タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

我が家の万能野菜

こんにちは!
昨年3月に3年8カ月のバンコク駐在から本帰国しましたYUKOです。

帰国して1年、改めて日本の四季、和食のありがたさ、発酵食の豊かさ…を痛感し、日本って素晴らしい!と感動していたら、あっという間に4キロも太ってしまった私です(^^;;

今年は更に食の学びを深め、これから下記でご紹介する野菜を効果的に摂りながら、身体を絞ることに励みたいと考えています。

さて、私のイチオシ野菜…というテーマ、私の案でもあったでしょうか⁈f^_^;
年度始めのブログテーマ案を検討していたその時、確か思い付くまま6つ程の案を提出させて頂いた記憶がありますが。
その中の一つが「私のイチオシ野菜」。

レギュラー野菜、イレギュラー野菜(お友達から郷里の野菜や山菜を頂いたり)、旬野菜、珍野菜、無農薬野菜、オーガニック野菜、地元野菜(地産地消)、ご近所の散歩道途中にある農家さんの野菜…日々の生活では様々な野菜が多方面から飛び込んでくるので、その中でイチオシ(たった一つ)っていうのが何とも悩ましい…。
難しいテーマを投げ掛けっぱなしで、メンバーの皆さん、今さらながらごめんよ〜!

多分、この野菜ソムリエメンバー全員が「野菜全部好きだからさー」と言いたかっただろうにと思います。

それでも今回のリレーブログでメンバー、一人ひとりのこだわりのイチオシ野菜が知れて、「やっぱりイチオシ野菜って面白い、しかもこれまでイチオシ野菜が誰ひとりかぶってない⁈」と、始めから興味深く全部読み返してしまいました。

さて、前置きが長くなりました。
そうこう考えると、我が家の野菜室に無くなると「⁈⁈」と落ち着きが無くなるのが…我が家のイチオシ野菜かな、と思いました。
それが、「セロリ」です。

生野菜で食べて良し、炒めて良し、煮て良し、ぬか漬けにして良し、スープにして良し、香り付け・肉、魚な臭み消し(ブーケガルニ)に使って良し、肉巻き野菜に使って良し、春巻きの具にして良し、ナムルやマリネにして良し、タレの薬味に良し。
まさしく、「我が家の万能野菜」です。

かなり大胆に分けると、セロリというと、西洋セロリとタイセロリ(キンサイ、クンチャーイとも言う)の2種類が一般的でしょうか。

タイセロリの方が細くて若干筋張っていて、香りが強い気がします。
バンコク駐在時代にはかなりお世話になりました。
タイではヤム(和え物)や炒め物に多く使われていました。
2〜3本入って30B前後(100円しない位)というのは何とも魅力的でしたが、西洋セロリよりクセが強いので、あまり一度に多く使い過ぎると子どもたちには不評でした。

しかし、セロリ+ザーサイ、セロリ+高菜漬け、セロリ+キムチ…と、クセの強いもの同士の掛け合わせは子どもたちも大好きで、特に豚肉との相性は抜群です。
熱を加えても、栄養成分はほとんど変わらないっていうのが嬉しい限りです。

ここで、セロリについてもう少し詳しくご紹介します。
セロリって独特な香りやクセが強いから苦手な方も多いでしょうが、私のような40代女性は特に意識してとるべき野菜かもですよ。
それは何故か⁈

セロリは野菜の中でも低カロリー(15キロカロリー/100g)で栄養豊富でダイエット効果も高い野菜だからです。

ビタミン、ミネラルが多く含まれているのはもちろん、カリウムも豊富なため、ついつい濃いめの味付けにしてしまう我が家、味噌汁、漬け物など、塩分の多い我が家、お酒の好きな我が家にはうってつけ野菜です(茎に含まれるメチオニンは肝機能を活性化)。
余分な塩分を排出し、飲酒や喫煙により溜まった一酸化炭素などの有害物質も排除してくれようとするなんて、なんていい子!

豊富なビタミンAは免疫力、抗酸化力をアップさせると言われています。
しかもガン予防、コレステロール低下、糖尿病予防に効果的って、ちょっと言い過ぎじゃない⁈と思うほどの万能ぶり。

食物繊維も多いので満腹感もあり、腸内環境を整えてくれるなんて、女性は嬉しい悲鳴!

更に、葉の部分にはカロテンが多く含まれているので、身体を錆びつきにくくしてくれるなんて、アンチエイジングにはもってこい!

女性には有難い食材だと言えるけど、だからと言って大量摂取は冷えの原因にもなるので、そこはほどほどに。
女性は身体を冷やしてはいけないって言いますもんね。

でも、この年になると、子どもたちのこと、家族のこと…更年期なんだか何だか、イライラすることも多いと思います。
そんな時にはセロリの香りが鎮静作用がありストレス軽減にも役立つということも知っていると、食卓に上がる回数がついつい増えるかも♪

我が家で良く作るのはセロリの葉も入れたひじき煮
d0229095_09515070.jpeg


ぬか漬け
d0229095_09523810.jpeg


白身魚(手羽元)とセロリの梅煮(生姜、レモングラス、生胡椒、ネギ入り)
d0229095_09530115.jpeg


休みの日の野菜スープ(土日分を大量作成)、パスタのトマトソース(大量作成、冷凍庫にストック)
d0229095_09533463.jpeg


ポークビーンズ
d0229095_09540351.jpeg


ラープムー(セロリの葉入り)
d0229095_09543071.jpeg


サラダ(自家製シーチキンとレモンドレッシング)
d0229095_09565060.jpeg

…などなど。

あー、なんていい子なんでしょう。
私から見たらかなりのお助けマンです。

さ、今晩は野菜の肉巻きにするかなー。
d0229095_09561097.jpeg







[PR]
by vfcbangkok | 2017-05-29 09:18 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

出会いは意外な場所で

こんにちは。
野菜ソムリエのJunです。
バンコクはついに雨期に入り傘が手放せない季節になりました。
日本は新緑が美しくすがすがしい気持ちの良い季節ですね。
半袖で過ごせる日も増えてきたとか。
夏野菜たちは新芽に栄養を蓄え太陽に向かってどんどん成長していくこの時期。
今回ご紹介するイチオシもそんなぐんぐんと成長するパワーにあふれた野菜
ヨートマラワーンです。


先日も買ったこのお野菜、一袋どっさり入って25バーツ。

d0229095_05050783.jpg

葉っぱやつるがもしゃもしゃした感じ。
スーパーで見かけるとつい買ってしまう私の好きな野菜です。
さて今日はどうお料理しようかな~。

このお野菜、バンコクのとあるお店でランチした時に初めて食べてから
大好きになったタイ野菜のひとつ。
おひたしの様な感じでちらし寿司の隅っこに添えられていたのですが、
しっかりとした歯ごたえと青々とした色合いでとっても美味しかったのです。
その後これは隼人瓜の新芽で
タイの市場やスーパーで普通に売られていることを知ったのでした。
他の食材のじゃまをせずその存在感をアピールしてきたこのお野菜。
このタイ野菜との出会いはお寿司屋さんだったのでした。

d0229095_12342832.jpg

つるの先端はくるくる~と可愛くカールしてます。

因みに隼人瓜(ハヤトウリ)はタイ語では「ファクメオ」ですが、
その新芽は「ヨートマラワーン」と言います。
最近日本でもよく食べられているというこの隼人瓜、
ひとつの苗からどんどん蔓をのばし
100個以上もの実がなるので「千成瓜」とも呼ばれています。
ヨートマラワーンはそんなすごい生命力に溢れた野菜です。
この繁殖力を活かして夏の日差しをよける緑のカーテンにもできそうですね。
ゴーヤや朝顔のかわりにいかがでしょう?
もしベランダに作ったら?新芽を摘み取っていつでも食べられるかも!
でも隼人瓜が採れすぎて困る?・・・
なんてバンコクのアパートのベランダでは無理か。


d0229095_04302582.jpg


炒めて食べるのがタイではポピュラーです。
にんにくとオイスターソースとお醤油少々で炒めてみました。
シャキシャキとした歯ごたえがたまりません!
炒め物「パット・ヨートマラ(ワーン)」はタイ料理屋や中華料理屋によくありますし、
タイすき屋さんのお野菜チョイスにもあるんです。


d0229095_13351803.jpg

我が家ではツナやじゃこと炒めたり、
出会った時のようにシンプルにお浸しで食べたり、和食アレンジで頂くことが多いです。

d0229095_12384717.jpg

クセがなくほのかな甘味が感じられ色々アレンジできます。
今日はトマトとヤムにしてみました。
d0229095_12394466.jpg

茎の下の方や太い茎は固いので食べれませんが、細い茎と葉っぱ、先端部分を食べます。
つるも柔らかい部分は捨てずに頂きます。
食感がよく子供たちも抵抗なく食べてくれました。
野菜ソムリエ資格をとってちょうど2年、
このコミュニティで学び刺激を受けタイ野菜の世界が広がったお陰で
今では子供たちもタイ野菜をパクパク食べれるようになりました。

このヨートマラワーン
食物繊維が豊富で、クロロフィル(葉緑素)も豊富に含まれています。
クロロフィルは解毒作用が高く、また貧血の予防・改善効果があると言われています。
私たちの体には食物添加物や外の排気などの化学物質が知らないうちに溜まっています。
日々の食生活に解毒作用のある野菜を積極的に取り入れて
体の中に溜まってしまった毒素や老廃物を出したいものです。
自然の食品が持つパワーをデトックスに活かせるのは嬉しいですね。

今日本でブームのパクチーも体内の毒素の排出を促す、
解毒作用が非常に高いハーブとして有名ですよね。
タイでこのパクチーを取り入れない手はないのですが、
パクチーがどうしても苦手という方はぜひこのクルクルつるのかわいい
ヨートマラワーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

見た目が似た「ヨートマラ」「タムルン」という蔓野菜もあって
見分けが難しいこともありますが、
売り場のおばちゃん(とは限りませんが)に、
「ファクメオ(隼人瓜)はどれ?」と聞けば教えてくれます♪


かわいいファクメオのベビーがついてて思わずシャッターをパシャ!


d0229095_04550710.jpg


デトックス野菜をたっぷり取り入れて体の中をキレイにしましょう!
そしてまだ知らぬタイ野菜との出会いに今後もこうご期待!

[PR]
by vfcbangkok | 2017-05-22 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)
野菜ソムリエのYです。
暑い日が続いております。
屋台でも手軽にカットフルーツが買えるタイでは、
ビタミン、水分補給に果物も上手に取り入れるといいですね。
今の時期、暑いほどに美味しく安くなるマンゴーを、週に何度も頂いています。


私のイチオシはこちら。

d0229095_16124903.jpg
<マンゲーオ>
マメ科・クズイモ属 
日/クズイモ、ヒカマ
英/Jicama、Yam bean

果物ではなく、イモです!
ですが、タイでは、砂糖・塩・唐辛子のミックス(下写真ピンク色の物=プリッククルア)とともに、
フルーツ感覚で食べることもあり、果物屋さんで売られていることもあります。
Fスーパーではカットフルーツコーナーに置かれています。
ごろっと丸ごと買いたいときはタラートに行ってみてくださいね。
日本ではほとんど流通していないため、在タイ中に是非食べて頂きたいです。
加熱しても残るシャキシャキした食感がたまりません!

d0229095_16134584.jpg


★取り扱い
カット済は冷蔵庫へ、
丸ごとのものは、新聞紙に包み、冷暗所で保存します。
皮剥きは簡単です!
はじめにちょっと包丁を入れたら、ずるずるーと剥けます。
小さなものなら、手だけで剥けてしまいます。(この辺も果物っぽいですね!)

d0229095_16133810.jpg
★栄養・効能
90%が水分、イヌリンを含む食物繊維とビタミンCが豊富です。
イヌリンには、血糖値を下げたり、腸内環境を整える効果があります。

★注意
葉や種子には毒性があるため、根以外の部分は食べられません。

家ではこんな食べ方・・
d0229095_16135435.jpg
d0229095_16140342.jpg
d0229095_16141968.jpg
d0229095_16141967.jpg

カットした物そのまま使うと簡単です。
生でサラダにも出来ますし、スープ、炒め物、煮物と、幅広く使えます。
ちなみに生のものは粉っぽく、私は加熱した方が好みです。
高価な輸入長芋を使わずに、自分でフワフワお好み焼きを作りたい時にも大活躍です。
うちでは一緒に粘り気のあるオクラを入れちゃいます。
※野菜ソムリエセミナーでもマンゲーオとオクラのだし風、その他ネバネバの組み合わせで、
+納豆、+モロヘイヤ でご飯やそうめんにかけるというレシピが紹介されていました♪
是非とも手に取って、お料理してみて下さいね!

d0229095_16140328.jpg
常夏タイランド、上手に水分補給してね~!





[PR]
by vfcbangkok | 2017-05-15 00:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

日本では、GWが終わり、通常モードにシフトの月曜日。

みなさん、GWはいかがお過ごしだったでしょうか?

家族そろって楽しい食卓を囲まれたことでしょう。



今日は、食卓に並べるだけで元気になるビタミンカラーのお野菜について書いてみます

野菜ソムリエのシマモトです。

好きな野菜はいっぱいあるのですが、今、一番好きなのは『パプリカ』です。

私が子供の頃、数十年前はパプリカなど食卓に出た記憶がありません。

そりゃそうですよね。日本に入って来たのは1993年。

オランダから輸入されたのが最初だそうです。



2006年くらいから日本でも栽培されるようになりましたが今でも90%は輸入です。

ビタミンA・Cが豊富なのはもちろんのことビタミンCの酸化から守ってくれる

ビタミンPが含まれるので熱料理にも適しています。  



わが家では、さっぱりとした口あたりのピクルスは1年を通して常備しています。

ここ数年は、『マッサ』も常備するようになりました。



d0229095_15093596.jpg


ご存知の方も多いと思います。作り方はとっても簡単。

塩を振って1週間放置。水気を取ってミキサーにかけるだけ。

いい感じの調味料になります。



パプリカの特徴が”キリッとした彩り”ということから、

色気がなくて寂しい料理を一気に華やかにしてくれます。

サラダにもお弁当にも強い味方です。





これは、お友だちが遊びに来てくれた時のものです。サラダとパエリア。

パプリカがあるとないとじゃ大違いですね。

d0229095_15115519.jpg




こちらはマッサを使った夕食の一品です。

◎自家栽培のえんどうとタコと茹でもち麦を黄色のマッサで。

◎帆立スライスとこのあたりで獲れる”砂わかめ”を赤いマッサで。

◎赤と黄色のパプリカとエリンギをごま油で炒めて甘酒塩麹で混ぜて胡麻と青のりをパラパラと。

◎自家製酵母で作った種生地でピザを。少し甘酒塩麹を入れてあります。

d0229095_15121715.jpg



日本に本帰国してからは、麹・ヤンニョム・味噌・甘酒・酵母・発酵シロップなど

自分が”発酵”してしまうんじゃないかというくらい('ω')発酵にもハマっています。

パプリカを始めとしていろいろな野菜の味付けに発酵品と合わせています。

(頑張ってみたけど、配合がイマイチでとても出せないものも・・)

パプリカは、昨年に続き、今年も苗を買ってきて、育てています。

赤・黄・オレンジ・紫・白パプリカと緑ピーマンを植えてみました。


d0229095_15233415.jpg



畑はないのでプランターで育てています。

GWに1週間家を空けていたのですが、ありがたいことに、

お隣さんが水をやってくれていたみたいで

スクスク育っています。

d0229095_06163855.jpg




うまく収穫できたらどんな料理に、どんな調味料と合わせようかとワクワクします169.png


ついでに・・・最近では、こんなものも手に入るようになりました。

d0229095_15495971.jpg




解凍するとサラダには、ちょっとちょっと・・・な感じなので

もっぱら炒め物に使っています。

冷凍品も上手に使いこなしたいですね。

日本野菜ソムリエ協会では、『冷凍生活アドバイザー養成講座』もあります。

ご興味ある方は、こちらもどうぞ。

お読みいただきありがとうございました。






 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ


にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-05-08 03:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

ハーブの風に誘われて

皆さんこんにちは。野菜ソムリエのATです。とあるタイの田舎町に住む主婦です、とブログを書き始め何回目か?すでにタイ生活6年目のベテランになりました。これだけいれば、タイはもちろん周辺のアジア諸国にも旅行などに行くわけですが、どの国にでも料理に必ず使われているハーブを、今回のお題、「私のおすすめ野菜(果物)」しようと思います。ハーブといってもいろいろあり、最近では日本でパクチーブームが巻き起こっているようですが、特に私は日常生活によく使うミントをとりあげます。(これは我家のサラネーです)

d0229095_16325573.jpg


先日、ラオスに小旅行に行ったのですが、やはりハーブがかなり使われていましたので一部ご紹介します。タイのイサン(東北部)とラオスは隣合わせのため、料理も同様のものがあります。
写真はラープというひき肉やハーブを炒めた料理です。ここにもしっかりミントが使われています。


d0229095_16315751.jpg

次にカオソーイという麺料理です。同名でタイの麺料理のものがありますが、こちらは違います。
麺は米の麺で味はたんたん麺と似ています。辛さは柔らかく食べやすいです。注文すると、大量のハーブが出てきて驚きました。


d0229095_16322921.jpg

さて、冒頭に載せたのは我家のミントですが、ごらんのとおりタイの暑さにも動じないほど、繁殖力の強いハーブです。
タイではバイ・サラネーと呼ばれていますが、スペアミントの一種です。ミントは主にスペアミント系とペパーミント系に分かれています。
スペアミントにはビタミンA、鉄、ポリフェノールの一種のフラボノイドなどが沢山含まれています。
爽やかな清涼感をもち、消臭効果も期待できますが、他に消化不良や吐き気、咳、鎮痛、かゆみ止め、防腐、殺菌性などの効果もあります。タイでは、風邪の予防や目の滋養、下痢の緩和などにも効果があるとされています。精神への作用もあり、イライラを鎮め、心身のリラックス効果やウツの改善が期待され、少量で安眠を誘う効果があると言われています。
ここからは、我家のミント料理を少しだけご紹介します。



d0229095_16332853.jpg

<バインミー風サンドイッチ>
バインミーとはベトナムで食べられているバケットのサンドイッチのことです。ベトナムのホーチミンへ旅行した際に食しましたが、
洋風のパンとアジアのハーブや独特の調味料の融合にとても驚きました。風ですから自己流で、ミント、ディル他ハーブ、自家製乳酸キャベツ、とりハムをいれ、水切りヨーグルトや塩コショウ、マヨネーズなどで味付けしています。


d0229095_16334956.jpg

<ライスハーブサラダ&焼き鳥のハーブソース添え>
ライスサラダにはハーブ(ミント、ディル、パクチー、タイセロリ、レモングラス他)ときゅうり、トマト、コーンなどの野菜、ライスベリー、キヌア、ハトムギなどの穀類を入れ、オリーブオイル、塩コショウ、ライムで味付けしました。タイの焼き鳥(ガイヤーン)にはミントとバルサミコ酢とはちみつのソースをかけていただきます。

デザートも少し


d0229095_13495926.jpg


<ヨーグルトムース(パイナップルのミント和え入り)&ミント入り水羊羹>
ムースは甘さ抑えめでさっぱりと。パイナップルの甘さにミントがよく合います。水羊羹はどうでしょう、あうかなあ。と思って作ってみました。清涼感が意外といいかも、と思っています。

普段、ミントはパセリなどと合えたり、果物と合えたりサラダとして使うことがやはり多いですが、前菜からメイン、デザートまで幅広く使えるので重宝しています。これで体にいいならば、安価なタイではどんどん料理に取り入れるべきですね。ミントだけでなく、ハーブ全体にいえることですが、時々無性にハーブを食べたくなる時があります。きっと体が欲しているのでしょう。
メソポタミア文明のころからすでに、人々の生活にかかわってきたというハーブ。現在も料理、香料、民間療法、様々に使用されています。タイではハーバルコンプレスというマッサージで使用されるハーブボールの中に、沢山入れます。もちろん、ミントも入っていますよ。暮らしに根付いているのを感じます。これからもハーブの風に誘われて、ふらっとアジアを旅したいなんて思っています。

今日もお疲れ様でした。ミントを大量にいれたカクテル、モヒートで一日の疲れをいやします!
では次の方へ



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-05-01 16:29 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)