ) を外して@だけで送りください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
                                                 
Kusaka


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-11 00:00 | イベント案内&報告 | Comments(0)

オクラは英語でもOKRA


みなさま こんにちは。
ベジフルビューティーのYamaです。

イチオシ野菜(果物)というテーマでメンバーがそれぞれの食卓事情を赤裸裸に公開している今回のテーマ(笑)

真っ先に黒キクラゲ!と思ったんですが、以前の好きな野菜の時にご紹介したので、今回は我が家の冷蔵庫に必ず常備されている「オクラ」にしました☆

なんとなくあのネバネバ成分が身体に良さそう〜と思いますよね。
納豆や山芋のネバネバの主成分がタンパク質なのに対して、オクラのネバネバ成分はタンパク質だけでなく、ペクチンやガラクタンという水溶性食物繊維によるもので多少の加熱では変化せず、加熱によって細胞から出て来るのでネバネバがしっかり残るそうです。
なので、整腸作用を促しコレステロールを排出する作用や便秘を防ぎ、大腸がんを予防する効果があると言われています。
そして、オクラにはβーカロテンがレタスのおよそ3倍以上も含まれていて、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守る働きもあると言われています。

さらに、カリウムやカルシウムも豊富に含むそうで、カリウムは塩分を排出する働きがあるので、高血圧やむくみ予防にもなりそう!

タイでは通年、安く手に入るというのも嬉しいですね♪
オーガニックのものも手に入りますが、ベランダ菜園でも割と簡単に育つそうなので、挑戦してみたい!と思っています。


そんな嬉しい栄養素がたくさん含まれるオクラ。我が家ではこんな風に食卓に出しています。
d0229095_11453914.jpg
我が家ではオクラを買って来ると、いつでも使えるようにさっと湯通しして出汁びたしの状態で冷蔵保存しています。

これを竹輪の穴の中に入れて1口大にカットしたものをお弁当のおかずにしたり。。

冷や奴に乗せたり
d0229095_11454870.jpg
もずくに混ぜたり
d0229095_11453082.jpg
トマトと塩麹和えにしたり
d0229095_11455869.jpg
はんぺんや黒キクラゲ、いろいろお野菜と合わせてお焼きにしたり、みじん切りにしてお好み焼きに少し混ぜ合わせたりしています。
d0229095_11460731.jpg
最近はぬか漬けにはまっているので、ぬか漬けにしたり・・・と食卓で見掛けない日はないんじゃないか?というぐらいに色々と活用しています。

子供達の離乳食期の頃も柔らかく煮て、種を抜いて、みじん切りにして、うどんやご飯と混ぜて食べさせていました。


今夜のおかずにいかがですか?

それでは来週の方にバタンを回しま〜す!




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-10 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

皆様こんにちは。
ご訪問頂きありがとうございます。
昨年12月に野菜ソムリエ(旧:ジュニア野菜ソムリエ)を取得したhalu*です。
在タイ6年目を迎えます。
野菜ソムリエコミュニティBangkokのお仲間に入れて頂き
毎月、青澤代表をはじめ、ソムリエの先輩方と共に知識を深めるべく
お勉強会に参加したり、美味しいものを食べたり、遠足に行って見聞を広めたりと一緒に楽しく過ごさせて頂いています。
ブログリレー初参加となりますが、よろしくお付き合い下さいませ。

d0229095_23483932.jpg
私のイチオシは『ツボクサ』です。
ツボクサ(和名)/ゴツコラ
セリ科 ツボクサ属
薬効成分がいっぱいのハーブなんです。

このハーブとの出会いは、青澤代表が毎月連載されている
フリーペーパー“WOM Bangkok”内のコラム『タイ野菜でベジフルライフ』でした。
タイ在住の方は目を通される機会が多いかと思います。
タイならではの野菜や果物について、栄養価や食べ方、
またそれにまつわる小話など、ためになるお話で盛沢山!お勉強になりますよ。
*WOMサイトからもご覧いただけます。最下段にバナーがございます。

ベジフルライフによると。。。
サプリにしてまで摂りたいほどの効能が沢山!!
日本で販売されている400を超える化粧品にツボクサの成分が!!etc.
健康オタク、エイジングケア世代のアラフォー・アラフィフ女子にはツボなお話。
当然、私の好奇心・探求心がツボクサに向かうのでした。
d0229095_00525740.jpg
さて、このツボクサは、
センテラアジアチカ、インディアンペニーワート、雪積草、タイガーハーブ、
ブラフミー、タラペトラカ、タイにおいてはブアボックと沢山の名前を持っています。
世界中でとても大切なハーブ(薬草)として扱われている証拠と言っても良いでしょう。

原産は不明なのですが、東南アジア・南アフリカ・アメリカに分布。
日本では本州の関東以西から琉球、小笠原地域にわたって自生しています。
日本においては雑草扱い。しかし近年、ツボクサの効能を知る人が少しづつ増えてきたのでしょうか。
家庭菜園で育てている様子を綴ったブログや栽培業者のHPをちらほらお見かけするようになった気がします。

d0229095_00514441.jpg
↑ローカルなフードコートにて。

タイでは上の画像の様にカノムチンの付け合わせ野菜として、
また最もポピュラーなのが、青汁のような生絞りジュースを健康飲料として愛飲されています。
ローカルな市場で生絞りジュースを見かけた時、
売り子のおばさんが、「スカパープ ディー ナ!!」(カラダに良いんだよ!)と
教えてくれました。ムエタイ選手が試合後の打ち身治療の為に飲むことでも有名であり、
先人の知恵が詰まったハーブと言えそうです。
d0229095_00541640.jpg

『先人の知恵』はいかに?

WHO(世界保健機構)はツボクサを
「21世紀の驚異的薬草」として「保護すべき薬用植物の中でもっとも重要なものの一つ」
に位置付けているようです。

中国:『神農本草経』(中国最古の薬物学書)では養命薬*上品「不老長寿作用」
インド:アーユルベーダでは「最も重要な若返りの薬」
として重要とされているハーブなのです。

*脳機能を高め、集中力や記憶力を増進させる。
*鎮静効果があり、中枢神経を安定させる。
*疲労を軽減し、うつ症状や不眠症を緩和させる。
*血行を良くし、体中の血液の流れを高め、血管や毛細血管を強くする。
*血管体系を強化し、血管の炎症を治す。
*免疫機能を高める。
*コラーゲン生成の促進。やけど・傷・疥癬・湿疹などの皮膚修復効果。
*風邪や気管支炎症状の緩和。
*肝臓や腎臓機能を増進。解毒作用。

まさしく“医食同源”

タイ生活の中で身近に購入できます。
食卓に取り入れる価値大ですよね!


d0229095_00503078.jpg
左:エムクオーティエ内 グルメマーケットにて 30B
右:ヴィラマーケットにて 25B

d0229095_00533833.jpg
風味はセリ科だけあってセリに近い香りです。
よって、和食との相性抜群!!

我が家ではツボクサを使って、↑画像のようなお料理を作ります。
和え物やサラダに
菜飯やチャーハンに
少し甘めの野菜(コーン、カボチャ、玉ねぎなど)とかき揚げに
お鍋の具材に
お味噌汁やお吸い物に

少し繊維が硬めなので、お子様には咀嚼力がつくかと思いますよ。

*妊娠中の方はお控え下さいね。
d0229095_00510485.jpg
エムクオーティエ(グルメマーケット)で生絞りジュースを購入。
お家で生絞りジュースを作るのが一番ですが、繊維が残るため、こして飲むとベター。。。
ちょっと手間なので、生絞りジュースを購入してアレンジ。
*バナナとパイナップルを合わせたスムージー
*ポタージュスープと合わせて。

こちらは、脳の活性化、脳のエネルギー源として最高の組み合わせです。
よって、一日の活力として朝食に!
そして記憶力を高めたい受験生に!
もちろん美肌効果もあり!!


最後におまけ。。。
d0229095_00522358.jpg
ツボクサ成分を使っての化粧品は日本において沢山あります。
有名なドモ〇〇〇〇〇〇ルやア〇〇〇〇トなど。

タイの薬局やスーパーでお買い求めできるツボクサ入りの化粧品↑
真ん中のローションは、私のお気に入り商品なんですよ。
150Bにて、たっぷりと使用してます。

よく、お友達にお化粧水は何使ってるの?と聞かれるのですが、
アパイプベート病院ハーブ研究所のお品を使ってるよ!と答えてます。
日本のお化粧水が無くなって困った時、
またはタイ製品で安価で良いものを!
とお考えの方におススメです。

***********


食べるものが、健康で美しいカラダを作る。
日ごろの食生活、大切ですね。





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ




[PR]
by vfcbangkok | 2017-07-03 00:01 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)