タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

勉強会リポートと巨大な豆サトーとの出会い

<お知らせ>
ジュニア野菜ソムリエバンコク地域校制の説明会を開催します。これからバンコクでも毎月試験を受けられるようになりましたので、いつもタイミングが…と思っている方、まずは説明会にご参加ください。

日時: 7月30日(火) 10:30~(1時間ほど)
場所: 健幸料理の店「SALADee」 シーロムプラザ1階 http://www.saladee.asia/

申込: お名前、連絡先を明記のうえ、メールまたはSMSでお願いします。3日たってもメールの返事がない場合は、お電話をお願いします。aonao727(at)yahoo.co.jp (at)=@ 
または、フェイスブックの野菜ソムリエコミュニティBangkok のメッセージをご活用ください。電話・SMSの場合は、081-836-6350 青澤まで。

ジュニア野菜ソムリエの他、ベジフルビューティーやアスリートマイスター、食育マイスターなどに興味がある方もぜひいらしてください!!

================

今回は、7月10日の勉強会の様子とその関連の話題、青澤がお届けします!
毎月、最初の勉強会は、メンバーが講師となって好きなテーマで発表を行います。

1人目のメンバーが選んだ食材には、ビックリです。
タイ野菜の中でも日本人にとっては難易度ウルトラC!
d0229095_141543.jpg


この写真だとはっきり見えないかもしれませんが、、、サトーという大きな大きな豆です。
日本語ではネジレフサマメ、たしかにねじれてます。
私も滅多に料理はせず、たまにレストランでみつけると頼むこともありますが、独特のニオイがあって苦手な方も多く、よくぞまあ、この豆をテーマに選んだことかと、発表者の成長ぶりというのか、タイ野菜好き度になんだかうれしくなっちゃいました。
サトーの基礎知識の他に、独自のレシピで家庭で作ってご主人やお子さんにも食べてもらった感想なども発表、よくできた内容でした。


2人目の発表は、「Pesco Veganism~お産をきっかけに日本の伝統的な基本食へ」がテーマでした。
ご自身の産院での体験、食のお薦めを主食、調味料、副食に分けて説明し、発酵食品、献立の参考、日本型食事ピラミッドについても紹介してくれました。
ご友人が産院のモデルとして紹介されたTBSの番組を紹介、これまたオモシロイ形式での発表であり、興味深い内容でした。
d0229095_1411880.jpg



さて、こうやって勉強会なんかがあって話題になると、引き寄せの法則なのか??? それまで見る機会のなかったものが急に身近になったりします。
サトーは、道端でなぜかマナオ売りの人が一緒に売っているので見かけることはあったのですが、木になっているのなんて見たことありませんでした。
なので、どんな風な花なのかも知らずにいて、この勉強会の時に写真を見せてもらって、ヘーとかホーとか関心してたんです。
それが先日、ラチャブリー県に旅行に行った先で発見!
d0229095_1519159.jpg


レストランの庭先に植えられていたのでした。
d0229095_15195797.jpg


この写真を逆行ながら一生懸命撮ってたら、「それはまだ食べられないからこっちがいいよ~」とタイ人に教えてもらいました。
d0229095_15204482.jpg


たしかにこっちの方がぷっくらしてます。
さらにその先に、、、
d0229095_15403351.jpg


右端にプラプラしているオレンジっぽいのがわかりますでしょうか?
これが花なんだそうです。
アップしましょう。
d0229095_15215844.jpg

やがてこのふわふわしたのがなくなって、豆がニョキニョキ出てくるってことなんでしょうね、あ~、不思議!

勉強会でサトーがテーマになっていなかったら、ひょっとして巡りあわなかったんじゃないかと思える偶然。
話題にするとやってくるってことが、ホントによくあるんです。
以前もカシューナッツの原稿を書いた直後にカシューナッツの木を見る機会に恵まれたり(そしてもう何年もたつけど、その後はもう二度とお目にかかってない)、なんかオモシロイ現象があるんですよ~。

野菜ソムリエは、ワクワクにいっぱい出会えます。
一緒にワクワクしませんか~!?

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

[PR]
by vfcbangkok | 2013-07-23 15:37 | 勉強会 | Comments(0)