タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:メンバーのひとりごと( 18 )

3月はお別れの時期 

3月に入り、何かと気ぜわしい雰囲気ですね。
1年で一番暑い時期を迎えるこれからの時期は、学校のお休み・・日本でいう春休みが長いので、一時帰国される方も多いです。
もちろん本帰国の方もたくさんおられます。
人の動きが多いのでそわそわしてしまうのかもですね。

野菜ソムリエコミュニティ バンコクの主力メンバーも3名本帰国となりました。
寂しい限りです。

昨年のセミナーで講師を務めさせていただいたsonoもこの春本帰国です。→sonoが講師の「貧血」がテーマのセミナー

帰国準備の忙しい中、メンバーをブルーとアジアテイストのテーブルコーディネートと手料理でもてなしてくれました。
手の込んだ下準備に、いつも丁寧に食事を作っているのを再確認

d0229095_22484552.jpg

d0229095_22541069.jpg


ウェルカムドリンクは、「女性ホルモン」のセミナーでも紹介したザクロサワーをミントジュースとソーダ水で割った、ノンアルコールカクテル

ザクロの赤とミントジュースの緑が素敵でした。
「クリスマスパーティーにも良いね~」って意見も・

d0229095_23035246.jpg

乾杯したのはメンバー8人
このうち、3人がこの春本帰国で寂しい限りです。

d0229095_23043429.jpg

フレッシュザクロを食べるとき、種が気になって仕方がないのですが、ザクロサワーにするとお酢の力で種が柔らかくなり、一緒に食べても気にならなくなるんですよ。


差し入れはタイテイスト(笑)
でも、みんな好きだから嬉しい差し入れです。美味しくいただきました。

d0229095_23241541.jpg

「ガイヤーンが、綺麗な台付き食器に乗ると、違うものに見えちゃうね」なんて言いながら。

d0229095_23494605.jpg

さて、sonoの素敵手料理1は生春巻きです。
中に入ってるチャーシューも手作りでとても美味しい!こちらに紹介してます→

お野菜いっぱいで、タイらしくパクチーがエッセンスになった生春巻き
何個でも食べれます。
こんなグリーンの生春巻きもあっさりして良いですね。
チャーシューが入ってるだけで、たれ要らずで食べれます。

d0229095_23232285.jpg

sonoの素敵料理2は、ビーツを使ったゼリー寄せ

d0229095_23503740.jpg

sonoが講師をするにあたり、向き合った「ビーツ」
そのビーツを使って、とにかく丁寧に作った一品
お味、塩加減、食感、彩・・・とにかく完璧で、みんな「レシピ教えて~!」と言ってました。
おもてなしにぴったりの一品でした。

sonoの素敵料理3

sono宅のボルシチ

d0229095_23505307.jpg

ビーツ始め、お野菜たっぷりのとっても優しいお味でした。
こちらも、もちろん「レシピ教えて~!」の声が上がりました。


どのお料理も、「愛情」という隠し味が良く効いてました。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、食べることが大好きで、家族のために美味しいものを作ろうと思う気持ち、美味しい料理のレシピや情報に興味を持ち、惜しみなく仲間で共有し合う・・・こんな仲間に出会えて本当に良かったとみんなが思った時間でした。


chikob



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-03-04 02:55 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
サワッディーピーマイカー!
☆青☆より、コミュニティを代表して新年のご挨拶です。

いつもの乾季に比べてやや遅れて、やっと涼しく(寒く)なったバンコクです。
気持ちよく新年を迎えたところで、今年もバンコクコミュニティをさらに盛り上げていきますよ〜!
このブログもより充実させていきますので、みなさまどうぞ頻繁にお立ち寄りくださいませ。

一応の予定として…

================================
月曜 --- メンバーのリレーエッセイ
火曜か水曜 --- スポットトピック
木曜か金曜 --- 勉強会やイベントの報告
土曜日 --- マダムMのシンガポールだより
日曜--- 代表(または幹事)からのお知らせ等
================================

ただし、毎日、毎週ではありませんし、いろいろズレが生じることはありますので悪しからず(^◇^;)

まずは、昨年から始まったメンバーのリレーエッセイ、今年最初のお題!
「好きな野菜と果物」

あら、ちょっと、な〜んだ〜なんて、もしかして単純なテーマだなあなんて思いませんでした?
いや、まあ、たしかにそうなんですけどねf^_^;)
このシンプルな命題、いざ書いてみようと思うとヒジョーに奥が深くてちょっと大変かも…ということに気がつきました。
日頃から、好きな野菜はコレ! って決まってる人は書きやすいかもしれないけれど、でもきっとそれはそれで情報たくさんで何をアップしようか迷いそうですよね。
まあ、メンバーのみんなには、気負わず楽しんで書いてもらえたらいいんです。
それが読む人にもきっと楽しんでもらえるかなあと。
人っていろいろだなあ、好きにもいろんなワケがあるんだー! ヘェ〜、この野菜にそんな魅力があるのか〜! なんてあれこれきっと刺激を受けるはず。
人の好みをのぞいて見るのも楽しいかも!? です。

では、早速明日5日月曜日からスタートします。(当番は私からなんですけど)
おたのしみに〜!!

クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
by vfcbangkok | 2015-01-04 19:24 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
こんにちは、シンガポールのMadamMです。
シンガポールもクリスマスの飾り付けで賑やかなこの季節、今年はシンガポールで年越しです。


さて、今年のクリスマスも例年通り、我が家は家族とホームパーティをして過ごしました❤
賑やかなことが大好きな私は、独身時代におもてなし料理やお菓子、テーブルコーディネートを学び
その後、最初の駐在地のジャカルタで、外国人ママたちから素敵なおもてなしを受け
ホームパーティの暖かさや、寛ぎの空間での会話の豊かさを学ばせてもらいました。

その後、さらにその経験を生かしたいと、日本に帰っておもてなし料理のプロコースを受けて
先生のアシスタントをしながら人に教えるということを学んだ後、バンコクに赴任することになり
大人に対するおもてなしだけでなく、キッズのホームパーティの機会にも恵まれました。

そしてさらにみんなが嬉しく楽しいおもてなしをしたいと思い、TALK食空間コーディネーターや、
野菜ソムリエ協会のホームパーティスタイリストを学んでいます。


今回のクリスマスも「誰でも簡単に楽しめる!暖かなホームパーティ」の要素をちりばめて
ホームパーティスタイリスト的な、テーブルコーディネートやお料理のメニューを考えてみました❤
d0222641_2155939.jpg

2014年のクリスマスのテーブルは、「ヨーロッパの片田舎のクリスマス風」(笑)
先日のおもてなしタイ料理の時にも使用した、オリーブの一枚木のボードをメインにしたかったからなのです。

しかし。。。子どもたちからは「えっ?今年はこれだけ???」との声が
バンコクの海外育児情報紙である「nico Labo」でも、日本の歳時記のお料理としつらいや
子どもが楽しい!キッズパーティのテーブルの紹介をしてきました。
私のテーブルと言えば性格と一緒で?「派手、そして大胆!」のイメージがあるそうですが(苦笑)
今年は自分でも苦手な「ラブリー路線❤」のカントリーチック、そして引き算に挑んだわけで(笑)
それが子どもたちからして見ると、「地味」「手抜き」と映ったのかしら。。。

ここ2年のクリスマスのテーブルをちょっとご紹介させていただきます♪
d0222641_20574463.jpg

これは、2012年のクリスマス
この時はグリーンとゴールドで、確かにちょっとゴージャス路線(笑)
d0222641_210651.jpg

この年のメインはターキーで。あれ?どこにターキーがいるんだろうと思われましたか?
d0222641_212794.jpg

パイの中にはターキーの胸肉を開き、ミンスミートやくるみ、甘く煮たリンゴなどを入れて
くるっと巻いたあとにパイで包んで焼きました。

以前、クリスマスシーズンに売られる、丸ごとの大きな冷凍のターキーを焼きたいと
冷蔵庫で3日ほど戻した後、5〜6時間かけてオーブンで頑張って焼いたのですが
4人家族であっても多すぎて、クリスマス後もサラダにしたり、パンに挟んだり毎日食べることに。
それからはターキーの胸肉の部分だけのものだと、もっと手軽なお値段で購入もできて量もちょどよく
美味しく頂けることもあって購入しています。

d0222641_20533822.jpg

そしてこちらは、2013年のクリスマス
この時は「燃えるような赤」がメインのテーブルです(笑)

クリスマスカラーは赤、緑、ゴールド、白などがあるのですが、これにも一つずつ意味があるのです。
赤はキリストの流した血、キリストが誕生した時に次々に実をつけたリンゴの実、
緑は常緑樹の葉の色であり、永遠の命や訪れる春への希望
ゴールドはキリストが生まれた時に東方にひときわ輝いたベツレヘムの星
白は聖なる意味、潔白などを表しているのだそうです。
テーブルコーディネートにはこんな行事の由来や、プロトコールを知っておくことも大切ですよね!
d0222641_20541813.jpg

この年のメインはローストビーフにしてみました。
バンコクではThai French Butcheryで、美味しい牛肉が手軽なお値段で手に入ります。
事前にお願いしておくとしっかりとタコ糸などもかけてくれたり、美味しい部分をいただけますよ!


そしてホームパーティの演出は、テーブルの上だけにあらず(笑)
こんな部分も季節に合わせて演出すると、さらにおもてなし気分が盛り上がります!
d0222641_21515670.jpg

お客様をお迎えする玄関には、クリスマスらしい生のもみの木とポインセチアを飾って。
この花、実は近くの市場の花屋さんで購入したもの。
IKEAで購入したクリスタル調のオーナメントと、乾電池で安全なキャンドルを飾りました。
d0222641_2135893.jpg

お客様がいらっしゃる時に結構見落としがちなのが、このサニタリーエリアなのです。
気持ちよく使っていただくためにも前日にキレイに掃除を施して、サニタリー入れなどもチェック。

パーティ当日もお客様がいらっしゃる30分前には、「料理ができてきなくても一度手をとめて」
見落とし勝ちなこのエリアがキレイになっているか、香りのキャンドルをつけたり
他にもテーブル周りは整っているか、そして自分の身なりやお化粧は大丈夫なのか(笑)
(主人のお客様をお迎えした時に、料理に夢中になりこれを忘れた痛い経験あり!)
そんなことをチェックすることも、お客様が気持ちよく過ごしていただくために大切です。
d0222641_21392711.jpg

通年使えそうなリースにはブルーのオーナメントをつけて、イヤープレートと一緒に飾りました。
ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートは、家族全員の生まれ年を揃えた我が家の宝物のです♪

キリスト誕生の話を描いたNativityの置物は、チャトチャックにあるSiam Ceradonでオーダー。
通常は緑のものが多いセラドンですが、このイヤープレートに合わせて青でオーダーでしましたが
毎年これを飾るたびに、バンコクでの思い出を思い出す素敵な1ページになると思います。
d0222641_21555478.jpg

TVの横にはバンコクの駐妻にはおなじみの、木の店Arkのツリーの飾り棚をオーダー。
上の星は差し込み式で、これを外してガラスの棚に季節のものを飾れば、通年オシャレに使えますね❤


さてさて、今年のクリスマスに戻ります。
d0222641_20443186.jpg

一人ずつのテーブルには、セラミックのベルのオーナメントをアクセントに♪
これはタングリンモールにある北欧雑貨のお店で購入しましたが、この時期は特に嬉しい品揃え❤
テーブルクロスのアイロンをかけたり、お皿やカトラリー、グラスやお花などの用意をするのは
前日のうちにやってしまうと当日はお料理に時間をかけられるので、とっても楽なんですよ♪
d0222641_2040244.jpg

オリーブの一枚木の上には、アンティパスト的なお料理が勢揃い。
お料理を全部に全力投球すると、パーティが終わった後は本当に疲れて果ててしまったり
小さいお子さんなどがいるご家庭は、度重なるハプニングで全然準備ができない!!!なんてことも。

ホームパーティをスムーズに進めるためには、お料理のメニュー構成が一番のポイント!
これで70%以上がスムーズにいくかどうか決まると思うので、前日から準備ができるものや、
ちょっとした工夫で簡単にできるもの、買ってきたものをうまく組み合わせてできるもの
こんなレシピをいくつか十八番にしておいて、メニューの中に組み合わせることも大切だと思います。
d0222641_19242567.jpg

牡蠣のコンフィ パセリガーリック風味
オリーブオイルにみじん切りのにんにくと玉ねぎ、塩少々とパセリを入れて、
剥いた牡蠣をお鍋をゆすりながら、弱火で煮込んだもの。
これは前々日ぐらいから作って冷蔵庫で冷やしておいても、美味しくいただけるおつまみです。

キーンと冷やした白ワインに合いそうな、スペインのバルにありそうなお料理ですが、
これはエビでもタコなどの他の魚介類でも美味しく、大人には唐辛子を少し入れるとさらにGood!
d0222641_19222446.jpg

田舎風のパテ
持ち寄りにもピッタリなパテは、前々日ぐらいから作れるのでこれもまたとっても便利。
豚ひき肉と豚レバーに炒めたタマネギや、クリスマスらしくくるみとピスタチオが入っています。
このパテをそのままオシャレにラッピングして、ポットラックにするのもおすすめです!

これはオーブンの天板に水を張って蒸し焼きにしましたが、型に詰めて蒸し器で蒸してもOKです。
オーブン料理と聞くと「難しい。そして面倒」(笑)と思われる方もいらっしゃると思うのですが
(実はオーブンに入れてしまえば他の調理ができるので、とっても楽チンなんですよ♪)
こんな蒸し器でOKなメインにもなるお料理は、知っておくととっても便利だと思います。

今回は1cmの厚さに切って前菜にしましたが、翌日はフランスパンに葉ものと一緒に挟んだり
少し厚めにきってステーキのように焼いていただきましたが、そんな食べ方もおすすめです。
また薄く小さめに切って冷凍しておけば、お弁当のおかずにもとっても便利。
一度作ってしまえばその後はいろいろとアレンジができるので、ご飯作りも楽になって一石四鳥(笑)
d0222641_13471695.jpg

そして我が家の愛娘、ワンコのルナにもママからクリスマスプレゼント❤
上のパテの材料の中から豚ひき肉とレバーだけを使って、アルミホイルの上にクッキー型をおき
中にタネをつめて耐熱容器に入れて、オーブンの天板には水を張って蒸し焼きにしました。

蒸し焼きにしたのでモコモコとなって、何だかトイプードルらしくなりました(笑)
豚肉に豚レバーを切ったものを混ぜただけなんですよ♪
d0222641_20575824.jpg

こちらは我が家にお泊まりしているワンちゃんへのプレゼント。ワンコの手、肉球です(笑)
ホームパーティにはこんな笑いやサプライズも大切な一コマだと思います♪
FBにアップしたところ、離乳食や幼児食にもいいかもというコメントもいただきましたが
お子さんの好きなキャラクターの型に入れて、大人と一緒に蒸し焼きすれば楽しめますね!
d0222641_1920226.jpg

クリスマスカラーのお野菜と、カマンベールディップ
この器は三段式なのですが、テーブルに高さが出ると華やかになります。
そしてパーティの時など、お料理が多くて置くスペースが限られている時にもとても便利なんです。

転居を繰り返す駐在員生活であることから、食器類もたくさんの種類を揃えることができないので
どんなお料理にも映えて使いやすい、白、黒、ガラスと色を自分の中では決めていて、
変わった形のものなどは2、3通りの使い方が出来そうなものだけを購入するようにしています。
d0222641_19182139.jpg

ガラスの器を一つずつばらすと、中には白、赤、緑のお野菜を入れておきました。
カマンベールチーズは真ん中を少しくりぬき、白ワインを入れてオーブントースターで焼いただけ。
お野菜をとろりと溶けたチーズにつけていただきますが、これはワインにもあってとっても美味しい❤
こんなすぐに簡単にできるおつまみが一つあれば、急な来客の時にも便利ですよね!
d0222641_2048057.jpg

アスパラガスのスープ
シンガポールではローカルの市場もとてもキレイで、新鮮なお野菜が沢山手に入ります。
私が毎週のように購入しているのが、シンガポールの市場で見かける太く大きいアスパラガス。
これが本当に美味しくて、茹でたり焼いたりして毎週必ず買ってしまいます。

今年はこのグリーンを生かして、スープにしようと決めていました。
素材を生かして贅沢にたっぷりアスパラガスを使い、薄味に仕上げて冷蔵庫で冷やしておきましたが
こんな冷製のスープも早い時間から作る事ができるので、メニュー構成にも便利です。
d0222641_18585570.jpg

ヨーロッパの片田舎のクリスマスということで、器には野菜をそのまま使ってみることに。
こんなサプライズ、いや笑いか? みんなが「うわ〜っ!」と思うような仕掛けも演出の一つです。
d0222641_194437.jpg

リゾーニと言うお米のような形のパスタに、ドライトマトと赤パプリカを小さく刻み、
バジルや松の実で作ったペストソースで和えてサラダにし、くりぬいた赤パプリカの器につめました。
これも前日にパプリカなどは切ってタッパなどに入れて冷蔵庫へ。
ベストソースやドライトマトは購入したものを和えただけでもOKなので、とても簡単なメニューです。
d0222641_1961982.jpg

ポルチーニのリゾット
お友達がイタリアのお土産にくれた、美味しいパルミジャーノのチーズと乾燥のポルチーニ。
これをクリスマスには美味しいリゾットにしようと思っていました!

クリスマス風ということで、緑の皮をいかして市場でみつけた小さいかぼちゃにつめました。
カボチャも一度蒸してあるので、一緒にいただくことが出来るんです。
贅沢に沢山のポルチーニを使って仕上げた玄米のリゾットは、その戻し汁も残さず使いましたが
チーズとポルチーニの素材がよいおかげでとても美味しかったです❤
d0222641_19131358.jpg

今回のメインはローストチキン クリスマスには久々の登場です♪
いつもはがらんどうのお腹の中には、ピラフのようなご飯や栗は木の実を詰めたりもするのですが、
今回はメニューにリゾットやパスタサラダもあるので、中にはレモンをつめて焼き揚げました。

鶏は臭みがあることもあるので、下処理の時に酢水にしばらくつけておくとよいようです。
今年のチキンは「Kampong Chicken」という、ジャカルタ時代にもよく購入したチキンですが
フリーレンジで飼育されているので、ブロイラーとは違って小さめでお肉が締まっています。
d0222641_19143573.jpg

〆のデザートは、たらふくお酒を飲んでしまった主人(笑)にも食べやすく、
もうティーンエイジャーになって、甘いものをあまり食べたがらなくなってしまった息子のために
バニラアイスクリーム(贅沢にMOVENPICK!(笑))に、クリスマスプディングをちぎって混ぜ込み
クリスマスらしく氷の結晶の形に固めて抜き出し、ジンジャーマンクッキーを一緒に飾りました。

紅茶もシンガポール名物であるブランドのTWGの、「RED CHRISTMAS TEA」のとてもよい香りで
クリスマスの幸せな気分にさせてくれました❤



ホームパーティスタイリストの講座で、ハッと気がついたことの一つは「コストを考えること」
美味しく豪華な食材や目新しい輸入品の食材など、やっぱりおもてなし料理に使いたいですよね♪
ただそれが積み重なると、おもてなしの度にすごい散財。。。なんてことも。
気軽にホームパーティを開くためにも、しっかりここは考えないといけない部分ですよね♪


そしてお客様によって、どんなメニューやセッティングが好まれるのかも大事なことと学びました。
これは私の10年前の失敗談なのですが、お客様にきちんとおもてなしをしたいと思い、
赤ちゃん連れのお茶会の時に、ヘレンドのティーカップでママたちにおもてなしをしました。

その時に気がついたのは、ママたちがとっても緊張してお茶を飲んでいる姿!
抱っこすることもある赤ちゃんが、万が一、カップを手に触れて落として割ってしまったら。。。
そんな風に思っているのが伝わってきて、「あ〜、しまった!」と。

それからはその方が一番寛いで楽しんでもらえるように、お料理やテーブルも心がけています。
年配の方には食べやすく小さな一口サイズでおだししたり、洋食でも箸を添えたり
海外に単身赴任でいらしている方には、外食ではなかなかいただけない家庭料理をお出ししたり
新しく海外に赴任してきた方には、その土地のお料理を食べやすくアレンジして紹介したり
外国人の方には宗教上問題がある食材がないか、食べることがあまりない苦手な食材がないか
お子さんにはテーブルに割れるものやケガをするものやがないか、アレルギーがある食材はないかなど
みんなが楽しく一緒の空間を囲めるよう、そんな想像しながらメニューやテーブルを組み立てます。


今までいろんな形のホームパーティを開き、またお邪魔させていただく機会に恵まれましたが
パーティの一番のごちそうは「みんなが楽しく一緒に過ごせる時間」なのかなと感じています。
頑張りすぎてホストが疲れてしまうよりも、買ってきたもの盛りつけるだけでもいいのです!
ぜひ、もっと気軽にホームパーティを開いてみませんか?
[PR]
by vfcbangkok | 2014-12-27 22:01 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
皆さん、こんにちは。
野菜ソムリエコミュニティBangkokのMadam Mです。

私は8月にバンコクからシンガポールに赴任して、ちょうど4ヶ月が経ちました。
駐在生活は12年目、3カ国目に赴任の私でも、海外生活は好きで慣れているとは言え、
新しい土地では全く不安やストレスがないとは言えませんが、
そこで出会った新たなご縁にありがたさを感じて生活している毎日です。

そこで先日、シンガポールの心友たちに、この4ヶ月間のお礼と愛の気持ちを込めて
「いつもありがとう❤」の気持ちを伝えたくて、タイ料理のランチ会を開くことにしました。


シンガポールでもタイ料理はあるけれど、やはり本場の味を知っている私には本格的なお味と、
そしてヘルシーなタイ料理には、正直なかなか出会えないのです。。。
タイ料理はカレーだけでなく、とてもヘルシーな野菜をたくさん使った料理もあるのです。
健康に興味があるメンバーばかりだったので「野菜ソムリエ的タイ料理の世界」を紹介したいと、
野菜や果物、ハーブを活かしたメニューをチョイスしてみました♪
d0222641_1034157.jpg

このテーブルクロスは、タイ衣装を作る布をはぎ合わせてオーダーしたもの。
今日は家の中がクリスマス仕様になっていることもあって、赤でコーディネートすることに♪
d0222641_1013181.jpg

ナプキンはタイらしく、蓮、ロータスの形に折っておもてなしの気持ちを表しました。
ジャスミンの花で作られたお供え用の花はタイではよく見かけますが、シンガポールの市場でも売られ
遊びに来てくれた元インド駐在をしていたお友達の話でも、インドでもお供えに使われるそう。
こんな新しい世界を友達から聞けるのもも、ワクワクしてとっても楽しいんです!
d0229095_19363320.jpg

先日、友達が誘ってくれたロバートソンウォークにあるEdit Lifeというギャラリーで、
一枚木のステキなオリーブの木から出来たボードに出会い、一目惚れをして即、購入しました。
「これを使っておもてなしを♪」と盛り上がったことが、今回のランチ会のきっかけです。
和洋中、どんなものにも使えそうで存在感も抜群なんで、これからも活躍してくれそう♪
d0222641_10283422.jpg

「馬も走り出すほど美味しい」と言われる、タイの宮廷料理のマーホー。
マンダリンオリエンタルで習ったレシピをアレンジして作りました♪

タイの宮廷料理は口回りを汚す事のないようにとの配慮から、お料理は一口サイズで作ります。
この上に乗っているお肉と、下のパイナップルのコラボが美味しいお料理ですが、
実は、隠し味にパクチー、コリアンダーの根と干した大根が入っているのです。
パクチーの根はタイ料理にはとっても大切な隠し味で、実はカレーペーストにはほとんど入ってます。
「私、コリアンダーが嫌いで食べれないの〜」という方も、実は知らないうちに食べていることも♪

タイでは野菜や果物を美しく飾り切りをしますが、不器用な私はもちろんクッキーカッターで(笑)
このマーホーは、レストランなどではちょうちょの形で登場することが多いように思うのですが
みんなに「心からありがとう」の気持ちを込めて、パイナップルをハート型にくりぬいてみました❤
d0222641_1031246.jpg

タイの北部でいただく「ナムプリックオーン」
ひき肉とトマトのディップは、初めていただいた時にその美味しさにビックリした一品。
辛みを減らせば子どもも美味しくいただけますし、ご飯の上に豪快に乗せていただきたいかも♪
d0222641_10265368.jpg

アパレル業界でプレスをしていたお友達が、さすがの芸術的盛りつけをしてくれました!
これを先ほどのナムプリックオーンにつけていただきます。
後ろに見えるのは「長ささげ」のロングビーン、日本でもささげは関西地方で食べられるようですが
タイでは生でいただくと言ったら、みんなビックリでした〜(笑)
d0222641_10344034.jpg

四角豆のサラダの「ヤムトウアプー」
この四角豆のヤムは、バンコクの日本人女性友達からも人気のサラダ。
レストランのメニューがあると、必ず誰かオーダーすることが多い気がします。

この四角豆はタンパク質やビタミンCも豊富で、肌の弾力アップにも期待大!
四角豆の成分を化粧品メーカーが化粧品にも応用しようと研究をしているそうですが
沖縄では「うりずん」という名前で、最近では関東のスーパーでも見かけます。
茹でてマヨネーズにつけて食べても美味しいので、ぜひ一度お試しくださいませ♪
d0222641_10363314.jpg

白と黒のきくらげを使った薬膳的な香りもする「ヤムへット」
白キクラゲはそのフリルのような外見さながら、女性性をアップしてくれる食材。
そして鉄分が豊富な黒きくらげと一緒で、女性にも嬉しいメニューなんです。
そしてカロリーが少ないというのもとても魅力的ですよね!
d0222641_1038347.jpg

これも女性に大人気のレモングラスのサラダの「ヤムタクライ」
今日は20本近いレモングラスをお友達が頑張って、どんどん薄切りにしてくれました❤
消化器官の不調や風邪にもよく使われるというレモングラスは、これからの季節にも強い味方。
シンガポールでもお安く手に入るので、ぜひその美味しさを試してみてもらいたいです!

「レモングラスは下の部分で切ると年輪のような部分が紫色の部分までしか使わない。
それより上はの部分は香りも少し薄く、木のような食感が強すぎるから」と
タイ料理学校でもオリエンタルの料理教室でも習いましたが、捨ててしまうのはもったいない。
上の部分は煮だして、レモングラスのお茶にするのもなんだかホッとしていい感じです♪
d0222641_10395988.jpg

野菜だらけでも変化がないので、ヘルシーなお肉料理も加えたいと、
豚肉のしゃぶしゃぶをライムジュースやナンプラーなどのタレで合えた、「ムーマナオ」をチョイス。

このレシピはバンコクのベジフルビューティーのメンバーに、バンコクのフリーペーパーや
日本でも販売されている料理本などにも、私たち考案のレシピと活動を紹介して下さった
タイ料理ライターの白石路以さんが「10分で野菜の本格タイごはん」の中で紹介していたもの。
ライムとナンプラーのさっぱりとした美味しさは、日本人の口にもあって「美味しい!」と大絶賛。
すぐにこの本をAmazonで注文した友達たちも(爆)

そして今日は塩ゆでしたカイラン、タイではカナと言われるケールを添えてみました。
カイランはカルシウムも豊富なので、成長期のお子さんやママのイライラ防止にもGood(笑)
d0222641_10414615.jpg

茹でたひき肉とミントがたっぷりのー「ラープムー」
タイ料理の中でも人気の「イサーン地方」タイの東北部のお料理です。
タイ在住者にはおなじみの、お土産にも多く購入されるタイのプリッツにも出ているお味で
さっぱりとした酸味と、ピリッとした辛さのハーモニーが魅力的な一品です。

見た目がタイ料理でよくいただく「ガパオ」、鶏や豚とホーリーバジル炒めと思うようですが、
これはバジルではなくて、ミントがたっぷり入っています。
タイの東北部ではお隣の国ラオスたベトナムにも近く、二カ国とも元フランス領でもあります。
その影響かこの地域もミントやディルなど、西洋料理のハーブがよく使われるように思います。

そしてこのお料理にはもう一つ「カオクア」もち米を炒ってすりつぶしたものが必要です。
チェンマイなどのタイ北部や、東北部のお料理はこのカオクアを使う事も多いのですが
これもこの地域がお米の産地だからだと思われ、食は生活、文化と繋がっているのを感じます。
シンガポールのタイ食材マーケットでは、残念ながらこれを見つけられなかったので、
炒ったもち米をお友達がすり鉢で一生懸命すりつぶしてくれました!


さて、お料理も出来上がったところで、みんなで乾杯を〜♪
d0222641_10433791.jpg

タイ料理にはロゼが合うと、タイのカオヤイのワイナリーで教えていただいたので、
今日はお願いしてお友達たちが、ロゼのシャンパンとワインを持って来てくれました。
辛みのあるタイ料理はそのほんのりした甘さと、すっきりした飲み心地が合いますよね!
d0222641_10512823.jpg

お料理の頃合いをみて、タイ南部のタイハーブライスの「カオヤム」をお出ししました。
炒ったココナッツ、こぶみかんの葉に実、ショウガのようなカー、干しえび、もやしなどを
添えてあるタレと一緒に混ぜていただく、日本の混ぜ寿司のような感覚の一品です。

今日のこのご飯はお友達が持ってきてくれた、貴重な玄米を使わせていただきました。
この玄米は里海里山マイスターであり、お医者様でもある方から頂いたという、
石川県の七尾市で自然農法で作られたという、自然栽培の里@のとで、皆様と一緒に作られたという
本当に貴重でありがたい玄米なのです!
その炊きあがったご飯はもう甘みが全然違って、作り手の方々の思いを感じる幸せなご飯でした❤
d0222641_10552023.jpg

今日は先ほどの自然農法の玄米ご飯を使って、最近ハマって作っている甘酒にしておだししました。
ほんのり甘い甘酒はとってもほっこり、心身ともに癒されるお味です。
d0222641_11159.jpg

今日のデザートは「パッションフルーツを食べたことがない!」というお友達がいたので、
パパイヤのパッションフルーツ添えをおだししたところ、「美味しい〜」との声が。
とても喜んでくれたので、こんなこともとても嬉しい瞬間です❤

パッションフルーツはアンチエイジングにも嬉しい果物だけでなく、
葉酸も豊富に含まれるので妊娠を希望している方にもぜひとってもらいたいフルーツ。
パッションフルーツは皮がシワシワになってからが実は食べごろなので、常温で追熟させました。
食べごろになると酸っぱいだけでなく、甘みと酸味のハーモニーを味わえます♪

d0222641_12305928.jpg

お友達にも薦めたこの2冊の本はタイ料理ライターのルイさんが編集されたタイ料理の
「10分で本格タイごはん」と「10分で野菜の本格タイごはん」の本。
日本でも作りやすい食材とレシピながら、お味は本格的なので本当におすすめです!

ちなみに「10分で野菜の本格タイごはん」の方には、ベジフルビューティー仲間と
考案したハーブのドリンクや、恥ずかしながら顔写真も出ております(笑)


シンガポールでタイの調味料やお菓子、ビールなどだけでなく、タイ料理に使う野菜や魚類は
「リトル タイ」とも言われる、ゴールデンマイルコンプレックスで手に入ります。
そしてウエットマーケットなどの野菜売り場や、マレーやインド系の乾物や調味料売り場でも
タイ料理を作る食材が売られているので、シンガポールでもタイ料理は作りやすいと思います。
ぜひこんな野菜いっぱいのヘルシーなタイ料理もあることを、みんなにもっと知ってもらいたいです♪


バンコクの野菜ソムリエコミュニティーバンコクで学んだ、南国野菜はシンガポールでも手に入り
どうして使っていいかが分からないので、手に取ることができないという声もチラホラと。
せっかくご縁があって駐在した国なので、もっと現地の野菜や果物ともおつきあいしてほしいと
シンガポールでも野菜や果物の魅力について、もっと広めていきたいと思っています!
                          
Madam Mのシンガポールからの便りでした♪
[PR]
by vfcbangkok | 2014-12-13 19:37 | メンバーのひとりごと | Comments(0)

セミナー裏話

おはようございます。

昨日UPしましたセミナーの裏話を少し。。。

「タイ野菜でベジフルライフ♪」シリーズのお野菜は、参加していただいた皆様に実際に手に取っていただき、スーパーやタラートで見かけた時に「あ!これね!」と思っていただけるようにと現物を準備します。

・・・が、先日のセミナーの準備をしていると、「あれ?ビーツが無い!」ということで、急きょ調達に行くことにしました。
行き先は、会場近くのアソークのタラート

メンバーはすでに正装でしたが、6人でそのままの姿でぞろぞろとタラートに向かいました。
アソークのタラートって、Soi21のパクソイ、ターミナル21のそばにあるのですが、
近代的な建物やたくさんの車が行きかうアソークにありながら、なかなかローカル色豊かで、庶民の台所といった感じです。

そんなタラートに、野菜ソムリエの正装の日本人女性が6人ぞろぞろ・・・
かなり浮いてたかと思いますが。。。。
お店の方たちも、なんだ?この集団?って思われたかも。

d0229095_23304811.jpg

目的のビーツも簡単に手に入り、とってもお安い!
そして、ビーツを買ってるそばで、晩ごはんのおかずを買うメンバー(笑)

d0229095_23311636.jpg

最近、日系スーパーでは、タイ野菜の表示に簡単な説明も記載してあるので購入しやすいかと思いますが、実際に実物を見て、手に取ると言う経験があれば、表示のない地元タラートでも買い求めやすくなりますね。

是非是非、タラートで新鮮なタイ野菜に会いに行ってみて下さいね!



[PR]
by vfcbangkok | 2014-07-31 09:11 | メンバーのひとりごと | Comments(0)

健康料理クラブ

今年はブログを頻繁にアップしようと思っていたのに、気づけば一ヶ月も過ぎていました・・・
すみませぬ。

タイは4月が一番暑い季節。
13−15日のタイ正月(ソンクラーン)も終わり、こちらの日本人学校は今日が入学式です。
新年の始まり。新学期の始まり。
新しい季節は背筋がピシっと伸びる気がしますね。
今年はどんなことをお勉強しようか、どんな一年にするか、考えるのが楽しい時期でもあります。



さてさて、先月末のことになりますが、コミュ代表の青さんのお店で健康料理クラブなるものが定期的に開催されていて、初めて参加してきました!

今回のテーマは「雑穀」
青さんは雑穀エキスパートでもあるので、以前から興味があった雑穀について教えて頂きたいな、とずっと思っていたので待ちに待った機会でした。


教えて頂いた雑穀はこちらの三つ。

d0229095_110126.jpg


写真上段=左端は大麦、真ん中はパール麦、右端はキノア です。
写真下段=はとむぎ(写真が切れていますが、左端が炊き上がったもの、真ん中が生の状態、右端は脱穀前のもの)



はとむぎは自宅でも利用していたのですが、大麦とキノアは初めて。
大麦もキノアもはとむぎに比べると糠臭くないので食べやすいですよ☆
スーパーでも手頃な値段で買えるので経済的!
バンコクですとFOOD LANDやTOPS、Villa Supermarketで買うことができます。


はとむぎはひよこ豆と混ぜてカレーに、大麦はミキサーでつぶしてガスパチョに、キノアはパセリのサラダ=タブレに入りました。
参加したメンバー全員で作りました☆

それ以外にははと麦をすり潰して、ささみのミンチと混ぜ合わせ、鶏バーグになって、上にラタトゥーユがかかったものをお店のシェフが作って下さいました。
雑穀は食物繊維やビタミンが豊富。

お料理クラブに参加してから早速買い求めて、ご飯に混ぜて、お料理にまぜて利用しています。

普通に白米に混ぜて炊き上げるだけでも美味しいですが、別に炊くか茹でるかして、お料理に使えればいいな、と思っていたので、このお料理クラブは非常に面白かったです。


次は豆のお料理を教えてくださーい!!と青さんにラブコールを送っています。
豆と雑穀、手軽に気軽にお料理に使えるようになったらいいな〜。









にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2013-04-22 11:14 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
昨年の秋に、ベジフルビューティーアドバイザーを取得することが出来、
最近では個人的にも、ラジオ出演など様々な活動をさせていただいておりますが
タイのハイソ系インテリア雑誌から依頼があり、お仕事をさせていただきました。

2月に撮影を行った雑誌の「Living ETC 3月号」が刊行されました!
d0222641_18411760.jpg

タイのインテリア雑誌ですが、とてもステキなデコレーションで参考にしたいものばかり。

今回はそのインテリア雑誌の中の「Entertaining etc」のコーナーで
初夏をイメージするサラダの「Garden Salad」と題するレシピを提供させていただきました!
d0222641_1923483.jpg

撮影現場はタイらしい、穏やか、そして柔らかな雰囲気の中にも、プロ魂を何度も垣間見ることに。

この撮影を行ったチームは、美術大学などを出たアート専門の方々だそうなんですが
やっぱり一流の人たちはすごい!そして「こんなに素早く動くんだ~!!!」と(爆)
(ごめんなさ~い<(_ _)>)
その撮影風景は感動に値するほど、それぞれが自分の役割を心得てスムーズに流れ
そしてどこまでも妥協を許さない姿勢で、それはそれは素晴らしいものでした!!!
d0222641_1943567.jpg

お料理のスタイリングは、タイのフリーペーパーのWOMでもお花を掲載されている
Naomi先生が行って下さいました♪
お花と同じで、お料理の盛り付けもやはり「センス」なんだと痛感させられたこの日。
とてもステキな同じ歳!こんなHappyなお話を下さって、本当に感謝しています。
d0222641_1975040.jpg

カメラマンの方も、一筋のお皿の油なども見逃しません!
何度もお皿をぬぐい、カメラをのぞきながら盛り付けを替え、納得がいくまで撮影が続きます。
d0222641_196750.jpg

写真を撮りながら、その場でPCによって出来上がりをチェックしていくのです。
この工程がいくつもいくつも繰り返されました~


レシピは14品提出して、そのうちリーダーの方から6品を選んでいただきましたが、
今回はレシピも効能も全て英語で提出で、私も電子辞書を片手に頑張りました! 
そして、お陰様で雑誌に掲載された写真は、こんな素敵に出来上がりました♪
d0222641_1842434.jpg

今回のお題は「Garden Salad」。初夏のお庭をイメージしたサラダたちです。
表紙には自分の名前も入れていただいて、何だかくすぐったい感じです(#^.^#)
d0222641_18444157.jpg

Morning Glory & Pomelo Italian Salad
これは生の空芯菜、ソムオー、きくらげのタイ野菜と果物を使った、イタリアン風のサラダ。
「Garden Salad」と言うことで、ベトナムで買った空芯菜割き器を使って、
茎をカールさせて遊び心を出したのですが、これをみなさん、子供のように(笑)
大喜びしてくれたのが、本当に嬉しかった!!!

小さな赤いトマトが、草むらから顔を出したテントウムシのように、
そして茶色は茹でたキクラゲですが、まるで蝶の羽のように見えませんか?
一粒大のソムオーは、まるで朝露のようにキラキラと。
そんなストーリーが表現されているのです。

空芯菜は虫がつきやすいのが難点なので、水耕栽培のものを使いました。
水耕栽培だと土を使わないので虫が付きづらいという長所があり、
また葉も茎も路地ものに比べて柔かいのが特徴なので
生でいただくサラダなどには、水耕栽培のものがオススメです!

空芯菜は炒め物もすぐ黒くなりますが、それは鉄分が多いからで貧血予防にも効果が。
さらにソムオーのようにビタミンCと組み合わせると、さらに体内での吸収力が高まります♪

そして空芯菜は、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンも豊富なのですが、
これにソムオーのビタミンC、ナッツのビタミンEが合わさると、
美容に最強トリオのビタミンA、C、Eとなり、さらに効果がUPするんです♪
オリーブオイルを使ったドレッシングや生のお野菜をいただくことで、
ビタミンAとCの吸収も高まり、さらに美肌などにも効果がありますよ!
d0222641_1848202.jpg

Cucumber Salad with Dill
こちらはキュウリとディルの爽やかなサラダ。
縦に二つに切って芯を摂ったキュウリを、縦において竹のように盛り付けて。
パクチーラオとも呼ばれるディルを木の枝のように大胆に飾って
まるで竹林の中にいるみたいな気分になりませんか?(^_-)

キュウリのカリウムがむくみなどを軽減し、血圧なども緩やかに下げてくれる効能も。
また鎮静効果もあるので、これからソンクランに向けて暑くなる季節ですからオススメです!
d0222641_18472447.jpg

Marinated Tomato French Tasted
湯剥きしたトマトを、ハチミツやフレンチマスタード、ホワイトビネガーなどでマリネしたトマトは
つやつやと光り、フレシュな初夏のベリーのように輝いて。
このハニーに甘酸っぱいお味は、スタッフの方も一押しでした♪

こちらはトマトのリコピンが美肌へ導き、紫外線でダメージを受けた肌にも効果的。
そしてアンチエイジングや、ストレス緩和へも効果が望めます。
d0222641_18502415.jpg

Black Rice Tabbouleh
タイにはカオヤムというご飯とお野菜がいっぱいのサラダ?がありますが、
タイ人の方向けの雑誌とあって、同じく黒米を茹でてサラダ感覚でいただくことを提案。
そして中東の香りのクミンを加えて、異国へといざないます♪

今回の撮影隊のリーダーは、これまた同じ歳の女性であったのですが、
ベジフルビューティーアドバイザーの立場からも、タイ人の「食」には・・・と思う節があったので
タイ人にももっと健康・美容のための「食」を伝えたいと、思いを伝えてみることに。
「この黒米はアントシアニンが含まれるので、アンチエイジングにも効果があるのよ。」と伝えると
「それは、私たちに絶対、必要なサラダだね!」と(爆)

国を超えて女性が思うことは同じですから、
ここから全てのサラダに効能をつけてもらうことができたので
少しでもタイ人の方々が、食にもっと興味を持ってくれればいいな~と思っています。
この黒米はアンチアイジング、そして抗ガン、心臓系の病気予防などにも
効果があるとされているんで、ぜひ日常でもいただいてほしいお米なんです。
d0222641_18525869.jpg

左上がVegetable Pickles Curry Flavoured
カリフラワー、キュウリ、パプリカなどを、カレー味のピクルスに漬けこんで。
ピクルス液に入れたローリエやクローブ、黒コショウなども、一つの絵のように描かれて。

こちらは色とりどりの野菜のビタミン、ミネラル、カリウムから、
血圧や血糖値を下げるなど、生活習慣病に効果が期待でき
そしてインドのMagical Spiceでもあるカレーは、ストレス解消、新陳代謝促進も効果アリ。

右下がWinged Beans and Four Beans Salad
野菜ソムリエセミナーのレシピでもお出しした四角豆のサラダですが、
これはいつでも、どなたにも簡単で美味しさも好評なんです。

四角豆は化粧品の開発もされているほど美肌効果も高いお野菜なので、
いろんなお料理にアレンジして、ぜひ使っていただきたいタイ野菜の一つです。

四角豆には、ビタミンCとタンパク質が豊富に含まれているのですが、
体の中のたんぱく質のおよそ30%を占めるのが、美肌にも大事なコラーゲン。
そしてこのコラーゲンを体の中で作る時に必要なのがビタミンC。
この二つを持つ四角豆は美肌効果はもちろんのこと、更年期などから来る体調不良や
生活習慣病などにも効果があるので、沢山食べたいタイ野菜ですよね(^_-)-☆


このLiving ETCですが、大きな書店並びに、Villa Marketなどの大型スーパーの
書籍コーナーでも販売されております。
残念ながら、レシピが全てタイ語で書かれているので、私も全く読めませんが(笑) 
私もベジフルビューティーとして、在タイの大きなよき思い出とすることが出来、
ご縁あってお世話になったタイの方々の健康と美容へ、少しでもお役に立てればと思います。

皆さんのお力で美しく絵のように描かれたサラダ、一度ご覧いただければ嬉しいです❤


文責:Mでした~
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2013-03-23 23:08 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村



野菜ソムリエコミュニティーメンバーも、セミナーもあと2週間を切ったところで
少しでもさらによいものを!と、みんなで一丸となり頑張っているところです。


そんな中、最近では個人的にJr.野菜ソムリエ、ベジフルビューティー、Jr.食育マイスター
ホームパーティスタイリストとして、フリーペーパーでコラムを書かせていただいたり
ラジオで食の話をしたりと、様々なメディアを通した活動をさせていただいております。

野菜ソムリエとしても責任が増す中、家庭との時間のやりくりをしながらではありますが
さらに一歩前へ、とても充実した毎日を過ごしており、ありがいことだと感謝しております。


そこで、「野菜ソムリエになることで、こんなチャンスもあるんだ!」と、
皆さんにも活動の一部をお知らせできればと思い、ブログをUPさせていただきました。

私が今回、レシピを提供させていただいたのは、こちらのフリーペーパーです。
d0222641_213246.jpg

Arche+ 2月号!今月は「タイの調味料で創作料理!」特集でした~
その中に「タイ薫るおもてなし 4コース ディッシュ」と題してレシピを提案致しました。
d0222641_231091.jpg

なんと、見開き2ページで、ドド~んと特集していただいていてビックリ(*^_^*)

今回はタイ料理教室で習って買ったはいいが、その後使うこともなく、
あまりがちな調味料(笑)の数々から、子供もみんな家族で食べられるような
簡単にできるおもてなしのタイフュージョンを、こちらで提案して見ました。
d0222641_1422832.jpg

テーブルコーディネートはタイを代表する花の蘭と蓮の紫、そしてテーブルクロスには黒を。
タイの雰囲気を醸し出しつつ、フュージョンぽく都会の雰囲気も出しかかったのです。
イメージはバンコクではバンコクの青山(ホントかな?)のランスワン、東京はベイエリアの
モダンな高層マンションの一室という感じでしょうか?(笑)
d0222641_1432030.jpg

お花の色に合わせてパープルのガラスのお皿に、都会的なシルバーの輝きを加えてみました。
d0222641_144580.jpg

バンコクでは様々な形や色の蘭の種類が手に入り、しかもお値段も良心的。
お花もすぐにダメになってしまうことも多く、長持ちしてくれる蘭の花はやっぱりいいですよね♪
d0222641_1444975.jpg

今回のテーブルコーディネートは、この蓮の花との出会いから始まりました!!!
なかなかこんなお花は見たことがなかったので、「これをぜひ!使いたい」と。
水辺に浮かぶ蓮の美しさをイメージし、ガラスの食器やキャンドルホルダーに浮かべました。


そしてお料理の方は、タイの調味料を生かしながらも、フュージョンの洋のテイストで。
野菜ソムリエとしてはお野菜、そして果物も使いたいと言うことで、こんなレシピが完成♪
d0222641_1465464.jpg

スモークサーモンのタルタル タイシーフードソース風
スモークサーモン、キュウリ、ソムオーを、タイシーフードソースのドレッシングで和えて
セルクルでお菓子のように抜いて、おもてなし度をUPさせてみました。
もちろんセルクルで抜かなくても材料を混ぜて、バケットの上に乗せて前菜風でもOKですし、
いつもの食卓には細かく材料を切らなくても、サラダのように混ぜていただいてもGoodです!

今回このメニューを考えたのは、みなさんも「大好き!」と言われる方が多いソムオーなのですが
野菜ソムリエメンバーも料理としては食べたことがないと言う方も多かったので
ぜひ、こんな食べ方も出来るよと、紹介してみたいと思ったのです。
ソムオーは疲労回復、ダイエット効果もあり、我が家はサラダや酢の物によく登場しますので
ぜひご家庭でもアレンジしてご活躍くださいませ♪

そして、周りのこの赤い宝石のようなものは、ザクロの実なのです。
タイではジュースにして売られますよね!
アンチエイジングに効果があるとして、ジュースで飲まれる方も多いと思うのですが、
実は種に一番栄養があるので、こんな風に種ごとバリバリいただくのが正解なのです!

タイのシーフードソースは、バーミーなどに垂らしてもタイスキ風のお味に早変わり。
漬けダレだけでなく、ドレッシングも醤油を加えたりなどといろいろアレンジが出来そうですよ♪
d0222641_1474271.jpg

エビのエスニックグリル マンゴーレリッシュ添え

タイはエビもお安く手に入るわりに豪華に見えて、そしてマリネしてオーブンで焼くだけなので
おもてなしのお料理としても使いやすい一品です。
野菜ソムリエとしては野菜や果物も一緒に紹介したく、エビのちょっぴり甘辛なお味に対して
さっぱりしたマンゴーとアボカド、ミントをマナオのレリッシュを一緒にいただくのがオススメ!

このスイートチリソース、春巻きなどの揚げ物のディップとしてははもちろんのこと、
手羽先をパリッと塩・コショウで焼いたり、豚肉などのソテーのタレに使っても美味しいですよ♪
d0222641_1502534.jpg

ハーブロールポーク レッドカレー風味
レッドカレーは脂身の多いダックなどと一緒にカレーになることが多いので、
濃厚さを出すために、豚フィレ肉の周りに豚ばら肉を巻いたあとに
上から全体をつぶして、タイではお安いフレッシュのハーブと粉をまぶして焼きあげました。
フィレの柔かさと豚の脂身がちょうどよい感じになって、もちろんこれだけも美味しいですよ❤

タイのレッドカレーは、名門のマンダリンオリエンタルの定番レシピですが、
ブドウなどの果物とも合わせることが多いそうなので、ここでも付け合せにブドウを使いました。
もちろん彩りなので、プチトマトやブロッコリーなど、お好きな材料を使って下さいね♪

レッドカレーソースは生クリームで仕上げてあるので、ココナッツミルクが苦手な方にも大丈夫。
レッドカレーペーストの量を調節すると、お子さんでも問題なくいただけると思います。
フェットチーネなどのクリーム系に合うパスタともよく合うと思うので、ぜひお試しくださいませ♪
d0222641_152623.jpg

パイナップル・ココナッツプディング
このパイナップル・ココナッツプディングは、実はバニラアイスクリームがたっぷり入っていて、
面倒な手間を省いて、ババロアに近いお味と食感を出してみました。

生のパイナップルがお安く手に入るバンコク、これをピナコラーダのように使ってみたいと。
生のパイナップルなど、特に南国のフルーツは、酵素が強いためゼラチンが固まらないので、
ココナッツミルクなどと一緒に一度火に通すと、問題なくゼラチンを固めることが出来るんです。

もちろんマンゴーなど他の果物に替えて、作ることももちろん可能ですし
缶詰であれば火にかける作業もいらず、簡単に作ることができると思いますし
水を少しお酒に替えて、まさにピナコラーダ風の大人にピッタリなデザートにも変身します❤


Arche+の連載コーナーでもある、「もっと知りたい!タイ食材」の中の
「タイ食材で簡単Cooking!」でタイの食材を使ったレシピもご紹介しておりますが
野菜ソムリエの資格を取ったことをきっかけに、さらにいろんなことを勉強したい!と
大人になってからの勉強はとても楽しく、本当に有意義なものになっています。

次のJr.野菜ソムリエ、ベジフルビューティーセルフアドバイザーの試験は6月2日。
受付は始まっていますが通信制なので、自分の好きな時間に勉強することが出来ます。
「駐妻だって、ママになっても、自分磨きをあきらめない!」
そんな仲間が沢山いる野菜ソムリエコミュニティ・バンコクで、一緒に活動をしませんか?
皆様のご参加を、楽しみにお待ちしております~❤
[PR]
by vfcbangkok | 2013-02-11 04:26 | メンバーのひとりごと | Comments(0)

こんな活動もしました

年明け早々、去年の話題になって申し訳ないのですが、コミュニティとしてではないのですが「こんな活動もしました」という備忘録です。



10月に在タイ日本人会別館で行われた「すくすく会スタッフ懇親会」(すくすく会とは日本人ママ&プレママのための育児支援サークルのような会です)でタイ野菜のお話を少しさせて頂きました。


すくすく会のボランティアスタッフを卒業したばかりだったのですが、スタッフだけの懇親会があるのでそこで簡単でいいので「お薦めのタイ野菜」についてお話して頂けませんか?と懇親会の幹事から依頼を受け、気心が知れた元仲間達が多い集まりでしたので、快諾致しました。



ご紹介させていただいた私の「お薦めタイ野菜」は4つ。


ーパッコム(タイほうれん草)
ーファクメーオ(ハヤトウリ)
ープアック(タロイモ)
ーヘットフームー(黒きくらげ)


すくすく会の集まりでしたので、離乳食にも使え、妊婦さんにも食べてもらいたいお野菜を取り上げました。


栄養素や選び方、どこで買えるか、我が家で食べている食べ方などをご紹介しました。

当日は全て実物を持参したので、手に取ってみて頂き、時間の関係や前に出てお話をさせてもらうタイミングで生後2ヶ月の長女が泣いてしまい、結局抱っこ紐に入れ抱っこしてのお話だったので、質問がある方は後ほど席まで来て頂き、答えられる範囲で質問にも答えさせてもらうことが出来ました。


タイ歴が長い方でも意外にタイ野菜をほとんど使わない、という方が多く(私もビューティーの資格を取るまではそうでした)コレを機に買ってみようかな、というお言葉も聞けて嬉しかったです♬



それにしても人前でお話をするというのは何と緊張することでしょうか。
見知った顔がほとんど中、慣れた場所でのお話だったにも関わらず、マイクを持ってすぐ過呼吸になったのか思うほど、まともに息が吸えなくなり(咳き込み息を吐き出し、元に戻りました)自分の肝っ玉の小ささに恥ずかしくなりました。

慣れって大事ですね〜。
いつかはお話する機会があるであろうコミュニティのセミナーに向けて、人前でお話することに少しでも慣れねばならぬ、と実感できたいい機会になりました♬







にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2013-01-15 05:36 | メンバーのひとりごと | Comments(0)
ビューティーメンバーがそれぞれレシピを模索中。。。


すいかとかマンゴーとかパパイアとか・・・
d0229095_040578.jpg


りんごやらマンゴーやら。。。
d0229095_0405698.jpg




ベジフルビューティーの資格を取る時の試験勉強って実はビューティージュースのレシピを考える、というのがあったりするのですが、タイだとその辺に安いジュース屋台があるのもあって、面倒くさがりな私に関しては家で自分で作る機会がなかったので、今回のこの活動はとっても勉強になってます☆


組み合わせで味が全然違いますし、出来上がりの色も違います。
なにより効能もね。
実験みたいで楽しいです♪


そして個人的にはただ今妊娠中なので便秘対策に一役かってます!

タイでメジャーなマンゴーやパパイアは葉酸がたくさん含まれているので、その点でも一石二鳥☆(妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸をしっかり摂っておくと奇形児の確率を防ぐ、と言われています)


ダイエット中の方は朝、酵素を摂取することを続けると痩せやすい体質になると言われているのでフレッシュジュースは朝食代わりに飲まれるのがいいかも。


葉野菜は綺麗なお水でしっかり洗いましょうね〜。



以上、ベジフルビューティーのひとりごとでした!




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2012-05-09 00:54 | メンバーのひとりごと | Comments(0)