タイで野菜・果物を楽しむ野菜ソムリエたちがお届けするとっておき情報!


by vfcbangkok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

出会いは意外な場所で

こんにちは。
野菜ソムリエのJunです。
バンコクはついに雨期に入り傘が手放せない季節になりました。
日本は新緑が美しくすがすがしい気持ちの良い季節ですね。
半袖で過ごせる日も増えてきたとか。
夏野菜たちは新芽に栄養を蓄え太陽に向かってどんどん成長していくこの時期。
今回ご紹介するイチオシもそんなぐんぐんと成長するパワーにあふれた野菜
ヨートマラワーンです。


先日も買ったこのお野菜、一袋どっさり入って25バーツ。

d0229095_05050783.jpg

葉っぱやつるがもしゃもしゃした感じ。
スーパーで見かけるとつい買ってしまう私の好きな野菜です。
さて今日はどうお料理しようかな~。

このお野菜、バンコクのとあるお店でランチした時に初めて食べてから
大好きになったタイ野菜のひとつ。
おひたしの様な感じでちらし寿司の隅っこに添えられていたのですが、
しっかりとした歯ごたえと青々とした色合いでとっても美味しかったのです。
その後これは隼人瓜の新芽で
タイの市場やスーパーで普通に売られていることを知ったのでした。
他の食材のじゃまをせずその存在感をアピールしてきたこのお野菜。
このタイ野菜との出会いはお寿司屋さんだったのでした。

d0229095_12342832.jpg

つるの先端はくるくる~と可愛くカールしてます。

因みに隼人瓜(ハヤトウリ)はタイ語では「ファクメオ」ですが、
その新芽は「ヨートマラワーン」と言います。
最近日本でもよく食べられているというこの隼人瓜、
ひとつの苗からどんどん蔓をのばし
100個以上もの実がなるので「千成瓜」とも呼ばれています。
ヨートマラワーンはそんなすごい生命力に溢れた野菜です。
この繁殖力を活かして夏の日差しをよける緑のカーテンにもできそうですね。
ゴーヤや朝顔のかわりにいかがでしょう?
もしベランダに作ったら?新芽を摘み取っていつでも食べられるかも!
でも隼人瓜が採れすぎて困る?・・・
なんてバンコクのアパートのベランダでは無理か。


d0229095_04302582.jpg


炒めて食べるのがタイではポピュラーです。
にんにくとオイスターソースとお醤油少々で炒めてみました。
シャキシャキとした歯ごたえがたまりません!
炒め物「パット・ヨートマラ(ワーン)」はタイ料理屋や中華料理屋によくありますし、
タイすき屋さんのお野菜チョイスにもあるんです。


d0229095_13351803.jpg

我が家ではツナやじゃこと炒めたり、
出会った時のようにシンプルにお浸しで食べたり、和食アレンジで頂くことが多いです。

d0229095_12384717.jpg

クセがなくほのかな甘味が感じられ色々アレンジできます。
今日はトマトとヤムにしてみました。
d0229095_12394466.jpg

茎の下の方や太い茎は固いので食べれませんが、細い茎と葉っぱ、先端部分を食べます。
つるも柔らかい部分は捨てずに頂きます。
食感がよく子供たちも抵抗なく食べてくれました。
野菜ソムリエ資格をとってちょうど2年、
このコミュニティで学び刺激を受けタイ野菜の世界が広がったお陰で
今では子供たちもタイ野菜をパクパク食べれるようになりました。

このヨートマラワーン
食物繊維が豊富で、クロロフィル(葉緑素)も豊富に含まれています。
クロロフィルは解毒作用が高く、また貧血の予防・改善効果があると言われています。
私たちの体には食物添加物や外の排気などの化学物質が知らないうちに溜まっています。
日々の食生活に解毒作用のある野菜を積極的に取り入れて
体の中に溜まってしまった毒素や老廃物を出したいものです。
自然の食品が持つパワーをデトックスに活かせるのは嬉しいですね。

今日本でブームのパクチーも体内の毒素の排出を促す、
解毒作用が非常に高いハーブとして有名ですよね。
タイでこのパクチーを取り入れない手はないのですが、
パクチーがどうしても苦手という方はぜひこのクルクルつるのかわいい
ヨートマラワーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

見た目が似た「ヨートマラ」「タムルン」という蔓野菜もあって
見分けが難しいこともありますが、
売り場のおばちゃん(とは限りませんが)に、
「ファクメオ(隼人瓜)はどれ?」と聞けば教えてくれます♪


かわいいファクメオのベビーがついてて思わずシャッターをパシャ!


d0229095_04550710.jpg


デトックス野菜をたっぷり取り入れて体の中をキレイにしましょう!
そしてまだ知らぬタイ野菜との出会いに今後もこうご期待!

[PR]
# by vfcbangkok | 2017-05-22 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)
野菜ソムリエのYです。
暑い日が続いております。
屋台でも手軽にカットフルーツが買えるタイでは、
ビタミン、水分補給に果物も上手に取り入れるといいですね。
今の時期、暑いほどに美味しく安くなるマンゴーを、週に何度も頂いています。


私のイチオシはこちら。

d0229095_16124903.jpg
<マンゲーオ>
マメ科・クズイモ属 
日/クズイモ、ヒカマ
英/Jicama、Yam bean

果物ではなく、イモです!
ですが、タイでは、砂糖・塩・唐辛子のミックス(下写真ピンク色の物=プリッククルア)とともに、
フルーツ感覚で食べることもあり、果物屋さんで売られていることもあります。
Fスーパーではカットフルーツコーナーに置かれています。
ごろっと丸ごと買いたいときはタラートに行ってみてくださいね。
日本ではほとんど流通していないため、在タイ中に是非食べて頂きたいです。
加熱しても残るシャキシャキした食感がたまりません!

d0229095_16134584.jpg


★取り扱い
カット済は冷蔵庫へ、
丸ごとのものは、新聞紙に包み、冷暗所で保存します。
皮剥きは簡単です!
はじめにちょっと包丁を入れたら、ずるずるーと剥けます。
小さなものなら、手だけで剥けてしまいます。(この辺も果物っぽいですね!)

d0229095_16133810.jpg
★栄養・効能
90%が水分、イヌリンを含む食物繊維とビタミンCが豊富です。
イヌリンには、血糖値を下げたり、腸内環境を整える効果があります。

★注意
葉や種子には毒性があるため、根以外の部分は食べられません。

家ではこんな食べ方・・
d0229095_16135435.jpg
d0229095_16140342.jpg
d0229095_16141968.jpg
d0229095_16141967.jpg

カットした物そのまま使うと簡単です。
生でサラダにも出来ますし、スープ、炒め物、煮物と、幅広く使えます。
ちなみに生のものは粉っぽく、私は加熱した方が好みです。
高価な輸入長芋を使わずに、自分でフワフワお好み焼きを作りたい時にも大活躍です。
うちでは一緒に粘り気のあるオクラを入れちゃいます。
※野菜ソムリエセミナーでもマンゲーオとオクラのだし風、その他ネバネバの組み合わせで、
+納豆、+モロヘイヤ でご飯やそうめんにかけるというレシピが紹介されていました♪
是非とも手に取って、お料理してみて下さいね!

d0229095_16140328.jpg
常夏タイランド、上手に水分補給してね~!





[PR]
# by vfcbangkok | 2017-05-15 00:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

日本では、GWが終わり、通常モードにシフトの月曜日。

みなさん、GWはいかがお過ごしだったでしょうか?

家族そろって楽しい食卓を囲まれたことでしょう。



今日は、食卓に並べるだけで元気になるビタミンカラーのお野菜について書いてみます

野菜ソムリエのシマモトです。

好きな野菜はいっぱいあるのですが、今、一番好きなのは『パプリカ』です。

私が子供の頃、数十年前はパプリカなど食卓に出た記憶がありません。

そりゃそうですよね。日本に入って来たのは1993年。

オランダから輸入されたのが最初だそうです。



2006年くらいから日本でも栽培されるようになりましたが今でも90%は輸入です。

ビタミンA・Cが豊富なのはもちろんのことビタミンCの酸化から守ってくれる

ビタミンPが含まれるので熱料理にも適しています。  



わが家では、さっぱりとした口あたりのピクルスは1年を通して常備しています。

ここ数年は、『マッサ』も常備するようになりました。



d0229095_15093596.jpg


ご存知の方も多いと思います。作り方はとっても簡単。

塩を振って1週間放置。水気を取ってミキサーにかけるだけ。

いい感じの調味料になります。



パプリカの特徴が”キリッとした彩り”ということから、

色気がなくて寂しい料理を一気に華やかにしてくれます。

サラダにもお弁当にも強い味方です。





これは、お友だちが遊びに来てくれた時のものです。サラダとパエリア。

パプリカがあるとないとじゃ大違いですね。

d0229095_15115519.jpg




こちらはマッサを使った夕食の一品です。

◎自家栽培のえんどうとタコと茹でもち麦を黄色のマッサで。

◎帆立スライスとこのあたりで獲れる”砂わかめ”を赤いマッサで。

◎赤と黄色のパプリカとエリンギをごま油で炒めて甘酒塩麹で混ぜて胡麻と青のりをパラパラと。

◎自家製酵母で作った種生地でピザを。少し甘酒塩麹を入れてあります。

d0229095_15121715.jpg



日本に本帰国してからは、麹・ヤンニョム・味噌・甘酒・酵母・発酵シロップなど

自分が”発酵”してしまうんじゃないかというくらい('ω')発酵にもハマっています。

パプリカを始めとしていろいろな野菜の味付けに発酵品と合わせています。

(頑張ってみたけど、配合がイマイチでとても出せないものも・・)

パプリカは、昨年に続き、今年も苗を買ってきて、育てています。

赤・黄・オレンジ・紫・白パプリカと緑ピーマンを植えてみました。


d0229095_15233415.jpg



畑はないのでプランターで育てています。

GWに1週間家を空けていたのですが、ありがたいことに、

お隣さんが水をやってくれていたみたいで

スクスク育っています。

d0229095_06163855.jpg




うまく収穫できたらどんな料理に、どんな調味料と合わせようかとワクワクします169.png


ついでに・・・最近では、こんなものも手に入るようになりました。

d0229095_15495971.jpg




解凍するとサラダには、ちょっとちょっと・・・な感じなので

もっぱら炒め物に使っています。

冷凍品も上手に使いこなしたいですね。

日本野菜ソムリエ協会では、『冷凍生活アドバイザー養成講座』もあります。

ご興味ある方は、こちらもどうぞ。

お読みいただきありがとうございました。






 

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ


にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-05-08 03:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

ハーブの風に誘われて

皆さんこんにちは。野菜ソムリエのATです。とあるタイの田舎町に住む主婦です、とブログを書き始め何回目か?すでにタイ生活6年目のベテランになりました。これだけいれば、タイはもちろん周辺のアジア諸国にも旅行などに行くわけですが、どの国にでも料理に必ず使われているハーブを、今回のお題、「私のおすすめ野菜(果物)」しようと思います。ハーブといってもいろいろあり、最近では日本でパクチーブームが巻き起こっているようですが、特に私は日常生活によく使うミントをとりあげます。(これは我家のサラネーです)

d0229095_16325573.jpg


先日、ラオスに小旅行に行ったのですが、やはりハーブがかなり使われていましたので一部ご紹介します。タイのイサン(東北部)とラオスは隣合わせのため、料理も同様のものがあります。
写真はラープというひき肉やハーブを炒めた料理です。ここにもしっかりミントが使われています。


d0229095_16315751.jpg

次にカオソーイという麺料理です。同名でタイの麺料理のものがありますが、こちらは違います。
麺は米の麺で味はたんたん麺と似ています。辛さは柔らかく食べやすいです。注文すると、大量のハーブが出てきて驚きました。


d0229095_16322921.jpg

さて、冒頭に載せたのは我家のミントですが、ごらんのとおりタイの暑さにも動じないほど、繁殖力の強いハーブです。
タイではバイ・サラネーと呼ばれていますが、スペアミントの一種です。ミントは主にスペアミント系とペパーミント系に分かれています。
スペアミントにはビタミンA、鉄、ポリフェノールの一種のフラボノイドなどが沢山含まれています。
爽やかな清涼感をもち、消臭効果も期待できますが、他に消化不良や吐き気、咳、鎮痛、かゆみ止め、防腐、殺菌性などの効果もあります。タイでは、風邪の予防や目の滋養、下痢の緩和などにも効果があるとされています。精神への作用もあり、イライラを鎮め、心身のリラックス効果やウツの改善が期待され、少量で安眠を誘う効果があると言われています。
ここからは、我家のミント料理を少しだけご紹介します。



d0229095_16332853.jpg

<バインミー風サンドイッチ>
バインミーとはベトナムで食べられているバケットのサンドイッチのことです。ベトナムのホーチミンへ旅行した際に食しましたが、
洋風のパンとアジアのハーブや独特の調味料の融合にとても驚きました。風ですから自己流で、ミント、ディル他ハーブ、自家製乳酸キャベツ、とりハムをいれ、水切りヨーグルトや塩コショウ、マヨネーズなどで味付けしています。


d0229095_16334956.jpg

<ライスハーブサラダ&焼き鳥のハーブソース添え>
ライスサラダにはハーブ(ミント、ディル、パクチー、タイセロリ、レモングラス他)ときゅうり、トマト、コーンなどの野菜、ライスベリー、キヌア、ハトムギなどの穀類を入れ、オリーブオイル、塩コショウ、ライムで味付けしました。タイの焼き鳥(ガイヤーン)にはミントとバルサミコ酢とはちみつのソースをかけていただきます。

デザートも少し


d0229095_13495926.jpg


<ヨーグルトムース(パイナップルのミント和え入り)&ミント入り水羊羹>
ムースは甘さ抑えめでさっぱりと。パイナップルの甘さにミントがよく合います。水羊羹はどうでしょう、あうかなあ。と思って作ってみました。清涼感が意外といいかも、と思っています。

普段、ミントはパセリなどと合えたり、果物と合えたりサラダとして使うことがやはり多いですが、前菜からメイン、デザートまで幅広く使えるので重宝しています。これで体にいいならば、安価なタイではどんどん料理に取り入れるべきですね。ミントだけでなく、ハーブ全体にいえることですが、時々無性にハーブを食べたくなる時があります。きっと体が欲しているのでしょう。
メソポタミア文明のころからすでに、人々の生活にかかわってきたというハーブ。現在も料理、香料、民間療法、様々に使用されています。タイではハーバルコンプレスというマッサージで使用されるハーブボールの中に、沢山入れます。もちろん、ミントも入っていますよ。暮らしに根付いているのを感じます。これからもハーブの風に誘われて、ふらっとアジアを旅したいなんて思っています。

今日もお疲れ様でした。ミントを大量にいれたカクテル、モヒートで一日の疲れをいやします!
では次の方へ



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-05-01 16:29 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

美しくなる勇気⁉

こんにちは!1年で一番暑い時期のバンコクからベジフルビューティーRIEがお届けします!

「嫌われる勇気」アドラー心理学が今とても注目されています。皆さんはお読みになりましたか?
ドラマ化もされていましたね。
ここではタイトルをちょっと文字らせて頂いただけです、すみません。
でもせっかくなので私の勇気話を一つ。。。

私がバンコクのコミュニティに参加してちょうど2年経ちました。
活動に参加して変わること、それは手に取るお野菜の幅が広がることです。
勉強会やセミナーに参加すると新たな世界が開かれ、今までの意識が激変することだらけです。

今回は、コミュニティのお陰で手に取る勇気が持て、今では大好きになったお野菜をご紹介します。
それは。。。ビーツです。
d0229095_0205642.jpg

ビーツは「奇跡の野菜」と呼ばれています。色々な栄養価がありますが、血流量を増やし血行が良くなるので基礎代謝率アップにつながったり血色が良くなったり、天然のオリゴ糖や食物繊維が含まれているのでお腹の調子も整えたり、また赤い色素成分ベタシアニンは強い抗酸化力があります。
ダイエットやアンチエイジングに抜群のお野菜です。

我がメンバーsonoが素敵なお料理と共に以前のリレーブログでも取り上げています。
こちら↓
 http://vfcbangkok.exblog.jp/21874053/

sonoは昨年度の「野菜と健康シリーズ第4弾」でセミナー講師を担当、ここでもビーツを紹介しています。この時は処理の仕方も知らず、ただただメンバーのレシピアイディアに感心するしかなかった私。。。

だって。。。このごっつい見た目にヤル気減退。。
初め茹でると知り、その後、蒸すと良いらしいとメンバー情報。美味しいビーツのサラダが頂けるピッツェリアの厨房を覗いたって言うからすごいですよね。流石メンバーの情熱に脱帽です。
そしてなるほど蒸してみたら確かに甘い!
でも。。。2個だけに用意する蒸し器がどうも面倒臭い。。

そんなわけで次にアルミホイルに包んでオーブントースターへポイ。
お鍋も要らない、汚れない。ピンクの汁も出ない、片付けも超楽ちん。
これは良い!と、ようやくビーツへの抵抗感が薄れたのでした。


d0229095_023647.jpg

1番の食べ方はサラダです。
甘みがあるのでドレッシングは酸味、また独特の大根ぽい?味を和らげるため、オイリーなものが合う気がします。フレンチドレッシングにマヨネーズを混ぜたのが1番のお気に入りです。


ヨーロッパ原産のビーツはイギリスでは大人気だそうです。欧米の方にはお馴染みなのでしょう。
バンコクでもあちこちオシャレなレストランやカフェのメニューで目にします。でも日本では大きいスーパーや高級店、もしくは缶詰など身近とは言えないようなので残念です。
旬は6、7月ですから、日本でももし見かけたらご自宅で、またはイタリアンやフレンチなどのレストランで挑戦してみて下さい。


バンコクのオシャレカフェで。
d0229095_0453883.jpg

ラクになったとは言え作ってくれるならもっとラク。笑
やはりビーツにはこってりしたものが合うんですね。ナッツやチーズが添えらることが多いです。

d0229095_0474946.jpg

ビーツを練り込んだパスタ。トリュフクリームソース!
軽くめまいがしたほどの美味しさとそして金額でした。笑
辛〜いペペロンチーノ(タイ人が辛いって言うくらいだから。。。とビビって選べなかった)があったので次こそはそちらを食べてみたいです。


鉄分やマグネシウムが豊富で美容にもってこい、ピンク色が可愛らしくオシャレ感漂うビーツですが、血栓を防止し脳や心臓の病気を予防するだけでなく、なんとガン細胞が死滅するほどの威力!だそうです。ストレスが多く忙しく働く男性にも食べてほしいですよね。でも男性はピンク色の食べ物を受け付けないとか。。

確かに我が家の男衆(パパと2人の息子)も手を出してくれません。
しかし!ある日、長男を連れて例のピッツェリアに食べに行きました。
。。。意外に美味しいね。これいつものあれ?
ふふふ、作戦成功。

d0229095_1212877.jpg

ジュースは次男とのカフェデートで。パッションフルーツとパイナップルが入っていて美味しい♪
次男も形のあるビーツは食べてくれないけれど、ジュースはお気に入りです。

d0229095_122058.jpg

私のブログ恒例のスムージー
苺と牛乳と練乳を混ぜたら子供達も美味しいと言ってくれました。

子供達は、今の段階ではたとえ大好きにならなくても嫌いだーとならなければ良いと思っています。
いつかビーツに再会した時に、今の食生活を思い出してこれってビーツだよねと分かることが出来て、そして受け入れられればOKだと思っています。


セミナーで勉強した後でさえ、何度もジーッと見つめては過ぎ去ってきたビーツ。
私はコミュニティに参加していなければ手を出さなかっただろうお野菜を頂いている時、あー私変わったなーと自己満足に浸っています。

海外に住んでいると、食材の違いで料理が出来ないと思うことも多いです。でもその土地の人はそれしか知らないし、その食材を美味しく食べる術をもって暮らしています。日本と同じ物が売っていなければ似ているものを探す、今しか出来ない料理を楽しむ。それを知る為にも色んなお店に食べに行くことも必要ですよね。ランチも家族のために!決して遊びでは無いと言いましょう。笑
ランチするお友達が見つからなくても、気になるお店なら思い切って一人で足を運んでみましょう。私もパスタのお店は一人でした♪

固定概念を捨てる勇気を持つことは、どこに住んでいようとお料理だけでなくファッションから人間関係に至るまでどんなシチュエーションでも前向きでいられる為に必要だと思うのです。
好奇心を持ち、自分に自由を与え、前向きに日々を過ごすことで内面から美しくなりましょう。

お料理のことはもちろん、日々の生活をより豊かにしたいけれど勇気がイマイチ出せない時は是非このブログやセミナーにいらして下さいね。
メンバーから新しいお料理や知識の幅だけでなく、新しいことを始めて頑張る姿から何かお伝え出来ることがあれば嬉しいです。
もちろんメンバーとして活動を共にして下さる方、大歓迎!
さあ、あなたも勇気を出して手を伸ばし、美しさを手に入れましょう!






にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-04-24 03:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)
野菜ソムリエ@チェンマイのゆかりです。
私のイチオシ野菜ということで、「パックパン」を紹介します。
パックパンとは、市場や郊外の家の垣根などで普通に見られるタイでは
一般的なつる性の植物。日本では、ムラサキツルナなどと呼ばれているようです。
我が家は、タイ人のダンナ様とハーフで5歳の息子がいますので、日本料理と
タイ料理の間で落としどころを見つけなければなりません。
そんなときに、役に立つのが「パックパン」です。
日本でもタイでも食される野菜です。

近所の市場に買い物に出かけるとこんな感じでいろいろな野菜が山積みで売っています。

d0229095_23425166.jpg


お目当てのパックパンを発見。

d0229095_234485.jpg


市場で売っているローカル品種の蔓の部分は、かなり細いですが、繊維っぽさはなく
瑞々しくしなやか。自家用栽培の延長で売っている感じですね。
花穂の部分はビニル袋に入れて別売りになっています。

d0229095_23444923.jpg


d0229095_23451942.jpg


それぞれ10バーツ也。これでも結構なボリュームです。

お惣菜も美味しそうに売っていますが、さすがにローカル料理は、息子には辛すぎるので、
購入するとしても大人用のみ。

d0229095_23475477.jpg


一番手前のゲーンパックパンを購入するとこんな感じ。
ネーム(チェンマイソーセージ)が入っていて、すっぱ辛い。もち米と合わせて。

d0229095_23494815.jpg


3月に入り、気温がぐんぐん上昇していきますので、市場での野菜の種類も減り始める頃。
実はこのパックパンは、野菜農家にとっても重要な作物なのです。
今から、もう20年ほど前になりますが、チェンマイで有機農業の指導補助をしていたころ、
この時期は何を作ってもダメでした。作業する人も暑さでやられるし、植物はなおさら。水やりも含め
動けるのは、朝8:00くらいまでと夕方16:00以降。別にサボっているわけではないのですが、
そうならざるを得ない。
でも、パックパンは、東南アジアの熱帯地方原産で、水はけのよい土地を好むため
比較的厳しい環境下でも育つことができますし、見慣れない西洋野菜よりもお客さん受けがよく、
販売隊としては、助けられたのを今でも覚えています。
栄養的にも、加熱したパックパンの持つぬめり感は、オクラなどの持つムチンというもので、
胃壁や免疫の強化など暑い時期には重宝されるものです。
そのほかビタミンC、カロチン、鉄分、カルシウムなども豊富。

繁殖も世話も比較的簡単。花が終わると、紫色の果汁が詰まった小さな実をつけますが、
これはこぼれ種で増えるほど繁殖力旺盛。薄桃色の可憐な花蕾もキッチンガーデン向きですね。
切り取れば切り取るほど茂っていきます。うれしい限りです。

d0229095_23593577.jpg


食の細い息子と野菜嫌いのダンナ様が食べられるもの・・・・
アフター18:00からの夕食準備でも間に合う一品・・・ということで。
「野菜いっぱいパックパンの中華スープ仕立て」

d0229095_025916.jpg


子ども受けするように、卵豆腐とコーンを入れてみました。
加熱したプチトマトもほんのり酸味付けに一役買ってマル。もっとネバネバ感がほしいときは、
オクラを入れても☆が散りばめられたようになってビジュアル好感度アップ。

一番いいのは、ローカル野菜は、農薬の使用量が少なく抑えられるということ。
地のものを旬に合わせて頂く。ありがたいことです~。

d0229095_0121857.jpg


ではでは、野菜一杯食べて暑いタイの夏を乗り切りましょう~!!
[PR]
# by vfcbangkok | 2017-04-02 11:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

果物 x スパイス

野菜ソムリエコミュニティBangkokのブログにご訪問頂き、ありがとうございます!

今週の担当のサトウカナです。

バンコクから帰国後は、アロマとハーブのスクールHERBAL Labo(ハーバルラボ)を運営しながら、たまに薬剤師としても働いています。


今年のリレーブログのテーマは、「私のイチオシ野菜・果物」!

実は、すっごく悩みました。

野菜も果物もあまり好き嫌いがないので、「一番」と言えるものが浮かばず。

迷いながらも、「りんご」を取り上げることにしました。

d0229095_22215716.jpg


どうしてかというと、日本に帰ってきてから、りんごの美味しさを再確認したから。

バンコクでも、スーパーには必ずオーストラリアなどの輸入もののりんごがあって、子供達もよく食べていましたが、娘は日本のりんごを食べて、「りんごってこんなにおいしかったんだ!」と言ったほど。


りんごは味や香りがすばらしいだけでなくて、栄養価が高い果物です。

西洋では、「An apple a day keeps the doctor away.(一日一個のリンゴで医者いらず)」という言葉があるくらい、昔から、親しまれています。

食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムを多く含み、整腸作用や血糖値の正常化、血圧降下、消炎作用、脂肪の蓄積予防などの効果があると言われています。


りんごの旬は、8月下旬~11月中旬

旬になると、スーパーには様々な種類のりんごが店頭に並びます。

中でも私が一番好きで買うりんごは、「ふじ」。

適度な酸味と甘みと、サクッとした食感が♪

ざらっとしているりんごはあまり好きではありません。

そのまま食べるか、お菓子作りなど火を通すかによっても、向いているりんごは違うのだろうと思いますが、、、

私にとっては好きな食感ではないハズレのりんごでも、子供達はおいしく頂いていましたが、お友達のお料理教室でデザートとして頂いて以来、お気に入りの、「焼きリンゴ」にすることも増えました。


◎ りんご x シナモン

d0229095_22232486.jpg


焼きりんご。

芯をくりぬいて、丸ごとじっくり焼くタイプのレシピは何度か作ったことがあったのですが、時間がかかるのが難点。

その点、切ってからフライパンで焼いてしまえば、時短!

バターかココナッツオイルでソテーして、シナモンパウダーを振っています。

砂糖なしでも、とっても甘くて、体に優しいデザートになります。

また、私は、赤ワインでサングリアを仕込むときには、オレンジやりんごなどのフルーツとあわせて、シナモンも加えています。


他にも、フルーツを使ったお料理、例えば、マリネやサラダなどは女性に大人気ですよね。

りんごもサラダの具にぴったり!!

小さい頃、母が作ってくれたポテトサラダにはりんごが入っていることがありました。

私はポテトサラダやマカロニサラダといった、マヨネーズ系のサラダが嫌いですが、りんごがたくさん入っている部分は、私には当たりでした♪

我が家の夕ご飯の風景から、りんごのサラダを2種類。


◎ りんご x ホワイトペッパー

d0229095_22252343.jpg


りんごとアボカドと水菜のサラダ。

りんごは8つ切りにしてから1口大にスライス、アボカドは2cm程度の角切りに、水菜は4cmくらいの長さにして、子供にも食べやすいサイズに。

食べる直前に、バルサミコ酢、塩、オリーブオイルを回しかけて、水菜が馴染むまで混ぜるだけの簡単レシピ。

しらすがあるときは、しらすも入れて混ぜます。

アボカドは少しだけ大きめに切っておくと、混ぜる間にちょうどいい大きさに潰れて、さらに調味料が具材に絡まるのを助けてくれています。

子供達の大好物のサラダで、いつもお皿に山盛りに盛り付けて食べています(笑)

このサラダにあうのは、絶対、ブラックペッパーでなくて、ホワイトペッパー!!

ブラックペッパーと違い、辛味がなく、爽やかな抜けるような香り。

ぜひっ、ホワイトペッパーにて、お試しください。


◎ りんご x にんにく

d0229095_22273651.jpg

タイに住む皆様にはおなじみ、ソムタム。

日本では、青パパイヤにはそれほど出会わないので、ソムタムには切り干し大根をよく使っています。

バンコクでも食べた、ソムタム・ポンラマーイ(果物のソムタム)をエップン(りんご)にて。

ニンニクや唐辛子などをクロックで叩いていますが、りんごは叩き終わってからさっくりまぜています。

青パパイヤの場合には叩くことで繊維が潰れて、味が馴染みやすくなりますが、りんごの場合は潰すとサラダに向いた軽い食感がなくなり、しかも水っぽいサラダになってしまいそうなので。

りんごの甘さがあるから、砂糖は控えめに。

青パパイヤがなくても、おいしいタイ料理のできあがり!


番外編。

◎ りんご x セロリ

d0229095_22282420.jpg

お友達と、ハンガリー料理を食べに行った際に頂いたもの。

セロリとチキンのスープ。

実は、具にりんごが入っていたんです!

レモンとりんごのさわやかな味で、とってもおいしいスープでした。

どうやって作るのか知りたいです。

ハンガリーだけでなく、ヨーロッパでは、フルーツを生だけでなく、煮込むなどするお料理は多いとおっしゃっていました。



以上、りんごにまつわるエピソードをお伝えしました。

お読み頂き、ありがとうございました♪



[PR]
# by vfcbangkok | 2017-03-27 06:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)

こんにちは〜✨
野菜ソムリエのnohataが
日本からお伝えします。

d0229095_00051980.jpg

おひさまが暖かくなり
庭に集まる鳥たちも
のびのび〜〜と
飛び回るようになりました。
そして、ついに、私。
花粉症デビューしてしまったようです。

タイで暮らしていた頃から、
マンゴーの花が咲く頃になると
ムズムズしてはいたのですが。

この症状に悩まされていた方々の
大変さがようやくわかりました。

さて、そんなわたしが
この時期オススメしたいのは、
d0229095_17134603.jpg

ズバリ
蓮根です❗️

蓮根には花粉症の症状を
和らげる効果があるそうです。

原産国は、インド〜中国といわれ
歴史は古くB.C3000年ころには
観賞用として栽培が始まりました。

地下茎を食べるのは
日本と中国などの
限られた地域のみなんだとか。

昔、名古屋の友人を訪ねたとき、
大きなハス畑を通りかかりました。

底なし沼のようにみえて、
一度はまったら1人じゃ、
とても出られないなと、、笑

1人、そんなことを考えていたことを
思い出しました。

蓮の花を中国の成句で
『蓮は泥より出でて泥に染まらず』
と言われるように、
清らかさの象徴としてもあるそうです。

真っ黒な泥のなかで育っても、
白く伸び続ける意志の強さ。
意志があるかどうかは
わからないけれど、
蓮根のそんなところも、すきです。


蓮根を選ぶときは
丸みがありまっすぐで
穴が小さく
穴の内側が黒くなっていないものを。

また、調理の時は
鉄の鍋や、包丁を使うと
黒く変色するのでご注意を。

どうして花粉症に効果が
期待されるかといいますと、

❶蓮根を切ると出てくる糸。
これに含まれる粘り成分
ムチンが鼻、目、喉などの
粘膜の保護に役立ちます。

❷切り口が黒くなるのは、
タンニンという、
ポリフェノールが豊富な証拠。
潰瘍などの止血、消炎効果が
期待できる成分で、
血管収縮効果があります。

結果、鼻炎などの花粉症の症状が
抑えられるというわけです。


オススメの食べ方は、
❶荒くみじん切りにして
ドライカレー。
シャキシャキの食感が癖になります✨
急にカレーが食べたくなったときにも、
煮込む時間も短くお手軽に。
ポイント❗️
トマトと一緒に煮込むと、
まとまりが良くなります。

d0229095_17150339.jpg
❷薄くスライスしてきんぴらに。
味付けがおわったら、
ここがポイント❗️
三つ葉や、大葉など
香りの葉っぱをザクザク刻んで
まぜてからいただきます!

爽やかな香りがやめられません✨
ビールもとまりません。笑

d0229095_17143201.jpg

嬉しいことに
蓮根に含まれるビタミンCは
レモン🍋と同じくらい。
このビタミンCは
熱につよいので、
加熱調理をしても、
しっかりと摂取できます。


定番の煮物やはさみ揚げだけでなく
スライスして
さっと茹でてサラダにしたり

あなた好みの蓮根スタイルを
見つけてみてくださいね✨✨

では次回もお楽しみに😊


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ

にほんブログ村 料理ブログへ


[PR]
# by vfcbangkok | 2017-03-20 00:00 | リレー記事「私のイチオシ野菜(果物)」 | Comments(0)