タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:リレー記事「私の持ち寄り一品」( 31 )

ベジフルビューティーセルフアドバイザーのyamaです。
今回のリレー記事ブログも残りわずかとなりました。
「私の持ち寄り一品」は 魚の南蛮漬けです♪


子供達が通う幼稚園行事や園ママの集いで持ち寄りランチが多いのですが、朝の集合時間が早い時があり、そのままランチ会に突入なんて日は、朝から準備が間に合わず作るのを諦めちゃおうかと思う時も(笑)
そんな時に便利なのが前夜に準備しておける南蛮漬けです。
一晩寝かしておく方が味がしっかり染み込むので一石二鳥です^^


ちょうど先日、送別会で持ち寄りましたので、その時の写真を。
d0229095_21204728.jpg


この日は鮭の南蛮漬けにしました。他にもサワラやシシャモで作る時もあります!
鮭を立田揚げにする前に塩麹を表面に塗って下準備します。
塩麹に漬けておくと、魚のパサパサ感が少なく、柔らかくなり、塩味もつくのでお薦めです♡

材料)生鮭(切り身)
   人参、タマネギ、白ネギ(赤や黄色のパプリカを入れても○)

鮭は適当な大きさに切り分け、片栗粉をまぶして油で揚げておきます。

南蛮液:だし汁、砂糖、酒、醤油、米酢、鷹の爪(お好みで)
順に鍋に材料を入れ、火に掛けます。ふつふつと煮立ってきたら、スライスした野菜を入れ、さっと味を馴染ませて火をとめる。

器に揚げた鮭を並べて、野菜ごとひたひたになるぐらい南蛮液を上から掛けて完成♪
(一晩、冷蔵庫で寝かしておく場合は少し薄味に仕上げておきます)

野菜もたくさん食べられて、揚げ物なのでボリュームもありますし、持ち寄りで魚料理を持ってくる人があまり居ないのか、毎回人気のおかずです〜!


夕飯時に準備をする時は南蛮漬けが苦手な子供達用に南蛮液に漬け込む前のものを夕飯や翌日のお弁当用によけておくと同時進行できて助かりますよ^^

鮭はたんぱく質が豊富でオメガ3という必須脂肪酸を含み、抗酸化力作用が非常に高いと言われる美容食材です。
バンコクのスーパーだとだいたいどこのスーパーでも売られているので重宝しています。
味に癖がなく、子供達にも受け入れられやすいと思うので、使ってみて下さいね〜♪





持ち寄る時の会がお茶だけの場合は最近はパウンドケーキを持参しています。

d0229095_2121933.jpg


この写真はグアバとカシューナッツを生地に練り込み、焼いています。

グアバは小さくカットし、自家製の蜂蜜レモンにしばらく漬けて置いておきます
(自家製の蜂蜜レモン:蜂蜜に好みの量のレモンのスライスを入れて瓶詰めにして作り置きしています。炭酸水や紅茶に入れたり、喉が痛い時はそのまま舐めたりして利用しています)

カシューナッツは適当に砕いておきます。


ホットケーキミックス(100g)、きな粉大さじ1、砂糖 50g、アボカドオイル(サラダ油など代用可)大さじ1〜2、卵 2個

卵は別に撹拌しておく。ホットケーキミックスときな粉(ふるっておく)とアボカドオイルをボウルに入れて混ぜ合わせ、卵を入れて混ぜ合わせ、グアバとカシューナッツを入れてさっと混ぜ、パウンド型に入れて、180度のオーブンで約30分ほど焼くと完成。(竹串などで焼き加減は確認して下さいね)


グアバとカシューナッツがタイっぽくて、我ながらナイス組み合わせと自画自賛です^^;

実はグアバは果物の中でビタミンCの含有量が二位になるほどビタミンCが豊富に含まれています。
(ちなみに一位はアセロラ、三位はレモンと言われています)
しかも、加熱しても壊れにくいビタミンCだそうです。
ビタミンCは美容だけでなく、風邪予防にも効果があるビタミンなので季節の変わり目などちょっと体調が優れないな〜という時に意識して摂って頂ければ、と思います。


小豆やバナナ、林檎、さつま芋、アーモンドなど入れるものを替え、アレンジも可能なので好きなものを入れてみて下さいね!
これも前日に用意しておけるので、当日に時間がない時は助かっています。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-04-11 00:11 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

切り干し大根のソムタム

皆さま、こんにちは。野菜ソムリエのYです。日本は、桜の季節、タイでは真夏になりますね。
持ち寄り一品ですが、日本で友人に出した「切り干し大根のソムタム」を紹介したいと思います。
 日本では、なかなか青パパイヤが手に入りません…(沖縄など除く)
人参、リンゴでもおいしくできますが、食感の点で近いのは切り干し大根かな?と思います。
これは、きょうの料理で紹介されたもののアレンジです。
d0229095_18034849.jpg
[材料]
切り干し大根      30g
 ニンニク        1片
 ミニトマト       4~5個
 インゲン        25g
 干しエビ        大1
 赤唐辛子        1~2本
 ピーナッツ       大1
調味料
 ナンプラー       大1~1と1/2
レモン汁(マナオ)    大2
 砂糖          小2
[作り方]
1.切り干し大根は、たっぷりの水に4分ほどつけて戻す。水気を絞り、食べやすい長さに切る。
2.干しエビは、水につけて戻し、インゲンは3cm位に切る。
3.赤唐辛子は、種を除き、小口きりにし、ピーナッツは、粗く砕く。
4.石臼かすり鉢にニンニク、干しエビ、インゲンを入れたたきつぶす。
5.ボウルに1を入れ、4、赤唐辛子、調味料、ピーナッツの半量、ミニトマトをつぶしながら加えて、和える。
6.器に盛り、残りのピーナッツを散らす。好みで、キャベツ、きゅうり等の生野菜を添える。

大人向けの一品です。

参考までに今回使った、切り干し大根 栄養が豊富です。
 1、女性にうれしい食物繊維が豊富
 2、カルシウムが豊富で骨が丈夫になる
 3、カリウムで高血圧・脳卒中予防になる
 4、鉄分豊富で貧血予防になる
  大根 生 50g中     ⇒ 0.1mg
  戻した切り干し大根50g中 ⇒ 1.2mg
上手に取り入れたいものですね。

また、次回をお楽しみに~
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-03-28 13:30 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

野菜たっぷり餃子

Jr野菜ソムリエのSです

ここ最近になってお友達の家におよばれしたり、自宅によんだりする機会が増えて作る機会が増えたのが 「餃子」

これは息子が好きという事もありほぼ毎回作っていたらだんだんとはまりはじめ、
「ちょーおいしい餃子」を作る使命感に勝手に燃えております。

なので外食先で餃子が有ると必ずオーダー。

ついでに 餃子用(向け)フライパン 「南部鉄器 すき焼兼用餃子鍋」まで購入し、到着を心待ちにしております
d0229095_9564965.jpg
皮は「富士スーパー」という日系スーパーで売っている大きめの皮を使います。

タイスーパーで売っている皮だと小さすぎるし、なんだかうまく包めない気がして

皮だけはその大きめ皮を使うと決めています。
お肉は時間があるときはタラート(市場)に行き豚ひき肉を購入しますが
今のこのあの暑い中にそのまま並べられている肉を買うのには非常に勇気が要りますが(15バーツ/g)とお安いので買ってしまいますが、富士スーパーのフリーレンジ豚がお勧めです

またタイにいるとパクチーが安く手に入るので パクチーを大量に投入します
化学調味料は使いません
野菜の塩もみはしません

レシピ  30個ぐらい

餃子の皮30枚
豚ひき肉200g
キャベツ(白菜など)200g
パクチー 好きなだけ
★酒   小1
★濃口醤油  小1
★おろししょうが 小1
ごま油  小1弱
カメリア油  小1弱

ひき肉にみじん切りしたキャベツとパクチーと★の調味料を入れて粘りが出るまで混ぜる。
皮に包む
(カメリア)オイルをひき 中火で少し焦げ目が出来るまで焼く
焦げ目が出来たら ぬるま湯(だとはねにくい)を大さじ3くらい入れて 弱火にして蓋をして蒸す
水分が無くなってきたら 蓋を開けて完全に水分を飛ばす
最後に ごま油を入れてごま油がなじんだら完成

d0229095_9571651.jpg

d0229095_95726.jpg

まだまだ発展途上なのですが、上記のような感じで作っています。

あとは 餃子の皮を使わずにキャベツにする方法もあります。

その場合は、 キャベツを蒸してさまして皮代わりにします。
その蒸しキャベツで具を包んでから、蒸し器で蒸して
蒸し餃子にすると最近話題の 糖質制限レシピとしても使えますし
とても美味しかったです。
[PR]
by vfcbangkok | 2016-03-21 09:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

タブレ(パセリのサラダ)

みなさん こんにちは!
ジュニア野菜ソムリエのYです。
昨年3月に帰国し、日本の四季と旬の食べ物を6年ぶりに満喫しております♪

バンコクでの生活といえば、食いしん坊な私はやっぱり「食」レストラン〜
バンコクには様々な国の方が住んでいる事もあって、レストランもホント多国籍。
タイ料理、日本料理だけでなく、本格的なイタリアンやベトナム、ドイツ、ロシア、インド、地中海料理などなどひしめき合っています。

そんな中で衝撃を受けたレバノン料理。
食べてみたら美味しかったタブレ(パセリのサラダ)。
そう、これが今回のテーマ「私の持ち寄り1品」‼︎
昼前に集まってママ友たちとの持ち寄りランチ。
もう子供も幼稚園や学校に通い出したので、持ち寄りの頻度は減りましたが、食にこだわる友たちのアンテナと創作料理に刺激を受けます。

パセリといえば脇役。添えられているだけで、ムシャムシャ食べたことなんてなかった。しかしこれはパセリが主役の一品ですよ。
ひよこ豆やキヌアを前日に茹でておけば、当日の朝に野菜を切って、調味料とあえるだけ。
簡単なのでこちらを持ち寄りの品とすることが多いです。
d0229095_22422666.jpg
作るのはとても簡単‼︎
パセリ ……みじん切り
トマト ……角切り
ひよこ豆 (茹でる)
キヌア ( 茹でる)
タマネギ ……みじん切りにして少し水にさらす
オリーブオイル
レモン汁
こしょうor黒こしょう

✳︎ひよこ豆やキヌアなくてもOK
✳︎替わりにキュウリなど歯ごたえあるものとか…
✳︎以前流行った「塩レモン」を使ってもgood

パセリにはβカロテンやビタミンCが非常に豊富な為、動脈硬化を予防する効果や美肌効果があると言われています。また、鉄分含有量も多く100g中9.3mgと野菜の中でもトップクラスです。
パセリの栄養価はとても高いので、料理の脇役のまま残すのはもったいないですね。

ぜひお試しあれ〜♪

では次回もお楽しみに!




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-03-14 07:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)
こんにちは(^^)
ジュニア野菜ソムリエnamiです。

帰国後は、持ち寄りパーティなど皆無な生活を送っていましたが、
先週のひな祭り前日に友人宅へおよばれされたので、
持って行こう~と考えた、「持ち寄り一品」です♪ ナイスタイミング!
(でも用事ができて参加できなかったんですが。。涙)

幻となったので、ひな祭りの朝食メニューとなりました~

d0229095_151143.jpg


『春の精進寿司』

3年ほど通っている精進料理教室で習ったお寿司を、
持ち寄りし易いように、アレンジしてみました。

【材料】…2人前
・すし飯: 今回はお茶碗2杯分
 (米:1合半であれば、酢: 大さじ2+1/2 砂糖: 大さじ2 塩: 少々)
・柴漬け: みじん切り 大さじ2
・板湯葉: 1枚(あれば黄湯葉)
  漬け出汁: 30cc
・干し椎茸: 1枚
  砂糖: 大さじ1/2 醤油: 大さじ1/2 油: 少々
・ラディッシュ: 2個
  塩: 少々
・人参: 飾る量
・菜の花: 飾る量
・菊の酢漬け(あれば): 飾り用

【作り方】
(1)干し椎茸をぬるま湯で戻し、板湯葉を水に浸しておく(10分程)。
(2)板湯葉の水を切り、熱い漬け出汁をかけて味を染み込ませ(15分程)、千切りにする。
(3)薄く輪切りしたラディッシュに軽く塩をふり、余分な水分をとる(10分程)。
(4)型抜きした人参、菜の花を茹でて水気をしっかり切る。
(5)干し椎茸を細かく刻み、水分が無くなるまで炒め煮し、冷ましておく。
(6)酢飯を作り、みじん切りの柴漬けを混ぜる。
  *柴漬けの塩加減で酢飯の塩の量を加減してください!
(7)タッパーにラップを敷き、ラディシュで花びらを作り、人参・菜の花・干し椎茸を敷き詰める。
  *本来の押し寿司とは逆。具が下になります!
(8)板湯葉を敷き、酢飯を隅々までしっかり詰めて押して行けば完成。
  *酢飯と干し椎茸を多めにして、2段になるよう間に干し椎茸を挟むとより綺麗です♪

d0229095_14281674.jpg

板湯葉は水に浸し過ぎるとクタクタに崩れるので、
透明→白っぽくなってきたら水を切ってください。

d0229095_14293744.jpg

d0229095_14304148.jpg

具材は季節の野菜を色々変えて楽しめますね♪

d0229095_14305567.jpg

持ち寄る時はタッパーのまま持参すると楽ちん☆

d0229095_14313928.jpg

家では、3種の精進寿司とあわせて、お雛寿司プレートにしました♪


精進料理と聞くと堅苦しいイメージがありますが、
”和食のルーツ”と言われる、日本人が良く食べている家庭料理の元祖なんです。

「旬の物を、美味しい調理法で、余すことなく、感謝して頂く」
大事なのはこれだけ。

派手さや豪華さは有りませんが(笑) 季節の野菜やタイ野菜を上手く活用して、
家族と、友達や仲間と、ワイワイ手作りしても楽しいかもしれませんね。
また、動物性食品が含まれず、アレルギー食材が少ないのもポイントです!

次回の持ち寄り一品も、お楽しみに♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-03-07 09:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

タイ風キッシュ

こんにちは、野菜ソムリエYです
今回のリレーブログ「私の持ち寄り一品」は
「タイ風キッシュ」です
d0229095_19525723.jpg

タイのスープでお馴染みのトムヤム味を餃子の皮でしっとり包んだもの。
本場のトムヤムスープには入らない、日本のお野菜も
これならモリモリ詰め込んで食べられます。

エビに合わせるお野菜は季節によりお好みですが
下記のように2種類の食感と風味を組み合わせるのが、おススメです。

①比較的薄味でボリュームある野菜
例)大根、冬瓜、蓮根、じゃが芋、里芋、長芋、カリフラワー、ブロッコリーの芯
②味の濃い旬の風味野菜
例)芽キャベツ、アスパラガス、菜の花、オランダ豆、ニラ、トマト

今回は大根、春菊、しめじを使いましたが
中でも春菊はトムヤム味によく合います。
金柑はピリ辛を抑えるだけでなく、喉を守ってくれる
この季節には有難い果物です♪

< 材料 > 10個分 ( 70cc ブリオッシュ型 )
d0229095_19571187.jpg

・餃子の皮(大判)        10枚
・溶かしバター(型に塗る用) 10g
                       (A)
・エビ(中) 20ぴき            ・卵(小) 3個
・大根   3cm輪切り(100g)    ・牛乳   200cc
・春菊   6~7本(70g)        ・甘酒    80cc
・しめじ  1/2個(100g)        ・トムヤムペースト 小さじ4

・パクチー  適量
・金柑    2個(10枚輪切り)

< 作り方 >   
①バターを塗った型に餃子の皮を一枚づつ敷き、
   オーブン180℃で13~15分焼く(軽く色づくまで)
②エビは背ワタを取り、大根1,5cm角切り、しめじは石づきを削りバラし、全て茹でる。
   春菊は1cmざく切り。
③(A)を合わせペーストもよく溶く。
④①に春菊、大根、しめじ、エビの順に詰め、③を注ぎ、180℃で20~25分焼く。
⑤型からはずしパクチー、金柑を上に盛る。
d0229095_2002036.jpg

石づきの美味しいところは残して切ります
d0229095_206029.jpg

大根も4~5個入り、お野菜たっぷり。エビは両脇に。
d0229095_2073880.jpg

~ 出来上がり ~
d0229095_2082075.jpg

餃子の皮は一度焼きではカリカリに、
(A)を注いで焼くと焼売の皮の様にしっとりとなります。
もしもカリカリ香ばしさがお好きな方は、①のみ+10枚焼き、
食べる直前に重ねます。

今回は手軽にナムプラーやレモングラス、こぶみかんの葉など
タイでのお馴染み食材は省略したシンプル版でのご紹介ですが
食材を足したり、トムヤムペーストをグリーンカレーペーストに変えたり、
甘酒をココナッツミルクにしても♪
皆さまの発想でいろいろとお楽しみ下さいませ。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-02-29 10:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

バンコクを想う

みなさん、こんにちは!
ジュニア野菜ソムリエのMです。

昨年の春にバンコクとお別れし、日本での生活を再開しています。
久々の冬は寒さが身にしみるぅ〜という言葉がぴったり。
毎日が半袖のあの日々が恋しいなぁと思うこともあります。

私がバンコクいる間におうちを建てたり、家族が増えたりしちゃったお友達を尋ねる機会があると、期待されたり されてなかったりする 持ち寄りじゃなくても 勝手に持ち込んじゃたりする一品…それはタイ料理のヤムです。
日本でいうと、甘酸っぱい辛いサラダと言ったところでしょうか。

言葉ではうまく表せない 複雑で奥の深〜い大好きになったタイ料理を 見て味わってもらうのがなにより一番!と、タイ風?!に持参しています。
d0229095_20374840.jpg

袋に野菜、肉や海老、野菜、辛味のもの、和えダレなど別々にいれ、輪ゴムでとめて、バンコクの屋台で購入したもののように。
ホーローの入れ物も一緒に持参し、食べる直前に全ての材料を混ぜ混ぜ。
材料を混ぜる前に辛いものが食べられない人やパクチーが苦手な人がいる時は、後入れしたり調整します。
気分はもはやあの時あの道にいたバンコクの屋台のおばさん気分…笑
自分が楽しくお料理していれば、きっと美味しくなってくれるはず〜と思いを込めて。

タイ料理は和食器にも合うんです!
この日はヤムウンセン、春雨サラダを…。
d0229095_2161393.jpg


材料は春雨に海老、挽肉、トマト、玉ねぎ、セロリ、パクチー。
なるべく材料は手に入りやすいものを使います。
パクチーもスーパーで置いてあるお店が以前より増えた気がしています。
和えダレはナンプラー、砂糖、カボスとライムの果汁に唐辛子を加えて。

ヤムウンセンのレシピは本当にたくさん掲載されているので、お好きな味で楽しんでいただければいいかなと思います。


お友達と美味しいものを共感しあえる持ち寄りの一品、みなさんはなにを選びますか??





にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-02-22 06:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)
カンボジアより、Jr.野菜ソムリエのYHです。
スォースダイ!! ←(クメール語でHelloです)
クメール語とタイ語は似ている言葉もいくつかありますが、発音が難しく早くも挫折してしまいました。。

今回のリレーブログのお題『私の持寄り一品』、、カンボジアに来てからバンコクにいた時よりも持寄る機会が一気に減り少し寂しい日々です。

私が持寄る時によく作るのが特別感はないですが人参のマリネです。
d0229095_17524789.jpg


簡単だけど、栄養たっぷりですし、マリネだから箸休めにもなります。
人参はソムタムピーラーで細切りにし、そして塩もみして水分きるだけ。あとは、気分で細切りのハムやレーズン、ナッツ、パセリなどとまぜるだけ。マリネ液はオリーブオイル、白ワインビネガー、ハチミツ、粒マスタードです。マリネだから、前日の夜に準備することも多いです。当日は余裕ができた分もう一品作ったりします◎パンを焼いたり、天むすを作ったり、食べやすいものを!
d0229095_11185187.jpg

d0229095_11185227.jpg

持ち寄りのテーマがあるとメニューを決めるのもラクですが、テーマがないと直前まで悩みますよね。。
どこの国に住んでいても人参は手に入りやすいので、困った時に是非作ってみて下さい。在り来たりのマリネですが、いつもなかなか好評です。
[PR]
by vfcbangkok | 2016-02-15 21:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

みなさんこんにちは、Jr野菜ソムリエのMHです。

「ほおずき」って食べた事ありますか? 私はタイに来て初めて食用のほおずきの存在を知りました。しかも先週の事です。
小さい頃、縁日で買ってもらったほおずきの鉢をベランダに飾って、実が熟した頃に実をよく揉んで柔らかくして中の種を取り出し、空気をいれて音を鳴らして遊ぶのですが、毎回、揉んでいる途中で破けて失敗、指についた種と汁は青臭く、にがい味の思い出しかありませんでした。しかも、母にはほおずきは食べちゃダメときつく言われれいたのです。
それが。。。。食べられるって!! しかも、あま~い。おいしい~~ びっくりぽんです。 もちろん食用なので観賞用の物とは全く違うのでしょうが姿形はそっくり。画像はこんなかんじです。
d0229095_21242832.jpg
折角のほおずきなので、週末の持ち寄りパーティーにサラダとして持参しました。私の場合のパーティーとは、必ずお酒が主役です。みんな好きなお酒を持ち寄り、食べたいものを持ってくる、かなり好き勝手パーティーになります。
で、持って行ったのは、「ほおずきとパセリのヤム」です。 パセリのほろ苦さとほおずきの甘さがマッチしてどんなお酒にも会いました。 パーティーのメンバーからは「あれっ?これなに?トマトじゃないよね?」とか 「スーパーフルーツトマト?」(甘みが強いからスーパーか?)
等と色々な意見がでて、ほおずきと知った時はビックリしていました。 タイ人の友人も初めて食べたと言って感動していました。

*作り方*
ほおずきは1/4にカット、パセリは手で細かくちぎる。 鶏ささみは薄く削ぎ切りにして酒を振りかけて電子レンジでチン。冷めたら指で細かく裂く。それを全部ボールに入れて、ナンプラー、はちみつ、マナオで和えるだけです。 とても簡単ですよ。
ほおずきはミニトマトのようですが、切ってみると中身は水っぽくなく、実がぎゅっと詰まったかんじです。
もちろんそのまま食べてもおいしいですし、クリームチーズと和えてバルサミコソースをかけてもワインに合う一品になりますね。
ほおずきはこの時期に割とお店で見かけます。 みなさんも機会があれば食用ほおずき食べてみてくださいね。
d0229095_21065563.jpg
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2016-02-08 00:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)

牛丼アレンジ♪♪♪

ジュニア野菜ソムリエのYNです。
我が家は母の食いしん坊に負けずに食らいつき、負けずにリクエスト、意見を立派に言ってくる小6と小4の子どものいる4人家族です。

「南極料理人」という、半沢直樹主演以前の堺雅人主演の邦画をご存じですか?
その昔、我が家で大ヒットした映画です^^(めっちゃ面白いと思った兄妹が、我が家に遊びに来たお友達に次々見せるものの、誰一人共感してくれるお友達がいなかったという…^^;)
南極という極限の環境下、野郎共が食、娯楽を創意工夫して楽しみながらそれぞれの仕事を全うしていた…という淡々とした映画です。
我が家では、前日の残り物が次の日には別の形で登場し、冷凍されていた余りがまた別の形で登場する…なんてことはしょっちゅうなので、「南極料理人」の映画が、子どもたちにどのように捉えられていたか、今さらながら不安な部分もありますが、まさしく、南極料理人は、無駄な食材を残さない、アレンジにアレンジを重ねた料理の数々が登場する映画…まさに日頃の我が家かのような見応え十分な我が家お勧め映画なんです。是非是非お試しあれ~♪

おもてなし料理、持ち寄り一品料理というと、ここぞとばかりにひと踏ん張りした料理を準備、持参したくなりますが、日頃から作り慣れていない料理に挑戦しようとすると、当日時間がかかり過ぎたり、途中で疲れて出掛けるのもおっくうになったりしませんか。それが子連れともなると尚更です…。
なので、私は持ち寄りなどのポットラック形式のパーティーメニューは、なるべく日々の晩御飯のアレンジ料理を持参することにしています。

今回はそんな中の1品、我が家ド定番の『牛丼』です。
牛丼って…ほんとありきたりですよね。
でも、ところ変われば、しかも創意工夫すれば → 何とかなるものなんです!♪

それでは、仰々しく『我が家の牛丼』をご紹介します。
私とFBが繋がっている方はいつものメニューなのでかなりお馴染みかも…^^;(超恥ずかしい!!)

【材料】
牛肉こま切れ 家族分(我が家は4人分)
玉ねぎ 擦りおろし半個分
パパイヤ 擦りおろし少量
擦り胡麻 大さじ2
醤油 大さじ2
酒 大さじ1
胡麻油 大さじ1
胡椒 少々

【作り方】
・材料の玉ねぎから胡椒までを全部ボウルに合わせておく。
・そこに牛肉を入れて手で良く揉みこんでおく(30分以上)。
・油を敷かずにそのままフライパンでタレに漬け込んだ肉を焼く。
…以上

丼ぶりにご飯をよそい、肉汁を切った肉、細切りにした海苔を散らして牛丼。
これがいつもの晩御飯メニューです。
d0229095_1153072.jpg


ここに味覇(ウェイパー)で青梗菜のスープを添えて、それこそビストロスマップで何度もやっていたような、とどめにご飯の上にスープを掛けて召し上がれ、なんてことも真似して良くやっています。
特に子どもたちの食が細かった時には単純な変化が楽しかったようで、まんまと親の術中にはまって完食していました(笑)。

牛肉に玉ねぎやパパイヤの擦りおろしを混ぜておくと何がいいのか…玉ねぎやパパイヤのタンパク質分解酵素が働いて、肉を柔らかくしてくれるという効果があります。パパイヤの甘味はあまり気になりません。その分、材料に砂糖は必要ありません。
d0229095_11543635.jpg


なので、我が家の牛丼や肉じゃがには、パパイヤの擦りおろしが度々登場しますが、入れ過ぎると、普通の牛肉スライスが、焼くと完全に挽肉かのようになりますのでご注意ください。
d0229095_11554254.jpg

d0229095_11565395.jpg

パパイヤが日常にない日本では、キウイやパイナップルが同じようなタンパク質分解酵素を持っているので同様に使えると思います。
今回は、写真の量では少々入れ過ぎた感がありました…^^;
d0229095_11573396.jpg


もう少し減らすか、漬ける時間を短くするか、する必要があります。
これは、実際やってみないと分かりません。
お試しあれ~!

そして、ここからがパーティメニューになります^^;

①余った肉と、前日牛丼と共に作った小松菜と人参のナムルで『韓国風海苔巻』を作ります。(ラップがあれば巻きすは必要ありません)
d0229095_11593512.jpg


   ・ラップを海苔1枚よりも大き目に準備する。
   ・塩、擦り胡麻、塩、胡麻油を混ぜたご飯を良く混ぜておく。
   ・ラップの上の海苔に上記のご飯を適量乗せ、ナムルと肉を海苔手前に乗せ、手前からしっかり巻いていく。
   ・海苔が全体的にしっとりしてから包丁で等分に切る。
d0229095_1159426.jpg


間もなく2月3日の節分ですね。
我が家の子どもたちは酢飯が苦手だったり、巻物の中の甘めの具材が苦手だったりするので、毎年、恵方巻きはこの肉巻です。


全部火が通っている食材での巻き寿司なので、翌日のお弁当にもお勧めです。

(番外編)…小松菜と人参のナムル
d0229095_11582996.jpg


・小松菜と人参を茹でしっかり水気を切っておく。
・味覇(ウェイパー)小さじ半分、醤油小さじ半分、お湯大さじ1、黒ゴマ小さじ1、塩コショウ適量、胡麻油小さじ1を小松菜と人参に和えておく。

この韓国風海苔巻は、運動会のお弁当にも受けました。

②余った肉とレタスで『牛肉のカナッペ風』
d0229095_121444.jpg


 ・適度な大きさにカットしたレタス(または焼いた薄切りバゲット)に余った肉と粉チーズ、パセリなどを散らす。

d0229095_1273946.jpg


(番外編1)…このカナッペ風は、余った麻婆豆腐でも同じようにでき、我が子どもたちは、毎回みにくい争いをしながら、我先に余りものに群がります。

(番外編2)…バゲットに牛肉と、ミント、パクチー、バジルなどの香草とカテージチーズを合わせてサンドにすると、ベトナム風バインミーにもなります。

(番外編3)…肉汁チャーハン
肉を炒めている間に出てくる肉汁…牛丼にしろ、海苔巻にしろ、カナッペにしろ、肉汁は余ってしまいます。
そんな肉汁(肉の端っこ)も捨てることなく、我が家は翌日のチャーハンの味付けに使います。

(作り方)
・スクランブルエッグを作っておく。
・油を入れたフライパンでみじん切りにしたネギ(多め)、ご飯、余った肉の細切れを炒めてから肉汁を入れ、塩コショウで味を調え、スクランブルエッグをざっくり混ぜて出来上がり。
ネギと玉子でシンプルなチャーハンとなります。
お試しあれ~!

③  牛肉と肉汁にポン酢を少々入れ、紅ショウガと刻んだシソ、胡麻を混ぜ合わせれば、散らし寿司になります~♪

そんな我が家の牛丼、毎回確信犯の如く大目に作り、ジップロックを使って冷凍庫へ。
いつでもオードブル、牛丼、海苔巻、チャーハンができますよ~♪
d0229095_1265559.jpg


以上、我が家のド定番メニューによる持ち寄り1品のご紹介でした~。
[PR]
by vfcbangkok | 2016-02-01 08:00 | リレー記事「私の持ち寄り一品」 | Comments(0)