タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年 03月 27日 ( 1 )

果物 x スパイス

野菜ソムリエコミュニティBangkokのブログにご訪問頂き、ありがとうございます!

今週の担当のサトウカナです。

バンコクから帰国後は、アロマとハーブのスクールHERBAL Labo(ハーバルラボ)を運営しながら、たまに薬剤師としても働いています。


今年のリレーブログのテーマは、「私のイチオシ野菜・果物」!

実は、すっごく悩みました。

野菜も果物もあまり好き嫌いがないので、「一番」と言えるものが浮かばず。

迷いながらも、「りんご」を取り上げることにしました。

d0229095_22215716.jpg


どうしてかというと、日本に帰ってきてから、りんごの美味しさを再確認したから。

バンコクでも、スーパーには必ずオーストラリアなどの輸入もののりんごがあって、子供達もよく食べていましたが、娘は日本のりんごを食べて、「りんごってこんなにおいしかったんだ!」と言ったほど。


りんごは味や香りがすばらしいだけでなくて、栄養価が高い果物です。

西洋では、「An apple a day keeps the doctor away.(一日一個のリンゴで医者いらず)」という言葉があるくらい、昔から、親しまれています。

食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムを多く含み、整腸作用や血糖値の正常化、血圧降下、消炎作用、脂肪の蓄積予防などの効果があると言われています。


りんごの旬は、8月下旬~11月中旬

旬になると、スーパーには様々な種類のりんごが店頭に並びます。

中でも私が一番好きで買うりんごは、「ふじ」。

適度な酸味と甘みと、サクッとした食感が♪

ざらっとしているりんごはあまり好きではありません。

そのまま食べるか、お菓子作りなど火を通すかによっても、向いているりんごは違うのだろうと思いますが、、、

私にとっては好きな食感ではないハズレのりんごでも、子供達はおいしく頂いていましたが、お友達のお料理教室でデザートとして頂いて以来、お気に入りの、「焼きリンゴ」にすることも増えました。


◎ りんご x シナモン

d0229095_22232486.jpg


焼きりんご。

芯をくりぬいて、丸ごとじっくり焼くタイプのレシピは何度か作ったことがあったのですが、時間がかかるのが難点。

その点、切ってからフライパンで焼いてしまえば、時短!

バターかココナッツオイルでソテーして、シナモンパウダーを振っています。

砂糖なしでも、とっても甘くて、体に優しいデザートになります。

また、私は、赤ワインでサングリアを仕込むときには、オレンジやりんごなどのフルーツとあわせて、シナモンも加えています。


他にも、フルーツを使ったお料理、例えば、マリネやサラダなどは女性に大人気ですよね。

りんごもサラダの具にぴったり!!

小さい頃、母が作ってくれたポテトサラダにはりんごが入っていることがありました。

私はポテトサラダやマカロニサラダといった、マヨネーズ系のサラダが嫌いですが、りんごがたくさん入っている部分は、私には当たりでした♪

我が家の夕ご飯の風景から、りんごのサラダを2種類。


◎ りんご x ホワイトペッパー

d0229095_22252343.jpg


りんごとアボカドと水菜のサラダ。

りんごは8つ切りにしてから1口大にスライス、アボカドは2cm程度の角切りに、水菜は4cmくらいの長さにして、子供にも食べやすいサイズに。

食べる直前に、バルサミコ酢、塩、オリーブオイルを回しかけて、水菜が馴染むまで混ぜるだけの簡単レシピ。

しらすがあるときは、しらすも入れて混ぜます。

アボカドは少しだけ大きめに切っておくと、混ぜる間にちょうどいい大きさに潰れて、さらに調味料が具材に絡まるのを助けてくれています。

子供達の大好物のサラダで、いつもお皿に山盛りに盛り付けて食べています(笑)

このサラダにあうのは、絶対、ブラックペッパーでなくて、ホワイトペッパー!!

ブラックペッパーと違い、辛味がなく、爽やかな抜けるような香り。

ぜひっ、ホワイトペッパーにて、お試しください。


◎ りんご x にんにく

d0229095_22273651.jpg

タイに住む皆様にはおなじみ、ソムタム。

日本では、青パパイヤにはそれほど出会わないので、ソムタムには切り干し大根をよく使っています。

バンコクでも食べた、ソムタム・ポンラマーイ(果物のソムタム)をエップン(りんご)にて。

ニンニクや唐辛子などをクロックで叩いていますが、りんごは叩き終わってからさっくりまぜています。

青パパイヤの場合には叩くことで繊維が潰れて、味が馴染みやすくなりますが、りんごの場合は潰すとサラダに向いた軽い食感がなくなり、しかも水っぽいサラダになってしまいそうなので。

りんごの甘さがあるから、砂糖は控えめに。

青パパイヤがなくても、おいしいタイ料理のできあがり!


番外編。

◎ りんご x セロリ

d0229095_22282420.jpg

お友達と、ハンガリー料理を食べに行った際に頂いたもの。

セロリとチキンのスープ。

実は、具にりんごが入っていたんです!

レモンとりんごのさわやかな味で、とってもおいしいスープでした。

どうやって作るのか知りたいです。

ハンガリーだけでなく、ヨーロッパでは、フルーツを生だけでなく、煮込むなどするお料理は多いとおっしゃっていました。



以上、りんごにまつわるエピソードをお伝えしました。

お読み頂き、ありがとうございました♪



[PR]
by vfcbangkok | 2017-03-27 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)