タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

新テーマでリレー記事スタート! 

ちょっとご無沙汰しました、代表の青澤です。
今日から新しいテーマでリレー記事がスタートです。
テーマはズバリ、タイ料理! 
タイに暮らしている方でも意外にタイ料理を知らなかったりしませんか?
いつも同じ料理ばかり注文しちゃったり・・・。
そんな方のために、あるいは常に美味しいものを探している方のために、食いしん坊な私たちが自分の好きなタイ料理、おすすめのタイ料理を紹介していきます。
タイトルとしては「好きなタイ料理・この1品!」です。

では、トップバッターの私の!…と張り切ってみたのですが、いざ1品となると・・・悩ましいですね~。
タイ料理が大好きな私は、あれもこれも紹介したくなっちゃいます。
考えてみるとその時々のマイブームがあったりして、夢中になって食べたものとかもあって、ずいぶん好きなタイ料理も変化している気がします。
その中で、やっぱりずーっとこれは飽きずに好きという料理、それはスキー(สุกี้)です。
タイスキのスキーですが、決してダジャレとかウケ狙いじゃないですから!

タイスキといって誰もが思い出すのは、鍋ですよね。
日本のスキヤキが由来とも言われていますが、タイ風しゃぶしゃぶなんて紹介されたりもしますね。

d0229095_02192561.jpg

野菜もたっぷり食べられてヘルシー、何よりタレの味がハマっちゃいますね。
でもこれをランチで食べようと思ったら、自分で料理するには準備も大変、外で食べるにはコストも大変、そもそもお腹もいっぱいになり過ぎちゃって、たまにならいいけど、気軽に食べる感じではないですよね。
それをお手軽にしたのがこちらお1人様用、屋台や食堂で食べられます。 

d0229095_02044919.jpg

当初、鍋のタイスキとこの春雨スープみたいなのが同じものだというのが理解できずにおりました。
実際のところ、スキー専門店があったりして、なんか鍋が進化している感じ?
具は、肉系、シーフード系と選べたり、店によって特徴があったりします。
麺は春雨と決まっているようです。
汁なしバージョンもありますが(スキーヘーン)、私はやっぱり汁あり(スキーナーム)ばかり食べてます。
スープにも味がついていますが、タレが別についてくるので、具をチビチビつけながら食べたりします。
スキーナームはやさしいお味で、特に二日酔いの時は、体にしみわたって生き返る感じ、これを食べると午後は元気に仕事ができちゃいます。

d0229095_02121979.jpg

市販のタイスキのタレを使えば、誰でも簡単に作れますよ~。
お好きな具とタレを混ぜるだけですもん、ラーメンより簡単かも…場合によってはスープの素をちょっと。
ここでおススメのタレを紹介できればよかったのですが、そんなにこだわりもなく、よく見るメーカーのを使っています。

昔、川の向こう、チャルンクルン通りで働いていた時によく通ったお店。

d0229095_02354776.jpg

かなり前なので値段は変わっているかもしれませんが、1杯50バーツもあればお腹いっぱい食べられます。

ただ、ちょっと不思議なのですが、注文すると、どこの店でも1人分1鍋で作るんですよね。
2人で同じものを注文してもまとめて作らないので、混んでいる店では待たされることがあります。
この店は人気店で昼時は席を探すのが大変で、コンロがいくつもあるのですが、やはりちょっと待つことがあります。
お腹が空いて思わずご飯も一緒に頼んじゃったり…。

d0229095_02221051.jpg

鍋のタイスキはみなさん食べたことがあるでしょうが、この一品料理は食べたことありました?
きれいなお店には置いてなかったりしますが、フードコートなどにもあるでしょうから、食べたことがない方はトライしてみてください。
鍋とはまた違った魅力を味わえますよ!

ではでは、これからのメンバーの連載をお楽しみに!



クリック(↓)して応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

ご訪問ありがとうございました!

[PR]
by vfcbangkok | 2017-11-06 02:50 | リレー記事「好きなタイ料理・この一品!」 | Comments(0)