タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

わたしを救う?! ぴ~マン!

野菜ソムリエのMHです。

半年前から常夏プノンペンで暮らし始めました。
欲しい野菜が常に手に入らないこともありますが、代用したり、手に入るときに購入して加工冷凍保存したり、工夫して食生活を楽しんでいます。

私のいちおし野菜・・・私は好き嫌いがないことだけが唯一の自慢で、なんでも食べられることで、いろん場面で乗り切れたような気がしているので、一番が思い浮かばない・・・()

ですが、私が好き嫌いなく野菜を食べられるようになったのは、ピーマンとの出会いがあったからかなと思っています。

子どもの頃、ピーマンは苦いだけで、ちっともおいしくない、好きじゃない野菜でした。
ある年の夏、我が家のプランターに赤や紫の野菜に並んでつやつや輝いていたのは・・・ピーマンでした。
母と一緒に収穫して、お肉を詰めて、ピーマンっておいしい食べ物なんだって思った時の衝撃は今でも忘れられません!
自分の手で育てた野菜はどんなものよりおいしいんだー。
あれからどんな食べ物でも好き嫌いがなくなりました。
わたしにとっては食生活に潤いを与えてくれた『正義の味方☆ぴ~マン!』です。


ピーマンは日本のスーパーなどでは年中見かけることもできますが、旬はこれからやってくる夏。
太陽をたくさん浴びて、ぴっかぴかです☆
旬の食べ物は栄養価も高く、おいしくいただくことができますよね。
美容・美白効果やアンチエイジング効果が高いと言われるビタミンCが多く含まれていますし、
カロテン・ビタミンAも多いので、油と一緒に摂取するといいようです。


プノンペンでもピーマンを手に入れることができるようになったので、
早速活用しています。



●マリネして
冷蔵庫の常備菜として。暑いときは酸味が身体に気持ちよく沁みわたります。

d0229095_18060358.jpg
●炒めて
苦みを楽しみたいときは、繊維を断ち切るように輪切りにします。
カットしたものは冷凍保存しておくことができるので、朝、同様に冷凍されていたおじゃこと一緒に炒めて、めんつゆで味付け。
お箸休めに、お弁当の色どりに便利です。
d0229095_18062237.jpg
●詰めて煮て
小ぶりなピーマンの中にお肉を詰めて、トマトソースで煮ました。
d0229095_18065196.jpg
●スープに
豆乳を使ってポタージュに。
この日は塩麹を使って味付けしました。
d0229095_18072446.jpg

ぴ~マン、これからも我が家の食卓に楽しい時間をもたらしてくださいね☆

来週のイチオシはなんだろう~?
楽しみですね♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
by vfcbangkok | 2017-06-26 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)