タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日中は暑くなってきましたね。
「乾季終わったね」といった声が聞かれます。
そんな暑い中、2015年2月25日(水)にセミナーが開催されました。

【もっと楽しくベジフルライフ(実践編)】

野菜ソムリエが選んだ
  「食卓に取り入れたいタイの食材 Part2」
              ランチセミナー 2015年

私たち、野菜ソムリエコミュニティ バンコクのメンバーが皆様に紹介する野菜を選び、レシピを考え試作し、タイ野菜の魅力と野菜自身が持っている力、そしてレシピをご紹介し、ランチとして試食できるとってもお得で人気のセミナーです。

今回ご紹介しましたお野菜・果物はこちら

カイラン(パック・カナー)
青パパイヤ(マラコー)
タロイモ(プアック)
ミント(バイ・サラネー)
グアバ(ファラン)

d0229095_19561386.jpg

ディスプレイ&実際に手に取って見ていただきました。
何となく、「見たことはあるけれど、実際に使ったことないわ」と思われた方もおられたかと思います。

青澤代表とメンバーから二人が講師となってお話させていただきました。


d0229095_20200201.jpg

それぞれのお野菜の魅力、どこのスーパーで買える、そしてどんな表記をしているのか、どこのレストランではこの素材を使ったお料理をいただくことが出来るなど、実は、お野菜そのもののお話やレシピもさることながら知りたい情報ですよね。
皆さん、資料の余白にたくさんメモをされていました。

講義の中で、ミントとパイナップルジュースのデモンストレーションを行い

d0229095_19571733.jpg

試飲をしていただきました。

d0229095_19575716.jpg

ミントが入ったジュースですが、お母さまと一緒に来てくださった、子供ちゃんもごくごく飲んでくれました。
ジュースを作る際のミントを変色させないちょっとしたコツもお伝えすることが出来ました。

シンプルなタロイモの試食やグァバの食べ比べもしていただきましたが、こちらも子供ちゃんが美味しそうに食べてくれてる姿を見て、嬉しくなりました。



d0229095_19585491.jpg

あら、タロイモって、グァバってこんな味だったの?って思っていただけたでしょうか?
美味しい発見があったら嬉しいです。

たっぷり、野菜と果物のお話をさせていただいた後は、お楽しみのランチです。

d0229095_19591998.jpg

まずは、カナを使ったパスタ・・・ではなくうどん!!

d0229095_20032687.jpg

これが美味しいんです!
トッピングには、こちらのカナのお花をサッとゆでたものをあしらって

d0229095_20304444.jpg

タロイモのスープは、講師を勤めたM・Uが何度も何度も試行錯誤しながら、メンバーのアドバイスを取り入れ、試作を重ねました。
とっても美味しいスープに仕上がり、参加者からも「美味しい」と言って頂きました。

d0229095_20001234.jpg

プレートの方は、青パパイヤを使ったお料理2種・ミントを使ったお料理3種・グァバを使ったお料理2種

d0229095_19594943.jpg

さらに、メンバーのkanaoが焼いたケーキには、グアバを使ったソースと一緒にいただきます。

d0229095_20003593.jpg

皆様、綺麗に食べていただき、「早速これを作ってみます」といった声も聞かれ、とても嬉しかったです。

今回も、頭もお腹も一杯になっていただけたと思います。
今日の情報を今夜から実践していただけたら嬉しいです。

参加していただいた方へ
よろしければ、コメントいただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。
もちろん良かった点、改善すべき点などなんでも結構ですので!


本日のメンバーです。
参加できなかったメンバーも、打ち合わせで意見を出したりしてもう少し多くの人数で取り組みました。

d0229095_20013796.jpg


日程は未定ですが、また次回もありますので、お楽しみに


chikob





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-25 22:26 | イベント案内&報告 | Comments(0)

パッション‼︎

こんにちは。

Jr野菜ソムリエのymです。
「好きな果物」難しいお題ですが…
南国らしい「パッションフルーツ」‼︎
早速ですが下記の写真をご覧ください。
d0229095_00214089.jpg
右上の大きな緑と茶褐色のはアボカドですが、他はみんなパッションフルーツです。
黄色やオレンジ色もあったんですね〜。これは昨年12月上旬にカオヤイ方面へ行った帰りに、道沿いにある売店、名産品店⁈で購入したものです。
かなり大きいです。一般的によく見るパッションフルーツと比べてみましょう。
d0229095_00231978.jpg
遠近感で大きく見えてる訳ではないんですが…2倍くらい違いますね。
我が家は、下の娘以外は皆パッションフルーツ好きです。置いてあるだけであの甘酸っぱい香りが家中いっぱいになりたまりません。ポリポリとした種の食感も魅力のひとつです。
定番の食べ方は、半切りにしてスプーンで果肉をすくって食べる。王道です‼︎
他には、ヨーグルトにパッションフルーツをソースとしてかけたり、パパイヤにかけて食べています。
パッションフルーツはタイ語ではサワロット。タイでの旬は10〜11月。
βカロテン、葉酸、カリウムなどを含み健康維持に役立つ果物です。妊娠に欠かせない葉酸を含んでいるので、妊活中の方はぜひ。
果皮がシワシワになって香りが強くなったら食べ頃です。
つい大量に買ってしまいこんなことに…
d0229095_00235472.jpg
しばらく置いてたら、いっきに食べ頃になってしまい、果肉のみをすくい出す‼︎‼︎
半分は冷凍しました。ただそのまま冷凍しただけのと、あともう一つは、パッションフルーツに蜂蜜を入れて煮詰めた少し甘いバージョンを作って冷凍しました。
小分けにして使います。
エンポリでも冷凍パッションフルーツこんな感じで売ってますよね。もっと綺麗だけど。
d0229095_12561483.jpg
他にはジュースとして売られているのもよく見かけます。
こんな風に大量に手に入ったら、ジャムにするのもいいですね。
2013年2月野菜ソムリエBKK主催の『野菜ソムリエが選んだタイで食べたいオススメ果物ベスト6』というセミナーを開催した際、「パッションバナナジャム」をお土産として皆さんにお渡ししました。
バナナ 150g、パッションフルーツ 1コ、砂糖45g、レモン汁 お好みで
全て混ぜてとろみがつくまで煮詰める
と簡単に作れます。
他にもパッションフルーツをドレッシングに使ったりしてもいいですね。
日本ではかなりお高いトロピカルフルーツ。タイにいる間に是非フレッシュなものを食べておきたいですね♪

次にお野菜‼︎
「ツルムラサキ」。タイ語ではパックパン、パックプラン。
ご存知ですか?私は日本にいた時から大好きです。
しかしながら、どうもメジャーな野菜ではないようで…。確かに子供の頃は一切見かけたことすらなかったですが。
日本では夏に採れるお野菜です。
タイではタラートかサスティナさんでしか見かけた事がないです。他にどこかのスーパーで売られているのかな?
しかも雨季の終わりから乾季が旬で、私の印象では期間が限られてるな…と感じてしまいます。ですので写真は何年前⁈…野菜ソムリエの資格取得の際に提出する、「野菜カルテ」に使ったもの。
d0229095_20070878.jpg
時期にもよるのかもしれませんが、タラートではもっと葉が小さい気がします。この写真のように葉が大きい方が美味しいと個人的には思います。茎も太いのですが一緒に茹でて、とにかく細かく刻んで下さい。とってもぬめりが出て美味しいです。
紫茎種と緑茎種がありますがタイは主に緑茎種が流通しています。
葉は肉厚でツヤツヤしています。オクラやモロヘイヤのような粘り気があり、ホウレンソウに似た味です。
我が家では定番の茹でただけ。ホント面倒くさがりが出てしまいますね…。
d0229095_20303822.jpg
これをツルムラサキ丼???というくらいご飯に乗せてゴマや鰹節、醤油で食べています。ネバネバ好きにはたまりません。ウチでは大量に買ってもすぐ無くなります。写真のは少ないですね(^_^;)
カルシウムがホウレンソウの3~4倍、ビタミンA、Cも1.5倍あり、ほかにも鉄、カリウム、亜鉛、ビタミンKなど非常に栄養価の高いお野菜です。
油との相性も良いので炒め物にしたり、天ぷら、味噌汁にも合います。
タイでは、このツルムラサキの花をスープに入れてよく食されます。何気に皆さん知らず識らず食べてたかもー。
このコミュメンバーで昨年11月に行ったクロントゥイ市場。こちらでパックパーン(ツルムラサキのお花)をメンバーみんなで購入し各々調理しましたよ。良かったら過去のブログをご覧ください。かわいらしいお花でした。
こちらです→ パックパンのお料理色々

栄養満点のツルムラサキ、見かけたら是非、挑戦してみてください♪

私事ではありますが、来月本帰国いたします。
異国の地で、同じ趣味を持った仲間との楽しい時間を過ごすことができ、感謝しています。ありがとうございました。
そして、そんな仲間との逸品。何気ないカオヤム。美味しかった‼︎忘れません(^-^)
d0229095_14213528.jpg
では、また次週もお楽しみに〜



               にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-23 10:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

食べつくす。


こんにちは。
ジュニア野菜ソムリエのHNです。

好きな野菜。。。

おそらく、、、今までブログに登場したメンバーの多くがそうだったと思いますが、私も、リレー開始当初から、(私の好きな野菜ってなんだろ?!・・・)と、薄っすらと頭を悩ませてきました。
たいていの野菜は好きだし、それぞれの美味しさがあるので、一番を決めるのが難しくて。

そんなある日、ふと思い出したのが、、、
実家の母が、一時帰国のたびに、夕飯の食卓に出してくれる一品。

「トウガンとツナと・・・」煮込み?!
料理名はないと思います。

トウガンを、ニンジンやキヌサヤなど、色の綺麗な野菜を細切りにしたものと煮込み、ツナから出る出汁と、醤油で味付けしたもの。
そして、それを食卓に並べるたびに、「あんたがトウガン好きだからねえ・・・」と母に言われていたような。。。

そうでした。
そういえば、私は昔からトウガンが好きでした。
ツナに限らず、何か味の出る食材と煮込むと、
あっさりとしていながら、でも味わいのあるトウガン。
とろりとした食感も魅力でした。

このトウガン、
バンコクで、私が、初めて参加した野菜ソムリエコミュニティのセミナーでも、
タイ野菜のお薦めとして、取り上げておりました。
在タイ間もなかった私は、バンコクでも、日本と同じようにトウガンが買え、しかもお安いと知り、なんだかとっても嬉しくなったのを覚えています。

こちらが、タイで買えるトウガン。
日本のトウガンは濃い緑色ですが、タイでは薄い黄緑色。
トンロータラートで18バーツでした。
d0229095_01510691.jpg

日本では、大きすぎてカット売りしか買えないのに、
タイでは小ぶりのものも多く出ていて、丸ごと買えるのも魅力です。

夏野菜なのに、丸のままなら、環境がよければ、冬まで保存できるぐらい貯蔵性がいいということから、「冬瓜」と名づけられたそうです。
頻繁には買い物に行けない(行かない?)場所に住んでいる我が家には、なおさら、もってこいなお野菜!

ところが・・・残念なことに、
ウチの夫も子供たちも、このトウガンの煮物が苦手なようで。。。
私には魅力的に感じるトウガンのあっさりヤワっとした食感がダメだと。。。
過去に、干しエビ、挽き肉、バラ肉、、、
などなどと煮合わせてみても、いまいち反応が悪かったので。。。

我が家では、こんな風に食べています。

梅マヨ和え

d0229095_01555116.jpg

薄切りにしたトウガンを、サッと下茹でして、梅とマヨネーズと、すりゴマ&いりゴマで。

ホントはポン酢で和えるつもりだったのに、なぜかマヨで和えてしまった。。。
まあ、なんでもイケます。

トウガンの生食感が残る程度にしか茹でてないので、
歯ざわりがサクサクしてます。(←家族の好み。)

中華風和え
d0229095_01535426.jpg
ゴマ油+醤油+酢で。

下茹でせずに、塩もみした?してない?忘れてしまった。。。
そのあたりは、いつもテキトーです。。。
ウチでは、たいてい固めの歯ざわりが好まれるので、生が多いのかも。

生といえば、前回の「晩御飯ブログ」でkanaoちゃんが、
「トウガンとハムの春雨サラダ」を作ってましたね。
あれ、美味しそうだったんだよね~
試してみようと思って忘れてました。。。今度やってみよう!

炒め物
d0229095_02000028.jpg
トウガンとニンジンとレンコンとタイセロリと、前日の残り物の肉団子を炒めて、甘酢ケチャップ味で味付け。
写真、見た目が美しくなくてスミマセン。。。
でも、お子ちゃま向けの味付けで、息子、おかわりして、すべて平らげましたよ♪

味噌汁
d0229095_02063857.jpg

久々に、トウガンを味噌汁にサラっと入れてみたら、、、
子供たち、「ダイコンみたいでおいしー!」だって。
美味しいならよかったよかった。
(へえ~じゃあ煮物もイケるんじゃないの?!)と思った母。。。
本格煮物でリベンジしよう!。。。そのうちね。

ところで、、、、
トウガンって、、、
捨てる部分が多い気がしませんか?
d0229095_13303711.jpg
皮が厚いからこその、貯蔵性のよさだから、
翡翠煮など色を生かす煮物にしない限り、皮は厚めに剥きます。
真ん中の種とワタはスプーンなどでかき出す。
というのが、一般的なトウガンの処理ではないでしょうか。

以前、捨てる部分が多いことが、無性にもったいなく思えて、
トウガン食べつくしを試したことがありました。
そのことを思い出して、、、再チャレンジ!

トウガンのワタの酢の物
d0229095_02103331.jpg
ワタ部分を酢の物にするのは、実際に沖縄料理として存在するそうです。
また、漢方では、身体を冷やし、熱を冷ます効果があることから、夏バテ改善に、
また、高血圧、糖尿病予防も食べ物として、トウガンの種を用いるのだそう。

感想は、、、まあまあ。かな。
食感は悪くないです。
でも、時に、アクのようなエグミのような、苦味を感じることがあります。
酢の物だと苦味もあまり感じないけど、
シチューに入れてみたら、後味に苦味を感じるシチューになっちゃいました。。。失敗。
でも、お鍋に入れてみたら、なんだかホロっとした食感が美味しかったです。

そして、皮。
トウガンには、体内の塩分を排出するカリウムが多めで、利尿作用により、むくみを改善する効果がありますが、皮にもっとも高い利尿効果があるそう。

野菜の皮といえば、とりあえず思いつくのは、、、

きんぴら
d0229095_02055414.jpg
ニンジンと炒めると、色合いもキレイで、お弁当にも使えました。
皮の歯応えが、気になる人には気になるのかも。
我が家では、父子共に、特に気にしてないようでしたが(笑)

こちらは、漬物
d0229095_03100028.jpg
マナオと醤油とかつお節で和えて、一晩おきました。
ツマミにいいかも。

古くは、
「痩せたい人は、トウガンを食べ続け、逆に太りたい人は食べるな」とも言われていたトウガン。
低カロリーで、新陳代謝を促す成分や、糖の吸収の抑制や抗がん作用のある成分も含まれています。
食物繊維により、便秘解消にも効果があり、ダイエット食品として効果あり!
また、ビタミンCも含まれるため、風邪予防、美肌効果も!

そんな、いろいろ使えるトウガン。
皆様にも是非いろいろな調理で楽しんでいただきたいです!

次に、好きな果物です。

日本では、
1位がマンゴー、2位が白桃。だった気がします。
・・・こうして並べてみると、私は、ねっとりした果物が好みなんですねぇ。

タイに住むようになり、
マンゴーは、身近になりすぎて逆に飛びつくことがなくなり、
白桃は、見かけないがために疎遠になり。。。

そんな中、昨年初めて手を出したのが、見た目がビワにそっくりな果物。
あまりの美味しさに感動した子供たちが、
めったに書かない絵日記を残していました(笑)
文章と絵の拙さには、目をつぶっていただいて、、、
d0229095_12500538.jpg
日付が、3月18日となってますね。
2月の今は、まだタラートでもスーパーでもなかなかお目にかかれません。
「ブログ用に写真が欲しいのに、売ってない・・・」と呟いていたら、
コミュメンバーの一人が、見つけてきてくれましたー!

実物はこちら。
d0229095_02115266.jpg
日本語でアカタネノキ。タイ語でマプラーン
ビワに似てますが、小さなマンゴーにも見えますよね。
売り場の表示は、マリアンプラムとなっていますが、プラムマンゴーとも呼ばれます。
そして、食べてみても、マンゴー味。
でも、マンゴーよりもさっぱりしていて、甘酸っぱく、我が家の母子の舌にはストライク!

熟したものは、手で簡単に皮がむけ、中は鮮やかなオレンジ色をしています。
真ん中に赤い大きな種があります。
とってもジューシーで、さっぱり爽やかな甘さといった感じ。

しかし、この写真のものは、びっくりするほどお値段が高額!
去年、ウチで買ったときはもっと安かった気がするな~と思い、
タイ人に聞いてみたところ、
「外国人向けのスーパーだから高いんだと思う。(マプラーンは)そんなに高くない」
とのことでした。
去年フジでも、ほどほどのお値段で買えたような気がしますが、、、
正直、記憶が定かではないです。。。

見た目が同じでも、
タイでは、甘いものをマプラーン、
酸っぱいものをマヨンチットと呼ぶそうです。
甘い方が我が家のお薦めです。

旬は、3月~4月ということで、
これからが、シーズン到来!
今年も食べるのが楽しみだ!!

では、次週もお楽しみに♪




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ


[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-16 12:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
こんにちは☆

ジュニア野菜ソムリエのMYです。
日本の野菜で好きなのはキャベツですが、
タイの野菜で好きなのはタロイモです。
何年か前に茹でたタロイモをバンコクの野菜ソムリエのセミナーで食べてからは
タロイモの大ファンになってしまいました。
タロイモの魅力はなんといっても、そのホクホク、もちもちとした食感と、
優しい甘さ、にあります。
口に入れた瞬間、口とお腹がつながって、胃がきゅっと喜ぶような美味しさがあります。(私だけでしょうか?笑)

このラグビーボールのようなおいも。
こちらがタロイモになります。
d0229095_12145959.jpg














タロイモの原産地は東南アジアですが、
今では太平洋沿岸の暖かい地域や、アフリカ大陸、
アメリカ大陸でも生産されています。
実は日本のタロイモも里芋の一種で、
里芋はもっとも北にあるタロイモと言われています。
里芋はタロイモの小芋の部分で、タロイモは親芋になります。
それで、こんなに大きいんですね。
じゃがいもに換算すると4個~5個分になりますが、
最初に半分に切ってしまえば、
そんなに冷蔵庫を占めることもありませんので、
ぜひ、手にとって頂きたいです♪

そのもっちりを簡単に体験して頂くには、
飲茶やさんでぜひタロイモ餡の餃子を頼んでみてください。
最近ではアソークのジャスミン、トンローのフォーシーズンにもありました。
外はサクサク、中はもっちりしていて美味しいですよ~
タイ料理レストランでもタロイモのジンジャーシロップ煮やココナッツミルク煮がよくおいてあります。
d0229095_12215857.jpg























そんなタロイモですが、里芋とは親戚のような関係なので、
里芋を使う料理には大概使えます。
煮崩れやすいのでこつがいりますが、
◎他のお芋よりもローカロリー
◎それなのに栄養豊富
◎アレルギーフリー
と魅力たっぷりのお野菜なので、他のお芋の代用品としてぜひ取り入れてください。

それでは、我が家で試してみたお料理を紹介します。

☆☆ソテー☆☆
d0229095_12312461.jpg























外はぱり!中はモチモチになりました。
只のソテーといっても、あらどるなかれ、
火の通し方がとても大事でした。
最初は強火で両面を焼き、あとはじっくり火を通すといいです。
弱火にしてから、15分以上すると、もっちりとした食感にたどり着けます。追記 かなり長時間ソテーしないと、もっちりに辿りつけないので、下茹でしてから、ソテーしてみてください
ソースは醤油麹+フラックスシードオイル、練梅、味噌マヨネーズです。
さっぱりと柚子胡椒もあいそうです。

☆☆ジャガイモの基本3品☆☆
この3品は水を通したタロイモを電子レンジで加熱して、
ささっとできてしまいます。

◎ジャーマンポテト
d0229095_12352130.jpg


















タロイモがベーコンの旨みをよく吸ってくれています。
ほくっとしていました♪

◎マッシュポテト
d0229095_12371202.jpg


















レンジにかえた後、マッシュして、火にかけながら牛乳と水で練り上げます。
牛乳の甘さでよりいっそうタロイモの甘味が引き立ちます。

◎ポテトサラダ
d0229095_12393209.jpg























マッシュしたあと、マヨネーズとミルク、塩胡椒で味つけしています。
優しい味です。

☆☆豚汁☆☆
d0229095_12415130.jpg























野菜ソムリエのKちゃんとNちゃんのおすすめの豚汁を作ってみました。
出汁で15分強ほど煮込み、味噌をといています。
お出汁と味噌の優しい味にタロイモの甘さがぴったり!
口の中でホロホロと甘くとろけます。
お勧めです。

☆☆フライドポテト☆☆
d0229095_12591961.jpg


















中火から強火で仕上げました。
外はかり!なかはもっちりに仕上がりました。
結構どっしりしているので、
細切りの方が良さそうです。
お腹がペコペコのお子さんのおやつにどうぞ。

次に一番好きな果物を紹介します。

実は甘い物が苦手で、、、果物は好きですが、沢山は食べないので
買うのは月に1、2回くらいです。
そんな私でもありました!
1週間に1度は買う果物が!!
”アボガド”です。
野菜のように思われがちですが、
木になっている実なので、果物になります。

以前こちらのブログでも紹介しましたが、
角切りのアボガドと刻んだパクチー、マナオ、オリーブオイル、
塩胡椒で合えたサラダをよくパンに乗せたり、
トルティーヤに包んだりして食べていました。
最近は少し飽きてしまったので、もっぱら、、、
お刺身です。すみません。
薄切りにしてお醤油が出汁醤油で頂きます。
急いでいるときはスプーンでくり抜いてアボガド丼にしてしまいます。

そのままのアボガドは勿論魅力的ですが、
渋谷にはアボガド専門レストランがあるほど
調理法の豊富な果物ですから、
今回は以前から興味のあった加熱料理に挑戦しました。

☆☆アボガドとタロイモのお焼き☆☆
d0229095_13200989.jpg






















d0229095_13211365.jpg






















残ったマッシュタロイモに片栗粉と出汁醤油をまぜ、
角切りのアボガドを入れ、ごま油で焼きました。
これが、なかなかのヒットでした!
ソテーよりも更にモチモチとして、食感はまるでおもち!
火が通ったアボガドも旨みが増していました。
タロイモから作る場合は電子レンジで下ごしらえして、
牛乳と片栗粉を混ぜるといいです。
固さはお好みで加減してください。

アボガドは少しお値段的には高いですが、
市場では大きめサイズで低価格のタイのアボガドも売っています。
聞いたところによると、味はちょっと淡泊になるそうです。

今日ご紹介しきれなかったタロイモのお料理や
調理のこつ等は2月25日㈬にある野菜ソムリエのセミナーで
ご紹介する予定ですので、ぜひ足をお運びください♪

野菜ソムリエが選んだ食卓にとりいれたいタイの食材 Part.2
日時:2015年2月25日㈬ 10時30分~13時
場所:サラディー
参加費用:800バーツ(ランチ、ドリンク、レシピ付き)
ご紹介するお野菜はカイラン菜、青パパイヤ、タロイモ、ミント、グアバになります。
家庭で簡単に再現できるお料理をご紹介します。

では、次回のブログもお楽しみに☆





[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-09 13:47 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)

いちごは野菜か果物か?

d0229095_2124854.jpg

こんにちは!

Jr野菜ソムリエのnonです。

この度、おひさまの恵みをた~っぷり受けて育った
野菜やフルーツの魅力を最大限に引き出して、
楽しむことをモットーに
no ha ta として、活動をはじめました。

人の持つ五感をフルに使って、
その時期の大地からの恵みをありがたく体に取り入れることで
色々ないいことがある!ということを知っていただきたいと思っています。
また、今までの経験から素材の魅力の引き出し方をご紹介していきます!


今回は私の好きな野菜とフルーツと言うことで、
『チェンマイ産いちご』をテーマにお届けします。

この時期になると

タイに来て子供がイチゴを食べなくなった。
日本のいちごのようにおいしいイチゴがなかなか手に入らない。

という声をよく耳にします。

確かに!!日本のいちごとタイのいちごの魅力は違います。
そして、この土地でとれる鮮度のいいものを食べずにすごしてしまうなんてもったいない!
ちょっと手をかけてあげれば日本と同じ、もしくはそれ以上に魅力もあるのです。
そこで、今日はタイのいちごのおいしさを引き出す方法を特別にご紹介します!

タイいちごは実が硬く、酸味が強い傾向にあります。
このよさは何でしょう~?
実は、加熱しても実が崩れにくく、食感も残ります。
また、ミキサーにかけても酸味が強いおかげで味がぼけません。

何年も繰り返し、季節のフルーツと向き合って、レストランデザートを担当してきましたが、
日本のいちごはミキサーにかけると味がぼやけてしまい、素材を生かして作るのに苦労しました。

タイのいちごで作ってみたらどうでしょう!!
酸味がきっちりしているおかげで味が締まります。

さらに、丸のまま一晩蜂蜜を絡めておいておくと、
浸透圧で抽出された天然のいちごエキスが出来上がります。
これをエキスごと凍らせて、ミキサーにかけるとあっという間に
贅沢にフレッシュいちごからのシャーベットが完成。
手作りのアイスは甘さも自由自在♪

今回はこの時期にしか出回らないフレッシュのローゼルをあわせます。
贅沢な真っ赤なジャムを炊き
合わせることで厳しい日差しのタイ生活には欠かせない美肌効果も一段とアップ!!

タイの新鮮なフルーツに囲まれた今だからできる贅沢♡
フルーツの種類を変えて仕上げても面白いですね!
パフェに仕上げて、おもてなしデザートにも喜ばれます。

わくわくした気持ちで作ったパフェはきっと相手の方にも思いが伝わるはず。

あなたならどんなパフェを作りたいですか?


ところで、タイトルにもしましたが
いちごは野菜?それとも果物??

いちごは「果物」として食べられていますが、
実は、農林水産省ではこれらを「果実的野菜」に分類しています。
作付け面積などの生産に関する統計もいちごやメロンは野菜のグループに入っており、
生産者側からすると「野菜」という分類になるようです。
野菜と果物の違いはどこにあるのでしょうか。
一般的な見解として、樹に実がなるものが果物で、そうでないものが野菜、
さらには種が食べられるものは野菜、食べられないものは果物、
はたまたおかずとして食べるものは野菜、おやつとして食べるものは果物という分け方もあるようです。
野菜でこれだけ甘いなら、この酸味も許してあげたくなってしまうのは私だけでしょうか?

いちごが野菜??という話でしたが、やっぱり果物として扱うことが多いように思うので、

次も野菜のご紹介です。笑

d0229095_16515468.jpg


好きな野菜は
マンゲーオ。
これもなかなか癖になるお味です!
味と言っても淡白で梨のような優しい甘さと、シャキシャキのは触りが特徴。
乾季に出回り、だんだん甘さが増していきます。

我が家では、高くてなかなか手が出ない山芋の代わりに食卓に上ります。
イモ自体に粘りがあるわけではないので
その粘りをオクラのとろとろで補って出汁醤油でいただきます。
松前漬が大好きな私にとってはストライク!でした。

野菜ソムリエ仲間のkanaoちゃんのアドバイスにより
きゅうりの塩もみを加え山形の郷土料理の『だし』風とネーミング。
これは以前野菜ソムリエのセミナーでもお伝えしましたが大反響でした!!
代表の青澤のお店、野菜ソムリエの店SALADEEでも食べられるとか??気になる方はご来店前に確認してみてくださいね~!
そのほかにも、お好みでめかぶや、きのこ類、納豆などとろみの出る食材を見つけたら
合わせてみるのも面白いですね!
タイにいるから感じる不便。
そこをクリアしていくことがまたひとつのたのしみになります!




さてさて次回もお楽しみに~!
[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-02 00:00 | リレー記事「好きな野菜と果物」 | Comments(0)
日本で人気のジュニア野菜ソムリエとベジフルビューティーセルフアドバイザーの資格をタイで取得できます!
資格取得に関する詳細は、個別にお問い合わせいただくか、無料説明会にご参加ください。

d0229095_16075410.jpg


● 無料説明会 2015年2月13日(金)

● ジュニア.野菜ソムリエ  → (ジュニア野菜ソムリエとは?)
野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむためのコースです。
野菜・果物の楽しさを個人として実感し日々の生活に役立てることを目指します。
時間はいずれも10:00~12:30、受講料148,000円

21期 講習2月9日(月)修了試験3月8日(日)
22期 講習3月7日(土) 修了試験4月5日(日)
23期 講習4月2日(木)修了試験5月10日(日)
24期 講習5月9日(土) 修了試験6月14日(日)

● ベジフルビューティー・ベーシック → (ベジフルビューティ養成講座とは?)
毎日の食生活に野菜・果物を効果的に摂り入れ、「楽しみながらキレイになる」をめざします。
時間はいずれも10:00~12:30、受講料119,900円。

2期 講習 2月7日(土) 修了試験 3月8日(日)
3期 講習 4月3日(金) 修了試験 5月10日(日)

● 野菜ソムリエコミュニティ主催ランチ付セミナー
野菜ソムリエが選んだ「食卓に取り入れたいタイの食材 Part2」 
2月25日(水) 10:30~13:00 

いずれも会場は、シーロム通り、BTSチョンノンシー駅3番出口徒歩5分にある「SALADee」(シーロムプラザ)にて。
お申込み、お問い合わせは、saladee.aosawa(at)gmail.com (at)=@ または TEL/SMS 081ー836-6350 青澤まで。

d0229095_16242010.jpg
(写真は、野菜ソムリエコミュニティBangkok主催のセミナーの様子)


クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
by vfcbangkok | 2015-02-01 00:01 | 野菜ソムリエバンコク地域校 | Comments(0)