タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

セミナー裏話

おはようございます。

昨日UPしましたセミナーの裏話を少し。。。

「タイ野菜でベジフルライフ♪」シリーズのお野菜は、参加していただいた皆様に実際に手に取っていただき、スーパーやタラートで見かけた時に「あ!これね!」と思っていただけるようにと現物を準備します。

・・・が、先日のセミナーの準備をしていると、「あれ?ビーツが無い!」ということで、急きょ調達に行くことにしました。
行き先は、会場近くのアソークのタラート

メンバーはすでに正装でしたが、6人でそのままの姿でぞろぞろとタラートに向かいました。
アソークのタラートって、Soi21のパクソイ、ターミナル21のそばにあるのですが、
近代的な建物やたくさんの車が行きかうアソークにありながら、なかなかローカル色豊かで、庶民の台所といった感じです。

そんなタラートに、野菜ソムリエの正装の日本人女性が6人ぞろぞろ・・・
かなり浮いてたかと思いますが。。。。
お店の方たちも、なんだ?この集団?って思われたかも。

d0229095_23304811.jpg

目的のビーツも簡単に手に入り、とってもお安い!
そして、ビーツを買ってるそばで、晩ごはんのおかずを買うメンバー(笑)

d0229095_23311636.jpg

最近、日系スーパーでは、タイ野菜の表示に簡単な説明も記載してあるので購入しやすいかと思いますが、実際に実物を見て、手に取ると言う経験があれば、表示のない地元タラートでも買い求めやすくなりますね。

是非是非、タラートで新鮮なタイ野菜に会いに行ってみて下さいね!



[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-31 09:11 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
こんにちは

2014年7月23日(水)にセミナーが開催されました。

「タイ野菜でベジフルライフ♪ No.2」

毎月、タイのお野菜2種類をテーマに、講義とテーマのお野菜を使った健幸弁当が付いてくるというとってもお得なセミナーです。
今回は第2回で、テーマのお野菜は「空芯菜」と「ビーツ」

まず、メンバーのnonから「ビーツ」のお話

d0229095_16245164.jpg

会場の広さと人数に対して、紙芝居式の媒体は少し見辛かったかもしれませんが、同じ内容を記載した配布資料も使いビーツ魅力を色んな角度からお伝えしました。

ビーツって、ボルシチ?くらいのイメージですが、とっても素敵なスーパーフードだったんですね。


続いて代表から空芯菜のお話
来タイして多くの人が大好きになる空芯菜
身近な野菜だけに、空芯菜の色々は、とっても興味深いお話でした。


d0229095_16250053.jpg

参加者の皆様、とても熱心で真剣に話を聞いてくださいました。

講義中には、ビーツや空芯菜、どんなものかは実際に手に取って見ていただきました。
手に取るだけで、ぐっと身近になる気がしませんか?
もっと詳しくタイのお野菜を知りたい方は是非セミナーに参加してくださいね!

そして、お楽しみの健幸弁当♪


d0229095_17002701.jpg

今回はビーツと空芯菜なので、ピンクと緑が色豊かで、目にも嬉しいお弁当でした。
空芯菜もカッターを使ったり、切り方や使う部分でこんなにも食感が違うんだという発見!
「このおかずなら作れそう!」って思ったおかずもあったのではないでしょうか?

飲み物ははちみつ入りのグラチアップティー


d0229095_16251790.jpg

そして、ビーツの講師をしたnonから、「おまけ」というには贅沢なレモンバジルとバジルシードのシフォンケーキがデザートに。

d0229095_16324664.jpg

「おまけ」のデザートと一緒に「おまけ」のレモンバジルのお話も少々
こちらも実際に爽やかな香りを確認していただきました。

d0229095_16250763.jpg

頭もお腹も一杯になりました。
毎回人気で満席のこのシリーズ
8月はお休みで、次回は9月24日(水)に開催されます。

夏休みが終わったら、またお会いしましょう。

by chikob



[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-30 18:52 | イベント案内&報告 | Comments(0)
こんにちは!
ジュニア野菜ソムリエのYKです。
在タイ3年半、今後ずっとタイに住む予定なので、
タイの野菜や果物について知りたいと思い
去年ジュニアの資格をとりました。

仕事をしている為、あまりコミュニティーには参加できていませんが、
個人的に野菜や果物を楽しんでます♪

主人がタイ人なので、家では何料理?とよく聞かれますが、
和食と中華、時々タイ料理といったところでしょうか。

ある平日の夕食
d0229095_23442210.jpg
筑前煮
トマトとキクラゲの中華炒め
ゴーヤの肉詰めスープ
人参ご飯

人参ご飯は
米2合
白だし大さじ2
じゃこ大さじ2を入れて炊きます。
朝はおにぎりだけになりがちなので、
炊き込みご飯を作る事が多いです。




夕食は日曜日に1週間分の献立を決めて、材料を買い、下ごしらえができるものは
日曜日にしておきます。
テーマは30分以内で作れるもの、、そうでないとお腹が空き過ぎます笑


こちらもよく作る料理です。ケールのオイスターソース炒めd0229095_23582579.jpg
野菜をたくさん食べたい時、ニンニクとオイスターソースでたっぷり野菜を炒めます。
週末に冷蔵庫の残り野菜を使う事が多いです。







ゴルフや運動をした後の水分補給にはキュウリです!わが家では食べるラー油が
まだまだ流行中!某居酒屋のメニューを参考にいたしました。(写真右)

d0229095_01684.jpg










そして、マイブームの焼きなすです(写真左)
タイで購入できる白なすはオーブントースターで10分焼いて完成です!
鰹節とポン酢で頂きます。



タイで購入できるゴーヤは大きいので、余ったゴーヤでゴーヤの佃煮を作ります。
d0229095_23583790.jpg
ゴーヤの薄切り
(半分くらい)を
ごま油で炒め、
砂糖大さじ2
醤油大さじ2
酢大さじ2
で味付けます。
ちりめんじゃこ、ごま、鰹節を混ぜて出来上がりです。




そして、デザートは季節のフルーツを食べる事が多いです。
左はサントール、右はマンゴスチンです。
サントールは日本であまり見かけないフルーツですが、
食感は、まだ熟してない桃とザポンの柔らかい皮を一緒に食べているような
何とも不思議な食感で甘酸っぱいフルーツです。

d0229095_0471419.jpg


ちなみに、サントールはタイ語では、ガトーン(ガチョーン)と同じリズムで
発音すると通じます笑

以上の料理は我が家の定番料理です。
まだまだこれから、タイの野菜を使った簡単料理を研究していきたいです♪

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-28 07:00 | 野菜ソムリエの晩御飯 | Comments(0)

子供も喜ぶウチの晩ご飯

こんにちは。
在タイ丸5年、ジュニア野菜ソムリエのYMです。
このコミュニティに入ったおかげで、自分では絶対に買わなかったであろう野菜やフルーツを手に取り食し、魅力的なメンバー達と食いしんぼう談義で尽きる事はなく、楽しく過ごさせて頂いています。
そんな中、家では「お腹空いた〜」と娘(小1&幼稚園児)に言われ、とにかく今、今すぐ食卓へ‼︎スピードを求められ、準備の悪い母はあたふたするハメに。
手間をかけて作っても「美味しくな〜い」「ふりかけ〜、梅干〜」の言葉に、怒り爆発寸前。何度となくこんな経験をしたのは、私だけではきっとないはず⁈
という事で、子供も喜ぶ(と勝手に母は思ってます)ウチの晩ごはんを紹介します。

ドライカレー
d0229095_19282784.jpg
カレーって子ども好きですよね。しかしながら長女はあまり好きでない。残念…
…だけどドライカレーは好きなんです!
とにかく何でもかんでも、野菜を細かく刻んで入れてます。
お弁当用に買ったミニトマトも週末にはシワシワになってませんか?そんな弱ってしまったトマトも、そして単品で出したら絶対食べないナスもどんどん入れます。
フライパン一つで調理も後片付けも楽チンです。
この日は他に茶碗蒸し。具はかまぼこくらいでほとんど入ってないです。枝豆を飾って。茶碗蒸しは、出し汁と卵さえ常備していればとっても簡単!
あとはサッパリと酢の物(わかめ、キュウリ、レンコン、じゃこ)
お味噌汁はたいてい作るのですが、この日はもうtime outで汁物なしです。

生鮭の人参マヨソース添え
d0229095_19351503.jpg
生鮭を焼いて。生のニンジンをすりおろしてマヨネーズで和えただけのソースです。
ニンジン嫌いの娘、生なのにこのソース好きです。


カレーご飯のサモサ
d0229095_19321071.jpg
中身はご飯とカレー粉、塩、枝豆(枝豆の代わりにコーンもいいですね)。
春巻の皮で包んで揚げます。
おかずよりは主食をしっかり食べて欲しいと思うので、こういうおかず⁈ご飯⁈やスープ(玄米ご飯と炒めた野菜のポタージュ)もよく食卓に出します。


誕生日ディナー
d0229095_19404535.jpg
先日、ちょうど娘の誕生日でしたのでその時の晩ごはん。
いつもは和食が多い我が家ですが、この日は特別こんな感じ。
朝から出掛けていたのですが、前日に下準備しておいたので、ラザニアもパンも当日焼くだけ。生春巻もチョイと巻き巻きするだけ、サラダは盛るだけ。

ここからは私のお気に入り3点のご紹介です。
①ココナッツビネガー(Coconut Flower Cider Vinegar)
d0229095_19080488.jpg
酢の物、ドレッシングなどに使っています。
全くココナッツの匂いも味もせず、まろやかな酸っぱさです。リンゴ酢やフルーツ酢のような甘さは感じられません。私、個人の感想です。
ちょうど今月の勉強会でKさんがココナッツについて講義して下さいました。
ココナッツビネガーの特徴としては、ミネラル、カリウム、酵素がいっぱい‼︎
ココナッツの花の蜜を発酵させてお酒にしたものをさらに発酵して作られるものだそうです。
これはKヴィレッジで開催されてるファーマーズマーケットで購入しました。他にもレモンファーム(soi39)で見かけました。写真は500mlですが小サイズ(多分250mlくらい)もあったので、まずは少量サイズで是非ためしてみてください。

②味噌
d0229095_19445677.jpg
お味噌汁くらいは毎日美味しく作りたい‼︎
と思っている私には欠かせない調味料です。日本でも作った事はあったのですが、タイで大量の麹が…なんて時にちょうど大好きな麦味噌を作る会⁈があったのでこちらでも作ることができました。今年の1月に仕込んだので10月には食べられます。
ちょうどかたまりの味噌を小分けにする時期だったので写真におさめました。これで約3kg。ちょっと味見したらとっても美味しかったです。さすが手前味噌⁈(^-^) 麦味噌は米味噌よりちょっぴり甘くて好きです。

麹が流行っているおかげで、バンコクでも誠屋で乾燥の米麹なら手に入りますね。
私は一時帰国の際に乾燥麹を買ってきて、冷凍室で保存しています。
塩麹や甘酒なんかを作ります。発酵食品には消化促進、美肌効果、老化防止など、身体に良い事ばかりです。

③キュウリ
d0229095_19365460.jpg
発酵つながりで、ぬか漬け。我が家はみんな大好きです。
作る私も野菜を入れて混ぜるだけで1品…なので大好きです。
ニンジンやピーマン、パパイヤなどもありますがやはり1番人気はキュウリです。
バンコクでも日本で見かけるような細長いキュウリが手に入りますね。
ピクルス漬けに適した様な小太りの短いキュウリもよく見かけます。
私としてはもう少し細くてイボイボのがいいな〜と。で、見つけたのがこの細く短いキュウリです。皮がゴツゴツしておらず食べやすいです。
ぬか漬けにも、サラダにも使っています。小さくて可愛い。
しかしながらここはタイ。いつも店頭に並んでいるとは限りません。
もし気になった様でしたら、見かけたらその時に是非〜。

ではまた次回もお楽しみに。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ



[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-21 09:19 | 野菜ソムリエの晩御飯 | Comments(0)
こんにちは。
タイは連休でしたね。

来タイ3年目のHNです。バンコクでジュニア野菜ソムリエの資格をとって、2年半程になります。
他のメンバーの資格取得動機を聞くたびに、我が身が恥ずかしくなるほど、
私の場合は、たいした動機がなく、
ただただ、ローカル大好き!タイ野菜知りたい!と思っていたときに、
たまたまフリー誌で「野菜ソムリエ資格説明会」の記載をみつけ、
(タイ野菜を知るきっかけになるかな)と参加。
→流れにのって、資格取得→そのままコミュニティ参加。現在に至ります。

そんな行き当たりばったりな感じの私ですので、
日々の夕飯も、たいてい「手抜き&時短」。
そこに、いかにたくさんの野菜を取り入れるか、に重点を置いております。
子が、年子で夕方は何かとバタバタするし~・・・なんていう言い訳をしつつ(苦笑)

というわけですので、どうぞサラっとご覧くださいませ。
我が家のある日の晩御飯です。

d0229095_02212633.jpgお腹を激しく壊していた息子が、この日、ようやく普通食を食べられるようになったため、
慣らしとして、夕飯は「鍋」に決定。
でも、連日、うどんやおかゆと「和」の日が続いていたので、
今日は「洋」にしようということで。

トマト鍋
我ながら笑えるほどなんでも入れてます。あはは。






いつもの鍋具材のニンジン、ダイコン、タマネギ、シイタケ、ゴボウ、シラタキ。
洋だからねトマトに合うしねってことで、カボチャ、ブロッコリー、セロリ、ナス。
ああ葉物がないわねってことで、キャベツも入れて、
ついでにお弁当用に常備しているミニトマトも入れました。

肉系は、チキン団子を。
長ネギと、それから、
翌日のお弁当に入れることを目論んで、
食感柔らか効果を狙い、オクラを刻んで混ぜ込みました。
下茹ですると粘りで刻むのが大変なので、混ぜ込むときは生のままです。
ついでに、冷蔵庫にワンタンの皮の余りがあったので、タネを少し使ってワンタンも作りました。

それらを、トマト水煮缶、水、コンソメ、ベビーリーフ、塩コショウの中に、次々放り込み、煮込んだら完成です。
ごった煮のようですが、いろいろな野菜の旨みを、うまいことトマトがまとめてくれて、美味しいお鍋になりました。

鍋に、肉も野菜もたくさん盛り込めたし、冷蔵庫の整理もできたし、母は大いに満足。
なので、付け合せは簡単に。

トウガン&ミニトマトのマナオナンプラー和え
マナオとは、タイのライムです。それと、ナンプラーを1:1ぐらいで。
トウガンは下茹でしてます。
トマト鍋とミニトマトがかぶってるけど。。。まあ、食感が違うしきにしないってことで。
というか、実は「マナオナンプラー和え」をいろんな野菜で試してみたかった、という母の好奇心だけだったりします(笑)これについては、後ほど記載。

オクラの麺つゆ漬け
サッと下茹でしたオクラを薄めた麺つゆに30分程漬け込むだけですが、我が家の子供たちには大好評です。1パックじゃ足りなくて、最近は2パックまとめて作ったりします。

セロリの味噌漬け
味噌を塗って、一晩置いてできあがり。

「主食」がないですが、
我が家、「俺の主食はビールだ」というコメを食べないパパと、
小学低学年の子供二人と私、という家族構成のため、
鍋の日は、それだけで満腹になり、「コメ」なしになることが多いです。

この日も、鍋の残りにご飯とチーズを入れて加熱、リゾットとして翌日の夕飯になりました。
これまた手抜きですけどね。。。

ついでに、
チキン団子と適当な野菜を取りおいておいて、翌朝チーズをのせてオーブンで軽く焼き、子供たちの
お弁当のおかずに。
オクラの漬物も、小さめを選んで、汁気を取るためにかつお節を絡ませ、こちらも翌日のお弁当のおかずになりました。

以上。
あまりに簡単な「晩御飯」なので、おまけをいくつか。。。

※おまけ①
上のメニューで、トウガンとミニトマトを和えている「マナオ&ナンプラー」
この合わせを始めて教えてくれたのは、実家の母でした。

それはもう何年も前、まだ私がタイに住むことになるなんて、思ってもみなかった頃に、
「セロリの美味しい食べ方があるのよ!」と食卓に出されたのが、
セロリのナンプラーレモン和え。
タイに来て、タイ料理教室に行くようになり、
(ナンプラーマナオの味付けって、タイ料理の定番なんだ!)とふと気づいたのは、最近のこと。そりゃ、美味しいわけですね。
(セロリだけじゃなくて、他でも美味しいかも・・・)と思いついたのは、更に最近。。。
ってことで、いろいろやってみています。
トウガン、ミニトマトも美味しかったですが、我が家の子供たちに大ヒットだったのが、こちら。

ヒョウタンのマナオナンプラー和え(写真左)
d0229095_02273529.jpg薄切りにして、生のままマナオとナンプラーで和えるだけです。
すりゴマもいっしょに。

ヒョウタンは、大きすぎない実を選べば、種もそのまま食べられます。
酸っぱいのがお好きな方、是非お試しくださいませ。
d0229095_02225286.jpg



タイで食用にされているヒョウタンは、きれいな黄緑色で、丸い電球型。タイ語では、ナムタオ。

「深い出汁がでる」と前回の「晩御飯ブログ担当」myちゃんも書いているとおり、煮込み料理に向いていて、我が家でもカレー、シチュー、スープなどなど多用していますが、
生で食べるのも美味しいですよ。

そして、上の写真の右側は、
青パパイヤの味噌漬けです。

以前、勉強会でコミュニティメンバーの作った「糠漬け」をごちそうになり、美味しかったので、「漬物案」を真似させていただいています。
青パパイヤといえば、酵素たっぷりデトックス効果抜群といわれるミラクル野菜ですので、タイにいる間に、ぜひたくさん食べておこう!と私も常々思っております。

さて、突然ですが、ここで耳寄りなダイエット情報を(笑)
パパイヤの葉をお茶にしたパパイヤ葉茶の粉茶。
これを、毎日飲むと着実に体重が減っていくとのこと。
実際に、「痩せた!」という方々の体験談を、ママ友が教えてくれました。
そんな方が、周りで数名いらっしゃるようです。
「実」よりも「葉」の方が、酵素パワーなど栄養たっぷりだといわれていますので、
更に粉茶でまるごと摂取となれば、納得のダイエット効果でございます。

体質など、個人差もあるでしょうし、絶対痩せる!と断言はできませんが、
興味をもたれた方、コミュ代表青澤さんのお店「SALADee」で購入できますよ。
ただ、アレルギーを発症する方もいらっしゃるようなので、特に南国のフルーツにアレルギーのある方は、ご注意くださいね。

※おまけ②
私の好きなタイ野菜のひとつ、ハヤトウリの食べ方我が家流です。
またまた簡単に「和え物」ですが。

ハヤトウリのニンニク醤油和え

d0229095_02014209.jpgハヤトウリを細切りにして、塩もみ。しっかり水分を絞ったあと、ニンニク醤油とマナオ少々で和えます。

パクチーとミニトマトも一緒に和えるのがお気に入りですが、
パクチー嫌いの夫には、ワケギ(細ネギ)を代用。


d0229095_02251033.jpgニンニク醤油は、来タイ当初から、醤油を継ぎ足しつつ、使い続けています。
ちょっと風味をつけたいときなど、便利に使えて、我が家の冷蔵庫の常備品。

漬け込んでいるニンニクは、取り出して普通にお料理に使っています。
少なくなったら、新しいニンニクを投入して、半永久的に使えます。












※おまけ③

タケノコご飯とタケノコのお味噌汁
d0229095_01571606.jpg
皮付きの大きなタケノコ、最近バンコクでほんとによく見かけます。
気になってたんだけど、面倒そうで手が出ず。。。

なんてときに、
このブログ「晩御飯シリーズ」でkanaoちゃんが書いてたタケノコ調理に刺激を受け、

ついに買って来ましたーーー♪

皮付きでしたが、トンロータラート(市場)では、お店のおばちゃんが先っぽと皮を取り除いてくれました。
※私のようにタイ語ができなくても、お店のおばちゃんとは身振り手振りで、意思疎通可能です。

お蔭様で、母子共々、美味しいタケノコご飯にありつけましたよ♪

私にとって、野菜ソムリエコミュティ参加の意義は、こんな風に、他のメンバーからいろんな刺激や影響を受け、知識を分けてもらい、自分も楽しめることです。

先日の勉強会では、ココナッツの素晴らしさを知ったので(前ブログ記事参照)、
さっそく、夕飯の外食時には、初めてココナッツジュースをオーダー。
ココナッツの実の上部を切って、ストローを挿し込んで飲むアレです。
辛いタイ料理に合うのはビール!と思い込んでいましたが、
さすがタイ人の皆さんがよく飲んでいるだけあって、
辛くて口が大変な時に、一口飲むと落ち着きます。
内側の白い固形胚乳も、スプーンで削って、デザート代わりにしっかりいただきました。
こんな初体験をしてみる気になったのも、勉強会があったからこそ。

もちろん、お野菜に関することだけでなく、
お料理や食べ歩き、他の趣味や習い事にいたるまで、
いろんなメンバーから様々な刺激を受け、私のバンコク生活は豊かに楽しくなっています。

では、また次回をお楽しみに。




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村


[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-14 16:05 | 野菜ソムリエの晩御飯 | Comments(0)
サワッディカー! 代表の青澤です。
2014年7月第1回勉強会、議事録を兼ねてリポートします。

日時:2014年7月9日 9時半~11時半
場所:アソーク インターチェンジビル パーソネルUL階 ミーティングルーム
参加人数:12名

月に1度は、メンバーから好きなテーマについて調べたことを発表してもらっています。

今回のテーマは、「ココナッツ」でした。
なんか気になるテーマでしょ? 面白かったですよ~。
d0229095_16460752.jpg


すでに帰国が決まっているKさん、タイに初めて来た時に南国の食べ物であるココナッツに出会ったワクワクした気持ちを思い出して、ココナッツをテーマに選んだとのことです。
若いココナッツと成熟したココナッツの違い、ココナッツオイルが何故体脂肪として蓄積されにくいのか(中鎖脂肪酸が多く含まれ直接肝臓に吸収)、今話題のココナッツウォーター(ミネラル、酵素、有用菌が多い)、ココナッツシュガー、ココナッツビネガーの特徴などもりだくさん!

さらに!!
d0229095_16434587.jpg

バター、生クリームのかわりにココナッツミルクを使ったケーキを作ってくださいました。
d0229095_16404022.jpg


ホントに美味しかった~!!
軽くてフワフワ、甘いものが苦手な私でもペロリ、もっと食べた~い!! って思ったほどでした。
おまけにココナッツオイル(小さじ1)を入れたコーヒーの試飲まで!
d0229095_16454293.jpg

いつものコーヒーとちょっと違った風味が出ますし、老化防止、アンチエイジングにも効果的なココナッツオイルをこうしてとれるのはいいですね。

なんだかちょっと贅沢な美味しい勉強会でした!


[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-10 17:02 | 勉強会 | Comments(0)
こんにちは☆
来タイ3年目、去年ジュニア野菜ソムリエをとりましたmyです。
昨年より野菜ソムリエコミュニティの勉強会に参加させて頂き、
お料理や食材や野菜やグルメの情報交換やレストラン探訪など、
とても楽しく活動に参加させて頂いています♪
ベジ仲間の皆様の夕食アップを見てると、素敵すぎてドキドキしていましたが、
ついに自分の番がまわってきました(^_^;)
家では和食以外食べたくないお腹が弱い旦那くんの為に作る夕食が
皆様の参考になるかわかりませんが、ご紹介させて頂きます。

☆今日もおなかの調子がわるい旦那くんにも楽しく食べて欲しい夕食☆
d0229095_01454537.jpg













☆蒸した白身魚のキノコソース☆
材料
白身魚 きのこ
最近、好きな1品です。
いつもは焼いた銀だらや鯛などの白身魚にキノコソース(出汁醤油とバター)ですが、
今日はおなかに優しく、お酒を振ってレンジで蒸した白身魚に、
キノコを出汁醤油と少量のオリーブオイルで炒めたソースを乗せました。

☆水餃子のスープ☆
材料
ひょうたん にんじん 白菜 のり
餃子(鳥ひき肉 キャベツ しょうが れんこん きくらげ)
韓国スープの素 鶏ガラスープの素 塩胡椒 
よく作るのりと野菜のスープです。
ひょうたんはやさしくて深い出汁がでるので、よく使います。
野菜ソムリエのセミナーでもお勧めしており、皮が柔らかく扱い易い野菜です。
そこに、れんこん水餃子を入れました。
れんこんときくらげの食感が楽しい餃子です。

☆きゅうりと紫キャベツのサラダ☆
オリーブオイルとワインビネガーと醤油と刻んだトマトのドレッシングで

☆ホウレンソウの醤油麹和え☆
自家製醤油麹は必ず毎日何かしらに使っています。
一番好きな発酵食品です。

☆湯豆腐
いつもの湯豆腐。
沸騰していないお湯でじっくり昆布出汁をとると、深ーい味がでてお勧めです。
そこに茅乃舎とマルシマの天然だしを半々で入れます。
鰹節で出汁を引くこともあります。
毎回湯豆腐は作るので、この出汁を他の料理に回せて、重宝しています。
私は野菜ソムリエの勉強会でお出汁に関して調べて発表したほど、
お出汁が好きなのですが、お出汁は栄養面で良いだけではなく、
食べると脳内で幸福感を感じるホルモンを分泌することから、
精神面にも良いのではないかと思っています。
海外生活だからこそ、お出汁は積極的にとると良いのでは、と思っています。

献立は一般的な方法ですが、主菜から決めて、
副菜は新鮮な野菜類を買い込み、机の上に並べて眺めながら献立を決めています(笑)
以前は野菜は農薬が気になりオーガニックから選ぶことが多かったですが
ソムリエコミュニティのリーダー青さんから「野菜の解毒能力を信じよう!」
という素敵な言葉を聞き、特にこだわらずに新鮮な物から買うようにしています。
インターネットで重曹で洗うと農薬がよく取れるという情報があったので、
ボールに水を張って、重曹小さじ1を溶かしたものに30秒から1分程野菜をつけ、
その後流水で流しています。
うちの献立の特徴としては、毎回旦那くんの好物きゅうりと、湯豆腐が副菜に入ります。
旦那くんはお腹がとても敏感なため、主に茹で、生、蒸し、焼き、が多く、
炒め物は少ないです。
腹下しによいと言われているにんじんや根菜等の野菜も積極的に
とりいれるようにしています。
あとは、一応、一晩最低でも7種類の野菜をとるようにしています。
勿論もっと多いほうが良いんでしょうけど、一週間でバランスがとれればよしとしています。
できるだけ、食欲の沸く、目にも口にも楽しい食卓が理想です☆


タイで手に入るオススメ調味料

私自身、遺伝性の超アレルギー体質ということもあり、ぷち健康オタクです。
そこで、タイでも手に入る健康にオススメの油やオススメの調味料を紹介したいと思います。
d0229095_01482487.jpg














左から 
椿油(フードランド) エクストラバージンオリーブオイル(フードランド) 
エクストラバージンココナッツオイル(サスティナ)
フラックスシードオイル(8トンローのクレッセンド) 
無添加白だし(誠屋) 醸造酢(フードランド)
※カッコ内は購入先です。この購入先以外でも販売している商品もあります。

主に健康によいとされる、オメガ9オメガ3を主体とした油を使っています。
最近、家庭料理の先生に教えて頂いた椿油は、
オメガ9の豊富なオリーブオイルに構成が似ており、
香りが控えめなのでどんな料理とも合い、重宝しています。
エクストラバージンオリーブオイルはコールドプレスで、遮光のビンを選びます。
フラックスシードオイルはオメガ3が豊富で健康に良い油です。
味が生臭く使い辛いのですが、色々試した結果、
椿油や胡麻油と混ぜると生臭さがかなり軽減され、使いやすくなることがわかりました。
熱に弱いので、サラダのドレッシングにどうぞ!
最近買い足したバージンココナッツオイルは
その酸化のしにくさや免疫力向上などの機能が注目されています。
こちらはココナッツの甘ーい香りがしますので、
お菓子作りの時バター替わりに使う予定です。
誠屋の無添加白出汁も重宝しています。お浸しによく使います。
ちょっとごま油やオリーブオイルたすこともあります。
出汁系の調味料は油との相性がいいですね。
天ぷらに出汁がたっぷりのおつゆ、の美味しさで昔から実証されてますね!
余談ですが、発酵系の調味料と油も相性がいいと思います♪
最後のキューピーのお酢は家庭料理の先生に、醸造してあるお酢はこれ!
と教えてもらいました。


番外編 一人ご飯

うちは夫婦2人家族なので、必然的に週の2~3日、
多ければ平日は全部一人夕ご飯なんてことがあります(^_^;)
そこで、最近よく食べるマイブームのサラダをご紹介します。

☆アボガドとパクチーのサラダ☆
頂きものもののクルミパンを添えて
d0229095_00322360.jpg

























角切りにしたアボガド、半切りのミニトマト、ざく切りのパクチーをマナオ汁、
オリーブオイル、塩胡椒で和えただけのサラダです。
アボガドとパクチーが相性がよく、マナオの爽やかさでさっぱり頂けます。
これに美味しいパンでもあれば、立派な夕御飯です♪
以前、ファランのお宅にお邪魔した時にセントレジスのケータリングででた、
アボガドとパクチーのディップに感動して、再現してみたものです。

是非、試してみてください☆

[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-07 03:15 | 野菜ソムリエの晩御飯 | Comments(0)