タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは!
バンコクは2月初旬ころまで例年になく寒~い乾季でしたが、みなさまお元気でしたか?

夜は毛布が欲しくなるようなキリッと冷えた日々が懐かしくなるくらい、むしむしと湿度と気温が上がってきた今日この頃。
そしてデモ隊の青白赤の国旗カラーのグッズ屋台も日常風景となりつつある中、ひさびさの(今年初?!)勉強会ということで、プラカノンタラートを散策してきました。

新鮮な野菜たっぷりの八百屋さん
d0229095_8585860.jpg


今日はバジル三兄弟について、おさらいしてみましょう♪
d0229095_901324.jpg


手前から

1)タイレモンバジルแมงลักเ (メーンラック)

Ocimum × citriodourum シソ科メボウキ属 インド原産
タイレモンバジル/レモンバジル/ヒメボウキ(日)
Thai lemon basil/Lemon basil/Hairy basil/Hoary basil(英)


2)タイバジル โหระพา(ホーラパー)

Ocimum basilicumvar. thyrsiflorum
シソ科メボウキ属インド・熱帯アジア原産
タイバジル/目箒(メボウキ)/スイートバジル(日)
Thai basil/ Common basil/Sweet basil/Basil(英)


3)ホーリーバジル กะเพรา (ガプラオ/ガパオ)

Ocimum sanctum L.  シソ科メボウキ属  東南アジア原産
ホーリーバジル/神目箒(カミメボウキ)(日) 
Holy Basil/Sacred Basil (英) 


どれも似たような葉っぱ、タイ人でも区別できないこともありあますが、花や風味が異なり用途が少しずつちがうんですねー
タイレモンバジルは短くやわらかい毛が生えていますが生のままスープに入れて食べたりします。
タイバジル、ホーラパーもやはり生食、ラーブやヤムなどサラダにいれたり、グリーンカレー、スープにも入れます。
そしてホーリーバジル、こちらは生だと細かい毛がとげとげしますので、豚挽き肉と炒めてご飯にのせて食べるガパオムーサップに。日本人も大好きなお料理です。

さらに詳しく知りたい方!健幸料理倶楽部の「バジル三兄弟」という講座がありますのでどうぞ^^

今回は、これ ↓ がタラートでたくさん見ることができました。
おなじみのあの果物の花です。さて何でしょう?

d0229095_911453.jpg


正解は、バナナの花、です。
タイではサラダにして食べたりします。授乳中のママが食べると、母乳の出がよくなるそうですよ。

訪れた時間は10時過ぎ。朝の賑わいもひと段落したそんな一時、
ネコたちものーんびりとお昼寝中zzzz

d0229095_92813.jpg



この日はタラートツアーの後、ブログ筆者の一人、私Kの送別会を開いていただきました。

トンローのSUPANNIGA EATING ROOMというタイ料理のお店です。
モダンなインテリアながらも美味しいタイ料理がお手頃な値段でいただけます。
・・・美味しくて料理の写真を撮り忘れました^^;

デザートの果物ではっと気づき、撮った一枚がこれ ↓

d0229095_925331.jpg


サポディラという果物。味は糖度のあまり高くない柿、といった感じでしょうか。
このお店では種を抜いた後にイチゴゼリーを流し込み、飾り切りして出されていました。上品なお味です♪

今回で私がこのブログを書くのは最後です。1年弱、バンコクの野菜ソムリエコミュニティに参加してまいりましたが、3月中旬に日本へ帰国することになりました。
これからは日本から応援してまいります。

タイの野菜、果物情報など満載なこのブログ、毎回大人気のセミナー情報も掲載されますので、これからも時々ご覧いただけたらと思います!





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2014-02-14 09:58 | 勉強会 | Comments(0)