タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
昨年12月に資格を取得しました、新人ベジフルビューティーセルフアドバイザーのRIEです。
実は美容に関しては無頓着、雑誌のビューティー欄はすっ飛ばしてきた私です。。。
このバンコクに暮らしてさえ、日焼け?紫外線?たまには日に当たらないと、くらいに過ごしてきました。
でも、ようやくアンチエイジングという言葉に興味を抱き、日焼け止めを使い始め、エイジングによる体の変化と病気が気になり、運動と食生活のコントロールによるダイエットに興味を持ち始めました。
ベジフルビューティーの資格を通して、これから知識を深めていきたいと思っています!


日差しの強いバンコクで気になるのはやはり紫外線による肌のダメージ、老化ですね。

我が家の冷蔵庫に必ずあるお野菜と果物のなかで、美肌の味方のこれらをご紹介したいと思います。

まずは『パプリカ』です。

d0229095_12555528.jpg


苦手な方も多いかもしれませんが、美肌のために是非食べて欲しいお野菜です。

以前はパプリカを食べ慣れていなかったので、ピーマンなのにあの甘み、と受け入れにくかったのですが、10年前から海外に住むようになって、ピーマンが手に入らず代用を続けているうちに、今ではすっかりパプリカの方が好きになってしまいました。

ところで、ピーマンとパプリカの違いをご存知ですか?

パプリカはピーマンの一種です。
そしてハバネロや獅子唐辛子もピーマンの一種です。

そうなんです。
実は唐辛子もピーマンもパプリカも獅子唐辛子も、はっきりした定義はなく品種群が違うだけで本質的には同じです。

英語ではピーマンもパプリカも獅子唐辛子も「sweet pepper」なんですね。

「sweet pepper」に対して「hot (red)pepper」は唐辛子です。

ピーマンと唐辛子も別物と思いきや仲間で、辛味がなくなるように改良されたものです。

辛味の強いものをhot pepper、弱いものをsweet pepperと呼び分けています。


鮮やかな色からも想像出来るように、栄養も高いパプリカですが、「ビタミンエース(ACE)」をすべて含んでいる為、相乗効果で抗酸化パワーがアップし、老化予防効果が期待できます。
抗酸化はアンチエイジングのキーワードですね。


ビタミンCはレモンとほぼ同等で、赤ピーマンは緑ピーマンに比べて約2倍、赤ピーマンよりパプリカの方が高く、中でもオレンジパプリカはさらに高くなります。


パプリカに含まれるカロテンは、肝臓の解毒力を高め、きれいな血液から皮膚の細胞ひとつひとつに栄養を行き渡らせます。
オレンジパプリカは緑ピーマンのなんと30倍!


赤の色素である赤パプリカカプサイシン、黄、オレンジのゼアキサンチンはカロテノイドの一種キサントフィルという成分で、カロテンより更に高い抗酸化作用があります。


我が家の冷蔵庫には赤と緑パプリカは、ほぼ必ず入っています。
サラダ、おかか和え、青椒肉絲、肉詰め、卵焼き、野菜炒め、、、結構登場します。
お弁当にも大活躍です。

パプリカは生でも加熱調理でも 美味しく頂けますよね。

熱に弱いビタミンCですが、なんとピーマンに含まれるフラボノイドの一種ビタミンPなどが熱による酸化を守り、ビタミンCを壊れにくくしています。
さらに脂溶性のカロテンとビタミンEは油との相性が良いので加熱調理にも向いています。


おかか和え
d0229095_12593757.jpg

王道ですね。その日のお弁当に入れたい色で作ります。
これはピーマンですが、パプリカで赤、黄色、緑、または2色ミックスも作ります。


色々パプリカとキャベツのビタミンCサラダ
d0229095_15401358.jpg

スライサーでカット。ビタミンCの豊富なキャベツも生でたっぷり頂きます。
中華風でも和風でも何でも合いますが、我が家はゴマドレッシング和えが多いです。


ガスパチョ
d0229095_13143948.jpg

ある日のおもてなしで。
オリーブオイルを少し垂らして頂きます。
これも子供達のお気に入りです。


グリル
d0229095_13175298.jpg

子供達が奪うようにして食べるグリルです。
作り置き出来るので、忙しいおもてなしの日の一品にすると便利です。
普段はきのこやトマト、根菜類、手羽先と共にグリルし、楽ちんランチやディナーとして度々登場しています。

写真は赤、緑、黄色パプリカ1個ずつ、ズッキーニ1本、茄子2本。
オーブンの天板ちょうど1枚分です。
今回もほぼ子供達2人で食べました。一番栄養が必要なのはママの肌なんですが。。。

ガスパチョとグリルは抗酸化作用の高いオリーブオイルを使うので美肌効果が大きいですし、コラーゲンの合成にはビタミンCが欠かせないので、手羽先とパプリカを一緒に頂くことで効果的に栄養を摂ることができます。


鯖の中華蒸し
d0229095_13214739.jpg

中華風にオイスターソースで下味をつけて蒸し焼きしています。
大人だけなら白髪葱はあまり火を通さない方が美しく、葱の味も楽しめると思います。
鯖は疲労回復、食欲促進の効果があり、EPAが血管を若々しく保ちます。また、鯖もコラーゲンを豊富に含むので、パプリカのビタミンCとの相性はバツグン。
日差しが強く食欲が落ちる暑い日に頂けば、お肌も身体も元気回復です。


赤パプリカの寿司飯
d0229095_13295939.jpg

摩り下ろしたパプリカを汁ごとご飯に混ぜます。パプリカの甘みだけで砂糖を使わない酢飯です。サッパリして美味しいです。ダイエットにも最適。
飾り巻きも着色料を使わず出来ますね。


パプリカは黄色、赤、緑の順で切り口がヌルッとし傷みやすい気がしませんか?
水分が多いのでしょうか。肉薄のピーマンは傷みにくいですね。
袋の中に1つでも傷んだものがあると、残りのものも傷みやすくなってしまうそうです。
使いかけたものはラップに包み冷凍もできます。カッチカチにはならず、出してすぐ切って使えるので、炒め物の途中に彩りが足りないなと思ってもすぐに追加できるのでお勧めです。


では次に果物です!
果物っていいですよね。。。美味しいし可愛いし♪

私は食べるのも果物モチーフも大好きです。

d0229095_13385984.jpg


『キウイフルーツ』です!

トラックで野菜と果物を売るおじさんが近所に来るので毎週買っています。
黄色は3個、緑は5個100バーツ。

黄色の方が甘みが強いです。
私は酸味のある果物が好きなので、いつも緑を買っていますが、ブログに載せようと意気込んで“今日は黄色もください!”と言ったら、黄色は5月に入ってから入荷だよーと言われてしまいました。。。緑は通年購入できます。

ビタミンCビタミンEカリウム食物繊維葉酸など、栄養が沢山でスーパーフルーツと呼ばれているキウイフルーツですが、何と言っても抗酸化作用のあるビタミンCとEの相乗効果。それと食物繊維。美容とダイエットにうってつけフルーツです。


トマトとキウイフルーツのカルパッチョ
d0229095_15423388.jpg

オリーブオイルレモン(マナオ)をプラスしたカルパッチョ。美肌と抗酸化が期待できてとっても美味しい前菜です。食卓に出した時、子供達はへえ~という目で見ましたが、意外にも好評で、あっという間に無くなりました!飾りのミントも一緒に頂くと、とても爽やかな風味です。


ヨモギ白玉団子とキウイフルーツの水羊羹
d0229095_15452937.jpg

茹あずき缶の甘みだけでお砂糖は加えません。
小豆、お団子、キウイフルーツのそれぞれの食感と甘みや酸味が楽しめ、また、高繊維質と低カロリーでダイエット向きのおやつと言えます。
冷やす時間を含み1時間で完成してしまうところも魅力です。


最後にスムージー。
バナナ、キウイ、黄色パプリカ、マナオです。
d0229095_15513467.jpg


こちらの緑の方は、上の黄色スムージーに加えてパセリ、アボカド、レタスが入っています。
d0229095_15521782.jpg


パプリカの味がスパイシー感を出しますが(辛くはありません)、子供達も美味しいと、お代わりを作りました。でもやはり野菜少なめの黄色スムージーの方が子供には飲みやすく好評でした。


キウイフルーツ生産量が世界2位がニュージーランド。ちなみに1位はイタリアです。
私はニュージーランドが大好きで2度訪れているのですが、ニュージーランドで買ったドライフルーツのようなもの?水分がなくて若干スポンジ状になっているのですが、本当に美味しかった!中国、タイ、台湾、、、ドライフルーツを見つけるたびに探していますがちょっと違うんです。あれより美味しいドライキウイフルーツに未だ出会えず。
いつかまた現地に行って探してみたいと思います!


美味しく食べてキレイになれたらラッキーですよね。
年齢、体調、環境によって食べる内容や量、タイミングなどをコントロール出来て、
健康と美をも自分でコントロールできるようになれたらステキだと思います!


それでは次のお野菜と果物に続きま~す♪




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-04-27 09:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
こんにちは。
ローフードマイスター準1級取得、只今1級受講中のJr.野菜ソムリエssです。

今回は、ローフードの紹介もしながらお話しさせていただきますね。

Raw(生の)food(食べ物)、ご存知でしょうか。
そう、流行りの酵素です!
簡単に説明すると、まず、酵素には3種類あります。
1:食物酵素(体外酵素)
2:消化酵素(体内酵素)
3:代謝酵素(体内酵素)

1は、生の食物に含まれ(バナナが黄色く熟しシュガースポットができる、マンゴーが赤く熟すなど)、48度以上で死滅します。
2+3の分泌量は一定なので、1を多く摂ると、体内の2消化酵素は節約され、3代謝酵素を働かせることができます。新陳代謝を促進、毒素排泄、体調改善につながるわけです。

果物(特に朝!)や、サラダや、スムージーで、ローフードを摂り入れましょう!


前置きが長くなりましたが、私のお薦め野菜は、パセリです。
d0229095_2331592.jpg

まだまだ添え物のイメージが強いですが、とっても栄養価が高く、食べないなんてもったいない!!
v.c、カロチン、鉄分、カルシウム、ビタミンB1.2が豊富、口臭予防効果など、野菜の中でも、特にトップクラスの優秀なお野菜です。

我が家では、
d0229095_23251766.jpg

毎朝のスムージーには必ず!
d0229095_23131037.jpg

こんな風にシンプルにサラダにしたり、
d0229095_23142383.jpg

さっと茹でてナムルにしたり、
d0229095_23163911.jpg

パンに混ぜ込んだり(子供達がレーズンでお顔を作ります^^)
d0229095_23183532.jpg

卵焼きに入れたり(子供達が大好き!)と
冷蔵庫、冷凍庫に常備して、万能選手になっています。

通年出回っていますが、特に今の時期(3〜4月)が旬なので、立派にこんもりとしたパセリをよく目にします。
是非、トライしてみてください!!


続いて、お薦めの果物は、りんごです。
シンガポールやバンコクにいた頃、りんごが小さくて酸っぱくてあまり手が伸びませんでしたが、やはり日本のりんごは格別ですよね!

「1日1個のりんごが医者を遠ざける」
「りんごが赤くなると医者が青くなる」
など、医者いらずの優秀な果物として有名ですが、まさにその通り、とても栄養価の高い果物なのです。

カリウム、ペクチン(水溶性食物繊維)、ポリフェノール(抗酸化作用)、虫歯予防などが挙げられますが、栄養は皮に多く含まれていますので、剥かずに食べましょう。
農薬が気になる場合は、重曹を入れた水に1分くらい浸けて濯いでください。

我が家では、毎朝のスムージーにはもちろん、
d0229095_23553672.jpg

子供達のおやつに、乾燥させてドライフルーツ(左はパイナップル)にしたり、
d0229095_0423047.jpg

春菊とサラダに。
d0229095_23575769.jpg

水菜とサラダに。人参×りんごのドレッシングで頂きます。
d0229095_23545518.jpg

自家製りんご酵母にもチャレンジして
d0229095_23591474.jpg

天然酵母パンが焼けました。
d0229095_00525.jpg

今はりんご酵素ジュースを仕込み中です。

りんごも通年出回っていますので、できるだけ毎日摂りたいものです!



我が家の朝は果物とグリーンスムージーで始まります。
皆さんも、是非生の野菜、果物で酵素をたっぷり補給して、健康、美肌を目指しましょう!


ローフードに興味を持たれた方は、こちらのブログにも遊びに来ていただけると、嬉しいです。
s.ameblo.jp/sayapooo/

それでは、次回もお楽しみに〜><








にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-04-20 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
野菜Jr.ソムリエのDao☆です。

今回のお題 「好きな野菜と果物」

私は新鮮な野菜なら何でも好きです♪
私にとって大事なのは「新鮮」であること☆
というのも2013年の年末、タイ人のお友達の実家であるパヤオ県に5日程ホームステイさせて頂いた時のことです。

d0229095_12361414.jpg
パヤオの朝食。

d0229095_12373462.jpg
パヤオの夕食。
(その当時、野菜を意識して写真を撮っていないので、あくまでイメージでお願いします。)
大きなお庭に茣蓙を敷いて、お友達のご家族、親戚の方々と新鮮なお野菜とお肉のお料理を食べてる時に感じたのです。
「野菜のパワー(生命力)ってすごい!!」
と。あまりの野菜の美味しさに主人とびっくりしたのを覚えています。新鮮なお野菜は本当に美味しくて、パワーがあるんです!!

というわけで!
私は、日本でお馴染みの、尚且つ比較的新鮮なお野菜が売っているクロントイ市場のお店を紹介したいと思います。
何を隠そうクロントイ市場が通勤路となっている私です。というわけで、会社帰りはほぼ毎日クロントイ市場でお買い物をしています♪

d0229095_12392945.jpg
こちら、ラマ4世通りのアヒルさんコーナーの小道を入ります。

d0229095_12420047.jpg
まっすぐ歩き

d0229095_12430336.jpg
こちらの十字路を左に曲がった左手2つ目の

d0229095_12435140.jpg
こちらのお店がそのお店です。
ほうれん草、日本のキュウリ、さやえんどう、ナス、ミニトマト等が買えます。タイ料理でも一般的に使われる新鮮なキャベツや白菜、タイ野菜などはクロントイ市場の色んなお店で売っていますが、日本で馴染み深い新鮮なお野菜が買えるこちらのお店は個人的にお勧めです。


次なる果物ですが、やはり旬の美味しい果物なら何でも好きです☆(あ、でもお酒が好きなので、お酒と一緒に食べてはいけないドリアンだけは食べません。あと酸っぱい物は得意でないので、酸っぱい果物も食べません。)
タイに来た当初は色んな果物が一年中食べれて嬉しい!と、色々買って食べていましたが(途中、何でも一年中食べれるわけではなく、タイの果物にも旬があることを知りました)、タイ滞在が長くなるにつれて''いつでも食べれるからいいや''とあまり食べなくなりました(笑)。贅沢ですよね。。。
しかし!タイには便利な果物屋台屋さんがあります。

d0229095_12461396.jpg
旬の果物が屋台に並ぶのです。なので、今ではその日、その時の気分で果物を買って食べています。例えば、前日飲みすぎて水分がほしい!!と感じる時はジューシーなパイナップルやチョンプー、そして果物が食べたいけど甘いものは食べたくないなぁという時はグアバやパパイヤを。とにかく果物天国なタイランドなので、道を歩けば果物を食べるチャンスが沢山あります♪
しかし、要注意!
どこの果物屋台も美味しいわけでは有りません。私自身、まだ美味しい果物の見分けができず、自分で果物を選んで買うということはほとんど有りません(マンゴスチンだけは美味しいものを選べます♪)。それくらい美味しい果物を選ぶことは難しいと思っています。つまり、果物屋台屋さんの果物でも、美味しくない果物が売っている時もあるので要注意です
というわけで、ズルイかもしれませんが、美味しい果物を選んで切って売っている果物屋台屋さんで、今後もタイの美味しい果物を楽しみたいと思います♪
と言いながら、実はタイにはないグレープフルーツ、桃、さくらんぼがとっても恋しいDao☆です。。。


はっ!
気づけば、だいぶお題とずれて一人突っ走ってきてしまいました(汗)申し訳ありません。
再びお題に沿った記事に出会えることと思いますので、次回から再びご期待ください

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-04-13 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
みなさま、こんにちは。

昨年夏に本帰国しました、
ベジフルビューティーセルフアドバイザーのAKIKOです。

タイと日本では、日常的に使われる野菜や果物に大きな違いがある様に思います。

例えば、
タイでナスと言えば「緑色の丸っこい形状」でしたし…。
タイでイモと言えば「タロイモ」をよく見かけましたし…。

日本でナスと言えば「紫色のナス」ですし…。
日本でイモと言えば「じゃがいも」が王道でしょうし…。

在タイ時は新米主婦だったこともあり、食材選びに失敗したこともありましたが、
本帰国後の現在はなじみのある野菜を用いて料理を楽しんでいます。

さて、今回のテーマ「私の好きな野菜・果物」は…???

ナス
キノコ類
アボカド
これらが3TOPです!!
大好きです!!

それでは、最近の料理を見てみましょう。
ナスキノコアボカドがどれほど使われているのか…。

こちらは、グリルしたナスをサラダに。
d0229095_19224831.jpg


こちらは、ナスキノコ(エリンギ、しいたけ)の天ぷら。
d0229095_19233465.jpg


こちらは、豚肉と一緒にナスを炒め、あっさりオイスターソースと酢で味付けしたもの。
d0229095_1928626.jpg


こちらは、トマトソースにキノコ(しめじ)が。
d0229095_19283811.jpg


こちらは、キノコ(エリンギ)と小松菜を炒めたもの。
d0229095_19291882.jpg


こう見てみると、ナス、キノコの一騎打ちですね。
アボカドの出番が少ないのは、割高で、AKIKO宅では普段使いの食材ではないから…なのです。

さて、最後に…出ました、アボカド!!
モッツァレラチーズ、ミニトマトと一緒に、オリーブオイルと塩コショウ、レモンでシンプルに味付けしたサラダです。
d0229095_19305787.jpg


以上、「私の好きな野菜・果物」3TOPをご紹介してきましたが、
それぞれの栄養素について迫ってみようと思います。

まずは、ナス!!
低たんぱく、低カロリーで栄養価はあまり高くはありませんが、
ポリフェノールの一種「アントシアニン」が豊富で、目の疲れに効果的であったり、抗酸化作用に優れています。

続いて、キノコ類!!
種類にもよりますが、一般的に食物繊維が豊富で、便秘に効果的だったり、体内の有害物質を絡め取り外へ排出する役目があると言われています。
また低カロリーなので、ダイエット中の方のかさ増し食事にピッタリの食材だと言えそうです。

そして最後は、アボカド!!
栄養素が豊富で、20種類以上のビタミンやミネラルが含まれるスーパーフルーツと言われています。
また「美肌のビタミン」と言われているビタミンEがたっぷり含まれています。


さて、心と身体、食事について一言。

現在、心理学のスクールに通っており、
「心と身体が密接につながっていること」
「YOU ARE WHAT YOU EAT(あなたはあなたが食べたもので出来ている) 」と学んでいます。

「心や体の不調は食生活の見直しの時期である」と実感し、
口が欲するものではなく、身体が欲するものを食べる様にしています。

日本は日本の食材で、今後もベジフルライフを楽しみたいと思います。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

AKIKO

[PR]
by vfcbangkok | 2015-04-06 09:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

蕎麦と健康 

ジュニア野菜ソムリエ 近藤かおりです。
投稿が遅れて申し訳ございません。
私は飲食店のメニューブック作成をメインとして外食産業のサポートを仕事としています。
今回、ご紹介させて頂きたいお店は、【サガミ】です。
3月26日、セントラルワールドにOPEN致しました。
サガミは日本の和商チェーンの一部上場会社で、幅広いジャンルの和食店です。
タイでは蕎麦レストランとして営業しています。
1号店はセントラルラマ3にOPENし、大繁盛店となっています。
2号店はセントラルワールド、こちらはこれから頑張っていくところです。
皆さんお蕎麦は好きですか?
サガミの蕎麦は、100%北海道産のそば粉を使用し、お店の石臼でそば粉を一から引き、手でこねて、全て手作りでこだわりの味をお届けしています。そのため、蕎麦の味にむらがあります。ここまでこだわっているので、まずい日は無いのですが美味しい日と普通の日があり、私はある意味素晴しいと感じています。
しかも価格はものすごく低単価です。ざるそばは1枚120Bです。
さすが名古屋の上場会社!!勝負かけてますよ。
メニィーのラインナップは100%タイ人をターゲットに設定しているので、サーモンやサバ、カニカマのメニューもありますが、日本人が食べても間違いなく美味しく、蕎麦は是非ご堪能頂きたいです。
和食がユネスコ無形文化遺産に登録された理由の一つは一汁三菜です。
一汁三菜は、大皿料理と違い、食べる量と食べるバランスが最初から考え垂れており、自然に好き嫌いや食べ過ぎを防ぐことが出来、バランスの良い食事をとることが出来ています。
和食は健康を維持するための食事として世界一優れていると言われています。もちろんその他の要因も素晴しいです。
日本の麺、蕎麦は、ミネラルが多く含まれ、栄養のある麺です。
サガミは、蕎麦を代表に和食と健康をお客様にご提供しています。
是非、ご賞味くださいね。
・・・でもちょっと逆走して、食べ放題蕎麦もやっております(^o^)。

d0229095_20511131.jpgd0229095_20514954.jpgd0229095_20522284.jpg
[PR]
by vfcbangkok | 2015-04-01 20:58 | レストラン | Comments(0)