タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0229095_12262227.jpg

こんにちは!


はじめまして~!
在タイ6年目。ジュニア野菜ソムリエの、nonです。
実はこのご時世ですが、電子機器があまり得意ではなく、
まさか自分がブログを書くとは!!
初投稿は私にとっての大チャレンジです。(笑)


日本では毎日フルーツと向き合う真剣勝負をしていたので、
当初フルーツ以外にはめっきり興味がなかったわたしですが、
小さなきっかけから『タイの野菜』の面白さに魅せられたひとり。

私のモットーはその日出会えた、おいしそうに輝いて見えた野菜を使いきる!ということです。


せっかくならタイでの生活を自分らしく、タイらしく過ごしてみようっ~と
2児の子育ての傍らで資格を取りゆったり活動しています。

とくに素材そのものの良さを引き出すような食べ方を
見つけられたらいいなあと思いながら毎日模索中です。

この日の夕食は最近忙しくて少し体調を崩したお疲れパパのことを考えて作りました。

≪本日のメニュー≫
生姜たっぷりのごまつみれ汁
セロリとパプリカのハーブサラダ
ほうれん草の白和え風
ゆずの香とまと
白米


☆生姜たっぷりのごまつみれ汁

しょうがの香り大好き~♡食欲が出ます!
冬瓜と人参、ネギもたっぷりいれて、じっくりことこと。

我が家では、練り物には体にいいものを~と残り野菜も練りこんじゃいます。
胃腸の調子が悪ければ、きゃべつやニラなんかもいいですね!
ちいさいお子様には食べやすく片栗粉を少しいれると
口当たりが柔らかく食べやすくなりますよ。
この日はリクエストにより、すりごまをたっぷりと入れました!


☆セロリとパプリカのハーブのサラダ

タイではドレッシングを買うのにも勇気がいるお値段が付いています。
そんなとき持ち寄りご飯でkanao ちゃん作のサラダに出会い、感動!!
そうだ作ってみよう!とアレンジしたのがこのサラダです。
おかげさまで、2歳の娘もセロリが大好きになりました!


☆ほうれん草の白和え風

離乳食を作って以来、しゃっきりとゆで上げたほうれん草のおいしさを忘れかけていた私。
たっぷりのお湯で色よくゆで上げ、食感を残します。
食感にこだわり始め、人参は生のまま入れました。(笑)
栄養も大事ですが、この日は食感優先~!!しゃきしゃき楽しく頂きます!


☆ゆずの香とまと

タイのトマト。。。飾り??
と思うほど、良さが引き出されていない気がします。
たとえばカオパット(タイチャーハン)などのサイドによく見かけるあのこ。。
そのままサヨウナラなんてさみしすぎる~(涙)
でもそのまま食べても残念な感じがするのよね。
世の中にはおいしいトマトばかりではないけれど、
おいしく食べてあげられる方法を紹介するのも野菜ソムリエ!!ということで。
 
作り方は簡単!
ゆずポン酢に、少しお砂糖を入れ、トマトをカットしたものをつけるだけ。

1,2時間置くと出来上がり!
実質がしっかりと詰まっているトマトだからこそ浸透圧にも負け知らず。
トマトの中の水分と交換にマリネ液がしみておいしくなります!!
ここにカイワレを入れてトマト自体をドレッシング代わりに。

☆白米

雑穀米もプチプチした食感が好きなのですが体調の悪いときや、
効率よくエネルギーが必要なとき(スポーツなどの大会直前など)
は、控えています。
白米を炊くときには水の温度差があったほうがおいしく炊けると聞いたので、
研いだ後は冷水で炊いています。


体調の悪い時にはお味噌汁を充実させている我が家。
たっぷり野菜を入れて仕上げにネギ。
これだけで元気になれる気がします!!








にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-30 00:00 | リレー記事「野菜ソムリエの晩御飯」 | Comments(0)
こんにちは、☆青☆です!
コミュニティBangkokでは、月に2回、勉強会を開催しています。
6月2回目の昨日は、みんなでラヨーン近くにあるスパットラーランド、フルーツ園に行って来ました。
バンコクから車で3時間弱、7時半に出て3時にはバンコク戻りという強行スケジュール、でもゆっくり時間を取れる日を待っていたらいつになるかわからないので決行!
d0229095_17325190.jpg

時々、小雨がぱらつきましたが、涼しくてかえってよかったかも?
800ライの園内をトラムで周ります。
まずは、ンゴ=ランブータンの収穫体験。
d0229095_17054322.jpg
d0229095_17325170.jpg
採ったランブータンは、その場で好きなだけ食べられます。

次は、季節のフルーツ食べ放題!
d0229095_17325140.jpg
d0229095_17325133.jpg
ドリアンの美味しさにカンドー!
全然、臭くない!
採れたてだとこんなに違うの〜⁈
バターサンドの中のラムレーズンみたいな味⁈
赤ワインに合いそ〜!
いろんな感想がみんなの口からこぼれます。
d0229095_17054325.jpg
あっ、でもアルコールとドリアンは一緒に取っちゃダメですよ〜!
腸内で発酵するだの血糖値が急激に上がるだのいろんな理由が語られていてよくわかりませんが、死亡例もあるようですからご注意!

今回、メンバーのツボにはまったのは、サラという果物。
スネークフルーツとか、サラカヤシとか呼ばれています。
d0229095_17054302.jpg
アラブのおじさんも興味津々。
どういうお味かというと・・・なんか食べたことがありそうな、何か似てるんだけど、なんだっけ??? と、野菜ソムリエがいっぱいいてもうまく表現できませんでした。
酸味がかかってほの甘く、ちょっと醗酵しているようなクセがあります。
お酒っぽいような?
結論、百聞は一口にしかず!  食べてみないとわからない!! なんて逃げ口上ですけど、試しにぜひ食べて欲しいです。
ちなみにスーパーでは、トゲトゲのせいか、なかなか殻つきで売っていることは少なく、シロップ漬けになったのが売られています。
d0229095_17325186.jpg
サラは、ヤシの仲間でこんな姿でなってます。

他のフルーツも採れたて新鮮、シアワセなひとときo(^▽^)o
d0229095_17325176.jpg
おなじみのマンゴスチンも透き通るようにほのかにピンクがかかっていて、思わず写真を撮るメンバーも。

お次は、ソムタム食べ放題!
d0229095_17054364.jpg
この時のために各自おにぎりやらカオニアオ=もち米を持参、すっかりお食事モードでどっかり腰を落ち着けて、ああ、ビールが飲みた〜い…などとつぶやきながらソムタムをモリモリと食べました。
一応、ドリアン食べた後なので、ビールはがまん・・・(>_<)

最後は、養蜂の様子をちょっと見学して、あっという間のフルーツ園ツアー、終了!
d0229095_17054387.jpg

園内をトラムで走ると、タイでは滅多に味わえない涼しい風を感じました。
ゴム林やフルーツの樹がいっぱい、緑に囲まれるってホントに癒されますね。
d0229095_17054304.jpg
駆け足でしたが、大満足のツアーでした。
何度訪れても楽しめます。
ちなみに私は3度目でしたが、ドリアンは、いつでも美味しく食べられました。

スパットラーランドに行ってみたい! という方にご参考までにメンバーがまとめてくれた昨日の記録。

行程:
エンポリスイーツ前出発 7:40 - スパットラランド着10:30(途中1回休憩)
スパットラ発13:00 - エンポリ着15:40(休憩1回)
滞在時間2時間半ですが、見学、試食、買い物、まずまずゆっくりできました。
往路はソイ24で渋滞(ラマ4の高速乗場で8時過ぎ)、復路はソイ39から33、スクンビットで渋滞(所要30分)。
途中大雨にも降られましたが、それ以外はスムーズでした。

その他 蚊除けスプレー、虫刺され薬は必需品です。
トイレは水洗、紙有りです。



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-26 17:51 | 勉強会 | Comments(0)

ある週末の晩御飯♪

こんにちは!
昨秋から野菜ソムリエコミュニティーBangkokに参加させていただいてるKanaoです。
在タイ4年になりますがまだまだタイ野菜初心者です。
勉強会に参加したり、サラディーで食べるメニューでお勉強させて頂いてます。
来タイ当時お友達になった先輩野菜ソムリエNちゃんにタイの野菜、果物をスーパーで、持ち寄りご飯で、これはこんな風にして食べるとおいしいよと教えてもらいました。
初めてのちょっと不安な海外生活でそれがどれだけ私の支えになったことでしょう☆
私も来タイされる方たちのそんなお役に立てるようになりたいです。


さて我が家のある週末の晩ご飯です。
d0229095_1911481.jpg

<メニュー☆>
*揚げ春巻き
*冬瓜とハムの春雨サラダ
*四角豆と大豆のゴマサラダ
*なすの煮浸し
*たけのこごはん
*冬瓜と油揚げの卵とじみそ汁

タイでたけのこが出回る季節ですね。
d0229095_19315743.jpg
子どもたちがたけのこご飯が好きなのでたけのこを見つけると買ってしまいます。
私は米のとぎ汁で下湯でしてから使っています。
茹でておけば煮たり、炒めたりすぐ使ってしまいます。
今回春巻きの中にも加えました。
d0229095_2032312.jpg
タイの春巻きの皮はこんな丸形です。
タイの方はこれに綿飴のような砂糖を入れて巻いておやつに食べてます。
タイ料理教室でこの春巻きを習って以来揚げるとパリパリで美味しくて、安いのでこれを使ってます。
具の調味料とかもオイスターソース、マギーソース等こちらで売っている調味料を使いこなせるようになったのもタイ料理教室で学べました。

さて春雨を茹でたので冬瓜とハムを加えて春雨サラダを作りました。
d0229095_19392129.jpg
大きくて安い冬瓜、1本買うとなかなか使い終わらないほど重宝します。
冬瓜を細くスライスして水に浸してから使います。
シャキシャキ感と甘酢にしみて美味しいです。
スライス余りの冬瓜と、少し残しておいたたけのこごはん用の油揚げ、春巻きを包むときに使った卵液を合わせてみそ汁にしました。

あとは茹でてあった大豆と四角豆とミニトマトをすりごまをたくさんつかったドレッシングで合えたもの。
主人の好きななすの煮浸し。
このあと生野菜が欲しいと言うのでキャベツの千切りを加えて晩酌しました。

☆ここでちょっと食べ比べ☆
先日の「タイ野菜でベジフルライフ♪」の第一回のテーマとなったハヤトウリ。
d0229095_2075772.jpg






お弁当に入っていた煮物が美味しかったので冬瓜と煮比べてみました。
d0229095_19161530.jpg

見た目は変わらないですが左がハヤトウリ、右が冬瓜です。
冬瓜は透き通るかんじで水っぽいですが、ハヤトウリのほうが身が詰まったかんじです。
ハヤトウリも切ってみると中身がぎゅっとつまっていて綿もなく種も少しで使いやすかったです。

こんな発見ができるのもこの活動に参加してよかった!と思います。
では今後の晩ご飯もお楽しみに!
ありがとうございました。




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-23 08:00 | リレー記事「野菜ソムリエの晩御飯」 | Comments(0)
晩御飯シリーズ第3弾はジュニア野菜ソムリエのYNです。
前回のSSさんと同じ、今から約2年前に来タイしました。

来てすぐはタイの野菜も調味料も全く分からず、知り合いも少なかったため、自宅のネットで色々調べていたところ、こちら野菜ソムリエバンコクのコミュニティの存在を知り、すぐに青澤さんにご連絡し、コミュニティの勉強会に参加し始めた…というわけです。

タイの野菜だけでなく、食に対してひたすら貪欲で素敵なメンバーにも恵まれたお陰で、元来食いしん坊な私のタイでの生活がより豊かなものになったのは確かです。

メンバーの中には私と一回り以上年上、年下の仲間もいますが、“食”を通じると不思議とほとんど年の差を感じないのは私だけ!?
というより、私よりも豊かな知識を持った年下メンバーもいるため、年齢に関わらずとても刺激を受けます。

しかしお互い“駐妻”という立場ゆえ、ここで知り合った仲間はいずれ一旦“お別れ”する時期が来ることも・・・。



今年の春、日本に本帰国になったJちゃん。

彼女が本帰国の時に、彼女がバンコクで大事に育てた“ぬか床”を最後にいただきました。
d0229095_13332429.jpg


我が家でそのぬか床はセロリ、キュウリ、人参、かぶ、大根などのおいしいぬか漬けを楽しませてくれ、思わず実家の母を思い出しました。おかあさ~ん!





そして次に、あと4日ほどで本帰国するKちゃんからは先日“塩こうじ”をもらいました。

ある日、Kちゃん家に行った時、「塩こうじって使いますか?」と言ったと思ったらその場ですぐに作り始め、煮沸した瓶に入れお土産として持たせてくれました。

彼女は私より一回り以上年下ですが、私よりはるかに食の知識が豊富でいつも驚かされます。

d0229095_1345138.jpg


その塩こうじは、我が家の晩御飯をとても豊かにしてくれ、おいしい鶏肉やシャケの塩こうじ漬け(上の写真、下の写真)…、
d0229095_1721296.jpg
牛肉とパパイヤの塩こうじ漬け(下の写真)、カントンナと梅干の塩こうじ和え(上の写真)、豚肉の醤油こうじ漬け(写真なし)になりました~♪
d0229095_13425773.jpg


これは鶏肉とシャケを塩こうじに漬けているところ↓
d0229095_16501648.jpg





我が家の晩御飯は、その時“母”が食べたいと思ったものを冷蔵庫の野菜室と相談しながら思いつきで作ることがほとんどです。こんな残り物オンパレードでお恥ずかしい晩御飯の時も・・・。
d0229095_1348798.jpg


時々、「今日の肉団子の中にはどんな野菜が入っているか?」と、クイズを出すことがあります(オクラのときもあればタケノコ、蓮根バージョンのときも)。
子どもたちはこのクイズが大好きで、兄妹で必死に正解を探ります。

母が料理教室で習ってきたり、お友達からごちそうしていただいたメニューを度々自宅で再現し片っ端から実験台となるせいか、子どもたちはタイの野菜も調味料も辛いメニューも色々面白がって食べてくれるようになりました。(小3女、小5男)
d0229095_13505059.jpg


これも食いしん坊な母による日々の教育の賜物!?(笑)


こうして、私も子どもたちもソムリエ仲間やタイの食材から色々刺激を受けたり、習得した料理を復習したり、頂いたものを大いに活用させていただいたりして、豊かで楽しい食生活を送っています。

タイのすべての食材、日本ならではの発酵食品(麹、糠、味噌…)、仲間に、日々感謝です!
※発酵食品には食品自体の保存力UPだけでなく独特の旨味と香り付けの効果があり、人間の免疫力UP、アンチエイジング、生活習慣病の改善にも効果があると言われています。


おまけ。
これはコミュニティーに入ってすぐに教えていただいた我が家定番の晩御飯後のデザート。
パパイヤとパッションフルーツ。
d0229095_13552228.jpg



ではまた次週をお楽しみに~!!



〈メニュー説明〉
写真2枚目:鶏肉の塩こうじ漬け、キムチチゲ(アヤさんが作ってきてくれたキムチの残りもので)、大学芋、カントンナの炒め物、パクチーサラダ(東来順風)
写真3枚目:鶏肉とシャケの塩こうじ漬け、豚汁、炊き込みご飯、カントンナの梅干しの塩こうじ和え、きゅうりとツナと松の実と黒ゴマのポン酢和え、茄子の揚げ浸し、キムチ、納豆
写真4枚目:牛肉を塩こうじとパパイヤに漬ける前のもの、Kちゃんからもらった塩こうじ
写真6枚目:大量に余った前日の残り物をアレンジした思いつき晩御飯(野菜炒めの残り物でチヂミ、じゃがいものソテーとミートソースの残り物でグラタン、味噌汁)
写真7枚目:タコライス、お昼に友達と食べたチムチュム鍋の残りに野菜を足してスープ、ハマグリと青梗菜の中華風炒め、牛肉のパパイヤ、塩こうじ漬けの残りでレタス包み




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-16 12:00 | リレー記事「野菜ソムリエの晩御飯」 | Comments(0)
新年度になって、はりきって活動を始めたコミュニティBangkok、代表の青澤です。
今日は、定例の勉強会がありましたので、その様子をちょっとレポートしてみたいと思います。
当コミュニティの勉強会は、原則として月に2回開催しています。
そのうち1回は、交代でメンバーが何かしら食に関することについて発表します。
自分でいろいろ調べたことを食に興味深々のメンバーの前で発表するのですから、それなりにプレッシャーです。
でもこれが、この後に野菜ソムリエとして大きく羽ばたくために(!?)いい訓練にもなるんですよね~。

今日は、2名のメンバーが発表してくれました。
この2名は、先日開かれたフリーマーケットで手作りかりんとうを販売したのです。

最初のNちゃんは、ビーツについて。
d0229095_20322392.jpg
この発表スタイル、いいでしょ?
発表の方法は、パソコン使う人、紙を配る人、現物持って来たり試食があったりといろいろなんですが、この紙芝居風(?)な発表も味があってとってもいいですね。
d0229095_20302033.jpg
みんなの真剣な様子、わかりますでしょ?

ビーツという野菜、日本ではまだなじみがないのか、販売していた時にずいぶん質問されたり、興味を持たれたとのことでした。
d0229095_20322253.jpg
すみません、、、写真がきれいに撮れなかった、、、ほんのりピンクがかわいらしいビーツのかりんとうです。
葉酸がいっぱいなので女性におススメ!
血液サラサラ効果もあるそうで、高血圧の改善などにもなるんだそうです。

ついでにもう1枚、、、
d0229095_20322311.jpg
場所をお借りしているパーソネルコンサルタントさんの壁になんだか素晴らしい文字が書かれていたのでバックにしてみました。
本当にいつも場所を提供いただいて助かっております。
来週の水曜日は、野菜のセミナー開催で利用させていただきます。
すでに定員に達しましたが、またその辺も後程、レポートしてみたいと思います。

さてさて発表はもう1名、バナナのお話。
d0229095_20322326.jpg
バナナにシュウ酸があるという話が興味深く、食べ合わせなどを教えてもらえてよかったです。
d0229095_20322216.jpg
バナナのかりんとう、大人はもちろん、子供たちにウケてました!
私もお昼前だというのにとまらなくって困っちゃいました。

その後は、グループに分かれてスピーチの練習。
野菜ソムリエは、野菜の魅力を伝える役割がありますので、お話上手、コミュニケーション上手でなければいけませんので、こした練習も時々とりいれています。

野菜ソムリエに興味のある方、ジュニア野菜ソムリエの資格をバンコクでとることができます!
興味のある方、問い合わせは、青澤まで
Tel: 081-836-6350   Mail: saladee.aosawa(at)gmail.com (at=@)


[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-11 20:48 | 勉強会 | Comments(0)
こんにちは。
タイも雨期に入り昼間は蒸し蒸しですが、夜の寝苦しさが少し和らいだように感じます。
季節の変わり目、体調を崩されていませんか?

さて、先週から始まりました晩御飯シリーズですが、今回お届けするのはジュニア野菜ソムリエのSSです。
まずは自己紹介から。
出身は静岡県です。
静岡県は日照時間が長く温暖な気候のお陰で、東は箱根西麓野菜が有名シェフたちに重宝され、西は三方原のじゃがいもが大変美味しく、道の駅や農協などの野菜直売所も非常に盛んで、比較的野菜を身近に感じて過ごしてきました。
偶然なのか、夫の実家は農家です。
残念ながら、まだ農作業の手伝いをしたことはありません。
いつか、この資格が役に立つ日が来ると良いのですが…σ^_^;
ジュニア野菜ソムリエの資格は6年ほど前、食べ物好きが高じて日本で取得しました。
日本では、“取って満足”で過ごしておりましたが、約2年前にバンコクへ来たとき、フリー冊子の青澤さんの記事を見て、こちらで野菜ソムリエの活動があることを知り、コミュニティの仲間に入れていただきました。
以来、月2回の勉強会にてタイの野菜についてetc…、楽しく学んでおります。

それでは前置きが長くなりましたが、我が家の晩御飯です。
勉強会で学んでいる割には、日本と変わらない食材で調理しております。
しかし、日本とそう変わらない食材が手に入るのはありがたいですね(^^)
特に目玉が無いので、2日連続でご覧ください。
家族構成:アラフォー夫婦

d0229095_1135999.jpg

メニュー:黒米入りごはん、麻婆茄子、イタリアン冷奴、キンサイ入りスープ
☆イタリアン冷奴とは、ご覧のとおりイタリアの国旗に見立てお豆腐に緑、赤でデコレーションして、塩コショウオリーブオイルでいただきます。某料理番組でこのレシピを観た時には、白の部分にセロリの塩もみを乗せていましたが、今回はスープのキンサイと被るので、割愛。
☆キンサイ入りスープは玉ねぎ、トマト、キンサイを鶏がら出汁でスープにしたものです。爽やかな苦みのあるスープに仕上がりました。今回は葉の部分も多く入れたので、ちょっと苦みが強くなってしまいましたが、少々油っぽい中華風料理には相性が良いと思います。

d0229095_11353072.jpg

こちらが、キンサイです。タイセロリとも呼ばれています。
タイ語ではクンチャーイです。スープ、鍋、ヤムや薬味に使われます。

d0229095_1138175.jpg

メニュー:黒米入りごはん、牛肉じゃが、空芯菜ともやしのお浸し、根菜の味噌汁
☆肉じゃがに乗せた絹さやは、刻んで乗せることにより添え物としてより沢山いただけて、歯触りも楽しいです。
☆炒め物でおなじみの空芯菜も、さっと茹でてお浸しになります。
味付けは鰹節と醤油のみ。こちらも炒め物同様、シャキシャキして美味しいです。



私の晩御飯、この様な感じで一汁二菜が精いっぱいですが、その中に沢山の食材を入れるように、食感の変化をつけるようにと心がけております。
これからも少しずつ、勉強会で学んだタイ野菜を取り入れていこうと思います。

また次週もお楽しみに^_^



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-09 10:00 | リレー記事「野菜ソムリエの晩御飯」 | Comments(0)
2014年、折り返しの月に入りました~! 早いものですね~(@_@;)
予告通り、今月からこのブログは一新! 
メンバー交代で、毎週月曜日に更新していきますのでお楽しみに~!
まずは、当面のテーマ「野菜ソムリエの晩御飯!」と題してお届けします。
ただし、「野菜ソムリエ」と言いましても、あくまでもバンコクコミュニティメンバーでありますことご承知ください。
ハレの日の料理ではなく、何気ない料理、読んだ人が試してみたくなる料理を紹介していきたいと思っています。

トップバッターは、代表の青澤です。
お久しぶりの方、はじめましてのみなさま、本ブログご訪問ありがとうございます。
これからどうぞよろしくお願いします。

私は、2012年9月に「SALADee」というレストランを開店しまして、家のキッチン用具をほとんど店につぎこんでしまいましたので、家には電子レンジもない状態なんです~(>_<)
休日(日・祝日)以外は99%、店で食事をしていますので、実は、この課題、ちょっと悩ましかったんですよね~(^_^;)

久しぶりにおうちでご飯を作ることになって思いついたのが「チャオム」という野菜。

d0229095_12192815.jpg
アカシアの仲間で東南アジアではよく食されているのですが、ちょっと独特なニオイがしてダメな人はダメ、ハマる人はハマってしまうという野菜というか木の新芽、枝にはするどい棘があります。
タイ料理では、卵との組み合わせが多いのですが、一時、私はすっかりハマってお浸しやらサラダやらいろいろ試して、店のメニューにも出そうとしたほどでした。
ところが・・・レストランのスタッフにこの野菜がアレルギーという子がおりまして、ニオイを嗅いだだけでもダメ、2度も病院行きとなったことがあり、以来、チャオムを手にすることはなくなっておりました。
そういうわけで、久々に家で好きな野菜を料理するとなった時に思いついたというわけです。

その他、何にしようかな~と、ちょうど料理教室(健幸料理倶楽部)で「パクチー三兄弟」を開催して身近になっていたパクチーラオ(ディル)を使った野菜たっぷりスープ「ゲーン・オーン」を作ることにしました。
写真の野菜がまるまる入ります。
d0229095_21143162.jpg
細長いのはヘビウリ、丸いのは丸ナス、チャオムが繊細になったような枝葉ぶりのがパクチーラオです。
タイ料理と日本料理が半端な感じの晩御飯になりそ~な予感がしつつ…野菜売り場を眺めていたら、ガパオ(ホーリーバジル)の赤い品種が手に入ったのでゲット。
d0229095_21161855.jpg
できあがり、、、地味ですね、、、タイの野菜って市場で見てると青々としてまぶしいくらいなのに、料理になると地味なの多いかも・・・。
d0229095_21161889.jpg
<チャオムの温泉卵のっけ> -- 真ん中の写真
チャオムは、硫黄のような古くなったシイタケのようなニオイがするので、いっそのことシイタケと卵も一緒に。
コンビニで「温泉卵」というのを買ったのだけど、黄身がしっかりかたい…(・・;)
トゲトゲの茎から葉を取る下ごしらえがちょっと大変ですが、その後はさっと茹でて、よ~く水分を絞ってお好みの味に。
ゴマ油やオリーブオイルと塩をまぶしておくと、保存もできます。
チャオム好きの私は、おいしくてうれしくてパクパク、好きでも嫌いでもない旦那は、ふ~んという感想。
チャオムって女性の方がハマる率高いです、なんでなんでしょうねぇ~?

<ガパオシラス奴> ーー 右上の写真
ガパオは油や肉との相性がいいのですが、赤い品種で紫蘇にも似てそうなので、シラスはどうかな~と合わせて炒め、ナンプラーとしょう油で味付けして冷奴の上にのっけてみました。
うん、、、悪くはない、、、単にガパオ好き、シラス好きってだけのような気もしますが、酒のつまみメニューとしてはOKです。

<ゲーンオーン> -- 左上の写真
なんだか具だくさんでスープというより煮物になってしまいました。。。(-_-;)
作り方を知りたい方は、健幸料理倶楽部のパクチー三兄弟を受講してください! (って、ズルい!?)
それにしてもこのスープ、野菜たっぷりでホントにヘルシー!
肉が入ってる場合でも、よ~く煮込んで脂がなくなってて、豚でも鶏でも骨からほろほろとれるんです。
タイ料理にもヘルシーな料理っていっぱいあるんですよ~。

我が家の晩御飯といってもご飯はなし、お酒を飲みながらでしたので、「野菜ソムリエの晩酌」という状態、しょっぱなからこんな料理で失礼しました~!!



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-06-02 18:53 | リレー記事「野菜ソムリエの晩御飯」 | Comments(0)